仕事で何をしていいかわからない方へ!理由や解決方法を紹介!

仕事で何をしていいかわからない方へ!理由や解決方法を紹介!の画像

【このページのまとめ】

  • ・仕事で何をしていいかわからない場合、その原因を追求することから始めよう
  • ・仕事で何をしていいかわからない原因は「仕事に不満がある」「目標が曖昧」などがある
  • ・仕事で何をしていいかわからないときは、自己分析したり誰かに相談したりすると良い

「仕事で何をしていいかわからない」「やりたい仕事が見つからない」などの悩みを持つ人は少なくないでしょう。何をしていいか分からない原因には、「仕事に不満がる」「仕事への目標が曖昧」などがあります。このコラムでは、何をしていいかわからないときの原因と解決方法を紹介。また、仕事で何をしていいかわからない人の特徴をまとめているので、あわせて参考にしてください。

仕事で何をしていいかわからないときの3つの原因

仕事で何をしていいかわからないときには、「仕事に不満がある」「目標や将来のビジョンが曖昧」などの原因があります。まずは、なぜわからないのか原因を見つけ、解決するきっかけにしましょう。仕事で何をしていいかわからないと悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

1.仕事に不満がある

仕事で何をしていいか分からない場合は、「給料が低い」「自分に向いていない」などの不満が影響していると考えられます。仕事の不満が多く、やる気がでないことから、仕事で何をしていいかわからなくなる人がいるようです。なかには、仕事への不満を自覚していない人もいるでしょう。仕事中に「働きにくい」「やる気がでない」と感じる人は、職場環境や給料面を見直してみてください。

2.自分の好き嫌いが不明確

自分の好き嫌いが不明確の状況だと、自身のやりたいことがわからなくなります。また、仕事が忙し過ぎると、心に余裕がなくなり、「自分の好きなことって何だったっけ?」と思う人も少なくありません。自身の好き嫌いが分かれば、「○○をしている時間は好きだから仕事に繋げたい」「△△の作業は苦手だから避けたい」など、意思がはっきりして、仕事で何をしたいか明確になるはずです。

3.目標や将来のビジョンが曖昧

目標や将来のビジョンが曖昧だと、先を見通せず、仕事で何をしていいかわからない場合があります。自分の今後なりたい姿がわからないと、自分にとって最善の選択ができないからです。目標は、仕事だけでなく、「いずれは家を建てたい」「○○へ旅行へ行きたい」など、生活に関する目標でも構いません。心当たりのある人は、小さな目標から立てていくと、自分が何をしたいか見えてくるでしょう。仕事の目標の立て方を知りたい方は「目標で仕事の成果が変わる!成功に繋がる設定の仕方とは」を参考にしてください。

仕事が上手くいかず何をしていいかわからない人の特徴

仕事が上手くいかない人には、「先が見通せない」「仕事の効率が悪い」などの特徴があります。仕事している最中に、「何をしていいかわからない」という状況になってしまう人は、自分に特徴が当てはまらないか確認してみてください。

1.先が見通せない

仕事の最中に何をしていいかわからない人は、先を見通せていない特徴があります。先を見通せていないと、あらかじめ次の仕事の準備ができず、状況が整理できないまま仕事を進めてしまうことも。自分のしている仕事は、終わったらどうなるのか、次はどんな行動が必要か、常に意識することで改善するでしょう。

2.仕事の効率が悪い

何をしていいかわからない人のなかには、効率が悪く仕事が遅いという特徴があります。仕事が遅いと、その場しのぎで対応してしまい、次に何をしていいか分からなくなってしまうでしょう。
先輩社員の仕事する姿を参考にしたり、実際にどうやって仕事しているか聞いてみたりすると、効率よく仕事を進める手がかりが得られるはずです。効率を良くする方法がわからない方は、「効率の良い仕事の進め方を知りたい!業務が早い人は何をしている?」をご覧ください。

3.自分の意見を出せない

自分の意見を出せない人は、仕事が上手くいかず、何をしていいかわからないことがあるでしょう。自分の意見を持たずに仕事をすると、周りの意見に振り回されてしまい、動きにくくなってしまいます。また、仕事をするとき何でも先輩に聞いている人は注意が必要です。質問するときは、「○○について△△しようと思うのですが、どうでしょうか」という形で自分の考えも入れつつ質問するようにしてみましょう。指示を貰うのではなく、アドバイスを貰うほうが、仕事のスキルが上達するはずです。

仕事で何をしていいかわからないときの解決方法

この項では、仕事で何をしていいかわからないときの解決方法を紹介します。自分が興味あるものや効果がありそうなものがあれば、試してみてください。

1.分からない理由を追求する

仕事で何をしていいかわからないなら、その理由を追求しましょう。「先輩が忙しくて質問できないからわからない」「自分の仕事をしっかり理解できていない」など、わからない理由はさまざまです。わからない理由がはっきりしないと、行動しても効果はありません。
わからないことがたくさんあると、一気に解決するのは困難なので、一つずつ対処すると良いでしょう。

2.自己分析をする

何をしていいかわからないときは、自己分析をしてみてください。仕事で何をしていいかわからないときは、自分のことを理解できていない可能性があります
自己分析をするときは、自分史を作成すると良いでしょう。幼少期から現在に至るまでの間、自分が印象に残っていることを時系列順に書き出す方法です。印象に残っている「楽しかったこと」「頑張ったこと」などを洗い出すと、自分の向き不向きや特徴がわかるでしょう。自己分析の詳しいやり方は「効果的な自己分析のやり方とは?」を参考にしてください。

3.適性診断を受ける

仕事で何をしていいかわからない人は、適性診断を受けて、自分の適性を知るのも一つの手。前述した自己分析が上手くできない方は、適性診断を活用することで、手軽に自分の適性や特徴が分かります。仕事の向き不向きや、自分の得意不得意がよくわからない方は、試してみましょう。また、ハタラクティブには32個の質問に答えて自分の適性が分かる適職診断があります。ぜひ活用してください。

4.目標を立てる

仕事をするうえで、目標を立てることは大切です。目標を立てることで、そのために必要な行動が明確になるからです。このコラムの「仕事で何をしていいかわからないときの3つの原因」では、原因の一つとして「目標がない」ことを紹介していますが、目標を立てないことが上手く仕事ができない事態に繋がっている可能性もあります。
今の仕事で活躍する場合も、これから仕事を探す場合も、まずは目標を立ててみましょう。

5.昔やりたかったことに挑戦してみる

仕事で何をしていいかわからないときは、昔やりたかったことに挑戦してみましょう。仕事として挑戦するのではなく、趣味の範囲で挑戦してするのも効果的です。たとえば、「音楽に関係する仕事がしたかった」という人は、音楽会社で働くのではなく、趣味として作曲したり楽器を始めたりすると新しい道を見つけるきっかけになるでしょう。
「自分には無理」と思い込んでしまっているだけで、実際に体験すると「意外と自分でもできた」ということがあります。ぜひ挑戦してみてください。

6.ビジネス本を参考にする

仕事で何をしていいかわからない、または上手くいかない人は、ビジネス本を参考にしてみましょう。ビジネス本には、「なりたい自分を探す方法」「仕事に退屈している人に向けた本」など、幅広い種類があるので、自分に合った解決法が見つかります。電子書籍で購入すれば、通勤時間や空いた時間にさっと読めるので、忙しい方にもおすすめです。

7.上司や身近な人に相談する

上司や身近な人に相談することで、客観的なアドバイスがもらえます。上司は、自身の働く姿を近くで見ている人です。仕事に関して「もっと○○したほうが良い」「△△の仕事ぶりを参考にすると良い」など、的確なアドバイスがもらえるでしょう。
また、親や友達などは、自身の素の姿を知っている人なので、自分で気づいていない好きなことや得意なことを知っている可能性があります。
また、仕事が忙し過ぎる人は、心身ともに余裕がなく「自分にこの仕事が向いているかどうか」について正常に判断できないことも。その場合は、第三者の考えを取り入れたほうが自分に合った選択ができるでしょう。

8.とにかく行動に移す

このコラムで紹介してきた解決方法を、どれか一つでも行動に移してみるのがおすすめです。「仕事で何をしていいかわからないなぁ」と考えているだけでは、何も変わりません。先述したこと以外の解決方法でも構わないので、とにかく行動に移すことで現状を変えましょう。
行動に移した結果、解決できなかったとしても、それが経験となってわかることもあります。考え過ぎて行動に移せない方は、失敗しても良いという気持ちで動き出しましょう。

9.転職を考える

仕事で何をしていいかわからない場合は、転職を考えるのも一つの手です。何をしていいかわからない理由として、「仕事の難易度が高くついていけない」という場合があります。この場合は、徐々にスキルを上げていくか、転職することで解決できるでしょう。
ただし、その仕事が自分に向いていない場合、徐々にスキルを上げることが苦痛になる可能性も。仕事自体に全くやりがいが見出せないなら、転職をおすすめします。

転職に不安がある方は、転職エージェントのハタラクティブを活用してみましょう。転職エージェントのハタラクティブでは、求人の紹介や履歴書の添削などの就活支援サービスを行っています。未経験者歓迎の求人が多いので、現職で何をしていいかわからず、新しい業界に挑戦してみたい人におすすめです。サービスはすべて無料なので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION