新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 思ったより給与が低い!天引きされる税金と保険料とは

思ったより給与が低い!天引きされる税金と保険料とは

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・基本給に手当や残業代を加えた金額を額面給与と呼び、ここから保険料や税金を引いたものが手取り
    ・天引きされるものには所得税や住民税、健康保険、雇用保険、介護保険、厚生年金がある
    ・手取りは額面給与のおよそ75~80%程度
    ・転職時に前職の年収を聞かれたら額面給与で答えよう

毎月の給与からは保険料や税金が天引きされるため、額面給与よりも実際に振り込まれる金額が少なくなります。
この振り込まれる金額を「手取り」と言いますが、給料の仕組みや引かれているものが難しくて分からない、という人もいるのではないでしょうか。

当コラムでは、給与から引かれる保険料や税金の内訳、手取り額の割合などを解説します。

◆額面の給与と手取りはどうして違う?

求人票に記載されている給料と、実際に振り込まれる手取りの金額には、なぜ差があるのでしょうか?

基本給に加えて、各種手当や残業代、交通費などを含めた総支給額を「額面給与」と言います。額面給与から税金、保険料などを差し引いた金額が「手取り」です。
求人票に記載されている「月給」や「給与」などは額面給与であることがほとんど。ここから天引きされるため、手取りと差があるのです。

【天引きされる税金】

・所得税
所得額に伴い累進課税制でかかる税金。年末調整もしくは確定申告で精算されます。

・住民税
居住する都道府県や市区町村に支払う税金。前年の収入に課税されるため、社会人2年目の6月から発生します。
そのため、住民税がまだ課税されない入社年度の手取りより、2年目以降の手取りの方が少なくなることも。

【天引きされる社会保険料】

・健康保険
医療費の自己負担を3割にするための国の医療保険。会社と半額ずつ支払います。

・厚生年金
年金を受給するための掛け金。会社と半額ずつ支払います。

・雇用保険
失業保険などを受け取るための保険。事業によって保険料率が異なります。

・介護保険(40歳以上)
介護サービスを低負担で受けるための保険。40歳以上になると加入義務が発生します。


◆給与の手取り額、普通はいくらくらい?

では、手取りの金額は額面給与のうちどのくらいになるのでしょうか?

一般的に、手取りは額面給与の75~80%程度です。
額面給与が20万円、60万円の場合を例に、それぞれ簡単に計算してみましょう。おおよその金額は、以下のように月給に80%をかけてみると分かります。

・額面給与20万円のケース…20万円×80%=16万円
・額面給与60万円のケース…60万円×75%=45万円

所得税は累進課税のため、所得が上がると税率も上がります。そのため、額面給与がおよそ60万円を超えると、月給に対して75%ほどの額が手取りになるでしょう。
   
学生時代にアルバイトの経験があっても、年収が103万円以下の場合は税金がかかりません。なので、就職してから引かれる税金や保険料の高さに驚く人は多くいます。
また、給与が上がるにつれてそれぞれの税金も高くなるので、額面給与が上がった分だけ手取りも増えるわけではありません。そのことから、昇給しても収入の増加はなかなか実感できないことがあるようです。


◆転職時に聞かれる年収は額面給与?それとも手取り?

転職の面接で前職の年収を聞かれることは多いでしょう。
この時、額面給与と手取りのどちらを答えるのが正しいのでしょうか?

この場合、額面給与で計算しておくのが一般的です。
交通費や各種手当、地域によって異なる税率など控除額は参考にしにくいため、応募先企業の規定と比較のしやすい額面給与(総支給額)を答えましょう。
また、転職時に貰いたい手取りをベースに額面給与を計算する際は、1.25倍をかけることで計算ができます。

手取りで22万円貰いたい場合…22万円(希望する手取り)×1.25=27万5000円(必要な額面給与)

転職先で手取り22万円をもらいたい場合、上記のとおり額面給与で27万5000円が必要になることが分かります。
 
今の給料は能力や業務に合っていないと感じる、もっと昇給の望める職場で働きたいなど転職で年収アップしたいと考えている方は、転職エージェントに相談してみるのがおすすめです。
ハタラクティブは第二新卒や既卒、フリーターなど若年層に特化した就職・転職エージェントです。
今より給与を上げたい、正社員として働きたいという方は、ぜひ一度ハタラクティブにご相談ください。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ