新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 大卒フリーターからの就職
  4. >
  5. 大卒に人気の仕事紹介
  6. >
  7. 大卒に人気の事務職!平均初任給や月給をご紹介

大卒に人気の事務職!平均初任給や月給をご紹介

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・大卒で事務職になる理由は基本的に転勤がないから
  • ・大卒で事務職になるには学部・学科の制約はない
  • ・大卒事務職の平均初任給は20万1,516円

監修者:多田健二

キャリアコンサルタント

今まで数々の20代の転職、面接アドバイス、キャリア相談にのってきました。受かる面接のコツをアドバイス致します!

「大卒で事務職になるのってどうなの?」と不安に感じている方もいるのではないでしょうか。以前は高卒や短大卒の女性が就くイメージが合った事務職も、現在では「転勤がない」「残業が少ない」という理由から大卒者に人気となっています。
このコラムでは大卒事務職の平均初任給や月給を解説。また、事務職におすすめの資格や向いている人、向いていない人もご紹介します。事務職が気になっている人は、ぜひ参考にしてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

大卒に人気の事務職

近年では、大学を卒業して事務職に就く人が増えています。事務職と聞くと、少し前までは「高卒や短大卒の女性がなるもの」というイメージがあり、大卒で事務職に就く人は、それほど多くはありませんでした。しかし、現在では「転勤がないから」「営業に配属されるのが怖いから」「残業時間が少ない職種が良いから」といった理由から、魅力に感じる人が増えているようです。

大卒で事務職になるには

大卒で事務職に就く場合、学部・学科の制約はあるのかについて、詳しくご説明します。

学部・学科の制約はある?

大卒から事務職に就く場合、基本的に学部や学科の制約はありません。どの学部・学科であっても、事務職を目指すことは可能です。
ただし、大企業の事務職に就職したい場合は、募集要件に「大卒以上」の記載があることも多いため、大学を卒業しておいた方が良いでしょう。
また、新卒の採用だけではなく、中途採用をしている会社も多くあります。

事務職の給料は?

事務職の給料は、いくらくらいなのでしょうか。大卒事務職の平均初任給および年齢別の平均月給を見ていきましょう。

大卒の初任給の平均

人事院の調査によると、大卒事務員の平均初任給は20万1,516円
また、年齢別の事務員の平均月給は、次のとおりです。

・10代:19万7,073円
・20~24歳:24万7,965円
・24~28歳:29万2,199円
・28~32歳:32万2,608円
・32~36歳:34万5,573円
・36~40歳:35万3,977円
・40~44歳:35万5,704円
・44~48歳:36万7,134円
・48~52歳:37万9,990円
・52~56歳:39万355円
・56歳以上:39万1,197円

年齢が上がるごとに、上昇傾向であることが分かります。

参照元
人事院
職種別民間給与実態調査

事務職におすすめの資格

保有していることで就活が有利に進む可能性がある資格として「簿記」「MOS」「秘書検定」が挙げられます。事務職におすすめの資格を見ていきましょう。

簿記

簿記は経理の仕事で活用できる資格です。事務職は会社によって、経理の仕事を担う場合もあるため、取得しておくと就活で有利になる場合もあるでしょう。
簿記は、「帳簿記入」とも呼ばれ、最終的に決算書を読めるようになることや作例できるようになることを目的としています。そもそも簿記とは企業の経営活動を帳簿に記録して、経営状態を把握するための技術です。
実際の業務に役立つのは、日商簿記検定であれば2級以上だといわれています。そのため、取得をするなら2級以上を目指しましょう。

MOS

事務職のようにパソコンを使用する仕事なら、MOSを持っていることで、就活が有利になる可能性があります。MOSは国際資格のひとつで、マイクロソフト社が認定している、信頼性の高いものです。WordやExcel、PowerPointなど、アプリケーション別に取得が可能で、オフィス系ソフトの操作ができる証明となります。
基本的なパソコン操作ができると業務の幅が広がるので、アピールにつながるでしょう。

秘書検定

秘書検定はビジネスマナーの基本ができている証拠になるため、事務職に限らず、就活の際に有利になる可能性があります。なかには、事務職に秘書の業務を担わせる会社もあるため、役立つ資格となるでしょう。秘書検定は初級である3級から1級まであります。3級は高校生の受験者が多く、ビジネスの世界で役に立つのは大学生の受験者が多い2級以上でしょう。そのため、資格取得を目指す際には、2級以上を選ぶことをおすすめします。

事務職に向いている人とは?

事務職に向いている人には「作業をスムーズにこなせる人」「コミュニケーション能力が高い人」「他人の手助けをするのが好きな人」が挙げられます。事務職に向いている人の特徴を詳しくを見ていきましょう。

作業をスムーズにこなせる人

事務職に向いている人ではじめに挙げられるのは、作業をスムーズにこなせる人です。事務職はさまざまな仕事に素早く対応しなくてはなりません。すべての仕事を完璧にこなし、急に任された業務にも対応する力が求められます。

コミュニケーション能力が高い人

他人とうまくコミュニケーションが取れ、良い人間関係を築ける人は、事務職に向いているといえます。
事務職はオフィス内での業務が多く、常に同じ人と仕事をするのが基本です。閉鎖的な環境であっても人間関係は重要視されるので、コミュニケーション能力が高い人であると良いでしょう。

他人の手助けをするのが好きな人

事務職の仕事は他人の手助けをすることが基本です。事務の仕事が楽しいと感じる人のなかには、「他人のサポートをするのが好き」という人もいるでしょう。そのため、他人の手助けが好きな人の方が、事務職に向いているといえます。

事務職に向いていない人とは?

事務職は基本的にオフィスから出ることがなく、自分の席に座って仕事をしています。そのため、「1日中、デスクに座ってパソコンと向き合っている」というような仕事が苦手だと、「向いていないかも…」と思ってしまう可能性もあるでしょう。
お手洗いや休憩で少し席を立つことはありますが、基本的に座りっぱなしの仕事であるため、あまり動かないことを「つらい」と感じてしまう人は、避けたほうが良い場合もあります。

事務職からキャリアアップを目指すには?

事務職の仕事だけでは、キャリアアップは難しいでしょう。キャリアアップを目指すのであれば、簿記の資格を取得して経理業務を兼任するなど、事務と並行してほかの仕事もできるようになると良いでしょう。

「大卒で事務職になっても良いのかな?」「自分に合っている仕事はどのようなもの?」など、就活に関する悩みがある方は、20代・30代向け就職エージェントのハタラクティブにご相談ください。
がんばる就活生を全面バックアップしているハタラクティブでは、専属のキャリアアドバイザーが、マンツーマンであなたの就活を徹底サポート。就職の相談や企業紹介、入社アフターフォローなどを一貫して行っています。企業とのやり取りはすべてアドバイザーが行ううえ、これらのサービスを無料でご利用いただけるのが使いやすさのポイントです。ぜひこの機会にご連絡ください。

大卒に人気の事務職に関する疑問Q&A

大卒に人気の職種のなかに「事務職」があります。事務職と一口に言っても、いくつかの種類があるので志望する際は業務内容まで調べておくことが大切です。ここでは、想定される事務職に関する疑問をQ&A方式で解決していきます。
 

事務職の仕事の特徴を教えてください

事務職の仕事は、書類作成やデータ入力、電話対応といったデスクワークが中心となります。事務職の業務範囲は、企業の規模や部署によって異なりますが、小規模の会社ではお茶出しや案内といった来客対応を行うこともあるようです。事務職について詳しく知りたい方は、「事務員ってどんな仕事?事務職のメリット・デメリットを解説」の記事を参考にしてみてください。
 

事務職は未経験から目指せますか?

結論から述べると、事務職は未経験からチャレンジできます。事務職には、「一般事務」をはじめ、「経理事務」「総務事務」「営業事務」といった種類がありますが、そのなかでも未経験から目指しやすいのは「一般事務」です。ただし、未経験者の場合でも、ビジネスマナーやコミュニケーションスキルの有無はチェックされます。事務職に求められるスキルについては、「未経験で事務職を目指すなら持っておきたい能力」をご覧ください。
 

事務職の種類を教えてください

事務職は、大きく「一般事務(OA事務)」「営業事務」「経理・財務・会計」「総務・法務」「貿易事務」「秘書」の6種類に分類されます。職務によって、業務内容や求められるスキルが異なるので、就職を希望する場合は募集要項をしっかり確認する必要があるでしょう。それぞれの職務の特徴は、「6種類の事務職と仕事内容」でまとめています。
 

大学中退でも事務職に就ける?

大学中退から事務職を目指すことは可能です。ただし、大学を中退した理由が問われる場合があるので、中退した理由とともに就業意欲を伝えられるようにしておきましょう。大学を中退したことや経験不足を懸念する場合は、資格を取得したり事務系の専門学校へ通ったりしてスキルを身につける方法も有効です。大学中退からの就職は、ハタラクティブの就活アドバイザーがサポートいたします。一人での就職が不安な場合は、お気軽にご相談ください。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ