転職理由と退職理由に違いはある?思いつかないときの対処法も解説

転職理由と退職理由に違いはある?思いつかないときの対処法も解説の画像

この記事のまとめ

  • 退職理由と転職理由は意味が異なるので、それぞれ適した内容を考える必要がある
  • 面接で退職理由と転職理由を上手に伝えるためには、前向きな表現を心掛ける
  • 自分の希望のみを主張する退職理由や転職理由は、面接ではいうべきではない
  • 転職理由が思いつかないときは、退職のきっかけを紙に書き出してみる

退職理由と転職理由に違いはあるのか、疑問を感じる人は多いでしょう。退職理由とは前職を辞めるきっかけとなった過去の出来事のことなのに対し、転職理由は将来のビジョンに重点を置いた内容を指します。このコラムでは、退職理由と転職理由の意味の違いや面接で伝える際のコツを解説。退職理由や転職理由が思いつかないときの対処法についてもまとめたので、転職活動の疑問や不安を解消するための参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

退職理由と転職理由の違いとは?

退職理由と転職理由は、それぞれ意味が違います。退職理由とは、前職を辞めるきっかけとなった原因のこと。具体例としては、「残業が多かった」「待遇に不満があった」「社内の人間関係が悪かった」などが挙げられます。
一方、転職理由は退職の原因を踏まえたうえでの解決策のこと。そのため、転職理由は「なぜ転職を希望するのか」「これからどのような業務に携わりたいのか」といった将来のビジョンも含めた内容になるといえるでしょう。面接官に好印象を与えるアピールを行うためには、退職理由を整理したうえで、前向きな転職理由を考えることが大切です。

会社側は退職理由や転職理由で何が分かる?

会社側が面接で退職理由や転職理由を聞くのは、早期退職のリスクがないか見極めるためです。たとえば、退職理由として前職の愚痴ばかりをいう人は「すぐに不満を抱く」「ストレス耐性がない」として、早期退職を懸念されてしまうでしょう。
また、応募者の転職理由が自社では実現できない場合も、「求める人材像とはマッチしない」として採用が見送られてしまうことも。面接官が転職理由から読み取ろうとしていることは「転職理由はどう伝える?面接官の意図を知って転職を成功させよう」で紹介しているので、ご一読ください。

退職理由と転職理由を上手に伝えるためのコツ

この項では、退職理由と転職理由を上手に伝えるためのコツを5つ紹介しています。面接で高評価を得るための参考にしてみてください。

1.前向きな表現を心掛ける

退職理由や転職理由を面接で伝えるときは、前向きな表現を心掛けましょう。「つらい」「嫌だ」といったネガティブな言葉を使うと、面接官に悪い心証を与えてしまう可能性があります。
たとえ本当のことでも、勤めていた会社を批判していると受け取られてしまうような内容をそのまま伝えるのは避けるのが得策です。転職理由の前向きな言い換え方法は、「面接ではポジティブな転職理由を伝えるべき?適切に言い換える方法とは?」や「転職理由を言い換えてポジティブな印象に!伝え方や例文を紹介」で解説しているので、目を通してみてください。

2.事実とかけ離れた内容にしない

面接で伝える退職理由や転職理由は、事実とかけ離れた内容にならないよう注意しましょう。本当のことを無理やり隠すと一連の回答に矛盾が生まれてしまい、面接官に嘘を見抜かれやすくなります。嘘をついたと判断されれば面接官に不信感を抱かれるため、できるだけ事実と近い内容を伝えることが大切です。転職理由を本音で伝えるべき理由は「転職理由は本音で答えた方が良い5つの理由!面接での伝え方も解説」で紹介しているので、参考にしてみてください。

3.責任を他者に押し付けない

退職理由や転職理由の内容を考える際は、「他者に責任を押し付けない」ことを意識します。退職や転職の理由を上司や同僚、会社の体制のせいにしてしまうと、愚痴や悪口をいっているように面接官に受け取られる可能性があるからです。
たとえパワハラによって退職を余儀なくされたとしても、転職活動の面接の場では正直な理由をいうことは避けましょう。「前職での課題を解決できる職場でキャリアを積みたい」といった形で、前向きな目標に重点を置いた主張をすると効果的です。

4.転職して実現したいことを明確にする

退職理由や転職理由を考えるのと同時に、志望先企業で実現したいことも明確にしておきましょう。「なぜ自社を選んだのか」「入社後に成し遂げたいことはなにか」などの質問は、面接でよく聞かれるからです。これらの質問に対し「希望する働き方ができる」や「前職で培ったスキルを活かしたい」のように、退職理由や転職理由とリンクする内容にすることで、面接官に納得してもらいやすくなります。

5.勤務条件の希望がある場合は隠さず伝える

勤務条件の希望がある場合は、退職理由や転職理由の中で伝えましょう。働き始めてからのミスマッチを回避するためにも、希望する勤務条件については事前に伝えておく必要があります。
ただし、面接で勤務条件について言及できるのは、育児や介護などのやむを得ない事情で働き方を制限しなければならない場合のみです。特別な理由や会社からの指定がないのに、面接の段階で勤務時間や勤務地に関する要望を伝えると、「わがままな人」という印象を与える恐れがあるので注意しましょう。

転職理由の履歴書への書き方も知っておこう

履歴書を作成する際、会社からの指示がない限り詳しい転職理由を書く必要はありません。履歴書の学歴欄には、退職理由に応じて「一身上の都合により退職」や「会社都合により退職」などと簡潔に記載します。転職理由の応募書類への書き方は「転職理由の書き方にはポイントがある?避けたほうが良い内容も紹介!」で解説しているので、参考にしてみてください。

トラブルを回避しやすい退職理由と転職理由の回答例

この項では、トラブルを回避しやすい退職理由と転職理由の回答例を紹介しています。

退職理由のOK例文

以下は、円満退職しやすい理由の例文です。

・専門的なスキルを身につけるために退職して○○の業界に挑戦したい
・結婚して引っ越すため退職して新たな仕事を探す

退職理由として熱意や向上心が伝わる前向きな内容を述べれば、好意的に受け入れてもらえる可能性が高いでしょう。また、結婚や体調不良、家族の介護などといった個人的な理由の場合、引き止められにくいというメリットがあります。好印象な退職理由の例文は「仕事を辞める理由の伝え方とは?例文を参考に円満退職を目指そう」でも紹介しているのでご一読ください。

転職理由のOK例文

面接で良い印象につながる転職理由としては、以下のような例文が挙げられます。

・残業時間が長く、改善を求めましたが叶わなかったため転職を決意しました
・前職のスキルを活かせる○○職に挑戦したいと思い退職しました

会社の待遇が退職理由の場合、批判や愚痴と捉えられないように、問題解決のために努力した姿勢をしっかりアピールしましょう。自分が志望先企業にとって価値のある人材だと示すために、入社後に活かせる知識や経験を具体的に述べるのも効果的です。面接で述べる転職理由の例文は、「転職理由別の例文7つ!好印象を与えるために意識するべきポイントとは」で解説しているので、参考にしてみてください。

いわないほうが良い退職理由と転職理由とは?

いわないほうが良い退職理由と転職理由とは、「自分の希望のみを主張する」、「目標が曖昧である」などの内容です。以下で詳しく解説しています。

自分の希望のみを押し通そうとする

退職理由や転職理由の中で、自分の希望のみを押し通そうとするのは得策とはいえません。たとえば、「望んだ部署に配属されなかったことが不満でした」や「転職先では残業をしたくありません」などと述べてしまうと、面接官に主体性や協調性のなさを不安視される恐れがあります。自分の要望をすべて受け入れてもらおうとするのではなく、志望先企業が求める人材像に沿うようなアピールをしましょう。

退職後の目標が曖昧で分かりにくい

曖昧で分かりにくい目標を含んだ退職理由や転職理由も、面接ではいうべきではありません。転職の動機や志望理由が不明瞭だと、面接官に入社意欲の低さを懸念されてしまいます。
また、退職後の目標が曖昧なままだと、自分に合った転職先を選ぶことも難しいでしょう。面接での転職理由の伝え方は「面接で転職理由をどう伝える?答え方や回答例を紹介!」で紹介しているので、ご一読ください。

退職理由と転職理由が思いつかないときはどうする?

退職理由や転職理由が思いつかないときは、会社を辞めるきっかけとなった事柄を書き出してみましょう。好印象な退職理由や転職理由を述べるためには、企業研究を徹底することも大切です。

退職の原因を書き出してみる

退職理由や転職理由が思いつかないときは、会社を辞めることになった原因を紙に書き出します。些細なことでも、思い浮かぶ限り紙に書いて整理してみましょう。自分でも気づいていなかった原因や退職の経緯を把握でき、退職理由や転職理由を組み立てるのに役立つはずです。そのほかに、問題を解決するためにとった行動があれば、面接で話すエピソードとして書きとめておきましょう。

企業研究を徹底する

面接で話す退職理由や転職理由を考える際には、志望先企業の企業研究を徹底して行います。退職理由や転職理由と志望動機の内容に一貫性があれば、説得力がアップするからです。
企業研究では、会社概要や事業内容といった基本情報だけでなく、競合企業や業界全体についても調べましょう。企業研究の詳しい手順は「企業研究によって転職を成功させるやり方を解説!情報の集め方も詳しく紹介」で紹介しているので、参考にしてみてください。

「転職理由が上手くまとまらない…」とお悩みの方は、ぜひハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブは、既卒や第二新卒、高卒といった若年層に特化した転職エージェントです。専任のアドバイザーがカウンセリングを行い、求職者の希望や適性に沿った求人をご紹介します。そのほかに、応募書類の添削や模擬面接といったサポート体制も充実。好印象な退職理由や転職理由を考えたうえで、自信をもって面接に臨めます。サービスはすべて無料なので、お気軽にご利用ください。

転職理由や退職理由に関するお悩みQ&A

ここでは、転職理由や退職理由に関するお悩みをQ&A方式で解決します。

退職理由と転職理由に違いはある?

退職理由と転職理由は、意味が異なります。退職理由とは、会社を辞めることになった原因のこと。対して、転職理由は前職での課題の解決策のことを指します。退職理由は過去の出来事を指すのに対し、転職理由は将来の目標に重点を置いた内容になるというのが大きな違いです。詳しくは、このコラムの「退職理由と転職理由の違いとは?」をご覧ください。

スキルアップが転職理由の場合はどう伝える?

スキルアップが転職理由の場合、環境を変える必然性をしっかり説明することが大切です。転職の目的が曖昧だと、面接官に「必ずしも自社に入らなくても良いのでは」と思われる可能性があります。前職では目標の達成が難しい理由と、転職先でのスキルアップの道筋を明確に述べて、転職理由に説得力をもたせましょう。スキルアップが転職理由の場合の伝え方は、「転職理由はスキルアップ!面接での伝え方や注意点を解説」で紹介しているので、参考にしてみてください。

パワハラが原因の場合の転職理由の答え方は?

転職理由として、面接で「パワハラを受けたため」とそのまま伝えるのは避けましょう。たとえパワハラを受けたことが事実でも、面接官に具体的な状況を理解してもらうことは難しく、場合によっては「本人にも原因があったのでは」という疑念を抱かれる恐れがあります。「パワハラは退職理由になる?仕事を辞める際にやるべきことを確認しよう」では、パワハラを退職理由や転職理由として伝える方法を解説しているので、ご一読ください。

給与の低さを転職理由として伝えても良い?

転職理由として「前職は給与が低かったから」と伝えるのは得策とはいえません。「会社の批判をしている」「待遇面ばかりを気にしている」などと捉えられて、応募者自身のイメージが下がってしまう可能性があります。面接で好印象な転職理由を考えたい方は、ハタラクティブにご相談ください。応募書類の添削や模擬面接など、自信をもって転職活動に臨むためのサポート体制が整っています。

この記事に関連するタグ