楽しい仕事を見つけるためにするべきことは?捉え方を変えれば明日が変わる

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 楽しい仕事を見つけるためにするべきことは?捉え方を変えれば明日が変わる

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・「楽しい仕事」は一人ひとりの適性や好み、価値観などによって異なる

    ・自分が好きなことを仕事にしたいときは、好みを深掘りして求人の内容を吟味する

    ・仕事を楽しめない原因には、「スキル不足」「明確な目標がない」などが挙げられる

    ・モチベーションが上がるポイントを探し、目標を立てて仕事にやりがいを見出すと良い

    ・自分に合った働き方を選ぶのも、楽しい仕事を見つける1つの方法

楽しい仕事をしたいというのは、働く人の多くが考えていることでしょう。楽しい仕事とは、その人の適性や価値観によって変わるため、どのような仕事でも、捉え方や工夫次第でやりがいや楽しさを見出すことは可能です。
そのためには、自分にとって「楽しい」と感じられる働き方を探ってみることが大切。
本コラムでは、楽しく働くためのポイントや、仕事を楽しめない原因などをご紹介し、「楽しい仕事」について徹底解説します。

◆楽しい仕事とは?

仕事をする時間は、日々の生活の中で多くの割合を占めています。そのため、「楽しい仕事をして人生を充実させたい」と思うのはごく自然なことといえるでしょう。では、「楽しい仕事」とはどのような仕事なのでしょうか。

【「楽しい仕事」は人によって違う】

結論から言うと、誰にとっても楽しい仕事というのは存在しないでしょう。「楽しい」と思える仕事は、その人の適性や感性、価値観の違いなどで変わります。そのため、一概に「この職種は楽しい、楽しくない」と振り分けることはできません。
また、どのような仕事も長所と短所をそれぞれ持ち合わせているので、すべての人が100%楽しみながら働くのは難しいでしょう。
つまり、仕事が楽しいかどうかは、その人の性格や好み、捉え方によって変わってきます。

【自分に合った「楽しい仕事」を見つけることが大切】

例えば営業の仕事は、多くの人と接する機会があります。人と話すことが好きな人であれば「楽しい」と感じる一方で、コミュニケーションが苦手だったり、押しが弱かったりする人は苦痛に感じることが多いでしょう。
また、ノルマの有無に関しても、「しがらみがないほうが心にゆとりを持って仕事ができる」と思う人がいれば、「明確な目標があるほうがやりがいを感じられる」という人もいます。
そのため、「楽しい仕事は何か」というよりも、「自分にとって」楽しい仕事とは何かを考えることが大切です。

【「楽しい」と思える仕事をするためには】

自分が「楽しい」と思える仕事をしたい場合、ミスマッチ防止のためにも、自分がどのような仕事を楽しいと感じるのか、深掘りする必要があります。
例えば、本を読むのが好きで、出版社の編集部に就職した場合。
本は好きでも、編集部のメイン業務である企画や原稿の作成、取材などは苦手で仕事を苦痛に感じるケースも考えられます。
仕事を探す際は、業務内容をよく理解し、自分の希望や長所と擦り合わせたうえで検討しましょう。


◆仕事を楽しめない人の特徴3選

あなたが現在の仕事を楽しめない場合、業務内容以外での原因も考えられます。以下、仕事を楽しめない人の特徴をまとめました。自分にも当てはまっていないか、ぜひご参考にしてください。

【1.スキルが不十分】

その業務を遂行するのに必要な十分なスキルを身につけていないと、当然こなせる仕事が限られてしまいます。こなせる仕事が少ないと、達成感を得ることができず「つまらない」と感じてしまうでしょう。

【2.明確な目標が無い】

「ゆくゆくはこの仕事をこなせるようになりたい」「こういうことを成し遂げたい」など、具体的な目標を設定するのは、楽しく仕事をするうえで大切なこと。
明確な目標設定ができていないと、ただ機械的に日々の業務に取り組むだけになり、仕事をしてもやりがいを見出だせなくなってしまいます。

【3.社内でのコミュニケーションが希薄】

仕事をするうえで、円滑な人間関係を築くことは大切です。社内のコミュニケーションが希薄な状態では、十分な連携が取れない、フォローし合う体制が整備できないなど、業務に良くない影響を及ぼす可能性があるだけでなく、気持ちの面でも内向きになってしまい、結果として仕事がつまらなく感じてしまう可能性も高くなるでしょう。

上記に心当たりがある方は、まず改善を試みましょう。状況が好転すれば、今まで気づけなかった仕事の楽しみが見えてくるのではないでしょうか。

 

◆仕事を楽しむための4つのポイント

ほんの少しの工夫で、仕事は一気に楽しくなることもあるものです。どのような仕事でも、ただ漠然と業務をこなすだけではつまらなく感じてしまいます。やりがいや楽しみを感じられるように工夫して仕事をすることが大切です。以下に、楽しみながら働くためのポイントを挙げました。ぜひ自身の仕事にも取り入れてみましょう。

【1.自分にとってのモチベーションを探す】

仕事を楽しむには、モチベーションを維持することが大切です。「ノルマを達成したら欲しかった洋服を買う」「目標成果に達したら行きたい国に旅行をする」など、仕事を頑張りたくなるような計画を立てると効果的です。大きなことでなくても、「休憩時間に必ずコーヒーを飲む」「憧れている上司に褒められるように頑張る」など、仕事をするなかでモチベーション向上に繋がるポイントを探し、業務に全力で取り組みましょう。

【2.目標を立てる】

モチベーションもなく、仕事自体にやりがいを感じられない場合は、まず自分で目標を設定してみましょう。「企画資料の作成時間を30分減らす」「社員から1日に10回『ありがとう』と言ってもらう」など、大それたものではなく、小さなことで構いません。目標を明確に定めることで、仕事の際に常に目標を意識し、達成するため励むようになります。自分の課題をコツコツとこなしていくことで、達成感を得ることができるでしょう。

【3.自分の趣味や好きなことと関連付ける】

どうしても仕事に興味が持てない場合は、自分の趣味や好きなことと関連付けて考えてみましょう。例えば、自分の好きな漫画のキャラクターの「仲間を得て魔王を倒す」までのプロセスを仕事に置き換えて考えてみるとします。すると、「部下や同僚に協力を求め、目標を達成させる」のように、仕事に変換して考えることができるのでは。自分にとって「つまらない」と思う仕事でも、自分の好きなことと関連付けることで「楽しい」と思える可能性もあるでしょう。

【4.自分に合った働き方を考える】

どんな手段を使っても現在の仕事を「楽しい」と思えない場合、自分に合った働き方ができない環境である可能性が高いです。今一度、自分が「楽しい」と思える働き方や職場環境を考えてみましょう。現在の職場で自分に合った働き方が実現できない場合、転職を考えるのも一つの手です。

 

◆適性別!「楽しい仕事」とは?

冒頭で、「楽しい」と思える仕事は人それぞれで、その人の適性や価値観によって変わると述べました。この章では、適性別に「楽しい」と思える仕事をご紹介します。自分の適性と照らし合わせ、ご参考にしてください。

【人と接することが好きな人におすすめの楽しい仕事】

人と話すことや社交の場に赴くことが好きな人には、人と直接関わり話すことが多い仕事を「楽しい」と感じるのでは。

・営業

会社の製品やサービスを売り込み、セールスへと繋げる営業職は、人と関わることの多い仕事です。
常に相手に刺さる言葉や、どういう切り口で伝えると興味を持ってもらえるのか考えて行います。自分の努力がセールスに繋がったときの達成感はひとしお。初対面でも臆せず話せる人や、行動力のある方には、能力を最大限に活かせ、楽しい仕事となるのではないでしょうか。

・接客

飲食店やアパレルショップなどでの接客業務は、来店したお客さんを相手にする仕事です。丁寧な接客で常連が増えたり、売上が上がったりと、自分のコミュニケーション能力が店に大きな影響を及ぼします。人と話すことが好きな人にとっては、自分の資質を存分に活かせ、楽しさややりがいを感じられる仕事でしょう。

・塾講師

人と話すだけでなく、何かを教えたり説明したりするのが得意な方に「楽しい仕事」として、塾講師の仕事をおすすめします。生徒の性格や特性に合わせてアプローチ方法を変えていき、一人ひとりに合った学習法を提供します。また、子供を相手にする職業でもあるので、子供と接することが好きな人にも適した仕事といえるでしょう。

・カウンセラー

人の話を聞くのが好きな人は、カウンセラーの仕事をしてみるのはいかがでしょう。カウンセラーのは、その人の持つ悩みを深く聞き、助言をする仕事です。その人の潜在的な悩みを引き出すには、十分に打ち解ける必要があるので、人と接し慣れている人は能力を発揮できる仕事なのではないでしょうか。

・バスガイド

旅行中のバス内で観光地を紹介し、場を盛り上げるバスガイドは、人と触れ合ったり、大勢の前で話したりすることが楽しいと思える人に向いている仕事です。長期間のツアーの場合、一週間以上観光客と行動をともにする場合もあるので、継続して良好な人間関係を維持できる人であればなお良いでしょう。

・キャビンアテンダント

乗客と空の旅をともにするキャビンアテンダントは、思いやりの心とサービス精神が求められます。基本的に、乗客が快適に過ごせるよう気を配り、状況に応じて積極的に話しかけることの多い仕事といえるでしょう。キャビンアテンダントとの会話を楽しみにしている乗客も多く、時には外国語でのコミュニケーションも求められます。さまざまな客層や国籍の乗客との会話が楽しめる人には、特に向いている仕事といえるでしょう。

【提案・薦めることが好きな人におすすめの楽しい仕事】

普段から人に何かを薦めたり、紹介したりすることが好きな方にとって「楽しい仕事」は、クライアントに商材やサービスを薦めたり、最適な企画を提案したりする仕事なのではないでしょうか。

・コンサルタント

コンサルタントとは、悩みを持つ企業や個人の依頼主に助言をし、状況が好転するために提案する仕事です。例えば経営コンサルタントは、「店を繁盛させる方法」、転職コンサルタントは、「その人にとってより良い条件の企業に転職する方法」を提示します。困っている人に何かを提案し解決策を導くことに喜びを感じる人には、特に向いていて、楽しいと思える仕事でしょう。

・広告プランナー

広告プランナーとは、クライアントの意向をふまえ、広告の方針や企画を立案する仕事です。プランナーには、相手のニーズを理解する傾聴力や、企画力・提案力が求められます。提案がうまくいき、クライアントの望む広告が形になった際には、大きな達成感や、楽しさ、やりがいを得られるでしょう。

・保険営業

「人と接することが好きなひとにおすすめ」の仕事で営業を挙げましたが、その中でも生命保険の営業は、特に提案力が必要となる仕事の1つといえるでしょう。自分に合う保険が分からず悩んでいる顧客にヒアリングし、最適なプランを提案します。その人の人生に関わるものなので、責任が伴う分、提案を得意とする人にとって自分の能力を存分に活かせ、楽しさを感じられる仕事なのではないでしょうか。

【1人が好きな人におすすめの楽しい仕事】

仲間との連携や、人との対話が必要な仕事よりも、1人でコツコツと業務をこなす方が向いているという方は、仕事の大半を1人で完結できる職業がより楽しいでしょう。

・ライター

ライターは、ウェブや雑誌など、あらゆる媒体で記事を書く仕事です。取材や打ち合わせ以外の執筆の時間は、基本的に1人で進めることができ、人と関わることが苦手な場合でも比較的ストレスを感じることなく、楽しさを感じながら業務を行えます。ただし、ある程度の文章力や日本語力が必要となるでしょう。

・ウェブデザイナー

ウェブデザイナーは、ウェブサイトのデザインを作成する仕事。こちらもライターと同じく、打ち合わせの時間以外は1人での作業を楽しめる方に向いています。また、ウェブ以外のジャンルのデザイン業も同様の理由で、1人が好きな人に向いている仕事といえるでしょう。

・工場作業

基本的な工場作業は、「ライン作業」「ピッキング」「フォークリフト」など、1人で黙々とできる仕事が多いです。なかにはチームを組んで行う作業もありますが、他の業種よりもコミュニケーションを必要としないケースが多く、こつこつと作業できることに楽しさを見出せるのではないでしょうか。

・トラック運転手

トラック運転手は、基本的に1人で運転し、休憩時間も1人で過ごします。必要最低限の事務連絡で済むので、コミュニケーションが苦手な人にも向いている仕事といえます。運転を楽しめる人であればなおさらやりがいを感じられるのでは。

・翻訳

主にマニュアルや書籍、論文を翻訳します。外国語を日本語に翻訳する場合もあれば、日本語を外国語に翻訳する仕事もありますが、いずれの場合も特定の外国語が得意、理解できないと難しい仕事。依頼主や企業によってはTOEICスコアなど、語学スキルの証明が求められます。しかし、語学の勉強が好きであれば、自分の能力を活かし黙々と向き合える仕事なので、楽しさを感じられるのではないでしょうか。

【自由な発想で考えることが好きな人におすすめの楽しい仕事】

仕事マニュアルに沿った業務や決められたルールに基づいた仕事よりも、自分で一から考えることが好きな人には、自身の発想で自由に考えられる楽しい仕事をご紹介します。

・クリエイター

クリエイターの括りは幅広く、TV番組の企画や企業のロゴ作成など、さまざま。クライアントからテーマや課題を示されることが多いものの、自分の発想を活かした仕事ができます。頭の中のアイディアを形にする楽しさや面白さを味わうことができるでしょう。

・デザイナー

衣服や建築物などのデザインをする仕事です。インテリアや空間など、デザイナーが扱うものの種類は多岐に渡りますが、どの仕事内容にも共通している点が、自分の発想からモノを作るところ。決まったルールや固定概念に囚われず、柔軟な発想ができる人にこそ、楽しく向き合える仕事でしょう。

・コピーライター

コピーライターは、一般的なライター業とは種類が異なり、商品やサービスに対して購買意欲を促す文章やキャッチコピーを作る仕事です。1文でその商品の魅力を伝え、忘れられないフレーズで人びとの記憶に焼き付くコピーを考えます。周りとは違ったものの考え方と、大衆にフィットする言語感覚を持ち合わせた人にとっては、存分に楽しめる仕事といえるでしょう。

・小説家

小説家は、作家の中でも特に自由な発想が活きる職業といえるでしょう。放送作家や脚本家の場合、決められたテーマの中で、視聴者層に受ける内容をプロデューサーや原作者と進めていく仕事であり、定められたルールの中での創作が求められることもしばしば。しかし、小説家の場合、編集者から依頼でない限り、自分の発想の赴くままに創作活動をすることができます。自身の想像力で一から物語を考えることが好きな人にとっては、何よりも楽しい仕事なのでは。

【音楽が好きな人におすすめの楽しい仕事】

音楽が好きな方は、音楽に関わる仕事を選ぶことで楽しさを感じられるのではないでしょうか。音楽関係の仕事は多岐に渡るので、自分の資質や働き方に合うものを選びましょう。

・CDショップ店員

CDショップは接客業の1つで、CDやDVD、店によってはレコードや楽器・楽譜の販売も行っています。自分の好きな「音楽」に関する商品に囲まれて仕事ができるので、楽しさややりがいを感じられるのではないでしょうか。

・作曲家

ギターやピアノが弾け、コードに関する知識があれば作曲家を目指す道もあります。作曲家は、レコード会社や音楽会社・プロダクションから依頼を受け、テーマやコンセプトに合わせた曲を作る仕事です。作曲家になるには音楽業界で仕事して認められたり、専門学校に通って人脈をつくったりと、センスや運が必要。コネクションや音楽経験がない場合、すぐに作曲家になるのは難しいですが、現在はSNSや動画サイトで自身の曲を広める機会が多くあるので、努力次第では日の目を浴びる可能性もあるのではないでしょうか。

・ディレクター

音楽ディレクターは、アーティストを売り出すための戦略を練ったり、レコーディングで現場を仕切ったりと、より良い音楽コンテンツを作るために尽力する仕事であり、音楽への熱い気持ちがあればこそ楽しめるでしょう。レコード会社に入社して任されるケースが多いため、最初はアシスタントとして現場に入るのが一般的。地道な下積みを経て得られる役職だと思っておくと良いでしょう。

・コンサートプロモーター

コンサートプロモーターとは、開催されるコンサートを取り仕切る、プロデューサーに近い役割の仕事です。クライアント・アーティスト事務所との交渉、コンサートの企画・制作、宣伝や広報活動など、仕事はさまざま。音楽やコンサートという空間への熱意がある方には、楽しく取り組める職業といえるでしょう。

・レコード会社社員

レコード会社での仕事は広範囲に渡り、CD制作やディレクター業、宣伝活動やアーティストのマネージャー業務など。自分が希望する業務が必ずできるとは限りませんが、音楽に関わる仕事ができ、正社員として安定して楽しく働けるでしょう。

・音楽ライター

音楽ライターは、ウェブサイトや雑誌に音楽関連の記事を書く仕事です。音楽に詳しい方であれば、自分の知識を活かせ、楽しさを感じられる仕事となるでしょう。ただし、知識の他に文章力や構成力、SNSなどでの拡散力が問われます。まずは自信のブログやSNSでコラムを発信し、どの程度の反響があるか試してみると良いでしょう。

【アニメ・漫画が好きな人におすすめの楽しい仕事】

アニメ鑑賞や漫画を読むのが趣味という方は、アニメや漫画に関わる仕事にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

・イラストレーター

絵を描くのが得意だという方に楽しい仕事が、イラストレーター。雑誌やウェブサイト、ポスターやパンフレットに載せるイラストを描いたり、アニメのキャラクターデザインをする仕事です。

・アニメ制作

アニメが好きな方は、アニメーション制作の現場に飛び込んでみるのも楽しさを得られる手ではないでしょうか。アニメ制作の仕事は、アニメーターはもちろん、監督や演出、脚本、制作進行など、さまざまな仕事内容があります。自分の興味あるものや、得意分野から選択すると良いでしょう。

・脚本家

好きな漫画をアニメにしたいと思ったり、物語のシナリオを考えたりすることが好きな方は、脚本家が「楽しい」仕事なのでは。脚本家は、アニメ各話のストーリーや物語全体の構成を考えます。共同脚本家や監督とともに仕事をすることもあり、1人で作るというよりは、チームでより良い作品を作り上げていく力が求められるでしょう。

・演出家

演出家は、アニメ全体のプロセスに関わる仕事です。原画の確認や音楽、アフレコなど、その作品の世界観を決定づける重要な役割といえるでしょう。多忙ではありますが、アニメへの熱い想いがある人にとっては、楽しくやりがいのある仕事といえます。

・漫画原作者

「漫画のストーリーは思いつくけど、絵には自信がない…」という方におすすめしたい楽しい仕事が、漫画原作です。漫画のストーリーを考え、企画を立て、プロデューサーや編集者、作画担当者と打ち合わせを重ねます。絵が描けないからと諦めず、漫画づくりに挑戦してみましょう。

・編集プロダクション

編集プロダクションは、広告代理店や出版社からの依頼を受けて、書籍や漫画誌の企画から制作までを代行しています。漫画が好きで、もっと面白い作品を世に広めていきたいという人にこそ向いている楽しい仕事といえるでしょう。

・編集者

自分の手でヒット作品を世に送り出したいという方は、編集者として漫画家をサポートすれば楽しく仕事ができるのは。編集者は、漫画や雑誌などに掲載する作品の企画から編集を担当。漫画家や原作者と一緒に、「どうしたらこの作品が売れるか」をとことん考え、何度も打ち合わせを重ね戦略を練ります。漫画に対する情熱があってこその仕事といえるでしょう。


◆自分の働き方や条件に合った仕事の見つけ方3選

「今の仕事では楽しい仕事を実現できそうにない…」という方は、思い切って自分に合った新たな仕事を見つけてみてはいかがでしょうか。
以下、条件に合った仕事の探し方をまとめました。ぜひご参考にしてください。

【1.求人サイト】

簡単で手軽に探せるのが、求人サイトです。検索ボックスで自分に合った条件に絞り、求人を探してみましょう。求人サイトを利用する場合、応募要項や業務内容をよく読み、ミスマッチを防ぐことが大切です。

【2.ハローワーク】

「公共職業安定所」とも言われるハローワークでは、転職相談や、自分に合った求人紹介などのサービスを受けることができます。求人サイトよりも詳しい職場の雰囲気や業務内容を知ることができるので、一度相談してみることをおすすめします。ハローワークの場合、待ち時間が長かったり、仕事の都合で営業時間内の利用が難しかったりと、コンスタントに通えないケースが多いようです。

【3.転職エージェント】

転職エージェントは、転職に必要な手続きをサポートしたり、求人サイトには載っていない、一人ひとりの適正に応じた求人を紹介するサービスです。転職エージェントであれば、思い立ったときに、スマホ1つで登録が可能です。よりスムーズに自分に合った仕事を見つけたいという方は、エージェントを利用してみてはいかがでしょう。


ハタラクティブは、20代を中心に若年層の就活・転職をサポートしているエージェントです。経験豊富なアドバイザーが就職・転職に関するお悩みに対応。カウンセリングや企業への訪問などにより、あなたに合った楽しい職場を提案します。自己分析の指導や丁寧なカウンセリングを実施するので、あなたに合うお仕事が見つかります。
自分に本当に向いている楽しい仕事を知りたい方は、ぜひハタラクティブまでご相談ください!




職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ