高卒で稼げる職業ってどんな仕事?

高卒だけど稼げる仕事に就きたい!と考えている人は少なくありません。
高卒でもスキルを向上のための努力をすれば、大卒と同様の職種に就くことができるでしょう。
こちらのページでは、高卒で稼げる職業について紹介します。

高卒で稼げる職業に就ける?

大学進学率は年々増加しており、応募条件を「大卒以上」と定めている企業は多いです。
確かに、大学を卒業した方が応募できる求人の幅は広いと言えるでしょう。
それでは、高卒の方が仕事を探すのは大変なのでしょうか。
実際には、「高卒可」「経歴不問」など、高卒の方でも応募できる求人は多く存在します。
高卒で就職する場合は、若さをポテンシャルとして見られることや、大卒より早く社会経験を積むことができるなどのメリットが挙げられるでしょう。

給料の良い仕事は高学歴でないと就けないわけではありません。
実力次第で大卒と同様の職種に就くことができるので、自身の能力を伸ばす努力をしましょう。
初めから給料の高い仕事もあれば、経験を積む中で役職が上がることで年収が比例する職業もあります。
高卒で稼げる職業に就くには、まずは自己分析をしっかり行い、自分の強みや弱み、適性などを確認することが大切です。
そのような分析を行なった上で、どのような職業を目指すのかを考えましょう。

高卒で稼げる職業の例

それでは、高卒でも稼げる職業とはどんなものがあるのでしょうか。
ここでは一例を紹介します。

・営業職
難しい知識は必須ではなく、コミュニケーション能力が重視される仕事です。
販売や接客などのアルバイト経験があれば、就職活動でアピール材料として活かせるでしょう。

・ガテン系の現場職
力仕事ではありますが、業界的にも人手不足なので就職しやすいメリットがあります。
専門的な免許を取得すると手当が上乗せになる場合も。努力が給料に反映される仕事です。

・公務員
高卒でなれる公務員は、警察官や自衛官など、体力が求められる仕事が主になります。
高卒の場合は専門の寮で必要な知識や技術を身につけることが可能。
解雇の心配がなく、安定して働けることが最大のメリットです。

・プログラマー
ITは年々発展しているので、プログラマーの需要も高くなっています。
Web系やゲーム系などさまざまな業界で募集されており、現場でプログラミングスキルを身につけることができます。

現状を打破したい方は、キャリアアップを目指しながら、資格取得の勉強をすることがおすすめです。

取得しておくと役立つ資格

企業研究や業界研究を行い、どんな資格が役に立つか分析してみましょう。

・普通自動車免許
営業職などの車移動が考えられる仕事は、運転免許の保有が必須の条件となっている場合があります。
地方や中小企業で特に役に立つので、求人の幅を広げることができるでしょう。

・MOS
MOSはマイクロソフト社が認定しているので信頼性があります。
アプリケーション別に取得が可能で、オフィス系ソフトの操作ができる証明となる資格です。

・ITパスポート
ITパスポートは2〜3ヶ月の学習で取得できるため、入社前に基礎知識が身につけられるでしょう。
プログラマーを目指している方におすすめです。

・英検およびTOEIC
英検は2級以上、TOEICは600点以上であれば、履歴書の資格欄で効果的にアピールすることが可能。
外資系などの英語力を重視している企業では採用されやすい傾向にあるようです。

資格の保有が必ず給与に影響するわけではありませんが、取得しておくと就活時のアピール材料になったり、実務に活かせたりします。
資格取得を検討する際は、自分のキャリアプランに沿ったものを選択しましょう。

おすすめ記事

これまでに就職したことはありますか? 必須 ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

次へすすむ

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ