新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 高卒就職TOP
  4. >
  5. 高卒仕事探し
  6. >
  7. 高卒で稼げる職業ってどんな仕事?業界別の初任給や探し方のコツを紹介

高卒で稼げる職業ってどんな仕事?業界別の初任給や探し方のコツを紹介

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

「高卒で稼げる職業とはどのような仕事?」と気になる方は多いでしょう。一般的に高学歴の方が収入も高めの傾向にありますが、高卒でも稼げる職業はあります。このコラムでは、業界別に見た初任給データをもとに、高卒者におすすめな稼げる業界・職業をまとめました。ほかにも、取得しておくと便利な資格や、自分に合った仕事の見つけ方も紹介しているのでぜひご一読ください。
【このページのまとめ】
・高卒で稼げる職業に就くには「実力主義」「初任給が高い」などの企業を選ぶと良い
・スキルや資格を取得すると、高卒者も稼げる職業に就きやすい
・高卒者が稼げる職業を探すには、就職支援サービスを利用するのがおすすめ

高卒で稼げる職業に就ける?

一般的に高学歴であるほど労働条件において優遇されやすく、高卒よりも大卒の方が稼げる傾向にあります。また、応募条件を「大卒以上」と定めている企業が多く、求人の幅が広いのも現状です。厚労省「令和2年賃金構造基本統計調査結果の概況/学歴別にみた賃金」によると、男性の平均賃金は大学院卒が465,200円、大卒は391,900円に対して、高卒は295,000円という結果。女性の学歴別平均賃金は、大学院卒が404,300円、大卒は288,300円、高卒は218,000円です。


しかし、高卒だからといって、必ずしもどの業界や企業でも低収入というわけではありません。企業によっては高卒でも実力次第で稼げる可能性もあるでしょう。初めから給料の高い仕事もあれば、経験を積む中で役職が上がり年収が比例する職業もあります。高卒で稼げる職業に就くには、まずは自己分析をしっかり行い、自分の強みや弱み、適性などを確認することが大切です。十分に分析を行なったうえで、どのような職業を目指すのかを考えましょう。


高卒で稼げる職業に就くためのコツは、「高卒で高収入を目指せる職業と業界は?おすすめの資格や就活のコツを紹介」でも解説しているのでチェックしてみてください。

賃金データから高卒で稼げる職業を見つけよう!

高卒で稼げる職業には、建設業や生活関連サービスの仕事などがあります。厚生労働省の「令和元年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況」の付表2産業、性、学歴別初任給及び産業間格差のデータを参考に、高卒者の稼げる業界を紹介しますのでチェックしましょう。



【産業別に見る高卒者の初任給平均(単位:千円)】



・鉱業、採石業、砂利採取業 169.7

・建設業 176.1

・製造業 166.3

・電気、ガス、熱供給、水道業 162.4

・情報通信業 171.0

・運輸業、郵便業 166.8

・卸売業、小売業 168.4

・金融業、保険業 158.5

・不動産業、物品賃貸業 166.8

・学術研究、専門・技術サービス業 167.4

・宿泊業、飲食サービス業 167.8

・生活関連サービス業、娯楽業 171.3

・教育、学習支援業 168.1

・医療、福祉 165.4

・複合サービス事業 159.7

・サービス業(その他) 167.2

・全産業の平均 167.4



初任給が一番高いのは建設業、続いて生活関連サービス業・娯楽業、情報通信業という結果です。前年比増減比率においても、建設業が2.2%増、生活関連サービス業・娯楽業が2.1%増、情報通信業が3.9%増と、この3つの業界は堅調に増加しています。



高卒で稼げる3業界の概要


高卒者の初任給が高めの業界には、「需要がある」「若手が活躍できる環境」といった特徴があります。各業界の概要については、以下をご確認ください。



建設業

建設業とは、土木建築に関する工事を請け負う産業のことです。新規の工事だけに留まらず、補修や保全のための工事もあり、安定した需要のある業界といえるでしょう。建設関係の職業は体力が重要なため、若手人材を積極的に募集している可能性が高いようです。高卒者向けの求人も数多くあります。建設業に就職した場合、現場の工事や施行管理業務に携わるのが一般的です。



生活関連サービス業、娯楽業

生活関連サービス業や娯楽業とは、美容やエステ、クリーニング、映画館など生活に密着したサービス全般のこと。旅行や家事代行などもあり、該当する職業は多岐にわたります。高卒の場合、接客や販売の仕事を担当するのが一般的。人と接する機会が多いため、コミュニケーション能力のある人や、他人に興味関心を持てる人に向いている業界です。



情報通信業

一般的に呼ばれる「情報通信業」とはIT業界を指します。該当するのは、通信インフラを構築したり、Webデザインやアプリの設計をしたりといったITサービスを提供する企業。インターネットの発展が著しい現代では、今後も需要が高まっていく業界といえるでしょう。IT業界で活躍するために重要なのは学歴ではなく技術です。そのため、スキルの高さが評価に反映されます。



企業規模別の初任給や、初任給が高めの都道府県が知りたい方は、「高卒の平均的な初任給と手取りはいくら?高収入を得るための方法もご紹介」でまとめているのでご一読ください。



参照元

厚生労働省

賃金構造基本統計調査 新規学卒者の初任給の推移 産業別新規学卒者の初任給の推移(令和元年で終了)

高卒で稼げる職業とは?

高卒で稼げる職業には「実力重視」という特徴があります。高卒の場合、勤続年数や年齢によって昇進・昇給の基準が決まる企業では、出世しにくいのが現状でしょう。 一方、成果に応じて評価を行う職業の場合、稼げるかどうかは自分の努力次第です。具体的にどのような職業があるのか、以下をチェックしてみてください。



営業職


営業職は、個人や法人を対象に自社の製品を売り込むのが主な仕事。コミュニケーション能力が高い人や、販売や接客などのアルバイト経験がある人に向いています。


給与は自身の売上でも変化するので、高卒・大卒に関係なく結果を出した分だけ稼ぐことが可能です。求人の募集要項にも「学歴不問」や「未経験」と記載されていることが多く、やる気さえあれば誰でも挑戦できるでしょう。 また、営業はどんな業界にも存在する間口が広い職種です。自分が興味のある業界や企業から求人を探せるのも、大きなメリットといえます。



IT関連の職種


IT関連の仕事は学歴が重視されにくく、実力やスキルがあれば高卒でも稼げる職業といえるでしょう。高い技術力のあるエンジニアやプログラマーであれば、高収入も目指せます。また、ソフトウェアやシステムの発展によりIT業界は人材不足なため、売り手市場というのも利点。職種未経験でもスキル知識があれば、就職が叶いやすい傾向にあります。 活躍のフィールドはゲーム系やWeb系、通信インフラ系と幅広く、各々で必要なスキルが異なることも特徴。自分がどの分野に就職したいのかを見極めたうえで、求められるスキルの習得を目指しましょう。



工事や建設の現場職


道路工事や建設現場などで活躍する職業は、高卒者が稼げる仕事です。「外での作業が苦にならない」「デスクワークより体を動かすほうが好き」「現場で実際に物を作りたい」といった人に向いています。 現場職はケガや事故の危険が伴うこともあり、もともとの給与が高く設定されていることが多いようです。企業によっては、大卒と同じぐらいの給与で雇用することもあります。体力に自信のある方はぜひ検討してみてください。



介護職


加速する高齢化社会のなか、介護職は需要が高く学歴が重視されにくい職種です。そのため、一般企業と比較して大卒者との収入差が少なめな業界といえます。また、未経験でも可能な場合も多く、実際に働きながら資格取得を目指してキャリアアップを目指せる職業です。職場によっては、資格手当や夜勤手当なども得られるでしょう。体力に自信があり、人と接することが好きな方に適している職業です。



保険業界の職種


保険業界の職種は未経験でも活躍できることが多く、高卒でも稼げる仕事の一つ。営業の場合は給与体系が基本給プラス歩合制の企業もあり、実績を積むことで高収入も目指せます。また、外資系の保険会社であれば、給与設定自体が高めでしょう。業務は顧客にサービスを提案することがメインなので、行動力やプレゼンテーション能力がある方に向いています。



公務員


公務員は学歴で左右されず、高卒でも安定して稼げる職業の一つです。おすすめなのは、警察官や自衛官といった体力が求められる職種。これらは給与設定が高めであり、階級によって昇給していくので自身の努力や実績を評価してもらえます。また、実際の現場に入る前に、専門の寮で必要な知識や技術を身につけられるのが特徴です。解雇の心配がなく、安定して働けることが大きなメリットといえるでしょう。

高卒者が稼げる職業に就くためにあると役立つ資格

高卒の方が稼げる職業に就くには、仕事に役立つ資格を取得するのがおすすめです。企業によっては、資格手当を受けられることがあります。



普通自動車免許


営業や介護関連の送迎など車移動が業務に必要となる仕事では、運転免許の保有が必須条件となっていることが多いようです。特に地方や中小企業の求人ではその傾向が強め。稼げる職業に就きたい高卒の方は、求人の幅を広げる意味でも、取得しておくと良いでしょう。



MOS


MOSはマイクロソフト社が認定している信頼性の高い資格。アプリケーション別に取得が可能で、オフィス系ソフトの操作ができる証明となります。基本的なパソコン操作ができると業務の幅が広がるので、アピールにつながるでしょう。



ITパスポート


ITパスポートは2〜3ヶ月の勉強でも取得しやすいため、入社前に基礎知識が身につけられるでしょう。エンジニアやプログラマーを目指している高卒の方におすすめです。



英検およびTOEIC


履歴書の資格欄で有効なアピールとなるのは、英検は2級以上、TOEICは600点以上が目安です。外資系や海外の拠点のある企業など、英語力を重視している企業を目指す高卒の方は、ぜひチャレンジしてみてください。



資格の保有が必ず給与に影響するわけではありませんが、取得しておくと就活時のアピール材料になったり、実務に活かせたりします。 ただし、資格取得を検討する際は、自分のキャリアプランに沿ったものを選択することが肝心。高卒で稼げる職業への就職を目指している方は、企業研究や業界研究を行い、どのような資格が役に立つか分析してみましょう。



高卒の転職におすすめの業界・職種は?持っていると役立つ資格も紹介!」でも、高卒者におすすめの資格を紹介しています。

高卒の稼げる職業はハードな仕事の場合も

高卒でも給与設定が高い企業に就職することやスキルを身につけることで、稼げる職業に就くことは可能ですが、高収入な仕事はハードな面があることも。たとえば、人材不足の業界や肉体労働の職種の場合、労働時間が長い傾向にあり、疲労やストレスを感じやすいでしょう。収入の良い仕事を探している方は、「楽をして稼げる職業はない」ということを理解しておくのが重要です。そのうえで自身のスキルや適性、望むライフスタイルなどさまざまな面を考えて仕事を探しましょう。

高卒で稼げる職業を見つけるには

高卒で稼げる職業といっても職場によって業務内容は異なるため、マッチする仕事を見つけるには、自分の希望条件や適性を十分に理解する必要があります。ここでは、高収入を目指す高卒者におすすめの就活方法をお伝えするのでチェックしてみてください。



やりたいこと、できることを明確にする


まずは自分が「やりたいこと」と「できること」を明確にしましょう。高卒で稼げる職業に就きたいと考えている方は、以下を参考に導き出してみてください。



・取り組んでいて楽しいことは何か

・成果に関わらず好きでいられるものは何か

・毎日やっても苦にならないことは何か

・他人から褒められたことは何か








「やりたいこと」と「できること」を浮き彫りにすることで、自分に向いている仕事が見えてくるはずです。



希望条件の優先順位を決める


次に、働くうえでの希望条件を明確にします。具体的には「給与」「勤務地」「通勤時間」「勤務時間」といった部分で、求める基準を書き出しましょう。ただし、なるべく限定し過ぎず、ある程度振り幅をもたせた状態にしておくことをおすすめします。希望条件を挙げたら、優先順位をつけましょう。このとき、「自分がどんな働き方をしたいのか」をよく考えて決めることがポイント。「残業でプライベートが削られるのは避けたい」「通勤に時間はかけたくない」といった自分の気持ちと向き合いながら、取捨選択していきましょう。 同時に、「絶対に譲れない条件」は何か定めておくこともおすすめします。譲れないものが決まっていると、求人選びに迷ったときに役立つでしょう。



キャリアビジョンを明確にする


高収入を目指す高卒者の方は、「◯歳までに年収◯◯◯万円を目指したい」「◯年後には役職に就いていたい」「働きながら資格を取得してスキルアップしたい」など、具体的なキャリアビジョンを描きましょう。明確な目的を持つことで、自身に合っている職業や業界などが把握できることも。確かな目標があれば、面接や応募書類での自己PRもしやすくなります。



就職支援サービスを利用する


「稼げる職業に就きたいけど高卒なのがネックになっている」という方は、就職支援サービスを利用するのも一つの方法。希望する勤務条件の相談ができるだけではなく、企業選びや面接対策なども行ってもらえるので、就職活動に慣れていない方も安心でしょう。



「自己分析が苦手」「希望条件を決めきれない」など、求人探しに悩んでいる方は、第三者に相談してみるのも一つの手です。効率的に就活を進めたい方は、プロのアドバイスを受けると良いでしょう。高卒者の方には、若年層の就職支援に特化したハタラクティブがおすすめです。ハタラクティブは、業界に詳しい専任のアドバイザーが一人ひとりの希望や適性にマッチした企業をご紹介。高卒者向けの求人も数多く扱っています。応募書類の添削や面接対策なども行っているので、初めて就職活動をする人もご安心ください。ぜひこの機会にご利用を検討してみてはいかがでしょうか。

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

    ▼ ご相談はこちらから ▼

    登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

    • はい

    • いいえ

    おすすめ記事

    RECOMMEND

    みんなの就職エピソード

    高卒から正社員へ 体験談 一覧

    関連記事

    ハタラクティブ 人気の記事一覧

    • arrow
    • youtubeIcon

    © 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ
    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ

    特集

    COLLECTION