仕事を辞めたい…甘えだと判断される場合と辞めるべき理由の違いを解説!

仕事を辞めたい…甘えだと判断される場合と辞めるべき理由の違いを解説!の画像

【このページのまとめ】

  • ・仕事を辞めたいと思うことはけっして甘えではない
  • ・仕事を辞めたいと思うのは甘えではないが、周りからはそう思われることも多い
  • ・仕事を辞めたい原因が明らかに甘えでない場合は、早めに退社を決断することも大事
  • ・仕事を辞めたいと思う原因を考え冷静に行動しよう

「仕事を辞めたいけどただの甘えなの?」「みんながどんな理由で仕事を辞めているか知りたい」などの疑問や不安を抱えている方も多いのではないでしょうか?
仕事を辞めたいと思うのは決して甘えではありませんが、理由によっては周囲から「甘え」と判断されることも。
このコラムでは、仕事を辞めたいと考える理由や退職する前にやるべきことなどを紹介しています。これから転職活動をはじめようとしている方は、ぜひご覧ください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

仕事を辞めたいと思うのは甘え?

結論からいえば、あなたが本気で仕事を辞めたいと思っているならそれは甘えではありません。
仕事をしているほとんど方が「仕事を辞めたい」と思ったことがあるでしょう。特に理由がなく仕事を辞めてしまうのは甘えと言われてもしょうがない場合もありますが、自分なりの理由があって本気で辞めることを決意し実行に移すことは「甘え」でも「逃げ」でもありません。

なぜなら、感覚には個人差があり、大多数が「そんな理由で仕事を辞めることは甘えでしかない」と判断しても、辞めたい本人にとってその理由が重大であれば、けっして「甘え」ではありません。
仕事を続けるのが辛いなら、克服法などを詳しく紹介しているコラム「仕事辞めたい病を克服したい!原因は人間関係の悩み?診断チェック付き」をチェックしてみてください。

仕事を辞めたいと思う7つの理由

仕事を辞めたいと考える理由には、「本当に自分がやりたいことに挑戦したい」といったポジティブなものと、「人間関係が良くない」「就業環境が悪い」といったネガティブなものがあります。多くの方が仕事をやめたいと思う理由を下記にまとめました。

1.他にやりたいことがある

他にやりたいことがある場合は、今の仕事を辞めたいと思う気持ちを強くします。
入社したときにはやりたいことがなくても、働いていろいろなことを知っていくうちに、自分が本当にやりたいことに気づき、退職を検討する人は多いようです。

2.職場の人間関係が悪い

職場の人間関係は、仕事を辞めたくなる大きな理由になります。
職場の人間関係は仕事、と割り切る方もいますが、長い時間を過ごす場所の人間関係が良くないと、パフォーマンスに影響は出るもの。社内の雰囲気が悪いと仕事に集中できないでしょう。
また「職場で話せる人がいない」「1人だけランチに誘われない」などといった、職場内での孤立に思い悩む人も少なくありません。

3.会社の将来に不安がある

業績不振やリストラの横行など「この会社は大丈夫なの?」という不安は、仕事を辞めたいと思わせる大きな理由になります。
業績報告書なども確認しながら、不安が大きいようなら転職を検討してもいいでしょう。

4.厳しいノルマがある

個人の業務に対し厳しいノルマを設けられ、成果次第で報酬額が変動する職場では、過度なプレッシャーに耐え切れず「仕事を辞めたい」と悩む人がいます。中には就業後や休日も、仕事のことが頭から離れず、精神的に不安定になるケースもあるようです。
一方で、一定のノルマを設けられることによって、業務に対するモチベーションが上がる人もいます。そのため、必ずしもノルマが厳しい会社や職種が悪いとはいえませんが、そのような会社の場合は適性の見極めが重要です。

5.労働環境に不満をもっている

会社の労働環境に不満をもって、仕事を辞めたいと思う方もたくさんいます。
当たり前のように残業をしたり、頻繁に休日出勤を求めたりするような会社は、社員の労働意欲を奪ってしまい、やりがいを失ってしまう人も大勢いるようです。また、昇給や昇格が適切ではない、業務量に対して給与が十分ではないといった金銭面の不満も、仕事を辞めたいと考える理由になるでしょう。

6.社風が合わない

社風とは各会社の持つ特徴や雰囲気を指します。体育会系やアットホーム、堅実、成果主義など会社によってさまざま。「社員同士の仲が良く、休日に飲み会や社員旅行がある」と聞くと、一見ポジティブな印象を持ちますが、プライベートを重視したい人にとっては「合わない」と感じることも。
また、成果による実力主義という社風の場合は、プレッシャーに感じる人もいるでしょう。社風が合わないと、仕事内容が合っていても働きづらさを感じるものです。

7.キャリアアップに限界を感じた

自分の将来のことを考えてキャリアップを目指しているのに、今の職場ではそれが叶わないと気づいたときに仕事を辞める方も多いようです。
この場合仕事を辞めるのは完全に甘えではなく、とても前向きな退職理由です。

甘えだと判断される仕事を辞めたい理由

仕事を辞めたいと思う判断基準は人によって違いますが、単純に仕事が面倒、好きじゃないといった理由は甘えと判断されます。また、問題に対して自分から解決に動かないなど、受動的な理由も甘えになるでしょう。

仕事が面倒でだるい

なんとなく仕事が面倒でだるいから、という理由は甘えと判断して良いでしょう。ただし、単に怠慢の場合もありますが、なかにはストレスなどが原因の可能性も。
まずは規則正しい生活に改善し、適度に休息をとりましょう。

「だるい」の原因は5月病?

5月病とは一般的に、新年度開始から約1カ月経過したゴールデンウィーク終了後、学業や仕事に対し意欲が湧かなくなる状態を指します。初期症状は食欲低下や不眠などですが、次第にやる気や集中力が低下し体調を崩すことも。体調不良によって結果的に、欠勤を繰り返す可能性もあるでしょう。就職や転居といったストレスが要因となるため、環境が変化したあとに5月病を発症する可能性は、誰にでもあります。とはいえ「なんとなく会社に行きたくない」「仕事を辞めたい」と伝えると、「それは単なる甘えだ」と判断されることも。
5月病の予防策としては、適度な運動や規則正しい生活をし、趣味の時間を充実させるなどストレスを溜め込まないことが大切です。

仕事内容が好きじゃない

与えられた仕事の内容が好きになれないから退職したいと思うのは、甘えと判断されやすいです。企業へ応募した際に「この会社で働きたい」と伝えたにも関わらず、「仕事内容が嫌い」というのは、自分本位で無責任だと判断される傾向にあります。働いているすべての人が、好きな仕事をしているとは限りません。社会人としての責任を持ち、たとえ気の進まない仕事だとしても、任されたら最後までやり遂げましょう。

責任から逃げ出したい

働いているうちに後輩が出来たり、責任が重い仕事を任されたりするなど立場も変わっていきます。その“責任”というプレッシャーに耐え切れず、仕事を辞めたいと思う人もいるでしょう。そのような場合も、「単なる責任逃れ」「甘えている」と判断されてしまう可能性があります。
ただし1人で悩みを抱え込み、心身ともに不調が出るまで我慢する必要はありません。気持ちを整えるために一定時間仕事から離れて休息を取り、信頼できる人に相談することも大切です。

通勤が辛い

朝早く起きるのが辛くて仕事を辞めたいというケースは、大多数から「甘えている」と思われてしまいます。
社会人として、勤務先の就業規則に従って出勤するのは当たり前。前日は早めに寝たり、複数の目覚まし時計を用意したりといった対策をとることが必要です。
また、都会に住んでいると満員の通勤電車が嫌になることもあるでしょう。しかし、満員電車が嫌だから辞めたい、というのも甘えと判断されます。可能な範囲で通勤時間をずらしたり、使用する路線を変えたりするほか、状況に応じて引っ越しを検討してみてください。

上司から怒られるのが辛い

何度もミスをしてしまい、上司から毎回怒られるのが辛くて仕事を辞めることも、甘えだと思われがちな退職理由です。
ミスをしたり怒られたりすることは誰でもありえること。怒られることが辛いと感じるなら、怒られないよう対処するべきです。よく起こすミスを把握し、メモや対処法をまとめるなどして、ミスが起きない仕組みを作りましょう。
それでもミスを起こしたり怒られたりするなら、仕事に適性がない可能性が考えられます。適性については「自分の適性に合った仕事の探し方」をご参考ください。

甘えじゃない!仕事を辞めた方が良い5つのケース

仕事を辞めたい理由によっては、甘えではないことも。特に就業環境や心身に影響が出る理由の場合は、速やかに退職を検討したほうが良いでしょう。

1.どんなに頑張っても正当な評価がされない

どんなに頑張って会社に貢献してきても、正当な評価がなされないからという理由で仕事を辞めることは、甘えではありません。
ただし、自分自身で過剰評価をしていることもあるため、本当に自分が会社の役に立っているかを良く考えたうえで行動に移してください。

2.職場でハラスメントを受けている

パワハラ、セクハラ、モラハラなどのハラスメントを受けていて仕事を辞めることは、甘えではありません。執拗な叱責や暴言、あるいは人格や尊厳を否定するような発言、残業の強要や仕事の押し付けなどで、精神的に追い詰めることは立派なパワハラです。
このようなハラスメントを受けている人の中には、「仕事を辞めると生活できなくなる…」「この程度で辞めるなんて甘えでは?」「あと少し頑張ろう」などと考え我慢する場合もあるでしょう。
しかし耐え続けることにより次第に精神状態が不安定になり、最終的には仕事だけでなく普段の生活さえも、ままならなくなる可能性があります。
辞める前には社内の信頼できる人や、ハラスメント対策室などに相談しましょう。会社が信用できないなら、行政の「ハラスメント悩み相談室」などを活用してください。

3.労働環境に問題がある

労働時間が長い、休みが少ないなど、勤務環境に問題がある場合は速やかに退職を検討して問題ありません。
業界や時期によっても状況は異なりますが、「常に人手不足」「時期に関係なく残業が多い」といった場合は心身に影響が出る可能性が高まります。また、業務内容や勤続年数、役職に対して極端に給料が安かったり、キャリアアップが期待できなかったりする場合も同様。会社の経営が危ういときも、退職を検討しましょう。

4.職場の人間関係が悪い・改善されない

職場の人間関係が悪くて、この先どうしても改善の見込みもなく、業務に影響が出ているなら、仕事を辞めることは甘えではありません。
人間関係のストレスは精神的な不調に繋がりやすく、仕事だけでなく日常生活にも支障が出る可能性があります。部署の異動や転勤などのように、働く環境を変えられる制度があれば、1度会社に相談しましょう。
ただし、過去にも人間関係を理由に仕事を辞めた経験がある場合は、同じことを繰り返さないよう、自分自身に問題点がなかったかを振り返ることも大切です。そのうえで何も解決策がなく、改善の見込みはないと思う場合は、退職を検討しても良いでしょう。

5.ブラック企業である

労働時間が長過ぎる、給料が安過ぎる他にも、給料の未払いが頻繁に起こる、残業代が出ない、休日が少ない、休憩時間がない、不当解雇があるなどは、ブラック企業である可能性が高いです。
ブラック企業を辞めることは、当然ながら甘えではなく、そうだと分かれば即刻退社をおすすめします。ブラック企業の見分け方は「ブラック企業の特徴は?こんな会社には注意!」でご確認ください。

仕事を辞める前にやるべき4つのこと

仕事を辞めたいと思っても、すぐに退職を伝えるのは時期尚早です。辞めたいと思う理由によっては、適切な対処法で辞めずに済む可能性も。まずは辞めたいと思う理由を明確化してみましょう。

1.仕事を辞めたい理由を明確にする

まずは、自分自身で仕事を辞めたい理由を明確にすることからはじめましょう。理由が分かれば対処法も見えてきます。
また、理由を自覚することによって、それを判断基準の一つとして転職活動に臨めるため、ミスマッチを起こしたり同じ理由で早期退職したりする可能性を減らせます。

2.仕事を辞めて悩みや不安が解消するか良く考える

仕事を辞めたとしても、抱えている悩みや不安が解消されないことも。本当に退職すれば問題が解決するかをじっくり考えます。
「逃げるため」に退職する場合は、現職を辞めても根本的な問題は解決しないことが多いでしょう。
たとえば、接客業でのストレスが要因で退職したあとに、再度接客業に就くのであれば解決したとはいえません。なぜなら仕事を辞めても、“接客業によって感じるストレス”という問題が残るからです。
転職先で同じ問題を抱えないよう、今の仕事を辞めれば解決することとしないこと、またその根拠を考えましょう。

3.退職以外の方法を検討してみる

有給を使って長期休暇を取ったり、給食したりしてしばらく仕事から離れてみましょう。休みをとることでリフレッシュできて、精神的にも肉体的にも元気になれる場合もあるようです。
また、辞めたい理由が人間関係や仕事への適性なら、異動や配置転換などを会社に申し出るのも方法の1つ。業務内容や勤務環境が変わることで解決する問題は多くあります。

4.転職先を見つけてみる

退職を会社に伝える前に、転職先があるか調べてみましょう。仕事を辞めても次の勤務先があると分かれば、精神的にとても安心できます。また、転職活動を通して今の職場の良さが分かることも。転職するかどうかは別として、いろいろな職場を比較してみるのは、将来に向けても有効なことです。
仕事の辞めどきを知りたい方は、辞めどきを見極めるポイントが書かれているコラム「仕事の辞めどきを見極める3つのポイントを解説!簡易的な診断方法もご紹介」を参考にしてみてください。

仕事を辞められない状況と対処法

仕事を辞めたいと思っても、金銭面や家族の同意などでどうしても辞めることができないこともあります。しかし、退職理由が甘えではないなら、しっかりと対処したうえで退職を決意しましょう。

仕事を辞めると生活ができない

今の仕事を辞めると金銭的に厳しくなるため、辞めたいけど辞められないと悩む方は多いようです。パワハラや労働基準法違反など、心身に影響が出る環境ならハローワークなどに相談しましょう。会社都合退職の扱いとなり、失業保険の支給が早まる可能性があります。 自己都合退職となり失業保険の支給が数カ月後から、という場合は、貯蓄ができるまで働く、空白期間を作らずに転職する、いったんフリーターになるといった選択肢が考えられます。転職とお金の関係については「スーツ代に交通費…転職にかかる費用はどれくらい?」も参考になるでしょう。

家族から仕事を辞める同意を得られない

自分ではもう限界だと思っていても、家族から仕事を辞めることを猛反対されて退職できない方もたくさんいます。
家族からの同意を得られないのは、仕事を辞めると収入がなくなり生活が不安定になることや、せっかく良い会社に就職できたのにもったいないなどの理由が多いようです。しかし、実際に働くのは自分です。しっかりと現状を説明し、家族に納得してもらえる次の職場をあらかじめ見つけるなどの対処法が有効でしょう。

上司が怖くて言い出せない

上司が怖くて仕事を辞めると言い出せないという方もいるようです。
しかし、この場合は退職すればその上司と会う機会もなくなるので、本当に仕事を辞めたいなら思い切って行動に移すことをおすすめします。

自分が辞めると会社に迷惑がかかると考えている

人手不足などが理由で、自分が会社を辞めると他の人に迷惑がかかるという理由で退職できない方も少なくありません。
しかし、よほど今の会社に恩義があるなら別として、自分の夢を捨ててまで会社に人生を尽くすことなく、なぜならあなたの人生の責任をとってくれる企業はないからです。

引き止めに合いそう

仕事を辞める旨を伝えると、引き止められそうだから言い出せないという人もいます。しかし法律上、労働者には「職業選択の自由=仕事を辞める権利」が保障されているのです。
そのため退職理由に関わらず、一般的には退職希望日の2週間前までに退職意思を会社へ表明すれば、辞めることが可能とされています。

退職を引き止められたら?状況別の対処法

引き止めに合っても、退職の意思は固いことを伝えましょう。ここでは、よくある引き止めの事例と対処法を紹介します。

給料アップの条件を言われた場合

収入アップを約束してもらえる場合は、会社に留まるという選択肢もあります。しかし、この場合は口約束ではなく書面などで証拠を残してもらってください。
それでも決意が固い場合は、より良い条件を出してくれている企業があることを伝えると退職しやすくなります。

後任が見つかるまでいて欲しいと言われた場合

後任が見つかるまで仕事を辞めないで欲しいと引き止められた場合で、時間に余裕があるならその条件にしたがった方が円満退社につながります。
しかし、転職先がすでに決まっている場合は、正直にそう伝えて退職しましょう。

必要な人材だから辞めないで欲しいと言われた場合

自分が会社に必要だと言われて引き止められることはある意味光栄なことで、不満な点を会社側が改善してくれるなら仕事を辞めないという選択肢もあります。
しかし、それでも自分の決意が変わらない場合は、絶対に会社が改善できない点を挙げると退職しやすくなります。

あなたのためだと言って引き止められた場合

あなたのためと言って引き止められる場合は、本当に親身になってくれているケースと、会社の都合で辞めて欲しくないケースの2パターンがあります。
前者であるなら、そう言ってくれた人の意図をしっかり考え判断して、後者であるならどうしても一身上の都合があることを伝えて退職した方がいいでしょう。

会社を上手に辞める方法を知りたい方は「会社の辞め方や手順を解説!退職する際の注意点や理由例も紹介」を、仕事を辞めたいけどなかなか言い出せないという方は、「仕事を辞めたいけれど言えない!円満退職のコツって?」をそれぞれチェックしてみてください。

仕事を辞めるなら円満退職を目指そう

円満退職とは、会社と退職を伝えた労働者の双方が合意して良い関係のまま退職を迎えること。円満退職を叶えることでスムーズな退職が叶いますし、退職後の人間関係も保てます。

円満退職を叶えるステップ

円満退職を叶えるなら、仕事を辞めることを決めた時点でできるだけ早めに上司に相談してください。就業規則で決められている期間、もしくは退職の1~2ヶ月前には上司へ報告して、退職に向けたスケジュールを確認しましょう。
仕事を辞める理由は「スキルアップのため」「やりたいことに挑戦するため」などの前向きなものを伝えるのがベター。退職理由を会社のせいにしないことも、円満退社の秘訣です。
また、いくら数ヶ月前であっても、退職する時期が繁忙期に重なるなら避けたほうが安心。退職の時期は上司と相談して決めていきます。
仕事を辞めるのが決まっても、最後の日まで手を抜かないで職務をまっとうしましょう。それが今後の社会人人生の役に立つことにもなり、社会人としてのマナーでもあります。
後任者が決まっていれば引き継ぎを行い、必要に応じて引き継ぎ内容をまとめたノートを準備。退職予定日から逆算して、少しずつ進めましょう。

仕事を辞めたいけどタイミングが分からない、退職の方法や手順が知りたいという方は、転職のプロであるハタラクティブにご相談ください。
若年層の就職、転職をサポートしているハタラクティブでは、「仕事を辞めたいけどただの甘えなの?」「甘えじゃないけど仕事の辞め方が分からない」などの疑問にもしっかりお答して、あなたの転職活動を完璧にお手伝いします。

経験豊富なキャリアドバイザーが、あなたの要望を丁寧にヒアリングして、理想の職場をご紹介。転職活動をはじめるタイミングも見極めながら、納得のいく転職を実現することが可能です。
仕事を続けながらきちんと転職活動ができるように、面倒な履歴書や職務経歴書などの作成や面接対策などもしっかりサポートいたします。サービスの利用は完全無料ですので、まずはお気軽にお問い合わせください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION