未経験から始める事務求人の実態

2014/12/06

【このページのまとめ】

  • ・事務職は、企業が求める能力があれば未経験でも応募可能な求人がある
  • ・事務職の主な種類は「営業事務」「一般事務」「経理事務」の3種類
  • ・求められるのは、コミュニケーション力、柔軟性、処理能力
  • ・PCスキルがあると有利
  • ・広告、営業、販売など幅広い業界で求人募集がある

人気の事務職ですが、求人で見かける「未経験OK」は本当なのでしょうか?

事務員として働いた経験はなくても、企業が必要とする能力があれば、就職できる可能性はあります。

事務職にはどういうスキルが求められるのか、コラムを読んで確認しましょう!

【関連記事】
フリーターの就職成功を叶える就活ガイド

◆未経験から始める事務求人の実態

「もうフリーターを卒業して正社員になりたい」と考えている人、就活する中で事務職を志望する人は多いのではないでしょうか。事務経験なしから事務員になれるのか、求人で見る「未経験OK」が本当かは、誰もが気になるところ。

 

礼儀正しいけれど英語が苦手、PCスキルがあるけれど事務仕事は経験がない、マナーにもPCにも自信がないなど、「未経験」のレベルは人それぞれです。

企業側にしてみれば、職場で必要な能力があれば事務経験なしでも問題ないことが多く、コミュニケーションスキルや仕事への積極性など、主に人柄重視で採用されることもあるようです。

ただ、専門的なスキルを不問とする「未経験OK」の求人は応募倍率が非常に高いので注意が必要。

正社員として就職したいのであれば、自分の志望する求人の内容を徹底的に調べることと、あらかじめ事務職以外の職種にも目を向けておくことをオススメします。

◆事務職の代表的な種類はこの3種類

・営業事務

主に営業職のサポート役です。

FAXや電話による受注処理、プレゼンに必要な資料の作成、ときには取引先との営業に同行することもあります。営業事務に求められるのは、ビジネスマナーとPCスキル。

雇用形態は正社員のみならず派遣や契約社員、アルバイトなど幅広いのが特徴です。

 

・一般事務

社内で生じる様々な事務作業を担う一般事務は、特化した分野がない分、幅広く柔軟な対応が求められます。一般事務は、来客応対や書類作成などを行う、会社の縁の下の力持ち。

正社員雇用もありますが、近年は派遣社員の割合が増えています。

 

・経理事務

現金管理や経費の精算、税理士との連絡業務など、名前の通り金銭管理が主な仕事です。

正社員求人が多くあり、事務職の中でもお給料の平均額が高めですが、経験者優遇の傾向があります。

◆未経験から事務職を目指すには、どんな能力が必要? 

事務職は医療事務や調剤薬局事務などを除いて、特別な資格が必要なものは少ない傾向にあります。

 

事務職として働くのに大切なのは、コミュニケーションスキルでしょう。事務職は営業職などがスムーズに働けるようサポートするため、職場のメンバーと連携して働きやすい環境を整えていく必要があります。

次に必要なのは、正確に仕事をこなす能力です。事務職の業務は幅広く重要な書類やデータを扱うこともあるため、柔軟な対応とミスのない処理能力が必要です。

仕事上のミスが多いと信頼を失くしてしまうため、日頃から片付けるクセをつける、忘れそうなことは必ずメモするなど、いざ事務仕事を始めたときに対応できるよう習慣づけておきましょう。

 

今挙げたような2つの基盤ができたら、自分の志望する企業をしっかり調べた上で、武器になる資格を取得するのがおすすめ。

事務に関する資格はパソコン関連のものが多く、転職の際に事務仕事が未経験でも資格があれば有利になるケースがあります。

パソコンに関する資格と言えば、良く知られるのが「MOS(マイクロソフト・オフィススペシャリスト)」。

MOSはワードやエクセル、パワーポイントの実践的なスキルが問われます。事務系の仕事では、ワードやエクセルを用いて資料・書類を作成する機会が多く、MOSを持っていると重宝されることがあります。

MOSのような資格があれば事務経験なしでもスキルの証明になり、転職を有利に進められるでしょう。MOSはスペシャリストとエキスパートに分かれており、エキスパートを取得できればより高い能力を証明できそうです。

 

また、簿記などの資格も武器になります。簿記は経理に従事する人には必須です。4級から1級まで段階的に分かれていますが、1級があると確かなスキルの証明になります。

転職活動中で事務未経験から経理に就きたいと考えている人は、簿記取得を目指しましょう。 

 

未経験から正社員の事務員になるのは、簡単ではないのが事実。しかし、資格取得でをスキルを証明し、面接で熱意を示すことができれば採用の可能性は高まるかもしれません。

◆未経験からできる事務職は、どの業界で多い?

事務職はどの業界でも必要とされる職種ですが、実際にどの業界で未経験者の募集が多いのでしょうか?

 

広告業界での事務は、基本的にマニュアルにしたがって業務を進めていきます。例えば、Web広告などは実際にある文章を広告に盛り込んだり、データを見ながら入力したりする仕事が多いのが特徴。

そのため、広告業界では事務経験なしの方でも業務に従事できるケースがあります。

 

また、営業のサポートとしての事務職求人も比較的多い傾向にあります。営業事務では電話や来客対応、請求書や契約書などの書類作成、求職者のサポートなどを担当します。

 

その他には、販売業界では事務募集が多くなっています。販売業界では、店頭やWeb上で販売した商品に関する問い合わせがくるため、事務職はそれらの対応にあたります。

基本的には、メールでの返信か電話での応答になるので、高度なパソコンスキルが求められることは少なく、未経験の方でも仕事を始めやすいでしょう。

◆事務職求人の詳細を知りたい方はハタラクティブへ

事務職正社員の求人状況について詳しく知りたい方は、ハタラクティブまでお問い合わせください!

また、ハタラクティブは若年層に特化した就職・転職支援のサービスで、カウンセリングを通してその方の悩みや希望をヒアリング。
事務職をはじめ、その方の適性に合った正社員求人をご紹介しています。

未経験でも応募可能な求人を1,000件以上提供可能なほか、書類選考の通過率は91.4%、内定率は80.4%という高い実績を持っていることが強みです。

転職活動がはじめてで不安という方、どうやって求人を探せば良いかわからないという方も、お気軽にハタラクティブにご相談を。ハタラクティブでは転職を迷っている方の相談にも対応していますので、ぜひご利用ください!

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

年中無休 24時間対応

ページトップへ