1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 20代の平均年収はいくら?中卒と高卒で差はある?

20代の平均年収はいくら?中卒と高卒で差はある?

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・20代前半の平均年収は258万円、後半の平均年収は351万円

    ・男女別で見ると、男性のほうが収入が多い傾向にある

    ・学歴別で見ると、学歴が高いほうが収入が多い傾向にある

    ・中卒でも正社員就職は可能。手に職をつければ収入アップも目指せる

20代の平均年収はいくら?中卒と高卒で差はある?のイメージ

20代の平均年収からわかるのは、キャリアや職種によって差があるということ。

中卒の方には、若いうちに様々な仕事を経験でき、キャリアを積めるというメリットがあります。

年収は学歴だけではなく、雇用形態によっても大きく異なるもの。より高い年収を得るためにも、正社員での就職を目指してみませんか?

20代・平均年収はいくら?

皆さんは、20代の平均年収をご存知でしょうか。20代の平均年収は、年齢はもちろん、職種や性別でもかなりの差があります。20代平均年収の実態とは?今後の就職活動の参考にしてみてください。


国税局の「民間給与実態調査結果」によると、20代前半の平均年収は258万円、20代後半の平均年収は351万円です。

参照元
平成28年分 民間給与実態統計調査



このように年齢を重ねると年収が上がっていくのが一般的ですが、これは昇給制度のある正社員の場合がほとんど。アルバイトや派遣社員などの非正規雇用の場合には、昇給の可能性が低いため年収アップを目指すのは難しいかもしれません。

20代・男女別の平均年収とは?

男女別の平均年収を見てみると、20代前半の男性は275万円、女性は241万円。
20代後半になると、男性は383万円、女性は309万円です。

女性の場合、20代後半以降の平均年収に大きな増加は見られません。結婚・出産などのライフステージの変化や、非正規雇用者の割合が多いことなどが関係していると考えられるでしょう。

学歴別の賃金の例

中卒は給料が低い?高卒や大学卒とはどのくらい差があるのだろう…そんな風に気になることはありませんか?

この項目では、学歴別の賃金について説明します。

厚生労働省の調べでは、学歴ごとの平均賃金は下記のようになっているようです。

(1000円未満切り捨て)

【大学・大学院卒】

・20代前半…約22万2千円

・20代後半…約26万円

【高専・短大卒】

・20代前半…約19万9千円

・20代後半…約23万1千円

【高校卒】

・20代前半…約19万4千円

・20代後半…約22万3千円

参照元
厚生労働省「平成27年賃金構造基本統計調査の概況」

このデータには中学卒のものはありませんが、大卒、短大卒、高卒…と学歴が上がるごとに収入も高い傾向にあるため、中卒の場合は高卒より更に下回るのではないかと考えられます。

ご自身の学歴に自信がないと、フリーターを続けるしかないかも、正社員になれるのはブラック企業しかないのでは…?と悩んでしまうこともあるかもしれません。

そんなときに活用していただきたいのが、就職支援サービスのハタラクティブです。

ハタラクティブでは20代を中心とした若年層に特化した就職支援サービス。

利用者の方に丁寧なカウンセリングを行い、一人ひとりの強みを活かせる求人をご紹介しています。書類作成のアドバイスや面接対策も親身に行うので、就活が始めてで不安…という方も安心です。

中卒や高卒で学歴に自信がない、長年フリーターを続けてきて経歴に不安がある…そんな方は、まずはお気軽にご相談ください。

20代の平均年収の差はどこで生まれる?20代の平均年収についてのQ&A

平均年収は雇用形態や学歴、業種など、さまざまな条件によって異なるでしょう。今回は20代の平均年収についてQ&A方式でお答えします。

20代の平均年収は正規と非正規で差はありますか?

厚生労働省の調査により、20代の正規と非正規の平均年収の差は100万円以上あることがわかっています。その理由の一つは、福利厚生が正社員にのみ適用している会社が多いからです。「20代の平均年収はどのくらい?正規と非正規での違い」の記事でも解説していますのでご覧ください。

学歴によって初任給は違いますか?

新卒・新入社員の初任給は最終学歴によって異なることが多いです。高卒より大学卒のほうが初任給の平均額が高いといえるでしょう。詳しい金額は、「初任給の平均はどれくらい?学歴別に見てみよう」でご紹介しています。

20代の正社員で平均年収に差がつく理由は?

月給によって差がつくのはもちろんですが、平均年収に差がつく要因として考えられるのは手当や昇給額の違いです。昇給制度が整っている会社であれば、長く勤め続けることで必然的に年収がアップしていくため、差がつきます。20代後半の平均年収については「20代後半から差がつく?平均年収と給与アップのコツ」で詳しく解説していますのでご覧ください。

平均年収は働く業種によって違いますか?

平均年収は業種ごとにも差があります。しかし、20代のうちは業種の違いよりも学歴や働き始めた年齢によって差を感じることが多いかもしれません。「平均年収を年齢別にご紹介!気になる収入アップの方法とは」で業種別の平均収入額をご紹介しています。

年収をアップさせるにはどうしたらいいですか?

フリーターや派遣などの非正規で働いている場合は、正社員を目指すことで年収アップが期待できるでしょう。すでに正社員の場合でも、今よりも待遇が良い会社に転職することで年収がアップする可能性があります。なお、転職を考えるのであれば就職・転職支援サービスのハタラクティブがおすすめ。プロのアドバイザーが求人の紹介から選考対策まで無料でサポートしてくれます。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか? 必須 ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    初任給の平均はどれくらい?学歴別に見てみよう

  • image

    生涯賃金(生涯年収)の本当のトコロ

  • image

    中卒就活のお役立ちコラム

  • image

    フリーターの平均年収は30歳だとどのくらい?年齢別や正社員との比較!

  • image

    20代の平均年収はどのくらい?正規と非正規での違い

  • image

    高卒の平均年収は?年収UPを目指せる業界とは

  • image

    中卒で仕事を探している女性におすすめ!目指しやすい職種と就活のポイント

  • image

    年収1000万円以上が可能?給料が良い仕事をご紹介!

関連キーワード

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる