大卒に人気の事務職、そのメリットとデメリットは?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 大卒フリーターからの就職
  4. >
  5. 大卒に人気の仕事紹介
  6. >
  7. 大卒に人気の事務職、そのメリットとデメリットは?

2018/06/22

【このページのまとめ】

  • ・最近では一般職を希望する大卒者や男性が増えている
    ・総合職は将来の幹部候補生で、様々な業務に携わる
    ・一般職は定型的な事務作業がメインで、総合職の補佐的な役割を持つ
    ・一般職は転勤がなく残業が少ないのがメリット
    ・総合職に比べて給与が低く、評価されにくいのがデメリット

一般職は大卒に人気の職種ですが、その理由は何なのでしょうか?
今回のコラムでは、一般職と総合職の違い、一般職として働くメリットとデメリットを解説していきます。
卒業後の働き方に悩んでいる方は、ぜひ内容をチェックしましょう!

◆大卒に人気の事務職

ひと昔前までは、「一般職は高卒や短大卒の女子がなるもの」というイメージがあり、大卒で一般職に就く人の数は今ほど多くありませんでした。
それが最近では、大卒で一般職を希望する女性や、さらには男性が増えています。その主な理由は、「一般職は転勤がないから」「営業に配属されるのが嫌だから」「残業時間を少なくしてプライベートを充実させたいから」といったもの。
一般職は総合職と比べて業務の負担が軽く、その点に魅力を感じる人が増えているようです。


◆一般職と総合職の違い

「一般職か総合職か迷っている」という人は、イメージだけで進路を決めるのではなく、まずは両者の違いを理解することが大切です。

【総合職】

総合職とは、その名の通り総合的にあらゆる業務に従事する職種のこと。将来の幹部候補生という意味合いがあり、経験を積むためさまざまな部署や職種に配置される可能性があります。
入社後は本人の適性や希望など考慮して配属先が決まり、その後数年単位で部署や勤務地を移り変わるのが一般的な流れ。企業によっては「最初は全員営業からスタート」というパターンもあります。
総合職には転勤があり、仕事の責任も一般職より大きくなるのが特徴です。一方で、一般職と比べて職域が広く、さまざまな経験ができること、頑張り次第では昇給や昇進があることがやりがいといえるでしょう。

【一般職】

総合職のサポート役として、定型的な事務業務に携わります。職域は企業によって異なりますが、基本的には総合職の補佐的な業務を行い、仕事の責任は総合職ほど大きくありません。
採用における男女差別は禁止されていることから、男性にもチャンスはありますが、一般職のほとんどは女性が占めるのが普通です。


◆一般職のメリット・デメリット

一般職と総合職のどちらが良いかは、その人の適性やライフプラン、キャリアプランによって異なります。
自分に合った進路選択をするために、ここでは総合職と比べた一般職のメリットとデメリットを確認していきましょう。

【メリット】

・転勤がない
・比較的業務が簡単
・残業が少ない
・プライベートを充実させやすい

【デメリット】

・給与水準が低い
・昇給の幅が小さい
・昇進が遅い

「プライベートを充実させたいから」という理由で一般職を選ぶ人は多いですが、「成果が評価に繋がらない」「裁量のある仕事ができない」といった点で、働き始めてから不満が出る場合もあります。
最初から一般職に絞って就活をするのではなく、将来の働き方や自分の適性をよく考えた上で、進路を考えることが必要でしょう。

自分の適性がわからない、向いている仕事を知りたいという方は、就職支援のハタラクティブに相談してみませんか?
ハタラクティブでは経験豊富なアドバイザーがカウンセリングを行い、あなたの適性を見極めた上で求人を提案。さらに、応募先企業に特化した書類作成の指導や面接対策を行うので、1人で就職活動をするより内定への距離が近づきます。
相談だけのご利用も歓迎しているので、プロのアドバイスが欲しい方はぜひご相談ください!




職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、1,700人以上の方が就職に成功されています。

関連記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ