仕事を楽しくする方法とは?楽しくない原因や成果を上げるコツも解説

仕事を楽しくする方法とは?楽しくない原因や成果を上げるコツも解説の画像

この記事のまとめ

  • 楽しんで仕事をしている人は自分なりの工夫で仕事を楽しくする方法を編み出している
  • 仕事を楽しくする方法には自分で目標を設定したり気持ちを和ませたりするのが有効
  • 今の仕事を楽しくする方法がどうしても思いつかないなら転職を検討するのも手
  • 仕事に対する捉え方を前向きにすることが楽しんで働く基本

今の仕事が楽しくなく、毎日を憂鬱に感じている人もいるでしょう。仕事が楽しい状態とは、職場環境が良く自分の業務にやりがいを感じたていたり、人から一定の評価を受けて自分の価値が認められたりすることなどです。楽しんで仕事をしている人は、日頃から自分なりに工夫をしているもの。そういった工夫を少しずつ実践すると仕事が楽しくなっていくでしょう。どうしても楽しいと思えないなら転職を検討するのも一つの手です。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

「仕事が楽しい」とは?

「仕事が楽しい」とは、人から感謝されたり、自分の業務が評価されたりして充実して働けている状態のことといえるでしょう。ここでは、楽しいと感じられる仕事の特徴を3つご紹介します。

1.人から感謝される

自分の仕事を人から感謝されると楽しいと感じるようです。人から感謝されると自分は役に立っていると感じ、仕事にやりがいを感じます。仕事をすると自分の承認欲求が満たされるので、業務が苦にならず楽しいと感じやすいのでしょう。

2.業務に対する評価を得ている

業務で一定の評価を得ていると、楽しく仕事ができるようです。自分の仕事について好意的な反応を得られると、自信がつくうえに更なる意欲が湧いてきます。そうした体験を通じて活き活きと働けるようになり、仕事が楽しいと思うようになるでしょう。

3.人間関係や職場環境が良い

人間関係や職場環境は、仕事をするうえで非常に重要です。人間関係や職場環境が良くなければ、どんなに好きな仕事であっても楽しく働けないでしょう。毎日長時間を過ごす環境だからこそ、自分にとってある程度心地良いものである必要があります。

仕事が楽しいと感じるポイントは人ぞれぞれ。上記を参考に、自分が仕事のどんなところに楽しさを感じられるのかを考えてみてください。

仕事を楽しむ4つのメリット

仕事を楽しむメリットには、作業効率が上がる、周囲から高い評価を受けられるなどが考えられます。「仕事は粛々と行うべきもの」と割り切って働くのも方法の一つですが、仕事が楽しめれば次のようなメリットを感じられるでしょう。

1.作業効率が上がる

業務を楽しんでいると、作業の効率が上がりやすいようです。人間の行動は心の状態に非常に大きな影響を受けるもの。楽しいと感じることは苦がなくこなしやすいので、作業がはかどります。

2.周囲から高い評価を受ける

楽しみながら行った仕事は、一般的に周囲から高い評価を受けることが多いでしょう。先述したように作業の効率が上がればより多くの業務量をこなせます。また、仕事が楽しいと業務の内容をもっと充実させたいという気持ちになりやすく、結果として質の高い仕事となるはずです。

3.モチベーションが保たれる

業務を楽しんでいると、仕事のモチベーションが下がりにくくなります。人は「つまらない」「やっても無駄だ」といった気持ちになる行動には意味を見いだせず、やる気を失いやすいです。しかし、反対にやると楽しいことには自発的に取り組みたいと感じるので、業務が楽しいと仕事に対するやる気を失いにくいといえるでしょう。

4.早く成長できる

仕事が楽しいと感じていると、結果的に早く成長できます。なぜなら、人は繰り返し取り組んだことや充実させようと真剣に向き合ったことに関しては上達しやすいからです。そのため、普通に取り組むよりも早い段階で自分で手ごたえを感じたり人から褒められたりして、成長を実感できるでしょう。

仕事を楽しむメリットは意外にもたくさんあります。「仕事はつまらないもの」というイメージを持っている人は、今一度仕事を楽しくする方法を考えてみるのがおすすめです。
楽しい仕事を見つけるにはどうする?探し方のコツやおすすめの職種を紹介!」では楽しい仕事をお探しの方へ、探すコツやポイントを詳しくご紹介しています。ぜひチェックしてみてください。

仕事が楽しくない7つの原因

仕事が楽しめないと悩んでいる人は、主に以下のような悩みを抱えているようです。それぞれ、詳しくご説明します。

1.職場の人間関係に悩んでいる

職場の人との関係がうまくいっていない人は、毎日の仕事を憂鬱に感じるようです。職場の対人関係が良くないと、出勤するだけでストレスを感じます。ストレスを感じながらこなす業務は、たとえ好きなことであっても楽しいとは思えないでしょう。

2.仕事を「やらされている」と感じている

仕事するうえで主体性のない人も、業務が楽しくないと感じるでしょう。主体性のない人は、仕事を「自分が望んだこと」ではなく「他人から押し付けられたこと」だと無意識に思いがち。よって、主体性のない人は、仕事をするときにはいつも何かを強要されているように感じています。そのため、不快な気持ちで業務を行っている人が多いようです。

3.仕事における目標がない

具体的な目標がないと、仕事をつまらなく感じるもの。行動する際の目標がなければ、何のために行動するのかが分からなくなるからです。そうすると、今やっていることは無意味だと感じてやる気を失ってしまうので、仕事を楽しめなくなるでしょう。

4.不当な評価をされている

自分の業務が正当に評価されていないと思っていると、仕事を楽しむことができません。人は自分が一所懸命に取り組んだことに対しては、それなりの価値を見出しているものです。しかし、周囲の人にその価値が認められないと、自分の行動は無駄なものだったと感じやすくやる気を失ってしまいます。そのため、どんなに仕事をしても楽しくなく苦痛に思うでしょう。

5.業務を大変と感じている

今の業務が自分にとって多過ぎたり難し過ぎたりして大変さを感じていると、仕事をするのが苦痛になるでしょう。人は簡単過ぎたり少な過ぎたりする業務にはやりがいを感じないので、仕事を楽しむには、自分にとって適度な仕事量や難易度である必要があります。よって、大変過ぎる業務も楽しむ余裕がなく辛くなってしまうようです。

6.仕事内容が気に入らない

自分が好きでない仕事も、楽しく働くことはできません。就職の際に自分の希望と違う仕事を選ばざるを得なかったり、入社したら思っていた仕事内容と違っていたりなど好きな仕事をしていない人は世の中に多いものです。しかし、好きでないことはつまらなくやりがいを感じにくいので、楽しみながら働くのは難しいでしょう。

7.仕事内容に飽きている

仕事が楽しくない原因のなかには、毎日同じような仕事をしていて業務内容に飽きてしまったという場合も。人は飽きてしまうと作業効率が大きく低下したり、やる気がなくなったりして仕事の成果を挙げづらくなります。仕事で成果が出ないとやる気も湧きづらいので、働いていても楽しいと感じられないようです。
『仕事がつまらない』という気持ちとサヨナラする方法」のコラムでは仕事がつまらないと感じたときの対処法をご紹介していますので、参考にしてみてください。

仕事を楽しんでいる人の9つの特徴

仕事が楽しいと感じている人には、仕事の目標を明確にしていたり周囲と良好な関係を築いていたりとある程度共通した特徴があるようです。ここでは、仕事を楽しんでいる人の主な特徴を9つご紹介します。

1.仕事における目標が明確

楽しみながら働いている人は、仕事で明確な目標を掲げているもの。なぜなら、目標というゴールを明確に定めることで仕事にメリハリがつくうえ、自ら目標を設定することで主体性を持って働けるからです。また、目標を達成するたびに仕事の成果が目に見えるので自己肯定感も上がり、やる気も湧いてくるという良いサイクルが生まれるでしょう。

2.スケジュール管理が得意

仕事を楽しめる人は、スケジュール管理に長けている傾向があります。仕事のスケジュール管理がうまくいかないと負担を感じながら働いている状態になり、仕事が楽しいどころか苦痛になってしまうでしょう。スケジュール管理が得意な人は自分に負担をかけずに仕事のパフォーマンスを保つため、こまめにスケジュール調整をしています。自分がどのくらいの仕事量をこなせるのか普段から把握し、無理な計画にならないようにしているようです。

3.周囲との関係が良好

仕事を楽しむには、周囲の人と良好な関係を築くのも重要。先に述べたように、人間関係が悪いと出勤すること自体が大きなストレスとなるので、とても仕事を楽しめる状況ではなくなってしまうからです。楽しみながら仕事ができる人は、自分の業務だけを考えるのではなく周囲への気配りを欠かさないもの。そのため、周囲の人に好感を持たれ頼りにされるので、いっそう仕事が楽しくなるという良い結果につながっているようです。

4.向上心がある

仕事を楽しんでいる人は、もっと自分を成長させたいという向上心にあふれる人が多い傾向があります。向上心のある人はたとえ自分にとってつまらないと思う仕事でも、のちのちスキルアップやキャリアアップに役立つと捉え、頑張れるようです。どんな仕事も自分を成長させてくれるものだと感じるので、働くこと自体が楽しいと感じるでしょう。

5.裁量の大きい仕事をしている

裁量の大きい仕事をしている人のなかには、楽しんで働く人が多いようです。自分に仕事の裁量権があると、好きなように業務を進められます。自分の働きやすいように仕事のやり方を調整できるので、楽しいと感じやすいでしょう。

6.好きな仕事をしている

自分の好きな仕事をしている人も、楽しく働いていることが多いです。好きなことは楽しいと感じやすいうえ、自分の実力を発揮しやすいといえます。よって、仕事の成果も挙げられ人からの評価も得られるので、ますます楽しく働けるでしょう。

7.仕事とプライベートにメリハリがある

楽しみながら働いている人は、仕事とプライベートの時間をしっかり分けている傾向があります。勤務時間に集中して業務をこなし、プライベートには仕事を持ち込みません。ダラダラと仕事をしないので能率が上がり、ストレスが少なく済むでしょう。

8.仕事をゲーム感覚でこなしている

「○件のデータ入力を△時間で終わらせる」といったように、自分で小さな目標を作り、達成まで集中して頑張る人です。ゲームを攻略するように仕事を工夫して目標を達成しようとするので、楽しみながら仕事ができるでしょう。

9.仕事に対する捉え方が前向き

仕事に対して「自分を成長させる」「人の役に立てる」といったポジティブな捉え方をしている人は、働いていて楽しいようです。働くことで自己肯定感が上がったり充実した気持ちを味わえたり
するので、大変な業務でもそこまで苦にならずにこなせるでしょう。
仕事が楽しいと感じる人の特徴って?コツはあるの?」のコラムでも楽しく働いている人の心がけをご紹介していますので、併せてご覧ください。

仕事を楽しくする方法6選

仕事を楽しむためには、目標を設定したりメリハリをつけたりといった工夫を試みると良いでしょう。ここでは、仕事を楽しくする方法を6つご紹介します。

1.自分なりの目標を設定する

業務においては他人に課される「ノルマ」ではなく、自分自身で目標を設定するのが大事。自分で目標を設定すると、自然と自主的に仕事をこなそうとするからです。ノルマであれば仕事を「やらされている」と感じプレッシャーがかかりますが、自分で決めた目標であれば達成するのを楽しみに頑張れるでしょう。

2.仕事にやりがいを見出す

仕事で楽しいと感じるには、やりがいが不可欠。やりがいがないとつまらなく感じたり、意味のないことをやっていると感じたりするからです。今の仕事で少しでもやりがいのある業務はないか探してみてください

3.周囲の人と活発にコミュニケーションを取る

仕事を楽しく進めたいなら、周囲の人と積極的にコミュニケーションを取りましょう。職場の雰囲気が重いなかでは、楽しい気持ちになりにくいからです。周囲の人に話しかけるとお互いに緊張がほぐれ、その場の空気が和らぎます。自然にリラックスして仕事ができるようになるので、楽しく業務が進められるでしょう。

4.気持ちを和ませるような工夫をする

楽しく仕事をするためには、職場で自分の気持ちを和ませるような工夫をするのがおすすめです。職場で緊張していては楽しい気持ちになりにくいので、まずは肩の力を抜くことを考えてみましょう。職場の小物を好きなデザインのものにしたり、休憩中にお気に入りのお茶を入れてみたりなど自分が嬉しくなるようなことを見つけてみるのがコツです。

5.仕事と休憩のメリハリをつける

仕事と休憩をしっかり分けるのは、楽しく働くうえで欠かせないことです。業務時間は仕事に集中し休憩時間には仕事のことを考えないことで、ダラダラするのを防ぎます。そうすると仕事がテンポ良く早く進められるので、楽しいと感じやすいでしょう。

6.スキルアップを図る

スキルアップによって仕事の能力が上がればより質の高い仕事ができるので、楽しく業務を進められます。そのためには、今の仕事をただこなすだけでなく向上心を持って取り組むのが大事です。また、スキルアップを意識することによって将来のキャリアプランを前向きに考えられます。仕事における夢も描けるようになるので、ますます楽しくなるでしょう。

今の仕事が楽しくないと感じたら転職も視野に入れよう

今の仕事がどうしても楽しくないなら、自分が楽しいと思う仕事を探してみるのも一つの手です。ここでは、楽しい仕事を探すためのポイントや見つけ方について解説します。

楽しい仕事を探すための3つのポイント

楽しい仕事を探すための主なポイントには、以下の3つが挙げられます。

1.自己分析をする

まずは自己分析をして自分がどんなとき楽しいと感じるのかを探ります。「人の役に立つこと」「人と話すこと」など、自由に出してみましょう。いくつか挙げられたら、当てはまる仕事を考えてみてください。

2.自分が職場に求める環境を考える

求人を検討するまえに、雇用条件以外で自分はどんな職場で働きたいのかを整理しておくのは大事です。たとえば、「人数が少なく静かな職場」「一人で作業ができる職場」など、どのように業務が行いたいのかを事前に検討しましょう。

3.長期的な目標を持てるか検討する

同じ職場でずっと働き続けるには、長期的な目標が必要です。すぐ達成できる目標の場合やその職場で叶えたいビジョンがない場合には、また転職を検討しなくてはならないからです。同じ職場で自分の望む将来像にどれだけ近づけるのか、どんなキャリアアップを図れそうかを考えてみてください。

自分が楽しいと思う仕事の見つけ方

楽しいと思う仕事の見つけ方は、転職サイトで探したり転職支援サービスを利用したりする方法があるでしょう。以下、それぞれご紹介します。

転職サイトで探す

転職サイトはいつでも利用できるうえ、多くの求人からキーワードで検索できる手軽さや便利さが魅力です。仕事探しの軸が明確に定まっているなら、転職サイトで探すと早いでしょう。一方で、転職サイトは大量の求人から目当てのものを探すのが大変だったり、企業への応募ややり取りをすべて自分でする必要があったりします。そのため、複数の企業に一度に応募するとスケジュール管理が大変になってしまうでしょう。

転職支援サービスを利用する

転職支援サービスにはハローワークと転職エージェントがあります。ハローワークのメリットは、全国各地にあるうえ、管轄地域の求人を多く扱っていること。そのため、地元で仕事を探したい人に向いています。また、無料の就職セミナーやカウンセリングが受けられるのも良い点です。

転職エージェントは民間企業が運営する転職支援サービスで、企業ごとに扱う求人の業界や支援対象が違うのが特徴です。そのため、自分に合ったサービスを選ぶと希望の求人に出会いやすいといえるでしょう。また、アドバイザーがカウンセリングから求人紹介、企業とのやり取り、選考対策まで手厚くサポートしてくれるのも魅力です。ただし、アドバイザーから紹介された求人にしか応募できないため、自分で求人探しをできないのがデメリット。とはいえ、アドバイザーはカウンセリングで採用される可能性の高い求人を厳選しているので、自分に合うものである可能性が高いでしょう。そのため、転職エージェントは自分にどんな仕事が合っているか分からない人に向いています。

自分が楽しいと思う仕事はどんなものか分からない方は、転職エージェントのハタラクティブをご利用ください。ハタラクティブは20代30代のスキルや経験の少ない方に向け、人柄やポテンシャル重視の企業の求人をご紹介しています。どんな仕事なら楽しく働けそうかをアドバイザーがカウンセリングを通じてアドバイスしますので、自分では分からないという方もお気軽にご相談ください。ご登録、ご利用はすべて無料。お問い合わせをお待ちしております。

仕事を楽しくする方法に関するQ&A

ここでは、仕事を楽しくする方法が分からない方に向けて、よくある質問と回答をご紹介します。

楽しい仕事とはどんなもの?

楽しい仕事とは、一般的に「人から感謝される」「業務に対して評価を得ている」「職場環境が良い」といった要素を持つものです。これらの要素を持つ仕事が何かは人によって異なるので、自分にとっての楽しい仕事を見つけるためには自己分析が不可欠でしょう。自己分析の詳しいやり方は「自己分析とは?就活や転職活動での必要性を解説!方法やメリットもご紹介」でご紹介していますので、併せて参考にしてみてください。

仕事が楽しくないのはなぜ?

仕事が楽しくない原因は「職場の人間関係での悩み」「業務の多忙」などさまざま。原因が自分にある場合は仕事の取り組み方を変えてみる、職場環境にあるなら転職を考えてみるのが有効でしょう。「仕事楽しい?つまらない?感じ方の違いや特徴を解説」でも、仕事をつまらないと感じる理由をご紹介していますので、ご一読ください。

仕事を楽しくするには?

仕事を楽しくするには、取り組み方や考え方を変えることです。楽しんで仕事をしている人は、自分なりの工夫をしながら業務に取り組んでいるもの。「仕事を楽しむには?工夫次第で辛い仕事もやりがいが得られる!」のコラムでも仕事を楽しむコツをお伝えしているので、併せてご覧ください。

仕事が楽しくないので転職したいです

仕事を楽しむための工夫を重ねてみて、どうしても楽しくないなら転職もあり。その際には自己分析をしっかり行い、自分はどんなときに楽しいと思うのかを明らかにするのが大切です。転職活動がうまくいかない方は、転職エージェントでアドバイザーのサポートを受けながら考えてみるのもおすすめ。ハタラクティブでは、経験豊富なアドバイザーがカウンセリングを通じてあなたの適性をアドバイスしていますので、一度ご相談ください。

この記事に関連するタグ