新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 仕事を辞めたい…甘えだと判断される場合と辞めるべき理由の違いを解説!

仕事を辞めたい…甘えだと判断される場合と辞めるべき理由の違いを解説!

公開日:

最終更新日:

仕事を辞めたい…甘えだと判断される場合と辞めるべき理由の違いを解説!の画像

【このページのまとめ】

  • ・仕事を辞めたいと思う理由の多くは人間関係や労働環境に対する不満
  • ・「仕事内容が嫌い」という理由の場合は甘えと判断されることがある
  • ・仕事を辞めたい理由がセクハラやパワハラであれば甘えではない
  • ・仕事を辞める以外の方法をいくつか考えたのであれば甘えと判断されにくい
  • ・仕事を辞めるときは転職活動のタイミングを考えるのも大切

監修者:佐藤真也

キャリアコンサルタント

やりたいことやできることを一緒に考えて、ライフスタイルやご希望にマッチする仕事探しをお手伝いします!


仕事を辞めたい理由を甘えと判断されやすいのは、どのような場合か気になる人もいるでしょう。甘えとされず仕事を辞めるべきケースや、辞めたいと思った時にすべきことについても詳しく解説します。仕事を辞めることを決断するまでには、同僚や上司などに相談できず1人で悩んでいる人もいるはず。このコラムでは、円満退職のためにすべきことや、転職活動についても詳しくご紹介します。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

仕事を辞めたいと思う7つの理由

仕事を辞めたい…と思う理由は、人間関係や労働環境など人それぞれです。自分が「なぜ仕事を辞めたいか」を改めて知ることは、現状を改善するきっかけとなります。
主な理由として考えられるものを以下に7つご紹介しますので、該当する項目があるか見てみましょう。
 

1.人間関係が悪い

仕事を辞めたいと思う理由として、上司や同僚などに対する人間関係の悪化が挙げられます。たとえば、社内に複数の派閥が存在し日々対立し合い、常に雰囲気が悪いという職場もあるようです。特に対人関係に敏感な人は、「こんな会社では仕事に集中できない」と感じることもあります。
また「職場で話せる人がいない」「1人だけランチに誘われない」などといった、職場内での孤立に思い悩む人も少なくありません。

 

2.ほかにやりたい仕事がある

現職のほかにやりたいことを見つけ、仕事を辞めたいと思う人もいます。しかし、その夢を叶えたくても「今の仕事を辞めると収入がなくなる」と悩む人が多いようです。また、現職の仕事内容に不満があるとしても、給与額や休暇などといった待遇に満足している場合は、辞める決心がつかないことも。
加えて、養うべき家族がいる場合や、退職することを身近な人から強く反対される場合など、ほかにやりたい仕事があってもなかなか転職できない人もいるでしょう。

 

3.今の仕事に向いていないと感じる

仕事でミスが続いたり上司から怒られたりすると、自信を失い「自分はこの仕事に向いていないのでは?」と感じることもあります。また、自分がいることで社内の人に迷惑をかけているという罪悪感から、「自分がこの会社を辞めた方が良いのでは?」と考える人もいるでしょう。

 

4.昇給や昇進できる可能性が低く、会社に将来性がない

現職での昇給や昇進の可能性が低い、あるいは会社に将来性を感じられないのも、仕事を辞めたい理由として挙げられます。たとえば、年功序列で昇給や昇進する会社の場合は、年齢が若いうちは成果を出しても認められないと悩むことも。
また、企業の将来性をできるだけ正確に見極めたうえで、辞めるべきか否かを判断することも大切です。一般的に、将来性がないといわれる会社には、以下のような特徴があります。

 

・業績が落ち続けている
・業務改善をしない
・新規事業を行わない
・労働時間が長過ぎる
・人手不足が慢性的に続いている
・従業員を大切にしない

 

なお、転職する場合は上記の点に加え、会社の資本力や事業規模もあわせて企業研究し、現職と比較すると良いでしょう。

 

5.ノルマが厳しい

個人の業務に対し厳しいノルマを設けられ、成果次第で報酬額が変動する職場では、過度なプレッシャーに耐え切れず「仕事を辞めたい」と悩む人がいます。中には就業後や休日も、仕事のことが頭から離れず、精神的に不安定になるケースもあるようです。
一方で、一定のノルマを設けられることによって、業務に対するモチベーションが上がる人もいます。そのため、必ずしもノルマが厳しい会社や職種が悪いとはいえませんが、そのような会社の場合は適性の見極めが重要です。

 

6.労働環境や待遇に不満がある

会社の労働環境や待遇に対し不満を抱え、「仕事を辞めたい」と思う人もいます。中には、プライベートな時間を確保できないほどの残業や、休日出勤を求められる会社も。また、仕事の成果が給与に反映されない企業の場合は、やりがいが減少する人もいるでしょう。
しかし、現職よりも転職先の方が、労働環境や待遇が良いとも限りません。まずは現職の上司に対し、残業時間や昇給に関して交渉するのも手です。ただし交渉に失敗すると、更に状況が悪化する可能性もあるため、慎重な判断が必要となります。

 

7.社風が合わない

企業が持つ社風に自分が合わないと感じ、辞めたいと思う人もいるでしょう。
社風とは各会社の持つ特徴や雰囲気を指しますが、実際の感じ方には個人差があります。以下に一般的な会社の社風として考えられる例を挙げますので、見てみましょう。

 

・体育会系
・社員同士の仲が良い
・お客様第一主義
・成果によって評価する実力主義
・穏やかでのんびりしている
・若手が上司に意見出来る

 

「社員同士の仲が良く、休日に飲み会や社員旅行がある」と聞くと、一見ポジティブな印象を持ちますが、プライベートを重視したい人にとっては「合わない」と感じることも。
また、成果による実力主義という社風の場合は、プレッシャーに感じる人もいるでしょう。

「甘え」と判断されやすいケース

仕事を辞めたいと思う理由によって「甘え」と判断されやすいケースと、そうでないケースがあります。まずは、「甘え」と判断されやすいケースと、その対処法をご紹介しますので一つずつ見てみましょう。

 

朝早く起きて会社に行くのが辛い

多くの社会人は朝早く起きて、出勤時間に間に合うよう会社へ向かいます。にもかかわらず「朝起きるのが辛い」「早起きして仕事に行くのが面倒」「家にいたい」という理由で仕事を辞めたいと思うのは、甘えと判断されるでしょう。
対処法としては前日の夜早く寝る、冬場であれば起床時間に合わせて暖房のタイマーをセットするなどがあります。
会社に行くのが面倒だと感じるときは、趣味や自分へのご褒美などといった楽しみを作り、仕事とプライベートの気持ちを切り替える努力も必要でしょう。

 

5月病を引きずっている

5月病とは一般的に、新年度開始から約1カ月経過したゴールデンウィーク終了後、学業や仕事に対し意欲が湧かなくなる状態を指します。初期症状は食欲低下や不眠などですが、次第にやる気や集中力が低下し体調を崩すことも。体調不良によって結果的に、欠勤を繰り返す可能性もあるでしょう。就職や転居といったストレスが要因となるため、環境が変化したあとに5月病を発症する可能性は、誰にでもあります。とはいえ「なんとなく会社に行きたくない」「仕事を辞めたい」と伝えると、「それは単なる甘えだ」と判断されることも。
5月病の予防策としては、適度な運動や規則正しい生活をし、趣味の時間を充実させるなどストレスを溜め込まないことが大切です。
中には5月病をきっかけとして、肉体的・精神的な病気を引き起こす人もいます。上述したような症状が2週間以上続き「5月病かも知れない」と感じたら、心療内科や精神科といった専門医に相談しましょう。

 

疲れていてやる気が出ない

「疲れていて、やる気が出ないから仕事を辞めたい」というのは、「甘え」と判断されることが多いです。社会人として日々の仕事をしていれば、疲れるのはある意味当たり前ともいえます。
多くの人はたとえ疲れていたとしても、適度に休息を取り、体と心のバランスを整えながら働いているのです。
身体的な疲れであれば整体やマッサージ、適度な運動などで回復できるでしょう。しかし精神的疲労が蓄積した人の中には、うつ病やパニック障害などの病気が発症するケースもあります。それにより思うように仕事ができず、さらにストレスが溜まり症状が悪化することも。
そのような場合は、突然仕事を辞めるのではなく、一定期間の休暇を会社へ申し出るのも一つの手です。また、自分に合うストレス解消法を見つけ、日頃から心身ともに疲れを溜め込まないよう工夫をするのも社会人として大切でしょう。

 

仕事内容が嫌い

企業へ応募した際に「この会社で働きたい」と伝えたにも関わらず、「仕事内容が嫌い」というのは、自分本位で無責任だと判断される傾向にあります。働いているすべての人が、好きな仕事をしているとは限りません。社会人としての責任を持ち、たとえ気の進まない仕事だとしても、任されたら最後までやり遂げましょう。
業務上でのミスを理由に仕事を嫌いになったのであれば、それも「甘え」と判断されてしまうことがあります。失敗は誰にでもあるので、1度のミスを気にして仕事を投げ出すのは、社会人として甘えていると思われる可能性があるのです。
「完璧にやらなければ…」と自分を追い込むよりも、適切な対応をすることにより、挽回のチャンスがあることも覚えておきましょう。
ミスをしたときは、上司に報告・指示を仰ぐ・謝罪、この3つの行動を起こすことが大切です。これができれば、周囲の信頼を失わずに済むでしょう。また、対応が終わったあとは同じ失敗を繰り返さないために、今後の予防策を考えることも大切です。

 

責任から逃れたい

働いているうちに後輩が出来たり、責任が重い仕事を任されたりするなど立場も変わっていきます。その“責任”というプレッシャーに耐え切れず、仕事を辞めたいと思う人もいるでしょう。そのような場合も、「単なる責任逃れ」「甘えている」と判断されてしまう可能性があります。
ただし1人で悩みを抱え込み、心身ともに不調が出るまで我慢する必要はありません。気持ちを整えるために一定時間仕事から離れて休息を取り、信頼できる人に相談することも大切です。

「甘え」でないケース

仕事を辞めたいと思う理由が、「甘え」でないケースもあります。中には状況を深刻に受け止めたうえで、早急に退職すべきケースもあるので一つずつ見ていきましょう。

 

セクハラやパワハラなどを受けている

セクハラやパワハラなどといった精神的に大きな被害を受けている場合は、早急な退職も視野に入れる必要があります。
執拗な叱責や暴言、あるいは相手の人格や尊厳を否定するような発言はパワハラです。また、残業の強要や仕事の押し付けなどで、精神的に追い詰めることも同様。
このようなハラスメントを受けている人の中には、「仕事を辞めると生活できなくなる…」「この程度で辞めるなんて甘えでは?」「あと少し頑張ろう」などと考え我慢する場合もあるでしょう。
しかし耐え続けることにより次第に精神状態が不安定になり、最終的には仕事だけでなく普段の生活さえも、ままならなくなる可能性があります。

 

心身に不調が出ている

心身に不調が出ている場合に、仕事を辞めたいと考えるのは「甘え」ではありません。不調が出ているにも関わらず働き続けることで、さらに症状が悪化する可能性もあります。
また、心身の不調のほか、妊娠を理由とした退職も「甘え」といえません。とはいえ「妊娠を理由に仕事を辞めるのは甘えだ」といった考え方の人も、世の中には一定数いるでしょう。
会社に貢献することにより収入を得て、税金を納めるのは社会人として大切なことです。しかし子どもを育て、家族を形成するのもまた、人として重要なこと。
特に産休や育休、時短勤務制度が十分でない企業の場合は、仕事を続けることで体への負担が大きくなります。「仕事を続けたいか否か」「どのように子どもの成長を見守りたいか」をよく考えたうえで、自分が後悔しないよう決断しましょう。

 

人間関係が悪く、改善の見込みがない

人間関係が悪く改善の見込みがないのであれば、仕事を辞めるのも一つの手です。たとえば派閥争いや、恋愛関係のもつれに巻き込まれるなど、職場の人間関係に悩む人は多くいます。自分の力では関係を修復できず、苦しんでいるのであれば辞めることを「甘え」とは判断されないでしょう。
人間関係のストレスは精神的な不調に繋がりやすく、仕事だけでなく日常生活にも支障が出る可能性があります。部署の異動や転勤などのように、働く環境を変えられる制度があれば、1度会社に相談しましょう。
ただし、過去にも人間関係を理由に仕事を辞めた経験がある場合は、同じことを繰り返さないよう、自分自身に問題点がなかったかを振り返ることも大切です。そのうえで何も解決策がなく、改善の見込みはないと思う場合は、退職を検討しても良いでしょう。

 

明らかにブラック企業である

残業の強要や給与の未払いなど、勤務先が明らかにブラック企業であれば、仕事を続ける必要はありません。ブラック企業か否かの判断方法を、以下にいくつかご紹介します。

 

・給与や残業代が未払い
・月100時間を超える残業が1カ月以上続いている
・月80時間を超える残業が2カ月以上続いている
・1週間のうち1日も休日がない
・勤務時間内に休憩がない
・性別によって不公平な評価をされる
・退職の意思を伝えたにも関わらず辞められない
・社員が不当に解雇されている

 

ほかにも、セクハラやパワハラなどが黙認されている会社も、ブラック企業といえるでしょう。ブラック企業と判断できる場合は、転職活動を始めたり、未払い分を請求したりといった行動を起こすのも大切です。
なお、自分が仕事を辞めるのではなく、会社へ状況改善を求めるのであれば、労働組合や労働基準監督署へ相談する必要があります。労働基準監督署に違法性を指摘されれば、会社は改善せざるを得なくなるでしょう。

 

現職でのキャリアアップに限界を感じる

現職でのキャリアアップに限界を感じ、仕事を辞めたいと思うのは「甘え」と判断されません。将来独立するために入社し、そのスキルを身に付けたのであれば、現職への魅力を感じなくなるでしょう。あるいは、キャリアアップしたいと思っているのに日々同じ作業の繰り返しで、現職では成長できないと感じることも。
自分の実績やスキルを振り返り、今の自分に合う企業への転職や、独立を検討するという選択肢もあるでしょう。

 

会社の経営状況に不安を感じる

会社の利益減少や予算削減の動きがあるなど、経営状況に不安を感じたうえでの退職は「甘え」となりません。
給与の支払いが遅れたり、辞める意思を伝えづらい雰囲気になったりする前に、不安を感じたら早急に転職活動を始めましょう。転職の際は一般的に、若い年齢の方が有利となります。体力があり、将来の成長を期待できるなど、会社にとってメリットがあるからです。

仕事を辞めたいときにやること

仕事を辞めたいと思ったとき、会社や周囲の人から「甘え」と判断されないために、やるべきことを3つご紹介します。

 

1.仕事を辞めたいと思った理由を自覚する

「甘え」と判断されないためには、仕事を辞めたいと思った理由を、明確に自覚することが大切です。たとえば、労働時間が長過ぎる・給与が安い・上司や同僚との関係悪化など、理由を自覚することによって、それを判断基準の一つとして転職活動ができるでしょう。

 

2.今の仕事を辞めたらすべてが解決するか考える

仕事を辞めたいと思ったときは「問題解決のため」または「現職から逃げるため」、どちらが目的かを考える必要があります。「逃げるため」の場合は、現職を辞めても根本的な問題は解決しないことが多いでしょう。
たとえば、接客業でのストレスが要因で退職したあとに、再度接客業に就くのであれば解決したとはいえません。なぜなら仕事を辞めても、“接客業によって感じるストレス”という問題が残るからです。
転職先で同じ問題を抱えないよう、今の仕事を辞めれば解決することとしないこと、またその根拠を考えましょう。

 

3.仕事を辞める以外の方法がないか考える

仕事を辞めたいと思ったときは、辞める以外の選択肢もいくつか考えることが大切です。
会社へ異動や休職を申し出たり、現状を上司に相談したりするのも良いでしょう。あるいは、習い事や副業を始めることで、仕事に対する気持ちに変化が起きることも。
転職先が必ずしも今の職場より良い環境とは限らないため、まずは仕事を辞めずにできることを試してみましょう。

仕事を辞めたいと思っても辞められないとき

仕事を辞めたいと思ったときに、なかなか上司に言い出せず悩む人もいます。言い出せない理由と引き留められた際の対処法を、以下にいくつか挙げますのでご参照ください。

 

仕事を辞めたいと思っても言えない理由

仕事を辞めたいと思っても言えない理由は以下のとおりです。
 

周囲との関係が気まずくなるから

仕事を辞める意思を伝えることにより、「上司や同僚と気まずくなるのでは?」と不安に感じ、言い出せない人もいるでしょう。
気まずくなるかどうかは、自分と上司の関係性や退職理由によって異なります。しかし会社側は、自分の代わりとなる人材を探さなければならないため、出来るだけ早急に伝えましょう。

 
上司が怖いから

上司が威圧的もしくは自分と上司の関係性が悪い場合は、退職を申し出ることにより嫌味を言われたり、怒られたりするのでは?と不安になることもあるでしょう。
しかし辞める意思を伝えるまで、今の職場に留まらなくてはなりません。不安に感じたとしても、退職すればその上司と関わることもなくなります。

 
人手不足であることを知っているから

職場が人手不足であることを知っているために、辞めると言い出せないという人も多くいます。「お世話になった職場だから迷惑をかけたくない」と思う人もいるでしょう。
とはいえ職場の同僚や上司が、あなたの人生に責任を持ってくれる訳ではありません。もちろん職場に対する一定の配慮は必要ですが、仕事を辞めるタイミングは自分で決めましょう。

 
引き止められそうだから

仕事を辞める旨を伝えると、引き止められそうだから言い出せないという人もいます。しかし法律上、労働者には「職業選択の自由=仕事を辞める権利」が保障されているのです。
そのため退職理由に関わらず、一般的には退職希望日の2週間前までに退職意思を会社へ表明すれば、辞めることが可能とされています。

 
辞めたあとの生活に不安があるから

仕事を辞めたいと思っても、「次の仕事が見つかるまでは言い出せない」という人もいるでしょう。たとえば、明らかなパワハラやブラック企業などのように、会社側に重大な問題があるとしても、生活が変わることに対し不安を感じ退職を躊躇する人も。
その場合は、辞めたいと思った要因や、退職以外の方法がないかなどをよく考えてみましょう。その結果、辞める以外に解決策がないと思うのであれば「〇月までに転職先を決める」のように期限を決めます。期限を設けることによって、先が見えないという不安を軽減できるでしょう。

 
家族の賛同を得られていないから

会社に「仕事を辞めたい」と言い出せない人の中には、家族の賛同を得られていないケースもあります。もしくは「賛同してもらえないのでは…」という不安から家族に言い出せず、1人で悩んでいるといった場合も。
その場合は、突然退職・転職を言い出すのではなく、「転職しようと考えているけど、どう思う?」と相談するつもりで話してみましょう。仕事を辞めたい理由や、次に何をしたいかなどについて明確な説明ができれば、家族も納得する可能性があります。
「どうせ言っても理解されない」「仕事の話はしたくない」などと曖昧にせず、きちんと順序立てて事情を打ち明けることが大切です。

 

辞めることを引き止められたときの対処法

辞めることを伝えたあとに、上司や同僚などから引き止められたときの対処法を、以下にご紹介します。

 
「会社に必要だから辞めないでくれ」と言われた

「あなたは会社に必要だから」と上司や同僚から言われると、自分の働きぶりを評価されたと知り、嬉しく感じるでしょう。このように言われ、仕事を辞めることに迷いが生じた場合は、なぜ辞めたいと思ったかを今一度考えてください。
たとえば「自分は会社に評価されていない」という不満が退職理由であれば、引き止められたことにより、会社に認められていたと分かります。したがってこの場合は、自分の思い違いが要因であることから、今の職場に残るというもの一つの選択肢となるでしょう。
しかし、仕事を辞めたいと思った要因がほかにある場合は、会社から必要とされたとはいえ、その不満が解消するとは限りません。評価はされた事実を受け止めたうえで、辞める意思をきちんと伝えましょう。

 
「あなたのためを思って」と言われた

「あなたのためだから」という言葉は、本当に心配しているときと、ただ引き止めたい場合の2種類があります。仮に信頼している上司から「今の会社でもう少し実績を積んだ方が、あなたのためになる」と言われたのであれば、その言葉は上司の本心と考えて良いでしょう。上司と話し合い納得したうえで、辞めるタイミングを再検討するのも一つの手です。

 
「後任が見つかるまで辞めないで欲しい」と言われた

「後任が見つかるまで」と言われた場合は、可能な範囲で応じる必要があるでしょう。後任となる人がいない状態で辞めるのは、会社に迷惑がかかると容易に想像できます。
しかし、転職先がすでに決まっている場合や、自分が希望する日に辞めたいと考えているのであれば、その意思を会社へ伝えましょう。

 
「給与額を上げるから」と言われた

昇給や昇進などの待遇を見直すと言われ、引き止められるケースもあります。待遇に対する不満により退職を決めたのであれば、引き止めを受け入れるという選択肢もあるでしょう。
しかしこのような言葉は、引き止めるための口約束で確証がない場合も。待遇改善を理由に「辞めないで欲しい」と言われた場合は、承諾する前に会社へ確認を取りましょう。

仕事を円満に辞めるためにできること

仕事を円満に辞めるために、できることがいくつかあります。辞めると決断したあとは、以下のことに注意しましょう。

 

上司に相談する

自分が仕事を辞めたあとは、社内の誰かに業務を補ってもらう必要があるため、退職の意思が固まり次第できるだけ早く上司へ相談します。その際は「辞めたい」という意思を伝えるとともに、退職希望日を示すことも大切です。
上司への相談が遅れると、退職希望日までに代わりとなる人員を確保できず、退職を先送りされる可能性があります。

 

前向きな退職理由を伝える

会社を円満に辞めるためには、前向きな退職理由を伝えることも大切です。「自分のスキルアップのため」や「ほかに挑戦したいことを見つけた」などポジティブな理由であれば、前向きに捉えてもらえるでしょう。
会社のせいにせず上司をはじめ、ほかの社員が納得できる理由であれば、退職後も良い人間関係を継続できる場合もあります。

 

最後まで仕事の手を抜かない

会社を辞めると決めたあとも、退職日まで手を抜かず働くことが大切です。取り組んでいた業務すべてを、ほかの社員へ引き継ぐのは困難といえます。とはいえ、最後まで会社や社員のことを考え、関係各所へ連絡をしたり、業務のマニュアルを作成したりするなど出来る限り努力をしましょう。

 

転職活動を始めるタイミングに気を付ける

転職活動を始めるタイミングが、在職中または退職後のどちらが有利・不利とは言い切れません。ただし退職後に始める場合は、転職活動に集中できるというメリットがある一方で、ブランクが生じる可能性もあると覚えておきましょう。
退職後のブランクが長期化するにつれて、無収入であることや貯金が減ることに対し焦りが出ます。こうした焦りから、本当に転職したい企業を見誤る可能性も。気持ちに余裕を持って転職活動をしたいのであれば、在職中に始めると良いでしょう。

 

在職中に転職活動を始めたとしても、採用担当者の評価は下がりません。しかし働きながら企業研究をしたうえで、面接へ行くには時間が足りないと感じることも。そのうえ企業の面接日は平日が多いため、有給休暇の活用や早退などして時間を確保する必要があるでしょう。
また、在職中に転職活動を始めるのであれば、現職への配慮も必要です。転職活動中や退職に伴い、ほかの社員が自分の業務を代わりに行うこととなります。
退職日までに十分な引継ぎ期間を考慮したうえで、転職先企業へ入社可能日を伝えましょう。

 

このコラムでご紹介したように、仕事を辞めたい理由が「甘え」と判断されるか否かは、状況によりさまざまです。「辞めたい」と思ったときに突然退職を申し出るのではなく、自分や今の職場に対しすべきこともあります。
退職する人の中には、家族や友人などに相談せず勢いにまかせて決断する人もいるでしょう。
やめたあとのことを深く考えず、一時的な感情で退職し後悔することのないよう、自分以外の客観的な意見を聞くのも大切です。

 

若年層の就活・転職に特化したハタラクティブでは、プロの就活アドバイザーが、マンツーマンでカウンセリングを行い、あなたに合う求人をご提案します。
「仕事を辞めたいけれど、これは甘えなのか?」「辞めたあとの転職活動に不安がある」と悩んでいる方もいるでしょう。また、「どのような仕事に就きたいのか分からない」という場合でも、カウンセリングを受けながら一緒に決められます。
ハタラクティブでは求人をご提案するだけでなく、履歴書の書き方や面接の際に効果的な自己PRなど、すべて無料でアドバイスを行っていますので、ぜひお気軽にご相談ください!

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ