高卒者の中途採用は厳しい?おすすめの就職先や正社員就職のコツを紹介!

高卒者の中途採用は厳しい?おすすめの就職先や正社員就職のコツを紹介!の画像

この記事のまとめ

  • 高卒でも中途採用される可能性は十分にあるので、諦めずに就職活動を続けよう
  • 高卒者の選考では、ポテンシャルや就業意欲が評価されやすい
  • 卒業後3年以内の高卒者は、中途採用枠ではなく新卒枠に応募できる可能性もある
  • 高卒が中途採用で正社員を目指しやすい職種は、ITエンジニアや介護職など
  • 高卒者が中途採用されるには、早めに就職活動をするのが大切

「高卒者の中途採用は厳しそう」と思う方もいるでしょう。たしかに、中途採用は、新卒採用に比べて経験や能力を重視されやすいのが現実です。しかし、若さやポテンシャルを活かせば、高卒でも採用のチャンスは十分にあるので、焦らず就活を続けましょう。このコラムでは、高卒者が中途採用で正社員を目指しやすい職種や、就職活動を成功に導くヒントをご紹介。高卒という学歴や中途採用に不安がある方は、ぜひ参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

高卒だと中途採用で不利になる?

高卒者の中途採用は、大卒者や社会人経験者に比べて不利といわれることがあります。その主な要因は以下のとおりです。

「大卒以上」と記載されている求人がある
ライバルのなかには大卒者や能力の高い人がいる
即戦力を求められることがある
中途採用では経験やスキルを重視されやすい

中途採用では「即戦力」を求める会社が多いため、より学歴の高い大卒者や能力を持っている社会人経験者と比較された際に、高卒者は不利になってしまいます。

コラム内の「高卒者」の定義

「高卒者」とひと口にいっても年代はさまざまです。また、中途採用は「就業経験がある人の転職活動」といわれることもあれば、「就業経験のある・なしに関わらず、新卒採用以外は中途採用」と解釈されることも。そのため、このコラムでは高卒者を「20代で就業経験がない高卒」と定義して解説します。

「高卒で中途採用は厳しい」と決めつけないのが大事

高卒者が中途採用されるためには、最初から「難しい」と決めつけないでチャレンジすることが大切です。中途採用をしている会社のなかには、高卒者の若さやポテンシャルを評価するところも多くあります。そのため、「学歴不問」や「未経験者歓迎」といった求人を探し、高卒ならではの強みを活かしましょう。
高卒は本当に大卒より就職に不利なのか?項目別の比較で徹底検証!」では、高卒と大卒の就職における違いを徹底的に比較しているので、気になる方はチェックしてみてください。

学歴不問の求人を探している方向けの

求人一覧はこちらから

「大卒以上」の求人で高卒者が採用されることも!

求人に「大卒以上」と記載されている場合でも、採用のチャンスはあります。企業が大卒以上を対象にするのは、あくまでも応募者を絞り込むためといわれており、「相応のスキルがある人なら採用したい」と考えている可能性があるからです。気になる求人の募集要項が「大卒以上」でも、高卒だからと諦めずに、企業に問い合わせてみましょう。

「高卒」「新卒」「既卒」「第二新卒」の定義

この項では、高卒・新卒・既卒・第二新卒といった学歴の定義を紹介します。就職・転職活動中に目にしやすいワードなので、「違いがよく分からない」という人は、ここで理解を深めておきましょう。

高卒とは

高卒とは、高校を卒業した人のことです。「高校卒業後に大学へ進学したものの、途中で退学した」という場合も「高卒」となります。なお、高校を中退した場合の最終学歴は「中卒」です。

高等学校卒業資格を持っていても最終学歴は「中卒」

中卒者が、高等学校卒業資格を持っていても、最終学歴が高卒になるわけではありません。高等学校卒業資格は、あくまでも「高校卒業と同程度の学力があることを証明するためのもの」だからです。ただし、高卒と同等に扱ってくれる企業もあるので、中途採用枠へ応募する際は、履歴書の学歴欄に「高等学校卒業程度認定試験合格」と明記しましょう。

新卒とは

新卒とは、高卒・大卒といった学歴を問わず「卒業が見込まれている学生」を指します。しかし、就活市場では、大学卒業見込みの学生を新卒とする場合が多いようです。

既卒とは

既卒とは、学校を卒業後に正社員として就職した経験がない人のことです。高卒でも、大学院卒でも専門学校卒でも、就業経験がなければ「既卒」に分類されます。

卒業後3年以内であれば「新卒」として扱われることも

厚生労働省の「3年以内既卒者は新卒枠で応募受付を!!」によると、厚生労働大臣は「学校を卒業して3年以内の既卒者が、新卒枠にも応募できるようにすること」を事業主に喚起しています。そのため、企業によっては既卒者を新卒同様に扱ってくれることも。採用のチャンスを増やしたい高卒者は、中途採用にこだわり過ぎず、新卒枠も視野に入れてみてください。

参照元
厚生労働省
3年以内既卒者は新卒枠で応募受付を!!

第二新卒とは

第二新卒とは、新卒として正規雇用されたものの、短期間のうちに離職した若者のことです。第二新卒は、短期間とはいえ社会人経験があるため、基礎的なビジネスマナーはすでに身についていると評価されます。そのため、就職・転職市場における需要は高めです。
第二新卒の定義は「第二新卒とは?新卒・既卒との違いや分かりにくい定義を徹底解説!」でも解説しているので、より理解を深めたい方は、ぜひご覧ください。

高卒者が中途採用の求人を探す際の3つのポイント

高卒者が中途採用の求人を探す際は、以下のポイントを押さえておきましょう。

1.学歴不問・未経験者歓迎の募集を探す

高卒者が中途採用で就職活動をするときは、「学歴不問」「未経験者歓迎」の求人を探しましょう。希望条件を指定し過ぎると、応募できる求人の幅が狭まってしまうので気をつけてください。求人サイトを使い慣れていないうちは、上記の条件と「希望する勤務エリア」程度にとどめておくのがおすすめです。

2.大手だけでなく幅広い企業をチェックする

高卒者が中途採用の求人を探すときは、幅広い企業を視野に入れましょう。企業の規模や知名度にとらわれ過ぎると、応募できる企業が限られてしまいます。特に、大手企業は人気が高く、応募者が集中しやすいので、高度な専門スキルがない限り中途採用枠で採用されるのは難しいことを知っておきましょう。

3.企業と自分の相性を確認する

高卒者が中途採用の求人を探すときのポイントは、自分の特性に合った求人を選ぶことです。気になる企業の募集要項や公式Webサイトなどで、どのような人材が求められているのかを調べつつ、並行して自己分析を行いましょう。企業に適した素質があれば、採用のメリットを感じてもらえるので、就職できる可能性が高まります。自己分析のやり方は、「自己分析のやり方が知りたい!ノートを使った簡単でおすすめの方法をご紹介」でチェックしましょう。

高卒者が就職先を探すポイントは、「高卒者の就職先の探し方や選び方は?おすすめの業界・職種一覧をご紹介!」のコラムでも解説しているので、こちらも参考にしながら自分に合った企業を探してみてください。

中途採用で正社員を目指す高卒者におすすめの8職種

中途採用で正社員を目指す高卒者におすすめの8職種の画像

ここでは、介護職や営業職、ドライバーなど、高卒者が中途採用で正社員を目指しやすい職種を紹介します。

1.ITエンジニア

ITエンジニアとは、システムエンジニアやプログラマーといったIT技術者の総称です。学歴・経歴不問の求人が多く、高卒でも正社員として中途採用されやすい職種といえます。入社後の研修や資格取得支援制度が整っている会社が多いため、スキルアップもしやすいでしょう。IT技術の発展によってIT人材の需要は高まっているため、最新技術を吸収する努力を怠らなければ長期的な活躍が見込めます。
ITエンジニアへの理解を深めたい方は、「ITエンジニアとはどんな仕事?12の職種と仕事内容について解説」のコラムもご参照ください。

2.介護職

介護職は、高齢者の食事や入浴・排泄介助などをしながら、日常生活をサポートする仕事です。高齢化社会の影響で、介護業界は慢性的な人手不足状態なので、中卒や高卒などといった学歴に関係なく活躍できます。資格取得支援制度がある介護施設も多く、働きながら社会福祉士やケアマネジャーといった資格を取得することも可能です。
高卒から介護職になれる?資格は?給料や年収面も詳しく解説」のコラムでは、介護職のメリット・デメリットや向いている人の特徴などを解説しているので、介護職を目指す高卒者は、ぜひお役立てください。

3.営業職

営業職は、顧客のニーズに応じて、適切な商品やサービスを提案・販売する仕事です。学歴やスキルよりもコミュニケーション力や交渉力が重視されるので、高卒でも中途採用で正社員を目指せます。営業で身につけたビジネスマナーや対人能力は、多くの業種や職種で活かせるため、営業職を一度経験しておくとキャリアの幅が広がるでしょう。営業職について深く知りたい方には、「営業職とは何をする仕事?業務の内容やメリット・デメリットを解説!」のコラムもおすすめです。

4.接客スタッフ

接客スタッフは、飲食店やアパレルショップ、ホテルなどの施設でお客さまの対応をする仕事です。選考では、学歴よりも人当たりの良さやコミュニケーション力などが重視されるため、高卒でも中途採用されやすいといえます。非正規雇用の求人も豊富なので、アルバイトから正社員を目指すのもおすすめです。スキルを身につければ、将来的に店長業務や商品開発業務に携われる可能性もあります。
接客の仕事」では、接客スタッフの将来性や役に立つ資格なども紹介しているので、あわせて確認しておきましょう。

5.ドライバー

ドライバーは、自動車を運転しながら、人や物を目的地に運びます。学歴や経歴を不問とする求人が多いため、中途採用を狙う高卒者におすすめです。会社によっては、資格取得支援制度を導入している場合もあるので、未経験者でもチャレンジしやすいでしょう。
ドライバーに興味を持った方は、「正社員ドライバーになるためには?仕事内容や転職成功のポイントを解説!」のコラムも、ぜひご覧ください。

6.工場作業員

工場作業員は、工場内でライン作業やピッキングなどを行います。学歴不問の求人が多いうえ、マニュアルが決まっている仕事が多いため、未経験の高卒者でも中途採用されやすい職種です。経験を積めば、生産管理者へのキャリアアップも目指せます。1人で作業をするのが好きな方や、ものづくりが好きな方は、ぜひ検討してみてください。
工場勤務のメリットを紹介!仕事内容と向いている人の特徴も解説」では、工場作業員について詳しく紹介しているので、こちらも要チェックです。

7.建設作業員

建設作業員とは、建設現場や土木作業現場などで道路や河川の改修・復旧工事、水道・ガス・電気工事、マンション・ビル工事といった業務を行う人のことです。作業員の高齢化により、若手の人材を中途採用枠で募集している会社が多いため、高卒者にも採用のチャンスがあります。努力が形に残るので、仕事にやりがいを求める方は就職先の候補に入れてみてください。
より責任感のある仕事に就きたい方には、建設現場の指揮監督を担う「施工管理」の仕事がおすすめです。施工管理の仕事に関する情報は「施工管理の仕事」のコラムに載せているので、あわせてチェックしておきましょう。

正社員

施工管理

  • 月給 264万円 ~ 408万円

8.国家・地方公務員

公務員は、非営利目的で世のため人のために尽くす仕事です。国家公務員は国家機関、地方公務員は地方自治体の職員として働きます。公務員試験は基本的に学歴不問なので、中途採用を目指す高卒者でも挑戦が可能です。ただし、年齢制限が設けられている場合が多いため、就職を希望している地域の募集要項をよく確認しましょう。
高卒で公務員を目指す方は、「公務員になるのに学歴は必要?試験や給料は異なる?」のコラムも読んでおくのがおすすめです。

中途採用を狙う高卒者が面接を受けるときの4つのコツ

高卒者が中途採用の面接を受けるときのポイントは、「就職しようと思った理由 をポジティブに伝える」「業務に役立つスキルをアピールする」などです。以下で詳しく解説するので、面接対策にお役立てください。

1.就職理由はポジティブに伝える

中途採用の面接を受ける高卒者は、就職理由を前向きに伝えましょう。たとえば、「そろそろ仕事を探さないと生活できないから」「周りが働いているので焦ったから」というネガティブな理由を、「これまでと違った分野に挑戦して自分を成長させたい」「この仕事でこんなことを成し遂げたい」という風に言い換えると、就業意欲を効果的にアピールできます。

2.業務に活かせるアルバイト経験を伝える

中途採用の面接を成功させたい高卒者は、応募先の企業で活かせるアルバイト経験を伝えましょう。一般的に、アルバイト経験は職歴と見なされませんが、入社後に役立つものであれば評価してもらえることも。未経験の求職者と差をつけるチャンスなので、積極的にアピールしましょう。

即戦力になれることを伝えるのが大事

高卒で中途採用を目指している方は、即戦力になれることを伝えるのが大切です。企業側が中途採用を行うのには、「人員増強」「前任者の退職による欠員補充」といった理由があり、多くの企業は即戦力になる人材を求めています。今までの経験やスキルを応募先の企業でどのように活かせるか、自分を採用することでどのようなメリットがあるかを具体的にアピールすると良いでしょう。

3.経歴は具体的に説明する

高卒者が中途採用の面接で経歴を伝える際は、できるだけ具体的に説明しましょう。ただ経歴を述べるのではなく、エピソードを添えるのが効果的です。たとえば、「アルバイトでリーダーを経験し、リーダーシップ能力を身につけた」というように、仕事を通じて学んだことを伝えるのがおすすめ。具体的なエピソードを添えることで、経歴だけでなく意欲や熱意のアピールにもなります。

4.マナーが身についていることをアピールする

中途採用を目指して就職活動中の高卒者は、マナーを守ることを意識してください。履歴書の書き方や面接時の姿勢、言葉づかいなど基本的なマナーが身についていれば、企業に好印象を与えられます。履歴書に関するマナーは「履歴書のルール・マナーとは?」、面接時のマナーは「面接時の入室マナーとは?就職活動を有利に進める方法」で詳しく解説しているので、マナーに自信がない方は確認しておきましょう。

慣れないうちは面接回数を増やして場数を踏もう

中途採用の面接に挑戦する高卒者は、本命の企業を受ける前に、ほかの企業も受けて場数を踏んでおきましょう。いくつかの企業の選考を受けて、応募書類の作成や面接を繰り返し行えば、上手な伝え方や効果的なアピール方法を見つけやすくなります。ただし、入社する気持ちが全くない企業に応募するのは避けましょう。第一志望ではなくても、「内定がもらえたら入社しても良い」と思える企業を選ぶのが最低限のマナーです。

高卒者の中途採用では卒業証明書が必要?

高卒者の中途採用では卒業証明書が必要?の画像

高卒者の中途採用では、卒業証明書の提出は基本的に求められません。しかし、応募する会社によっては提出を求められることも。就職先が高卒者に卒業証明書を求める理由の一つは、「学歴詐称がないか確認すること」です。企業側は、学歴や経歴を、配属先や給料を決める際の判断材料にする場合があります。また、学歴を偽っている人を採用すると、本人だけでなく会社の評判にも影響する恐れがあるので、それを防ぐ目的もあるようです。

卒業証明書は余裕を持って準備しよう

卒業証明書の発行には時間が掛かる場合があるため、提出が必要と分かったら早めに学校へ伝え、余裕を持って準備しておきましょう。卒業証明書を用意する方法が知りたい高卒者は、「卒業証明書を求められたら」のコラムもあわせてご確認ください。

中途採用を狙う高卒者の就活を成功に導く6つのヒント

中途採用を狙う高卒者の就活を成功に導く6つのヒントの画像

この項では、高卒者の就職活動を成功させるヒントをいくつかご紹介します。「不採用が続いてしまう」という方は、以下のヒントを参考にしながら、改善点を探してみましょう。

1.就職活動をできるだけ早く始める

高卒で就職したいと思ったら、できるだけ早めに行動しましょう。中途採用では、年齢が高いほど経験や能力が重視されるようになるからです。
年齢が若いうちは、企業から「業務を覚えたり、組織に馴染んだりするための柔軟性がある」と判断してもらえます。実際に、若い人材の人柄や可能性を評価する「ポテンシャル採用」を行っている企業も多くあるので、チャンスを逃さないようにしましょう。
ポテンシャル採用は若手のチャンス!求職者側のメリットとは」では、ポテンシャル採用のメリットを企業目線と求職者目線で解説しています。ポテンシャル採用を利用したい方は、参考にしてみてください。

2.自分から積極的に動く

求人探しや情報収集は、自分から積極的に行いましょう。高卒者が中途採用で正社員を目指すときは、学校の先生のサポートや説明会の連絡、就活生同士の情報交換などが基本的にありません。受け身でいると、就職チャンスを逃してしまうこともあるので、迷うよりも行動してみることが大切です。

3.余裕があれば資格を取得する

応募先企業の業務に合った資格を取得しておくのも、中途採用を目指す高卒者が就職活動を有利に進める方法の一つです。たとえば、事務職ならMOSやITパスポートなどのパソコンに関する資格、不動産業界の営業職なら宅地建物取引士やFP(ファイナンシャルプランナー)など、業務に役立つ資格を選びましょう。ただし、資格を取得するのは、あくまでスケジュールに余裕のあるときです。資格の取得にこだわってしまうと、高卒者の強みである「若さ」を失うことにつながるので、無理して取得する必要はありません。

4.スケジュール管理を徹底する

中途採用を目指して就職活動中の高卒者は、スケジュール管理も徹底して行いましょう。多数の企業へ応募する場合、面接のスケジュールが重なってしまう恐れがあるからです。スケジュールが重なってしまった場合、どちらかを断らなくてはなりません。そうなったときに慌てないよう、「どの企業を優先するのか」「空いている日はいつか」などをあらかじめ把握しておきましょう

5.高卒女性の場合は女性が活躍中の業種や職種を選ぶ

中途採用されたい高卒女性は、多くの女性社員が活躍している業種や職種を狙うのがおすすめです。たとえば、美容業界のエステサロン・ネイルサロン・化粧品販売などの業種や、事務職・秘書・保育士などの職種が挙げられます。女性社員が活躍している職場では、女性が長く働いていける環境が整えられていることが多く、確実にキャリアを築いていけるのがメリットです。
女性に人気の仕事を種類別に紹介!空港・ものづくり系など」のコラムでは、女性に人気がある職種を紹介しているので、あわせてご参照ください。

結婚や出産の支援制度がある会社を選ぶのもおすすめ

中途採用を目指して転職活動しながら、かつ将来的に家庭を持ちたいと考えている高卒女性は、結婚や出産に関する制度がある会社を選ぶのがおすすめです。産休や育休、復職後の時短勤務制度などがあれば、ライフステージの変化があっても長期的に働きやすいでしょう。
女性が働きやすい職場の特徴は、「女性が働きやすい職場の見極めポイントをご紹介」のコラムでも紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

6.ハローワークや就職エージェントを活用する

中途採用枠での就職活動を成功させたい高卒者は、ハローワークや就職エージェントを活用するのもおすすめです。ハローワークは、厚生労働省の「ハローワーク」で「民間の職業紹介事業等では就職へ結びつけることが難しい就職困難者を中心に支援する最後のセーフティネットとしての役割を担う、国(厚生労働省)の機関」と定義されています。定義の中にある「民間の職業紹介事業」が、いわゆる就職エージェントです。
どちらも、就職を目指している方のサポートをするという点は同じなので、「転職エージェントとハローワークの違いを比較!併用は可能?」のコラムを参考に、自分に合ったサービスを選んでみてください。

参照元
厚生労働省
ハローワークとは

「中途採用を目指して効率良く就職したい」という高卒者は、ぜひ就職エージェントのハタラクティブをご利用ください。ハタラクティブは、若年層のフリーター・既卒・第二新卒に特化した就職・転職支援サービスです。専任のアドバイザーが丁寧にカウンセリングを行い、一人ひとりの希望や適性に合った求人をご紹介。また、サービスの一環として、応募書類の添削や面接のアドバイス、選考のスケジュール調整なども行います。企業との交渉もハタラクティブが代行するので、細かなやり取りが苦手な方も安心です。サービスはすべて無料なので、お気軽にご相談ください。

高卒者の中途採用に関するお悩みQ&A

高卒で中途採用に応募する人の中には、就職活動に不安を感じる人もいるでしょう。ここでは、想定される不安や悩みをQ&A方式で解消していきます。

高卒者の中途採用率は、大卒に比べると低いですか?

必ずしも低いとはいえません。アピール次第では、大卒者以上に評価してもらえる可能性もあるでしょう。ただし、企業によっては「大卒以上」という応募条件を設けています。また、採用されたとしても、給与や出世などの面で大卒者と差がつく場合があることは覚えておきましょう。詳しくは「高卒は本当に大卒より就職に不利なのか?項目別の比較で徹底検証!」をご覧ください。

高卒での就職が有利になる資格はありますか?

資格だけで就職が有利になるとはいえませんが、MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)やTOEIC、自動車の運転免許などは、選考でアピールできるでしょう。就きたい仕事が決まっている方は「高卒で取れる資格を紹介!就職や高収入につながる?」を参考に、資格取得を目指してみるのもおすすめです。

高卒で大手企業に中途採用されるのは難しいですか?

一概に難しいとはいえません。選考の対策次第では、内定の可能性もあるでしょう。ただし、競争率が高い大手企業にだけ的を絞ると、就職が行き詰まる恐れもあります。そのため、さまざまな業界・企業に目を向けてみてください。「高卒で入れる優良企業はある?おすすめの就職先や探し方のポイントを紹介!」を参考に、働きやすい中小企業を見つけてみるのも良いでしょう。

高卒者の中途採用でおすすめの仕事は何ですか?

営業職やドライバーなど、経験や学歴を問わない仕事であれば採用されやすいといえます。熱意や成長意欲をアピールしましょう。また、人手不足の業界も狙い目です。詳しくは、このコラムの「中途採用で正社員を目指す高卒者におすすめの8職種」をご覧ください。

高卒での就職が不安です。

誰しも就職には不安を感じるものですが、過剰に後ろ向きになってしまうのは望ましくありません。自信を持ち前向きに振る舞うことで、自然と企業にも好印象を与えられます。このコラムの「高卒者の中途採用の就職を成功に導く6つのヒント」を参考に、ポジティブに行動してみましょう。それでも不安な場合はハタラクティブにご相談ください。求人紹介や選考対策のサポートをいたします。

この記事に関連するタグ