施工管理の仕事

施工管理の仕事の画像
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

施工管理とは

施工管理とは、「施工の計画作成」「現場の安全管理」「予算を組む」など、施工全体を管理する仕事です。施工管理者は、施工が安全かつ効率的に進められるように管理しなければいけません。設計監理や施工監理が立てた建築計画に沿って、機材や材料を調達することも仕事です。

現場監督とはどう違う?

施工管理と現場監督は、仕事内容が異なります。施工管理が施工に関するすべての業務を担うのに対し、現場監督は現場の管理だけでなく、作業員の教育も必要です。また、施工管理には「施工管理技士」という国家資格がありますが、現場監督には関連する資格がありません。

施工管理の仕事内容

建築や工事現場にいなくてはならない存在である施工管理。その仕事内容をご紹介します。

施工計画の作成

建築・工事には、設計図に基づいて立てられる施工計画が必要です。計画には、左官工事や塗装工事、配管工事や電気工事などさまざまな工程があります。それらの作業工程を組み合わせ、工期や安全性などを考慮した最適な施工計画を作成するのが、施工管理の大切な仕事の一つです。

工程管理

工期や経済性を満たした工程計画を作成し、その工程が計画どおり進むように管理する業務。万が一、計画や工事に不具合が生じた場合は、工程を見直して改善することも必要です。

安全管理

その名のとおり、現場での安全を管理する仕事です。工程が安全に進むよう、作業手順書の作成や安全点検の実施、新人の教育などの安全対策も担います。

品質管理

設計どおりに造られているか、品質が規定を確保しているかを、工事の進捗ごとに確認する業務です。

上記以外にも、打ち合わせや書類作成などのデスクワークもあるため、施行管理には一般的な事務スキルも求められます。施工管理の仕事内容は「施工管理の仕事内容をわかりやすく解説!やりがいは何?」でも詳しく解説しているので、ぜひご覧ください。

施工管理のやりがいとマイナス面は?

施工管理のやりがいは、「自分で作成した工程に沿って工事が進み、実際に建物が建つ過程を日々見られる」「建築物が完成した際に達成感を得られる」などです。マイナス面は、業務内容が多く、工事期間中は休みが取りづらいこと。また、トラブルが起きたときなどは現場の責任者として対応を求められるなど、プレッシャーの大きな仕事でもあります。

施工管理の給与・年収・待遇について

施工管理の待遇は、会社によって異なります。設備を整え業務の効率化を図っている企業もあれば、そうでない企業もあるため、高待遇を求めるなら企業研究を念入りにしましょう。
また、施工管理の平均年収は、およそ450万円~500万円ほどとされています。ただし、年齢が若く経験が少なければ、年収300万円台の場合も。一方で、経験を重ねて資格を取得したり、大手の建築会社で働いたりしている場合は、年収が600万円~1000万円を超えることもあるようです。
なお、年収は地域によっても差があり、地方よりも都市部の方が年収が高い傾向にあります。施工管理の年収は「施工管理職の年収はどれくらい?業界全体との比較も」や「施工管理技士の資格があると年収は上がる?キャリアアップのコツ」でも解説しているので、あわせてご覧ください。

施工管理の将来性

ここでは施工管理の将来性について解説します。施工管理の仕事を長く続けられるか不安な方は、ぜひ参考にしてください。

業界や職種のニーズ

建設業界は人手不足の傾向にあります。また、施工管理技士の有資格者は各現場に1名以上は必要なため、施工管理はニーズの高い職種といえるでしょう。以下は、厚生労働省の「一般職業紹介状況(令和4年1月分)について」で公表された有効求人倍率を、職業別に抜粋したものです。

職業 有効求人倍率
建設・採掘の職業 5.34
サービスの職業 2.40
事務的職業 0.38

引用:厚生労働省「全国計 常用(除パート)参考統計表8-1

サービスの職業や事務的職業に比べて、建設・採掘の有効求人倍率が圧倒的に高いことが分かります。この結果から、建設業界はほかの業界よりも人材を求めていることが読み取れるでしょう。

参照元
厚生労働省
一般職業紹介状況(令和4年1月分)について

活躍できる場所

施工管理は各建築・工事現場で活躍しています。具体的な現場は、土木や造園、建築などさまざまです。施工管理技士の資格も、活動場所に合わせて、土木施工管理技士や造園工管理技士、建築施工管理技士といったように、6つの分類があります。
また、資格取得には各現場での実務経験が必要なので、複数の施工管理技士を目指すには長い期間が掛かると想定しておきましょう。そのため、業界内で幅広く活躍するより、専門分野で活躍する方が一般的です。

キャリアアップするには

施工管理の実務経験を重ね、施工管理技士の資格を取得すればキャリアアップできます。一級施工管理技士の資格を取得した場合、監理技術者としてより大きな工事を担当できるようになり、転職の際有利になります。

施工管理の仕事に役立つ資格

資格を取得すれば、専門的な技術と知識を身につけられます。受験するには工事種別による実務経験が必須。試験の出題範囲はかなり広く難関とされていますが、資格を取得することで任される業務の幅も広がります。施工管理に関する資格は、以下のとおりです。

・建築施工管理技士:建築現場での施工管理を行える

・建築機械施工技士:1級取得者は各種建設機械を用いた施工管理が可能。2級はブルドーザーやロードローラーなど6種に分かれており、合格した区分の機械を用いた施工管理のみ行える

・土木施工管理技士:河川や道路、橋、鉄道、上下水道などのライフラインに関わる工事の施工管理を行える

・電気工事施工管理技士:電気関連設備の施工管理を行える

・管工事施工管理技士:冷暖房や空調設備、ガス配管工事などの管工事の施工管理を行える

・造園施工管理技士:公園や緑地などの造園工事の施工管理を行える

上記の資格は、就職・転職時に自身の能力を証明できる国家資格なので、手に職をつけたい方は取得して損はありません。施工管理に関する資格については「施工管理技士とは?1級・2級でどう違う?資格の種類や難易度を詳しく解説」で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

施工管理になるには

ここでは、施工管理になる流れや評価されるスキルを解説します。

就業するまでの流れ

未経験から施工管理の仕事に就く際、資格は必要ありません。しかし、実務経験や知識を増やすことでスキルアップしていく職業のため、若いうちからの就業がおすすめです。未経験OKや学歴不問としている求人も多いので、まずは挑戦してみるのが施工管理の第一歩といえるでしょう。なお、学歴も問われないため、高卒や大卒関係なく施工管理を目指せます。施工管理になりたい高卒の方は「高卒で施工管理職になるための情報をご紹介!資格や向いている人も解説」をご覧ください。

プラスになるスキルや素養

施工管理でプラスに評価されるのは、コミュニケーションスキル。作業を円滑に進めるには、さまざまなタイプの職人たちとの交流が欠かせません。そのため、他人とのコミュニケーションを楽しめる人に向いている職種といえるでしょう。さらに、施工全般を管理する立場として、統率力も求められます。

施工管理の志望動機のポイント

施工管理の志望動機には、「体力に自信がある」「統率力がある」など仕事に活かせるスキルを盛り込むのがポイント。自己分析や企業研究で、自分の強みと会社の求める人物像を把握しておくと、効果的な志望動機が作れます。なかなか志望動機が作れないと悩んでいる方は「施工管理の志望動機のポイントは?求められる人物像も紹介」をご覧ください。

施工管理についてもっと知りたい!疑問を解消するQ&A

施工管理を目指すうえで、「きついってどれくらい?」「キャリアアップできる?」などの疑問がある方もいるでしょう。ここでは、施工管理でよくあるお悩みをQ&A方式で解決します。ぜひ参考にしてください。

施工管理の仕事はきついって本当?

施工管理がきついといわれる背景には、「体力仕事」「労働時間が不規則」「気性の荒い職人が多い」などの理由があります。体力に自信がある人なら、多少きついと感じても働けるでしょう。施工管理のきつさについて詳しく知りたい方は「施工管理がきついと感じる理由とは?やりがいも紹介!」をご覧ください。

施工管理にはどんな人が向いている?

施工管理に向いているのは、コミュニケーション力のある人です。施工管理では、多くの職員と連携を取る必要があるため、コミュニケーション力があれば円滑に仕事を進められます。コミュニケーション力に自信のない方は「コミュニケーション能力は誰にでも身につく!その高め方とは」をチェックして、コミュニケーション力を身につけましょう。

施工管理でキャリアアップするには?

施工管理でキャリアアップするには、経験を積んで資格を取得しましょう。経験豊富で資格を持っていれば、施工管理から監理技術者へとキャリアアップできます。「キャリアアップとは?成功させるためのポイントなどを詳しく解説!」では、仕事でキャリアアップする方法を解説。キャリアに悩んでいる方は、ぜひご一読ください。

女性でも施工管理を目指せる?

施工管理は男性・女性関係なくできる仕事です。「女性が施工管理になるときつい?メリット・デメリットを解説!」でも解説していますが、施工管理には「職場復帰がしやすい」「幅広い仕事ができる」などの魅力があります。ただし、建設業界はいまだ男性中心の風潮が強い傾向があるため、働きにくさを感じることも。自分に合う仕事を探したい方は、就職エージェントのハタラクティブにご相談ください。

職種一覧

営業

販売・サービス

事務・アシスタント

不動産・建設

IT・機械

医療・福祉

物流

工場・製造

企画・管理

クリエイティブ

専門

業界一覧

金融

IT・メディア

自動車・機械

小売・卸

サービス

建設・不動産

食品

エネルギー・資源

電機・精密

生活関連

飲食

娯楽

物流・運送

衣料・装飾

ハタラクティブを利用すると…

ご相談はこちらから
これまでに就職したことはありますか?
  • はい
  • いいえ

RECOMMEND

おすすめ記事

みんなの就職エピソード

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧