高卒で目指す事務の就職先

正社員を目指す高卒フリーターの方の中には、事務職を選択肢の一つとして考えている方も多いのではないでしょうか。
事務職は、求人の募集要項に「高卒OK」「未経験者歓迎」と記載されることも多く、社会人経験のないフリーターの方も目指しやすい職種と言えます。

今回は、業界ごとに事務職の就活に関するお役立ち情報をまとめました。

事務職の就職先と業務内容

事務職は、不動産業界、医療業界などさまざまな業界で需要があります。
医療業界では、医療事務や調剤薬局事務などがあり、大学病院やクリニック、調剤薬局、ドラッグストアなどが就職先となります。
また、不動産業界や保険業界などでは、事務職と店舗の受付業務を兼務するケースが多くあります。
就職先によって、事務職の仕事内容は異なるため、自分にはどの業界が合っているか、どんな仕事がしたいかを、応募前によく考えておく必要があります。

事務職の業務内容は就職先によってさまざまな違いがあります。
民間のオフィスで働く場合、「一般事務」とひとまとめに呼ばれることがありますが、実際は、営業事務や経理事務、貿易事務、総務事務、秘書などがあり、担当する仕事によって業務内容が異なります。
そのため、採用された後に「自分が思っていた仕事と違った」というミスマッチが起こらないように、あらかじめ求人内容をしっかり確認することが大切です。

また、医療事務や調剤薬局事務などでは、専門的な知識を求められることがあります。
募集要項に高卒OKと記載されている場合でも、資格や専門知識が必要なケースがあるため、注意しましょう。

次の項目では、具体的な事務職の種類をご紹介します。

事務職の種類

事務職と一口にいっても、働く業界によって業務内容には幅があります。
営業事務や経理事務をはじめとする事務職の詳細について解説するので、仕事内容を確認してみてください。

【一般事務】
社内で発生するあらゆる事務作業をこなします。具体的な業務内容は、電話対応や来客対応、書類整理や資料の作成、データ入力など。業務の幅は企業によって異なりますが、英語を使って海外とやり取りをすることもあります。
働く仲間を影で支える一般事務は、まさに縁の下の力持ち。社内のさまざまな人とやり取りするので、他人と連携を取り合えるミュニケーション能力が大切になってきます。

【営業事務】
営業事務は営業担当者をサポートする事務職で、一般事務に比べて専門的なスキルが求められます。業務内容は、顧客向けの資料の作成やお客様からの電話対応、商品の在庫管理など

一般事務と比べて顧客と直接かかわる機会が多いので、コミュニケーション能力はもちろん基本的なビジネスマナーが求められます。営業担当者の意図を察知する洞察力があると、頼れる存在として重宝されるでしょう。

【経理事務】
経理事務は帳簿の管理や請求書の作成、従業員の給与管理などを行う仕事です。会社のお金を扱う責任感が求められますが、経営の根幹にかかわるやりがいの大きさが魅力です。
簿記資格が採用条件であることが多く、数字に興味がある方、数字を扱うのが得意な方に向いている仕事といえるでしょう。

【貿易事務】
商社やメーカーなどで活躍する事務職。輸出入に関わる書類の手配や様々な人への伝達、調整などを行ないます。そのため折衝能力やコミュニケーション能力がある人が活躍できる職種で、海外とのやり取りではある程度の英語力が求められます。
貿易事務は専門的な知識が必要なので経験者の採用が多いですが、営業事務など他の事務経験があると採用に至りやすいよう。
世界を舞台に仕事をする実感があり、言葉や文化が異なる海外の人とやり取りできる点がモチベーションになるという声が聞かれます。

【医療事務】
病院やクリニックの顔として患者さんに対応する医療事務。保険組合に医療費を請求するために必要な書類(レセプト)を作成します。
医療事務の特徴は、パソコンに向かう時間が長い他の事務職に比べ、診察室への案内を行なうなど患者さんと接している時間が長いこと。人と接するのが好きな方、細やかな気配りができる方に向いているでしょう。

【介護事務】
介護報酬請求業務(レセプト作成)を中心に、介護施設で発生する様々な事務を担当。医療事務と同様に受付で保険証を預かったり、訪れた方が施設の利用で困らないようにサポートを行います。

【学校事務】
学校の運営に必要な事務を担当します。勤め先にもよりますが業務は幅広く、人によっては広報までを担当する場合もあるようです。
主な仕事内容としては、教員の給与の管理や学校に届く郵便物の整理、学校施設や物品の管理や生徒手帳の発行などが挙げられます。
直接生徒に指導する立場ではないものの、「教育の現場を支える」実感がある仕事でしょう。

【秘書】
秘書には、経営幹部を補佐する「企業秘書」や医師を補佐する「医療秘書」、弁護士を補佐する「法律秘書」などさまざまな種類があります。
細かな業務内容はサポートする上司の仕事によって異なりますが、上司のスケジュール管理や、上司宛の電話やメールへの対応が共通する業務といえるでしょう。
ほかにも、部屋を片付けたり仕事に関連しそうな情報をまとめておいたりと、上司が仕事に専念できるよう様々なサポートをするのが秘書の仕事です。

事務職の就活に有利なスキルは?

事務職は、ほかの職種に比べて未経験の方もはじめやすい職種ですが、応募先企業によっては、業界経験者が有利になることもあります。

高卒で正社員未経験でも、アルバイトや派遣社員で事務職経験がある方は、即戦力となることを期待されやすく、採用の可能性が高まります。

社会人経験、事務職経験のない場合は、パソコンスキルがある、コミュニケーションが好き、コツコツと作業をすることが得意など、自分のアピールポイントを探してみると良いでしょう。

事務仕事が向いている人

事務職の仕事は、ほかの社員のサポートをすることが多く、「縁の下の力持ち」と言える存在です。
そのため、周囲の人に気を配れることや、空気を読んで行動する能力がある方に向いている仕事と言えるでしょう。
医療事務や店舗での受付を兼任する場合は、困っているお客さまにいち早く気づき声をかけたり、臨機応変に対応する力が求められます。
また、事務職は、マルチタスクで仕事をすることも多いため、特定の業務だけにのめりこみすぎないよう、優先順位の判断ができる方にも適しています。

事務職に役立つ資格は?

事務仕事に役に立つ資格には、どんなものがあるのでしょうか。
事務職に活かせる資格をご紹介します。

・計算実務能力検定
計算実務能力検定は、現金の出納や手形、株式などの実務能力が求められる資格です。経理や財務などの事務に就きたい方におすすめです。

・秘書技能検定
秘書技能検定は、事務業務における総合的なスキルが求められる資格です。男性よりも女性の方が取得する人が多い傾向があります。

・日本漢字能力検定(漢検)
日本漢字能力検定(漢検)は、多くの人がチャレンジしている資格です。漢字は日常的に使う場面が多いので、持っていて損はないでしょう。2級以上を持っておくと、アドバンテージを得られます。

・簿記
簿記は経営や財政における事務処理の能力が求められます。企業で経理を担当したいと考えている方におすすめの資格です。3級以上を目指すと良いでしょう。

・医療事務
医療事務は、医療事務を目指す方は取得しておくと良いでしょう。医療事務の専門知識を身に付けることができるため、就職に有利になることもあります。

高卒の事務募集にはどんなものがある?

高卒の事務募集には、一般企業での書類作成や簡単な文章執筆、顧客対応などが多く見られます。
医療業界では医療事務、不動産業界では店舗での事務職員の需要が比較的多いようです。

医療事務に就くためには、専門知識が必要になるため、専門学校や通信教育などで知識を身に付けてから応募すると良いでしょう。

事務系の職種は学歴不問の求人が多く一定の需要があるため、事務職に就きたい方は積極的にチャレンジしてみましょう。
事務の仕事内容を紹介しましたが、いかがだったでしょうか。
「事務はどれも楽そう」というイメージがあるかもしれませんが、業界によっては専門性が問われたり、仕事内容が大きく変わってくるので、慎重に求人を選ぶことが大切です。
周囲の人に気を配れたり、コツコツ仕事をすることが好きであれば、事務求人も見てみることをオススメします。
学歴や経歴をあまり問われないので、未経験や高卒の方でも正社員になれるチャンスがあります。

実は、正社員経験がなくても、若い人手が欲しい企業はたくさんあるのです。このコラムを提供しているハタラクティブは、そんな若年層に特化した就活・転職エージェント。
専任のキャリアアドバイザーがマンツーマン体制で正社員になるお手伝いをさせていただきます。履歴書作成のコツから面接対策まで、就職にまつわるあらゆるサポートを行っています。
また、未経験OKの求人を1,000件以上持ち合わせているほか、書類審査の通過率は91.4%、内定率は80.4%という高い実績が強みです。
もし就職について悩みがありましたら、ぜひ1度ご相談ください。

高卒、フリーター、第二新卒の方向けの就職・転職サポートサービスのハタラクティブでは、事務職をはじめ、さまざまな職種の正社員求人を取り扱っています。
ハタラクティブでは、専任の就活アドバイザーが企業探しから入社までしっかりとサポートするため、就職・転職活動に不安や疑問のある方におすすめです。
フリーターから正社員を目指したい、事務職について詳しく知りたいという方は、お気軽にご相談ください。

事務の仕事内容を紹介しましたが、いかがだったでしょうか。
「事務はどれも楽そう」というイメージがあるかもしれませんが、業界によっては専門性が問われたり、仕事内容が大きく変わってくるので、慎重に求人を選ぶことが大切です。
周囲の人に気を配れたり、コツコツ仕事をすることが好きであれば、事務求人も見てみることをオススメします。
学歴や経歴をあまり問われないので、未経験や高卒の方でも正社員になれるチャンスがあります。

実は、正社員経験がなくても、若い人手が欲しい企業はたくさんあるのです。このコラムを提供しているハタラクティブは、そんな若年層に特化した就活・転職エージェント。
専任のキャリアアドバイザーがマンツーマン体制で正社員になるお手伝いをさせていただきます。履歴書作成のコツから面接対策まで、就職にまつわるあらゆるサポートを行っています。
また、未経験OKの求人を1,000件以上持ち合わせているほか、書類審査の通過率は91.4%、内定率は80.4%という高い実績が強みです。
もし就職について悩みがありましたら、ぜひ1度ご相談ください。

ハタラクティブ利用者の
 15%が事務 として採用された実績あり!

ハタラクティブで事務を目指しませんか?

おすすめ記事

▼ご相談はこちらから▼

  • 現在の状況とご希望条件をご選択ください
    • ステップ1
    • ステップ2
    • ステップ3
    現在のご状況必須

    離職中・フリーター
    (契約・派遣含む)

    正社員

    在学中
    (卒業予定)

    在学中
    (中退予定)

    在学中
    (中退を検討中)

    就職開始可能時期必須

    できるだけ早く

    1~2ヶ月先

    3ヶ月以上先

    まだ本当に活動するか決めていない

    最終学歴の卒業年必須

    ←戻る
    次へ

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ