仕事したくないと思うのは甘え?原因や転職に前向きになる方法を解説

仕事したくないと思うのは甘え?原因や転職に前向きになる方法を解説の画像

この記事のまとめ

  • 仕事をしたくない主な原因には、仕事とのミスマッチや人間関係の悩みなどがある
  • 仕事をしたくないときは、原因を把握したうえで解決方法を探ることが大切
  • どうしても今の仕事をしたくない状況が変わらないなら、転職も視野に入れよう
  • 人によって事情は異なるため、一概に「仕事をしたくない=甘え」とはいえない
  • 就職、転職に関する不安が強い場合はエージェントに相談するのもおすすめ

「仕事したくない…でも生活のために働かなくては…」と思い悩んでいる方も多いでしょう。働くことにポジティブになるには、「なぜ仕事をしたくないのか」の明確化が重要といえます。このコラムでは、仕事をしたくないと感じる主な原因を挙げ、それぞれの対応方法をご紹介。また、仕事をしたくないと思うのは甘えなのかどうかや、就職・転職に前向きになる方法も解説します。自身の現状にお悩みの方は、ぜひご一読ください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

「仕事をしたくない」と感じる原因は?

「仕事したくないな…」と感じている人のなかには、「そう思うのは甘え?」「仕事に前向きになるには?」と悩んでいる方も多いでしょう。仕事をしたくない現状を変えるには、その原因を把握し、個別の解決方法を探ることが大切です。以下に、仕事をしたくないと感じる主な原因を挙げました。

仕事が合っていない
職場の人間関係に問題がある
限界までストレスが溜まっている
ミスが重なり自信がなくなった
努力が正しく評価されない
ニートの期間が長く仕事をするのが怖い

仕事に対して気が乗らなかったり不安を抱いたりすることは誰にでも起こり得ます。「仕事をしたくないときは理由を洗い出そう」も参考に、仕事をしたくない原因を明確にしたうえで、自分の状況に合った対応方法を考えてみましょう。

【6つの原因別】仕事をしたくないときの対応方法

【6つの原因別】仕事をしたくないときの対応方法の画像

ここでは、仕事をしたくないと感じた際におすすめの対応方法を原因別にご紹介します。「仕事をしたくない…もう辞めたい…」と思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

1.仕事が合っていないと感じる場合

今の仕事が自分に合っていないと、思うように業務が捗らなかったり、働くことに違和感を抱いたりすることもあるでしょう。このような場合は、部署異動を願い出る、上司に担当業務の変更を相談してみるなど、在職している会社でできることをやってみるのがおすすめです。それでも今の職場や業務にギャップを感じ「仕事をしたくない」と思うときは、転職を検討するのも一つの方法といえます。

2.職場の人間関係に問題がある場合

正社員として会社に勤めていれば、1日の大半の時間を職場で過ごす人が多いでしょう。そのため、職場の人間関係が悪かったり、パワハラ・セクハラなどがあったりすると、大きなストレスになります。信頼できる上司や先輩がいる場合は、相談してみるのも手です。第三者視点での具体的な助言をもらえる可能性があります。また、パワハラ・セクハラに関しては、早急に社内の相談窓口に現状を話し、適切に対処してもらいましょう。人間関係を理由に仕事をしたくないと思っている方は、「人間関係で仕事を辞めるのはあり?ストレスになる理由や対処法なども解説」も参考にしてみてください。

3.過労やストレスが原因の場合

仕事やプライベートのことで疲れやストレスが溜まっている状態だと、目の前の業務に集中できず「働きたくない」「何もしたくない」と考えてしまうことも。心身ともに疲れている場合、まずはきちんと休むことが大切です。睡眠や食事、運動など生活習慣を見直し、趣味に時間を使ったり、友人と食事をしたりしてストレス発散なども行うと良いでしょう。しっかりと身体を休め、心をリフレッシュさせることで、仕事に前向きになれる可能性があります。

4.仕事の目標や自信を失った場合

自分がこなしている仕事の量や質に対して、会社から適正な評価を得られない場合は、働くモチベーションを維持しにくくなります。やる気や目標を持てず、「仕事をしたくない」と思うこともあるでしょう。成果を上げているのに評価してもらえないときは、思い切って上司に質問してみるのも一つの方法。「どうすれば正当に評価される?」でも説明しているように、仕事で自分に足りていない点や会社の評価制度について聞くと、思っていたものとは異なる事実が判明する場合があります
また、業務ミスから仕事を続ける自信をなくす人もいるようです。このような場合は、小さな目標を立て、それを達成できるよう行動していく方法がおすすめ。一つひとつの目標をクリアし達成感を得ることで自己肯定感が高まり、仕事への自信を取り戻せる可能性もあるでしょう。

5.なんとなく仕事にやる気が出ない場合

「そもそも仕事したくない」「なんとなく働きたくない」と意欲が湧かず、無気力な状態が続いている場合は、やる気が出ない原因を自分自身で把握することが重要です。今の仕事や会社に対して感じていること、気になっていることなどを思いつく限り紙に書き出してみましょう。視覚化すれば状況を冷静に捉えられ、仕事をしたくない原因が見えてくる可能性も。原因が分かれば、現状を改善する手立ても講じやすくなります。また、自分にとっての働く目的を改めて考えてみる方法もおすすめです。

体調不良から仕事に意欲が湧かないことも

体調が悪いと、仕事への意欲が湧きづらくなります。「なんとなく身体の調子が悪い」「横になっても眠れない日が続いている」など、いつもとは違う身体の異変を感じたら、無理をしないように気をつけましょう。

6.仕事をするのが怖い場合

ニート状態で無職の期間が長いと、働くことのハードルが高くなり、「仕事をしたくない」と感じることもあるでしょう。就職したくてもなかなか踏み出せないときは、なぜ働こうとしたのかを思い出したり、将来の生活について考えたりして、自分の心と向き合ってみることをおすすめします。また、正社員として働くのが怖いと感じる場合は、アルバイトや契約社員など、自分にとって負担が少ない働き方から始めるのも一つの方法です。自身の現状や将来について考えたい方は、「仕事したくない…というニートの方に!将来のリスクや社会復帰の方法を紹介」もぜひ参考にしてみてください。

フリーターのなかには会社勤めに抵抗がある人も

ハタラクティブ若者しごと白書2022(47p)によれば、フリーターが正社員になりたくない理由の1位は「組織に縛られたくないから」でした。会社勤めに対する抵抗感から「仕事をしたくない」と感じている場合は、起業や在宅ワークといった選択肢もあります。ただし、それぞれメリット・デメリットがあるため、熟慮のうえ自分に合った働き方を選びましょう。起業については「フリーターでも起業は簡単?成功の秘訣を考えよう」、在宅ワークについては「在宅ワークをする3つの方法とは?代表的な仕事の種類もご紹介」をぜひご参照ください。

参照元
ハタラクティブ
若者しごと白書2022

仕事をしたくないと思うのは甘え?

仕事をしたくないと思うのは甘え?の画像

人によって事情は異なるため、一概に「仕事をしたくない」と思うことが甘えとはいえません。自分一人では解決が難しい問題を抱え、仕事をしたくないと悩んでいる方もいるでしょう。厚生労働省や内閣府の資料を見ると、仕事にストレスや不安を感じている人は意外と多いようです。以下で、詳しく解説します。

仕事にストレスを感じている人は半数以上

厚生労働省の「令和3年労働安全衛生調査(実態調査)の概況(13p)」によれば、今の仕事で強い不安やストレスを感じるような事柄があると回答した人の割合は53.3%と半数を超えています。仕事に悩んだり不安を抱えたりするのは決して珍しいことではなく、当たり前に起こり得ることといえるでしょう。

フリーターは雇用形態にストレスを感じる傾向も

同資料(14p)を見ると、正社員に比べてパートタイム労働者(フリーター含む)や派遣社員は、「雇用の安定性」に強いストレスを感じていることが分かります。現在の雇用形態に対する不満から仕事をしたくないと思っている場合は、「フリーターから正社員になる方法!おすすめの就職活動のやり方や求人を紹介」を参考に、早めに正社員就職を目指すのがおすすめです。

参照元
厚生労働省
令和3年 労働安全衛生調査(実態調査)結果の概況

仕事をすることに関して不安を抱く若者も多い

内閣府の平成30年版子供・若者白書「特集/就労等に関する若者の意識」によると、働くことに関して「とても不安」「どちらかといえば不安」と答えた若者(16~29歳)の割合が多かった事柄は、以下のとおりです。

  働くことに関する不安
1位 十分な収入が得られるか
2位 老後の年金はどうなるか
3位 きちんと仕事ができるか
4位 仕事と家庭生活の両立はどうか
5位 勤務先での人間関係がうまくいくか

引用:内閣府「平成30年版子供・若者白書 特集/就労等に関する若者の意識(4)働くことへの不安について

上記の事柄に関して、「とても不安」「どちらかといえば不安」と回答した若者の割合は7割以上でした。若者のなかにも、仕事に関してさまざまな不安を抱えている人がいると分かります。

仕事をしてみることで不安が解消される場合もある

「うまく働ける自信がない…」「職場で人と関わるのが怖い…」と感じ、仕事をしたくないと思う人もいるでしょう。しかし、これらの不安は仕事をしてみることで解消される可能性もあります。思い切って入社してみたら、「予期せず自分に合っている仕事だった」「スタッフ間のやり取りがしやすい職場だった」という場合も。仕事をするなかで自分の適性や理想像が見えてくることもあるため、「失敗したっていい」と前向きに考え、チャレンジする気持ちを大切にしましょう。

参照元
内閣府
平成30年版 子供・若者白書(概要版)

仕事をしたくないときに注意すべきこと

仕事をしたくないときに注意すべきことの画像

仕事をしたくない状況を変えたいからといって、無理をしたり、安易に物事を決断したりするのはおすすめできません。ここでは、仕事をしたくないときに注意したほうが良いことを解説していきます。

心身に支障が出ているのに仕事を続ける

心身に支障をきたしているのに、必要以上に無理をして仕事をするのは避けたほうが良いでしょう。「3.過労やストレスが原因の場合」で説明したように、過度な疲労やストレスで仕事をしたくないと感じたときは、きちんと休息を図ることが大切です。長期休暇を取ったり、それが難しければ短時間でも自分の好きなことに時間を使ったりしてみてください。

後先を考えずに仕事を辞める

今の仕事をしたくないという気持ちが先行すると、後のことをよく考えずに退職してしまうことも。しかし、勢いに任せて仕事を辞めると後悔するリスクがあります。退職してから「やっぱり辞めなければよかった…」と思わないよう、自分が仕事をしたくない原因を明らかにしたうえで、今の職場で改善の見込みがあるのか、それとも仕事を辞めたほうが良いのかをよく検討しましょう。
また、次の勤め先が決まらないまま退職すると無職の状態になるため、生活費を気にしたり、仕事探しに焦ったりする可能性があります。仕事を変えるのであれば、在職中に転職先を見つけておくのがおすすめです。

【年代別】転職活動のコツ

転職活動は、年代に応じて工夫すると成功率が上がるでしょう。20代は若い人材として需要が高くポテンシャル採用が見込めるため、応募先企業への入社意欲や仕事に対する前向きな姿勢を伝えるのがコツです。30代は企業から即戦力を期待される年代なので、これまでに培った社会人経験や仕事に活かせるスキルなどをアピールすると高評価に繋がります。40代も、30代と同様に即戦力が問われるのが一般的。ただし、「若い世代のスタッフとうまく仕事ができるか」「これまでの経験に固執しないか」といった懸念を抱かれることもあるようです。転職活動では、自身のキャリアにこだわらず柔軟に対応する姿勢を示しましょう。詳細は「もう働きたくないときはどうする?世代別転職事情」をご覧ください。

仕事をしたくない…就職・転職に前向きになる方法は?

仕事をしたくない…就職・転職に前向きになる方法は?の画像

仕事をしたくない状態から就職・転職に前向きになるためには、就活に対して抱えている不安や悩みを払拭することも大切です。ハタラクティブの若者しごと白書2022によれば、就職・転職活動を始める際にフリーターや正社員が不安に感じると答えた割合が多かったのは、以下のような事柄でした。なお、割合は「非常に不安」「やや不安」をあわせた数値です。

フリーター 正社員
選考時に上手く自分を伝えられるか
(75.9%)
選考時に上手く自分を伝えられるか
(75.0%)
自分に向いている仕事(適職)がわからない
(73.1%)
自分の経歴で就職/転職できる仕事があるか
(74.2%)
自分の経歴で就職/転職できる仕事があるか
(72.7%)
自分に向いている仕事(適職)がわからない
(70.5%)
内定が出るまで就職活動を続けられるか
(67.2%)
内定が出るまで就職活動を続けられるか
(68.4%)
事前準備をたくさんする必要がある
(66.1%)
事前準備をたくさんする必要がある
(66.8%)

引用:ハタラクティブ「若者しごと白書2022(39p)

フリーター、正社員ともに、就職・転職活動の選考で自分を上手くアピールできるか不安に感じている人が多いようです。そのほか、自分の適職が分からなかったり、就職・転職活動の進め方に懸念を抱いていたりすることも窺えます。このような不安もあって「仕事をしたくない」「就職・転職に前向きになれない」という方は、以下のような方法を実践してみましょう。

参照元
ハタラクティブ
若者しごと白書2022

就職・転職に前向きになる方法1:自己分析をする

選考での自己アピールや自分の適職に不安がある場合は、自己分析をしてみましょう。自己分析とは、これまでの経験を振り返り、自分の価値観や性格、行動傾向などを把握することです。自分の長所・短所や得意・不得意なども明らかにできるため、選考でのアピールポイントや仕事上の適性を見出せるでしょう。仕事をしたくない自身の現状を客観視する方法としてもおすすめです。自己分析のやり方は「自己分析とは?就活や転職活動での必要性を解説!方法やメリットもご紹介」をぜひ参考にしてみてください。

ニートが就職に前向きになるには?

働くこと自体が怖くて「仕事をしたくない」というニートの方は、生活習慣の見直しから始めてみると良いでしょう。ニートの状態でいると、一日の時間を自由に過ごせることから、昼夜逆転の生活リズムになってしまう人も。また、外出頻度が減り、体力不足にもなりがちです。就職したものの「体力がもたなかった」「朝起きられなかった」とならないよう、規則正しい生活を意識してみましょう。ニートから正社員を目指したい方は「仕事したいけど怖い!ニートが正社員就職を成功させる方法を紹介」もあわせてご参照ください。

就職・転職に前向きになる方法2:企業研究をする

選考に不安を感じている場合は、企業研究を念入りに行い、志望する企業の特色や事業方針などをしっかりと押さえておきましょう。選考で効果的なアピールをするには、応募先企業に対する理解が不可欠といえます。企業の採用ニーズに沿った自分の強みを伝えれば、採用担当者の関心を高められるはずです。また、興味がある企業についてより深く知ることで、仕事をしたくない状態から就職・転職に前向きになれる可能性もあるでしょう。企業研究については「企業研究によって転職を成功させるやり方を解説!情報の集め方も詳しく紹介」をチェックしてみてください。

転職サイトで情報収集してみよう

向いている仕事や、自分の経歴で就職・転職できる仕事があるかを知るために、転職サイトを活用するのもおすすめです。転職サイトには多くの求人が掲載されています。世のなかにどのような職種があるか、職種ごとに求められるスキル・経験は何かなどを大まかに把握するのに役立つでしょう。

就職・転職に前向きになる方法3:エージェントを使う

就職・転職活動に向けての準備や、内定が出るまでの就活スケジュールをこなせるかが不安な場合は、就職・転職エージェントを活用するのがおすすめです。就職・転職エージェントでは、専任のアドバイザーがキャリアカウンセリングを実施したうえで、一人ひとりに合った仕事を提案してくれます。選考対策から内定獲得まで一貫してサポートしてもらえるのが魅力です。マンツーマンで就活支援を行っているのが一般的なので、就職・転職活動に関する不安も相談しやすいでしょう。

「今の仕事をしたくない…転職先はある?」「働く自信がないけど、このままでいいのか不安…」とお悩みの方は、就職・転職エージェントのハタラクティブに相談してみませんか?
ハタラクティブでは、フリーターやニート、既卒、第二新卒などの若年層を対象に就職・転職活動を支援しています。経験豊富なアドバイザーがマンツーマンで丁寧なヒアリングを行い、あなたにぴったりの仕事をご紹介。面接対策や応募書類の作成、企業との選考日程調整など包括的にサポートいたします。内定後のフォローも実施しているので、入社後に不安を抱えている方もご安心ください。あなたが自信を持って就職・転職活動に臨めるよう、全力でバックアップいたします。サービスはすべて無料のため、ぜひお気軽にお問い合わせください。

仕事をしたくない…就職に関するお悩みQ&A

ここでは、「仕事をしたくない」と考える方向けに、就職に関するお悩みをQ&A方式で解決していきます。

仕事をしたくないときはどうしたらいいですか?

業務内容や社風、職場の人間関係などに悩みを抱えていると、仕事をしたくないと考えてしまうこともあるでしょう。一過性のものであれば問題ありませんが、悩みが続くようであれば転職を視野に入れるのも一つの手です。転職・就職エージェントのハタラクティブでは、あなたの不安やお悩みに寄り添った就活サポートを行います。転職を検討している方は、お気軽にご相談ください。

仕事をしたくない…ニートを続けるのはダメですか?

ニートやフリーターとしての生活を続けると、将来的に収入に困ったり、社会的信用を得にくくなったりするリスクがあります。また、年齢が上がるにつれて就職もしづらくなるでしょう。そのため、できるだけ早く就職に向けて動き出すのがおすすめです。ニートから正社員として就職する自信がない場合は、「ニートから正社員になれる?おすすめの職種や就職のポイントをご紹介」をぜひチェックしてみてください。

仕事をしたくないと感じる理由は?

仕事をしたくないと感じる主な理由には、「人間関係」「待遇への不満」「心身の不調」などが挙げられます。現状に不安を感じている方は、「仕事したくない原因はなに?対処法や注意すべきポイントについて解説」も参考にしてみてください。

仕事のモチベーションを上げる方法を教えてください。

仕事をしたくない原因を探し、それに合った対処法を試してみましょう。仕事をしたくない理由は、「仕事が合わない」「ミスが続き落ち込んでいる」「人間関係の悩みがある」など、人によってそれぞれです。自分に合った対処法は、「仕事をしたくないときのモチベーションアップ方法7選」で探してみましょう。

仕事をしたくないです。今すぐ会社を辞めてもいい?

前向きな退職や、仕事が原因で心身の不調を感じている場合は、会社を辞めるのも一つの選択肢でしょう。ただし、なんとなく働きたくないだけなら、「現状に陥った原因を考えてみる」「仕事は仕事と割り切る」といった方法も有効です。それでも仕事をしたくない気持ちが変わらないなら、「やりたくない仕事のモチベーションを保つ8つの方法!原因や考え方もご紹介」を試してみましょう。