未経験から始める事務求人の実態

2014/12/06

【このページのまとめ】

  • ・事務職は、企業が求める能力があれば未経験でも応募可能な求人がある
  • ・事務職の主な種類は「営業事務」「一般事務」「経理事務」の3種類
  • ・求められるのは、コミュニケーション力、柔軟性、処理能力
  • ・PCスキルがあると有利
  • ・広告、営業、販売など幅広い業界で求人募集がある

人気の事務職ですが、たまに求人で見る「未経験OK」って本当なんでしょうか?事務員としてお仕事した経験はなくても、企業が必要とする能力があれば、就職できる可能性はあります。どんな職種の事務にどういうスキルが求められるのでしょうか。

【関連記事】
フリーターの就職成功を叶える就活ガイド

未経験から始める事務求人の実態

「もうフリーターを卒業して正社員になりたい」と考えるみなさま、就活する中で事務職を考える人は多いのではないでしょうか。しかし、事務経験なしから事務員になれるのか、求人で見る「未経験OK」って本当か、気になりますよね。事務職の種類、未経験から始めるのに必要なスキルをまとめました。

礼儀正しいけれど英語が苦手、PCスキルがあるけれど事務仕事は経験がない、マナーにもPCにも自信がないなど、「未経験」の内容は人それぞれです。しかし、企業側にしてみれば、職場で求められるレベルに達していれば経験なしでも問題ないことが多く、コミュニケーションスキルやお仕事への積極性など、主に人柄重視で採用されることが多いです。
ただ、事務職で専門的なスキルが不問な「未経験OK」の求人は応募倍率が非常に高いです。
正社員として就職したいのであれば、自分の志望する求人の内容を徹底的に調べることと、あらかじめ事務職以外の職種にも目を向けておくことをオススメします。

事務職にはどんな種類のお仕事があるのでしょう。今回は主に3種類挙げました。

・営業事務

主に営業職のサポート役です。FAXや電話による受注処理、プレゼンに必要な資料の作成、時には取引先まで営業に同行することもあります。ビジネスマナーとPCスキルが求められます。雇用形態は正社員のみならず派遣や契約社員、アルバイトなど幅広いです。

・一般事務

特化した分野がない分、幅広く柔軟な対応が求められます。来客応対や書類作成などを行う、会社の縁の下の力持ちなのです。正社員雇用もありますが、近年は派遣社員の割合も増えています。

・経理事務

現金管理や経費の精算、税理士との連絡業務など、名前の通り金銭管理が主な仕事です。正社員求人が多くあり、事務職の中でもお給料の平均額が高めですが、経験者優遇の風潮があります。

未経験から事務職を目指すには、どんな能力が必要でしょうか。

医療事務や調剤薬局事務などを除いては、特別な資格が必要なものは少ないのです。
まず大前提はコミュニケーションスキルでしょう。日頃から新聞やニュースで世の中の流れに敏感になる、現在のアルバイトでもホウレンソウを欠かさないなど、自分の変えられる部分はすぐ改善しましょう。
次に、的確な仕事能力です。事務職の業務は幅広いので、柔軟な対応とミスのない処理能力が必要です。事務経験なしでもミスが多いとすぐに信頼をなくします。日頃から片付けるクセをつける、忘れそうなことは必ずメモするなど、いざ事務仕事を始めても対応できるように習慣づけておきましょう。

2つの基盤ができたら、自分の志望する企業をしっかり調べた上で、武器になる資格を取得するといいでしょう。
事務に関する資格はパソコン関連のものが多いです。転職の際に事務仕事が未経験でも資格さえあれば、なんとかなります。
パソコンに関する資格と言えば、MOS(マイクロソフト・オフィススペシャリスト)です。
MOSはワードやエクセル、パワーポイントの実践的なスキルが問われます。事務系の仕事では、ワードやエクセルを用いて資料・書類を作成する機会が多く、MOSを持っているだけで重宝されることもあります。
事務経験なしでもスキルの証明になり、転職を有利に進められるでしょう。スペシャリストとエキスパートに分かれており、エキスパートを取得できれば御の字です。

また、簿記などの資格も武器になります。簿記は経理に従事する人には必須です。4級から1級まで段階的に分かれていますが、1級があると確かなスキルの証明になります。
転職活動中で事務経験なしから経理に就きたいと考えている人は、簿記取得を目指しましょう。

未経験から正社員の事務員になるのは、正直簡単ではありません。しかし、自分にできる努力を最大限して、選考時に企業に示せれば、望みはあるのではないでしょうか。

未経験からできる事務職はどのような業界で多いかみていきましょう。

経験を問わず、事務職はどの業界でも必要になります。実際にどの業界で未経験者の募集が多いか見ていきましょう。

広告業界での事務は、基本的にマニュアルに則って業務を進めていきます。例えば、Web広告などは実際にある文章を広告に盛り込んだり、データを見ながら入力したりするものが多いです。そのため、事務経験なしの方でも十分に業務に従事できます。

また、営業のサポートとしての事務職も比較的多い傾向にあります。営業事務では電話や来客対応、請求書や契約書などの書類作成、求職者のサポートなどを担当します。

その他には、販売業界での事務募集が多いです。販売業界では、店頭やWeb上で販売したものに関する問い合わせが来ることがあり、それらの対応をバックグランドでするのが、事務職のお仕事です。基本的には、メールでの返信か電話での応答になるので、高度なパソコンスキルなどは求められます。未経験の方でも十分に対応できます。

企業の事務の求人で未経験OKと書かれていても心配な方は、資格を取得することをおすすめします。未経験でも取得できる資格は豊富にあるため、資格試験対策さえしていればなんとかなります。資格を取って、経験なしからの就職活動を有利に進めましょう。

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、1,700人以上の方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

年中無休 24時間対応

お悩み相談室

セミナー情報

ハタラクティブマガジン

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

タグ一覧

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ