1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 前向きな退職理由で好印象!転職時の面接のコツ

前向きな退職理由で好印象!転職時の面接のコツ

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・ネガティブな退職理由は悪印象を与えやすいので、できる限りポジティブな内容に変換して伝える 
    ・不平不満や愚痴のような内容にならないよう注意する 
    ・具体的に伝え、志望動機とリンクさせた内容にするとより好印象 
    ・ハキハキと明るいトーンで伝えると悪印象を与えづらい

転職活動中、必ずといってもよいほど尋ねられるのが退職理由。 
どんな風に答えれば悪い印象を与えないのだろうか、正直に答えても大丈夫なの?…など、退職理由を伝える際には色々と悩んでしまうものです。 
このコラムでは、面接時に好印象を与える退職理由の伝え方やネガティブな理由をポジティブに変換するコツをご紹介します。 
転職活動でお悩みの方は必見です!

◆退職理由は面接でどう伝えるのが良い?

転職活動中、面接で必ず尋ねられるのが退職理由。どのように答えれば良いのでしょうか。
企業が応募者に退職理由を尋ねるのは、その人が早期退職してしまう恐れがないか、社風や会社の理念に合った人材かどうかを判断するため。そのため、基本的には正直に理由を話し、それと共に新しい環境で働きたいという意思を伝えましょう。

ただし退職理由を伝える際に気をつけたいのが、ネガティブな印象を与えないようにするということ。
例えば、「職場の人間関係が悪くて辞めたくなった」「待遇に不満があった」というような理由で退職を決めた場合、それをそのまま伝えたのでは面接官に後ろ向きな印象を与えてしまいます。
また、不平不満が多いというイメージを与えてしまうと、「この人はうちの会社に入社しても合わないと言って辞めてしまうかも」と思われてしまう可能性も。

退職理由で嘘をつく必要はありませんが、直接のきっかけがネガティブなものであっても、伝え方を工夫して前向きな印象を与えられるようにしてみましょう。


◆どう変換できる?ケース別退職理由例

ネガティブな理由で退職を決めてしまった…嘘をつかないとマイナスイメージになってしまうかも…。
そんな風に悩んでいる方は、ご自身の退職理由をもう一度見つめ直し、ポジティブな内容に変換できないか考えてみませんか?
ネガティブ→ポジティブ変換の例をいくつか挙げて解説するので、当てはまるものがないか確認してみてください。

【退職理由のポジティブ変換例】

・人間関係が悪かった場合

人間関係にどのような不満があったのか、一歩踏み込んで考えてみましょう。
例えば、「上司がワンマンで若手の意見が聞き入れられずギスギスしていた」という場合。退職理由は「トップダウンで仕事をこなすだけではなく、自分たち若手の意見も反映させられる環境で活躍したいと思い退職を決意した」という前向きなものになるのではないでしょうか。

・仕事内容が合わない

仕事が合わないと漠然と考えるのではなく、自分が関わる業務を細かく分類し、特に何に対して合わないと思っているのか、何は得意だと思っているのかを考えてみましょう。
例えば、「営業の仕事は好きだけど、会社に戻ってからこなす事務作業が向いていない」というように、まずは得手不得手を明確にします。その上で、「だから営業に集中できる環境で働きたいと思った」とすれば、転職しようと思った理由がはっきりするでしょう。
退職理由としては、「営業職に従事していたものの、前職では営業以外の部分に時間を割かれることが多く、仕事に集中できない状態でした。営業の業務に集中し結果を出せる環境で活躍したいと考え、退職を決意しました」と伝えれば前向きな印象です。

・待遇面に不満がある

待遇面の不満をそのまま伝えた場合、「仕事に対する意欲よりも待遇ばかり気にする人なのかもしれない」と思われてしまう可能性が。伝え方には注意が必要です。
不平不満のような内容はできる限り避けるのがベターですが、伝える場合には客観的に見ても不満を持っても仕方ない状態だったことを理解してもらえるようにするのが大切です。
例えば「残業が多いのがつらくて退職しました」というだけでは「うちでも残業があったら辞めてしまうのかもしれない」と思われてしまうかもしれませんが、「残業が月80時間以上ありました」と具体的な時間を添えれば、退職に至った理由を理解してもらえます。
それに加えて、「就業後や休日には資格の勉強や自己啓発に努めたいのですが、その余裕がなかったことで退職を決意しました」と余暇に前向きな行動に取り組みたいと考えていることを伝えるとなお良いでしょう。

このように、ネガティブになりがちな退職理由も伝え方次第で前向きな印象に変換することができます。
ここに当てはまらない理由であった場合も、何かよい伝え方がないか考えてみるようにしましょう。


◆もっと印象的になる!退職理由を伝える時のポイント

前項ではネガティブな退職理由をポジティブに伝えるコツをお伝えしましたが、退職理由を伝える際のポイントは他にもあります。

【具体的に伝える】

「前の仕事は合わなくて…」というような漠然とした理由は避けましょう。退職理由が漠然としていると、「なんとなく仕事を辞めてしまう人」という印象を抱かれてしまう可能性があります。
合わないと感じたのは社風なのか、業務内容なのか…など、具体的に踏み込んで話すようにしましょう。
また、退職した会社についてはあまり話したくないから…とぼんやりした回答にするのもおすすめしません。前項で解説したように、ネガティブな理由であったとしてもできるかぎりポジティブに変換してわかりやすく伝えられるようにしておくと良いでしょう。

【志望動機とリンクさせる】

退職理由と志望動機をリンクさせることで、志望動機の説得力が増します。
例えば、「前職では○○の業務に従事していましたが、その中で××の分野に興味を持ち、××に集中できる環境で働きたいと思い退職を決意しました。御社では××の分野に力を入れているということなので、これまでの経験を活かして貢献したいと考えております」というように、退職理由から志望動機につなげるのも効果的でしょう。

【堂々と話す】

退職理由を伝える際はなんとなくネガティブな気持ちを抱いてしまいやすく、伝える際におどおどとしてしまったり、暗いトーンになってしまったりする人も少なくないようです。
しかし、退職は悪いことではありません。面接官の人も問い詰めるために聞いているわけではないので、自信を持ってハキハキと受け答えするようにしましょう。
必要以上に落ち込んだトーンで話してしまうと、「嘘をついているのかもしれない」「何か悪い理由があって仕事を辞めたのだろうか」とネガティブな想像を抱かせてしまう可能性もあります。


以上が退職理由を伝える際のポイントです。
これらのポイントを押さえることで、面接官にも好印象を与えられるのではないでしょうか。

面接時にどんな風に話せばいいのかわからない、自分の経歴をうまくまとめることができない…そんな風に悩んでいて転職に踏み切れないという方は、転職エージェントのハタラクティブに相談してみませんか?

ハタラクティブでは、専任のアドバイザーがマンツーマンでカウンセリングを行って利用者の方に合った求人の紹介を行う他、面接対策や書類作成のアドバイス、面接スケジュールの管理など転職活動を徹底サポート。初めての転職活動で不安…という人のお悩みを丁寧に解消しています。
これから転職活動を始めたい、なかなかうまくいかないからサポートを受けたい…そんな20代の転職者の方は、まずはお気軽にご相談ください。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる