新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 文系は営業以外でも働ける?自分に向いている仕事への転職方法を解説!

文系は営業以外でも働ける?自分に向いている仕事への転職方法を解説!

公開日:

最終更新日:

文系は営業以外でも働ける?自分に向いている仕事への転職方法を解説!の画像

【このページのまとめ】

  • ・文系が営業に配属されやすいのは、幅広い分野で柔軟に活躍できるイメージがあるため
  • ・営業はノルマ設定や人間関係のネガティブな印象から、文系に避けられる傾向がある
  • ・文系が営業以外の仕事へ就くには、スキルの取得や明確な志望動機をもつことが重要
  • ・文系が転職を成功させるには、自分の適性を知り営業以外の職種にも目を向けてみる

監修者:後藤祐介

キャリアコンサルタント

一人ひとりの経験、スキル、能力などの違いを理解した上でサポートすることを心がけています!

文系が営業以外の仕事に転職するのは難しいのでしょうか。資格やスキルを持っていないと、自分は営業職しかできないかもしれない…と不安になる方も多いでしょう。文系が活躍できる仕事は営業以外にも豊富に存在します。また、営業のみに絞らず、視野を広げることも転職成功のポイントです。
このコラムでは、自分に適した仕事を見つける方法をご紹介。転職先で悩んでいる人は、ぜひご覧ください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

文系が営業以外に配属されにくい理由とは?

「文系は営業職へ行く」というイメージが根強い背景には、「新卒時に営業へ配属されやすい」といったことが考えられるでしょう。
入職後は、その人のスキルによって配属先が決まりますが、新卒時は理系や文系に関係なく、多数の経験が得られる営業に配属される傾向があります。それは、「営業を通してビジネスマナーを学び、会社のサービスや商品について深く知ってほしい」という企業の意図もあるようです。会社によっては研修をする場合もありますが、実際に現場に出て経験を積む方が身につきやすいといえるでしょう。
また、理系は大学で学んだ専門性のある知識をもって研究職や技術職に就く人がほとんどの中、柔軟性があり、幅広い分野に対応できる文系は営業に適しているイメージがあるのも事実です。
営業の仕事が苦手と感じる人も多いですが、営業で培ったスキルは他の仕事でも広く活かせるため、将来的にみても営業としての経験が無駄になることはないでしょう。

文系が営業以外に就きたい3つの理由

文系出身者には、営業職にネガティブなイメージをもつ人も少なくありません。ただし、さまざまなやり方のある営業の仕事が自分に合っている場合もあります。
ここでは、営業を避けたくなる3つの理由について解説。転職の選択肢を広げるためにも、まずは自分が営業職に向いているのかどうか、ぜひ参考にしてみてください。

1.営業には厳しいノルマが設定されている

企業の利益に関わる目標達成のため、具体的な数字で自分を評価されることにプレッシャーを感じる人も多いようです。
しかし、営業ノルマの基準は企業によって異なり、数字よりも顧客との信頼関係を重視する場合もあります。また、営業は成果に応じてインセンティブ(報奨金)の支給があるのも魅力の一つ。「目標があるとやりがいを感じる」という人は、営業に向いている可能性もあるでしょう。

2.営業は高いコミュニケーションスキルを求められる

顧客との会話が商談成立のポイントになることから、優れたコミュニケーションスキルを求められます。そのため、人と話すのが苦手な人は、営業を避けたくなる大きな要因となるでしょう。
しかし、一方的に話して提案をするより、相手の話を汲み取り、ニーズに沿った案を出していくのが良い営業といえます。話術に自信がなくても、相手の話をしっかり聞き取れる人には営業の適性があるでしょう。

3.営業職は人間関係でストレスを感じやすい

顧客をはじめ、上司や他部署など、あらゆる人々との関わりにストレスを感じる人も多いようです。また、交渉の場面では、顧客と開発・製造側で意見のすれ違いが起こることも。それを解決するためには、前途のとおりコミュニケーションスキルが重要となるでしょう。
しかし、社外での人脈を作ったり、他部署と良い関係を築いたりすることは、今後の仕事へ有意な影響を与える可能性があります。幅広い人との出会いを経験と捉えられる人は、営業を通して向上心を身につけられるでしょう。

営業以外で活躍したい文系におすすめの職種4選

営業職に対して自信がなかったり、自分が目指すものがなかったりする人も多いでしょう。
ここでは、文系出身者が営業以外で活躍できる職種を4つご紹介します。

1.経理

大学で経済学や経営学、商学を学んでいた人は、その知識を経理職に活かせるでしょう。
経理は、会社に関わる支出・収入の管理や税金申告、経費計算などに携わる業務を担っています。また、バックオフィスとして間接的に企業を支えている重要な部門といえるので、責任感も養われる仕事です。
業務内では、細やかな数字を扱うことになるため、数字の強さや几帳面さのある人に向いています。

2.人事

営業から転職を考えている場合は、コミュニケーションスキルや傾聴力、訴求力などがそのまま活かせる人事職もおすすめです。
採用対応や社員教育などの業務を通して、良い人材がいる企業を構築するやりがいを感じられるでしょう。また、大学で教育学を学んでいたなら、身につけた知識を十分に発揮できる可能性があります。

3.マーケティング

顧客や市場を調査し、企業の製品やサービスを売り込む仕組みを考えるマーケティング職は、柔軟性
のある文系出身者に向いているといえます。
新しい企画の立案や、市場調査に基づいた提案など、視野の広さを求められる仕事が多いことから、自分の発想力を活かしたい人にも適性がある職種です。

4.ITプログラマー

ITプログラマーは、業界の人材不足による需要から転職がしやすい職種の一つです。
IT関連の知識やスキルが必須になりますが、会社内でしか活かせない製品知識や営業人脈などと比較すると、幅広い企業で働けるようになるメリットがあります。また、実績を積み自分の市場価値を高めることで、リモートワークやフリーランスなどの働き方が選択できるのもポイントです。

文系が営業以外の仕事へ転職するためにやるべき3つのポイント

どうしても営業の仕事に就きたくないのであれば、自己分析をしっかり行い、本当にやりたい仕事への明確な志望動機を持つことが大切です。転職活動を成功させるよう、具体的にやるべきことを下記に3つまとめました。

1.希望する職種に合わせた自己PR

就きたい職種に求められる具体的な内容を自己PRに盛り込みましょう。
たとえば、経理ならOffice系ソフトの習熟度や計算が得意なことをアピールします。自己PRの内容が漠然としていたり、当たり障りがなかったりすると、自分の誠意や熱意が採用担当者に伝わらない恐れがあるので、注意が必要です。

2.資格やスキルを身につける

実用的なスキルや資格の取得は、効率的な転職活動につながるでしょう。
中途採用は、経験や実績があり即戦力を求める条件が多いものの、スキルがあれば未経験でも採用を行っている企業も見受けられます。営業経験から得たスキルはどんな仕事でも活用できるもの。目指す分野に適切なものを見極め、最低でも1つは習得できるようにしましょう。

3.OB・OGへのヒアリング

自分がなりたい職種に就いているOBやOGにヒアリングをすれば、その職種への理解やアピールポイントなどを把握できます。必要な資格や適性などが事前に分かれば、スムーズな対策ができるでしょう。
また、ヒアリング時は仕事内容だけでなく、社風について聞くことも重要です。企業の雰囲気にも考慮した志望動機を持つことができれば、より印象強いアピールができます。

文系が営業以外の仕事を目指す際に注意すべきこと

文系出身者が営業以外の仕事に転職をする際、自分の適性からかけ離れすぎていたり準備不足だったりすると、今の仕事よりも厳しい状況になる可能性があります。下記のポイントを読んで、自分が当てはまるかどうか確認してみましょう。

どの職種でもコミュニケーションは必須になる

人とコミュニケーションを図ることが苦手な人は、職場の社内環境や雰囲気などに考慮した転職活動を行いましょう。
営業だけに限らず、仕事をするうえで人とのコミュニケーションは必要不可欠です。業務に関するやり取りや、会議や打ち合わせなどで大勢の人と関わることも。居心地の悪い環境は仕事も苦痛になりやすく、せっかく転職しても退職につながる恐れがあります。

営業の仕事よりも年収が下がる可能性がある

実績やスキル不足、未経験などで転職をした場合、即戦力とみなされず現在よりも年収が下がってしまうことも少なくありません。
また、営業は成果報酬が発生することから、収入が高くなりやすい傾向にあります。大幅な年収減を避けるためには、給与水準の高い職種や、成長が見込まれている業界への転職がおすすめです。

文系でも営業以外で自分に合った仕事が見つかる!

仕事には、一人ひとりに向き不向きがあります。文系出身者の中にも、営業に向いている人もいれば、向いていない人もいるでしょう。自分に合った仕事を見つけるには「営業」という仕事だけに囚われず、さまざまな職種や業界を知ることが大切です。
もし、自分のやりたいことを振り返り、もう一度営業に向き合えるのであれば、職場や業種を変えてみるのも一つの手段といえます。
また、「営業以外の求人が見てみたい」「自分の適性に合った仕事を見つけたい」なら、他の仕事にも目を向けてみましょう。

ハタラクティブでは、専任のアドバイザーがあなたの希望を丁寧にヒアリングし、条件に合った求人をご提案します。
自己分析や書類作成のお手伝い、面接対策も行うので、1人でするより就活がスムーズ!就活に息詰まっている人は、ぜひ一度アドバイザーにお話をお聞かせください。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ