施工管理とはどのような仕事?つらいって本当?資格についても解説

施工管理とはどのような仕事?つらいって本当?資格についても解説の画像

【このページのまとめ】

  • ・施工管理とは、工事が計画的に進むように管理する仕事
  • ・施工管理の仕事内容は「工程」「原価」「品質」「安全」の4つを管理すること
  • ・施工管理の仕事はコミュニケーションが得意で、危機回避能力が高い人に向いている
  • ・施工管理の仕事でキャリアアップをするには、「施工管理技士」の資格を取る必要がある

「施工管理の具体的な仕事内容を知りたい」「必要な資格を知りたい」という方に向けて、施工管理の概要を解説します。施工管理の仕事は工事全体を管理し、計画どおりに工事を終えることです。資格が無くても始められますが、施工管理技士の国家資格を取得すると、関われる工事の規模や仕事の幅が一気に広がります。このコラムでは、資格の種類や難易度についても詳しく説明していますので、興味のある人は、ぜひご一読ください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

施工管理とは?分かりやすく解説!

施工管理とは、施工が計画どおりに進むように現場全体を管理し、取りまとめる仕事です。職人や作業員と連携を取って工事を進めつつ、予算や安全の管理も行います。つまり、工事現場において司令塔のような役割を持つのです。

施工の全体管理を行う仕事を指す

施工管理とは、施工(工事)の全体を取り仕切る仕事です。大規模な施工には、数多くの企業や人員が関わっています。施工管理を行う人は責任者として、施工に関わる人々とコミュニケーションを取り、工期に間に合うよう計画的に指示を出すのです。また、品質や原価の管理、現場の安全を管理する役割もあります。

未経験でもスタートできる!

施工管理の仕事は、未経験からでもスタートできます。現在、建設業界は再開発ラッシュや公共事業の増加の影響で慢性的な人手不足に陥っており、未経験者でも積極的に採用する流れがあるのです。なお、キャリアアップを目指すのであれば「施工管理技士」という国家資格を取得するのがおすすめですが、資格取得には一定の実務経験が必要となります。まずは、未経験からスタートし、必要な実務経験を積んでから受験すると良いでしょう。

現場監督との違い

施工管理の仕事と現場監督では、管理する対象に違いがあります。
現場監督はその名のとおり、現場の作業員へ指示を出し、工事の進捗状況を管理するのが仕事です。
対して、施工管理の仕事では、工事現場に関わるすべてのものを管理します。予算の管理や安全対策のほか、書類作成や国や地方自治体への手続きも仕事に含まれるでしょう。なお、実際の現場では、施行管理の仕事と現場監督の仕事を明確に分けていないケースがほとんどなので、求人に応募するときは注意しましょう。

施工管理の求人に応募する際は「施工管理に応募する際の、志望動機のポイントについて」も参考にしてください。

施工管理の仕事を4つに分けて紹介

施工管理は「工程管理」「品質管理」「原価管理」「安全管理」が重要な仕事です。以下で詳しく説明しますので、施工管理の仕事内容に興味がある方は参考にしてください。

1.工程を管理する

施工管理の仕事では、工程を適切に管理することが求められます。予定どおりのスケジュールで工事を終えられるよう、作業を工夫したり、作業員に適切な指示を出したりするのです。

2.品質を管理する

施工管理の仕事における品質管理とは、設計図や仕様書の品質を満たすべく、適宜確認し記録することです。具体的には、各工程に移る前に写真を撮り記録します。また、現場で材木などの寸法や鉄筋の状況を確認するのも重要な仕事です。

3.原価を管理する

予算内の費用で工事を終えるために原価を管理することも、施工管理の仕事に含まれます。工期内で工事が終わっても、費用をかけ過ぎて利益が出なれば企業の業績に関わるでしょう。人件費や材料費の原価を適切に計算し、予算内で工事が終わるように管理します。想定より費用がかかりそうなときは原因を調べ、改善する方法を模索。臨機応変に対応できる能力が求められるでしょう。

4.現場の安全を管理する

作業する人々が安全に仕事ができるよう、現場を整備します。工事現場は、高いところに登ったり、大きな重機を動かしたりと危険の多い場所です。施工管理の仕事は、起こりうる事故を予測し、未然に防ぐ対策を取ります。具体的な対策は、機材や重機の点検をはじめ、安全帯が適切に使われているかの確認などです。また、現場で働く作業員の様子を観察し、体調の悪そうな人がいれば声をかけて休憩や早退を促す気配りも、事故や急病を未然に防ぐためには大切でしょう。

施工管理の仕事については「施工管理の仕事」の記事もご覧ください。

施工管理の仕事の魅力とは?

この項目では、施工管理の仕事の魅力を紹介します。仕事をカタチに残せたり、達成感を得られたりすることは大きなやりがいといえるでしょう。また、収入や雇用が比較的安定していることも魅力です。

仕事をカタチに残せる

施工管理は、自分の手掛けた仕事がカタチに残るのが魅力です。建築施工であればマンションやビル、土木施工であれば道路や橋など、規模の大きいものも手掛けます。完成した巨大な建築物や構造物を見た瞬間に、大きなやりがいを感じる人も多いようです。

協力して仕事を進めるので達成感を得られる

施工管理は、多くの人々と協力して進める仕事です。職人や作業員と密にコミュニケーションを取り、問題を解決しながら一つの目標に向かって進んでいきます。工期どおりに納得いく仕事ができたときは大きな達成感を味わえ、その気持ちを工事に関わった人達と分かち合えるのも、施工管理の仕事の魅力です。

収入や雇用が安定している

施工管理の仕事は雇用が比較的安定しています。工事は建物や構造物を新しく作るだけではありません。古い建物や道路などの改修も含まれます。特に、これからはバブル期に建てられた多くの建物が老朽化してくる時期に差し掛かるため、急に仕事が減ってしまうことはないでしょう。また、建設や土木業界は若い人材が不足しており、今後も安定して働けることも魅力です。
施工管理は収入も安定しています。働いている企業の規模や経営状況にもよりますが、工事全体を管理する責任が重い仕事のため、建設業界の中でも高い収入を得られる仕事です。仕事をするうえで、収入面での安定は大きな魅力といえるでしょう。

施工管理の仕事の魅力についてさらに知りたい方は「就活アドバイザーが教える!施工管理のお仕事」をご覧ください。

施工管理の仕事はつらい?「やめとけ」といわれる理由

施工管理の仕事には、現場をまとめる大変さがあります。また、残業や休日出勤が多かったり、工期のプレッシャーがあったりすることも大変な点といえるでしょう。この項目では施工管理の仕事に対し「つらい」「やめとけ」といった意見が挙がる理由について説明します。

現場をまとめるのが大変

施工管理の仕事では、職人や作業員に的確に指示を出し動いてもらう必要があります。しかし、多くの企業や人が関わる工事では、皆を一つにまとめるのは至難の業です。職人や作業員の方が年上だったり、自分より経験豊富な人だったりすると、素直に指示を聞いてくれないこともあるでしょう。現場を一つにまとめるのが施工管理の仕事ですが、難しく感じる人も多いようです。

工期のプレッシャーがある

施工管理の仕事において、工期はとても重要です。工期を守ることが重要視されるため、間に合うかどうかのプレッシャーで、追い詰められてしまう人も。工事にはトラブルが付き物なため、なかなかスケジュールどおりにいかないこともあるでしょう。そのような環境に、つらさを感じる方も多いようです。

残業や休日出勤が多い

施工管理の仕事は、残業や休日出勤が多いといわれています。その理由は工期を必ず守るために、工事が遅れた分の穴埋めをする必要があるからです。たとえば、屋外の現場では天候が大きく崩れれば工事は進められません。工期がギリギリだと、残業や休日出勤をして埋め合わせをしなくてはならない場合があるのです。また、施工管理の仕事には、現場の管理だけではなく経費の計算や図面の作成などの事務作業も含まれます。そのため、現場の職人や作業員が退勤したあとに、事務作業を進めることも。定時に帰りたい人からすると、つらさを感じる部分でしょう。

向いているのはどのような人?施工管理に必要な能力

施工管理の仕事には、工事全体を管理するという役割上、人と関わることが好きで、リーダーシップのある人が向いています。また、工事に付き物のトラブルを予測して未然に回避できる人にも適性があるといえるでしょう。

統率力がありまとめ役になれる人

施工管理は工事全体を管理するため、統率力は必要不可欠です。さまざまな年代や立場、職種の人が協力して工事を進めるため、リーダーシップをとって皆を引っ張って行く必要があります。個人で動くのが好きだったり、人に指示を出したりするのが苦手な人には難しい仕事でしょう。ただし、適切に工事を統率するには、ある程度の経験が必要といえます。経験が浅いうちは無理にリーダーシップを取ろうとせず、「教えてもらう」という謙虚な姿勢で仕事に望むことも大切です。

人と関わるのが好きな人

施工管理は多くの人と密接に関わる仕事であるため、コミュニケーションを取るのが好きな人に向いています。人と関わるのが苦手な人が施工管理の仕事に就くと、現場の職人や作業員と意思疎通が上手く取れず、ミスやトラブルに繋がるでしょう。全員と仲良くする必要はありませんが、人と関わるのが好きな人の方が、工事が円滑に進む可能性が高く仕事もしやすいといえます。

トラブルを回避する能力がある人

施工管理にはトラブルを回避する能力も求められます。トラブルを回避する能力とは、起こりえる問題を事前に察知し、予防策を導きだす力のことです。工事には予期せぬトラブルが付き物。部品の発注ミスといった小さいものから、働く人の怪我や病気に繋がる大きなものまであります。特に、事故防止に関しては細心の注意を払わなければなりません。施工管理の仕事には「安全管理」も含まれます。「もしかしたらここで事故が起きるかもしれない」と気付き、「こうしたら事故を防げる」という考えが即座にできる能力が求められるのです。

キャリアアップに必要不可欠!施工管理技士の資格ついて解説

この項目では、施工管理の仕事の幅を広げるのに役立つ「施工管理技士」の資格について解説します。施工管理技士は分野によって7種類に分類されている国家資格です。

建設業法に基づく国家資格

施工管理技士とは「施工管理技術検定」の合格者を指します。施工管理技士は建設業法27条に基づいて国土交通大臣が認めた資格です。工事現場には、工事規模によって主任技術者、もしくは監理技術者を必ず置かなくてはなりません。主任技術者や監理技術者になるための要件に「国家資格」を有しているという条件があります。そのため、施工管理技士の資格を取得すると、主任技術者や監理技術者になれるので、さまざまな現場に関われるのです。特に、公共事業など大きな規模の仕事を請け負う企業で施行管理の仕事をするには、必要不可欠な資格といって良いでしょう。

参照元
e-GOV法令検索
建設業法(昭和二十四年法律第百号)

施工管理技士の種類

施工管理技士の資格は7種類あり、それぞれ1級と2級があります。1級が監理技術者、2級が主任技術者の資格要件です。なお、別の分野で施工管理技士の資格を持っていても、監理技術者や主任技術者の要件は満たせません。例を挙げると、建築施工管理技士1級の資格を持っていても、橋や道路を作る工事の監理技術者にはなれないので、再度土木施工管理技士1級の資格を取り直す必要があるのです。施工管理技士の種類について、以下で詳しく説明するので参考にしてください。

建築施工管理技士

建築施工管理技士は、家やマンション、ビルなど建物を建てる工事で管理を行うための資格です。

土木施工管理技士

土木施工とは、道路や橋を造る工事のことです。公共事業が多いため、大きな規模の仕事が中心となります。下請金額が4,000万円以上の工事には、監理技術者の配置が義務付けられているので、土木施工管理技士1級の資格を取得しておくと関われる現場が一気に増えるでしょう。

建設機械施工管理技士

建設機械施工管理技士の資格を取得すると、定められた建設機械の操作をする工事の施行管理を行えるようになります。対象の機械は「ブルドーザ」「油圧ショベル」「モータ・グレーダ」「ロード・ローラ」「アスファルト・フィニッシャ」「アースオーガ」の6種類です。なお、それぞれの機械の運転免許と混合されがちですが、別物の資格なので注意しましょう。

管工事施工管理技士

管工事施工管理技士は、配管工事の施工管理を行うための資格です。配管は空調設備やガス管、浄化槽に関わるので、建物を建てる工事には欠かせない役割といえるでしょう。

造園施工管理技士

造園施工管理技士は、造園の分野の工事を管理します。造園というと庭を造ることのように思えますが、実際には公園工事や緑地工事、道路緑化工事などさまざまな活躍の場があるのです。

電気工事施工管理技士

電気工事施工管理技士は、照明工事や送配電線工事など、電気にまつわる工事で施工管理をします。電気工事をするための資格ではないため、点検や施工計画書の作成が業務の中心になるでしょう。

電気通信工事施工管理技士

電気通信工事施工管理技士は2019年に新設された資格です。電気工事施工管理技士は電気にまつわる工事を管理するのに対し、電気通信工事施工管理技士は、インターネットや電話回線など、通信に関する工事を管理します。有線LANの配線や無線LANの設置、電波障害の対策など、現代には欠かせない通信工事を支えるための資格です。

 

受検資格

施工管理技士の受検資格は、資格の分野や級によって異なります。
前提として実務経験が必要です。また、1級か2級かで必要な実務経験は異なり、最終学歴によっても左右されます。たとえば、建築施工管理技士1級の検定を受検する場合、大学で建築学科や土木学科など指定された学科で学び、卒業をしている人は、3年以上の実務経験があれば受験可能です。対して、最終学歴が高校卒業で普通科を卒業している人の場合は、11年6カ月の実務経験が必要になります。どの資格も2級の方が受検に必要な実務経験が少ないので、先に2級の資格を取得して主任技術者として経験を積み、必要な実務経験を満たしてから1級を受検する人も多いようです。

資格の難易度

施工管理技士の難易度は、資格の種類によって大きく異なります。
例として、受検する人の割合が多い建築施工管理技術検定1級の合格率を見てみましょう。「一般社団法人建設業振興基金」が発表した「令和元年度・1級建築施工管理技術検定試験・結果表
」を見ると2019年の1級の合格者は、受験者31,136名のうち7,378名で、合格率は46.5%と半分以下の数字でした。なお、学科試験のみ合格し、実地試験で落ちた人は6,283名います。
続いて、電気工事施工管理技術検定1級の結果も見てみましょう。同じく、一般社団法人建設業振興基金の発表した「令和元年度・1級電気工事施工管理技術検定試験・結果表」を見ると受検者18,241名のうち合格者は5,382名で、合格率は66.3%でした。いずれにしても、難易度が高い試験であることが分かります。

参照元
一般社団法人建設業振興基金
施工管理技術検定
昨年度までの実施状況

施工管理の仕事に興味があるけれど、自分にできるか分からないという人は転職専門のエージェントに相談してみましょう。
ハタラクティブでは、専任のアドバイザーが相談者一人ひとりのお悩みを丁寧にヒアリングし、適性を考えた求人をご案内。応募したい求人が決まった後も、応募書類の書き方や面接対策などきめ細やかにサポートしますので、不安なく就職・転職活動を進めていただけます。
ハタラクティブは、取り扱っている求人が若年層向けのため、高卒・既卒・第二新卒の方から多くご利用いただいています。学歴に自信がない方やフリーター歴が長い方にもおすすめです。まずはお気軽にご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION