手取り16万だと家賃の目安はいくら?月々の生活費と節約のコツを解説!

手取り16万だと家賃の目安はいくら?月々の生活費と節約のコツを解説!の画像

この記事のまとめ

  • 手取り16万の家賃の目安は、管理費を含めて約5万3000円
  • 手取り16万で1人暮らしをする場合、固定費と変動費を計算して家賃の目安を決める
  • 給与が20万だと、厚生年金保険料や健康保険料などが差し引かれて手取り16万になる
  • 手取り16万で貯金するなら、家賃の安い物件を探したり自炊したりして節約しよう
  • 手取り16万以上に増やすには、副業や転職も一つの手

手取り16万の人の中には、「自分の給与は平均より少ないのでは?」「無駄遣いしてるつもりじゃないのに貯金できない…」と不安な方もいるのではないでしょうか。また、手取り16万の場合、家賃の目安はいくらか知りたい人もいるでしょう。このコラムでは、20代の平均給与や手取り16万の人の年収を詳しく解説。1人暮らしの家賃や生活費、節約術についても紹介します。手取り16万で生活する際の参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

手取り16万の家賃の目安はいくら?

手取り16万の家賃の目安は、管理費を含めて約5万3,000円です。その理由は、一般的な家賃の決め方として給与の3分の1を目安にすると良いといわれているため。ただし、光熱費や携帯電話の使用料など、家賃以外にもさまざまな出費が予想できるため、以下に挙げる費用も考慮したうえで判断しましょう。

固定費(毎月ほぼ同じ金額で発生する支出)

固定費とは、携帯電話の基本料金や生命保険料、自動車ローン、駐車場料金など、毎月ほぼ同じ金額で発生する支出を指します。アプリの月額使用料や習い事の会費など、たとえ少額でも毎月発生しているものは固定費として認識しましょう。また、普段から薬やサプリメント類を飲んでいる場合、毎月同額程度の出費であればそれも固定費です。光熱費はエアコンや暖房器具など、使用料金は季節によって変動すると予想できますが、基本料金は必ずかかるので固定費に含めましょう。

変動費(月によって金額が異なる支出)

変動費は月によって金額が異なる支出のことで、携帯電話や光熱費の使用料金、食費、日用品代、交際費などを指します。ほかにも理美容費や被服費、交通費、趣味・娯楽にかかる費用なども変動費です。

医療費や冠婚葬祭で予定外の出費も
突然のケガや体調不良の際は、固定費や変動費に加え医療費がかかります。また、冠婚葬祭による急な出費が発生することも。このような支出にも対応できるよう、普段から毎月使っているおおよその金額を計算して備えておくことが大切です。

手取り16万の家賃・生活費のシミュレーション

ここでは手取り16万の家賃や生活費の内訳を、都内や地方で1人暮らし・実家暮らし・結婚する場合に分けて解説します。自身の状況に合う生活をイメージしながらご覧ください。

都内で1人暮らしをする場合

手取り16万の人が都内で1人暮らしをする場合、家賃やおおよその1ヶ月の生活費は以下のとおりです。

・家賃:6万円
・食費:3万円
・水道光熱費:1万円
・日用品代:1万円
・被服費:1万円
・交際費:1万円
・通信費:7,000円
・医療費:3,000円
・その他:2万円
計16万円

手取り16万の家賃の目安はいくら?で解説したように、家賃は手取りの3分の1程度が目安とされていますが、都内はほかの地域と比べて家賃相場が高いため多めに見積もるのが無難です。
また、都内は場所や環境によって、家賃が6万以上かかることも十分考えられます。「どのエリアに住みたいか」「住みたいエリアの家賃相場はいくらか」も考慮してシミュレーションしてみましょう。

地方で1人暮らしをする場合

手取り16万の人が地方で1人暮らしをする場合、家賃やおおよその1ヶ月の生活費は以下のとおりです。

・家賃:4万5,000円
・食費:3万円
・水道光熱費:1万円
・日用品代:1万円
・被服費:1万円
・交際費:1万円
・通信費:7,000円
・医療費:3,000円
・その他:3万5,000円
計16万円

地方は家賃相場が都内よりも低い傾向にあります。家賃が1万5000円程度下がるだけでも、ゆとりをもった生活ができるでしょう。

実家暮らしの場合

手取り16万で実家暮らしの場合、家賃や水道光熱費がかからないという利点があります。人によっては、食費も実家で負担してもらえることもあるようです。

・家賃、水道光熱費:なし
・食費:3万円
・日用品代:1万円
・被服費:2万円
・交際費:2万円
・通信費:7,000円
・医療費:3,000円
・その他:7万円
計16万円

上記のように被服費や交際費を増やしても、余裕のある生活ができるでしょう。手取り16万の中から貯金をしたり、実家にお金を入れたりすることも可能です。

結婚する場合

結婚する場合はパートナーの手取りも含めるため、夫婦で合計した収入によって家賃や生活費の内訳は変化します。ただし、共働きではない夫婦だと手取り16万の生活は厳しいのが現実です。
パートナーと賃貸物件で暮らす場合、地域にもよりますが、2人暮らしが可能な広さの家賃を支払うだけでも大きな出費。食費や光熱費、通信費、日用品代などもすべて2人分かかります。さらに、車の購入や将来的に出産・子育てなどを考えると、収入や貯金を増やす方法を考えなければなりません。
共働きであれば夫婦のどちらか、あるいは両方が手取り16万でも結婚生活ができるとはいえ、特に女性は出産前後や子育て期間中に収入を得られないことが予想できます。手取り16万で結婚を考えているなら、貯金や生活費といった経済面、今後のライフプランについてパートナーとよく話し合いましょう。
手取りを増やす方法については、「年間の手取り平均額はどの位?手取りを増やすには?」でも解説しているので、併せて参考にしてください。

手取り16万って多い?少ない?

ここでは、手取り16万が一般的な収入として多いのか少ないのか、ケース別に紹介します。
そもそも「手取り」とは、一般的に給与額から厚生年金保険料や雇用保険料、健康保険料、所得税(源泉徴収)が差し引かれた金額のことです。このほか住民税も支払う義務があるものの、前年度の所得をもとに金額が算出されるため、初年度は請求されません。手取り16万の場合、保険料と税金が差し引かれる前の給与額はおよそ20万円程度と予想されます。

新卒の平均給与

厚生労働省の「令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況」によると、学歴別に算出した新卒者の平均給与は以下の通りです。

新規学卒者の性、学歴別賃金の画像

引用元:厚生労働省 令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況 (9) 新規学卒者の学歴別にみた賃金【新規項目】

上記で解説したように、手取り16万の場合の給与額は約20万です。そのため表を見る限り、大学卒や大学院卒の方で手取り16万の方は、平均よりも給与が少なめであるといえるでしょう。

参照元
厚生労働省
令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況

20代の平均給与

厚生労働省が発表した「令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況」によると、性別及び年齢別の平均給与は以下の通りです。

平均給与 男女計 男性 女性
20~24歳 21万2000円 21万4600円 20万9200円
25~29歳 24万4600円 25万2600円 23万3400円

引用:令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況 第2表 性、年齢階級別賃金及び年齢階級間賃金格差

20~24歳では、男性が21万4600円、女性が20万9200円で、どちらも手取り16万前後と予想でき、性別による大きな差はありませんでした。しかし、25~29歳の平均給与は男性が25万2600円で手取りが約21万、女性が23万3400円で手取りが約19万と、男女で2万円程度の差があることが分かります。年齢を重ねるにつれ、男女の間には賃金格差が生じやすくなるようです。

参照元
厚生労働省
令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況

手取り16万の年収

手取り16万の場合、月の給与が20万と仮定して、単純計算で年収は約240万円になります。正社員であれば、年収にボーナスも加わるでしょう。国税庁の「民間給与実態統計調査結果」 によると、令和2年度の性別及び年齢階層別の平均年収は以下の通りです。

年齢階層別の平均給与の画像

引用元:国税庁 民間給与実態統計調査 (第 14 図)年齢階層別の平均給与

男女計の20~24歳ではおよそ手取り16万が平均と予想できる金額ですが、25歳以降になると年収は増え、平均手取り金額も16万円を超えるでしょう。また、新卒者は査定期間が短いため入社直後のボーナスは支給されず、入社の翌年からもらえる場合が多いようです。
平均給与や平均年収については「正社員の平均給料はどれくらい?派遣やフリーターとの差は?」でも解説しているので、参考にしてください。

参照元
国税庁
民間給与実態統計調査結果

手取り16万で貯金するための節約術4選

ここでは、手取り16万で貯金するための節約術4つをご紹介します。手取り16万円でも、安い物件を探したり自炊したりなど、工夫をすれば貯金は可能です。特に実家暮らしの場合は、貯金に回せる金額も多いはず。1人暮らしの場合は、日々の生活で収入のほとんどがなくなる可能性があるので、貯金するには工夫が必要です。

1.家賃が安い物件を探す

家賃の安い物件であれば、毎月の固定費を節約できるのでおすすめです。以下の条件の物件は家賃が安く、節約がしやすいでしょう。

・築年数が古い(築年数が新しい物件よりも古いほうが安い)
・最寄り駅から10分以上離れている(駅から遠いと利便性に欠けるため安い)
・節約しやすい設備や間取り(冷暖房効率の良い間取りや省エネの設備があると光熱費を節約できる)

家賃や管理費の中には、ケーブルテレビやインターネット使用料が含まれている場合もあります。また、敷金や礼金、仲介手数料が無料の物件を探せば初期費用を抑えられるでしょう。人気の高いエリアや、築年数が新しい物件は家賃が高い傾向にあるので、条件にこだわり過ぎず、妥協点を見つけて物件を探してみてください。

2.外食を控えて自炊する

普段から外食したりお弁当を買ったりしている場合は、自炊することで節約ができます。自炊の経験が少ない人は、はじめのうちは面倒に感じるでしょう。しかし、手取り16万で貯金したいなら、自炊の方が1食にかかる金額を大きく減らせます。お得な食材を必要なだけ買い、ある程度まとめて作って冷凍しておけば、毎食分の食事を作る手間が省けておすすめです。お米も多めに炊いて、小分けにして冷凍すれば日持ちします。

3.水道光熱費や通信費を節約する

水道光熱費や通信費を節約すると、変動費を抑えられるでしょう。たとえば、窓に断熱材を貼れば、冷暖房機器の効率が上がるので、室温を保ちやすくなり節約に繋がります。賃貸物件にも使用できる断熱シートもあるので、インターネットやホームセンターなどで探してみましょう。
また、冷蔵庫やテレビ、照明器具など使用頻度の高い家電を省エネタイプにするのもおすすめです。省エネタイプでない家電と比べると購入時の金額が高い傾向にありますが、毎月の光熱費を抑えられるので長い目で見れば節約になります。
また、通信費を節約するには、スマートフォンを格安SIMへ変更するのも選択肢の一つです。ただし、利用状況によってはかえって高くつく場合もあるので、変更する前に確認しましょう。

4.実家暮らしをする

手取り16万で貯金するためには、実家暮らしも視野に入れてみましょう。一人暮らしよりも家賃や生活費がかからない分、多めに貯金に回せます。親や家族と同居する場合は食費や光熱費を出したり、期間を決めたりして、実家の負担が大きくならないよう心掛けましょう。
節約や貯金のコツは、「新入社員から始める節約・貯金術!」でも解説しています。

手取り16万以上に増やす方法

手取り16万以上に増やす方法には、資格を取得したり副業としてアルバイトを始めたりなど、いくつか手段があります。以下で紹介しますので、手取りを増やしたい方は参考にしてみてください。

資格取得やスキルアップを図る

資格を取得しスキルアップを図ることで、手取りを増やせる場合があります。ただし、資格は闇雲に取れば良いというわけではなく、業務に活かせる種類を選ぶのがポイントです。資格手当やインセンティブ制度を導入している企業であれば、自分の努力次第で収入アップを望める可能性が高いでしょう。

副業やアルバイトをする

副業やアルバイトをして、手取り16万以上を目指す方法もあります。働く時間が増えるので大変な面もありますが、その分収入を得られて効率良く稼げます。ただし、企業によっては副業が認められていないこともあるので、就業規則で副業禁止とされている場合は控えましょう。
副業に関する注意点は、「正社員でも副業してOK?会社にバレる理由や働く際の注意点について解説」のコラムで詳しく紹介しています。

昇進・昇格による給与アップを狙う

手取りを増やす堅実な方法は、昇進・昇格によって給与アップを狙うことです。昇進や昇格のためには、仕事の質を高く保ちながら効率も重視して業務に取り組む必要があります。企業がどのように社員を評価し、何を基準に昇進となるのか把握しておくことも重要です。
ただし、現職でキャリアアップを目指したい場合は、昇進や昇格に至るまでを長期的な視点で見ておく必要があります。昇給を目指せる機会は年に数回程度という企業が多く、チャンスがあっても必ず評価されるわけではありません。できるだけ早く手取り16万以上を目指したい方にとっては、堅実に昇進・昇格を狙う方法は不向きといえます。

投資を始める

手取り16万以上を目指すために、投資を始めてみるのも選択肢の一つです。資産運用がうまくいけば、ある程度の不労所得を得られます。ただし、投資で高額の収入を得るにはそれなりの元手が必要で、うまくいかなかったときにはリスクも高くなります。元手が少ない場合は、少額から始める預貯金や債権などローリスクの投資から始めるのが良いでしょう。

手取り16万以上の会社へ転職するのも一つの手

現職で昇給や昇進が望めない場合は、手取り16万以上の会社へ転職するのも一つの手です。フリーターの方であれば、正社員として就職することで大きく収入アップが見込めるでしょう。
「年次の定期昇給もほんのわずか」「資格取得による手当がない」という企業の場合、収入を大幅に増やすことは難しいでしょう。条件の良い会社へ転職すれば、状況が改善される可能性があります。

同業種へ転職したい場合

現職と同業種の企業に転職したい場合、今まで培ってきた知識や技術を活かせるため、即戦力として活躍できるでしょう。実績や経験によっては、高待遇で迎えてもらえる可能性も期待できます。手取り16万以上を目指して転職するのであれば、未経験の業界に飛び込むより同業種の方が収入アップを見込めるでしょう。

異業種へ転職したい場合

異業種へ転職したい場合でも、昇給制度が整っている企業であれば未経験からでも手取り16万以上を目指せるでしょう。興味のある異業種へ転職すれば、仕事のモチベーションを保ちながら昇給を狙えます。
しかし、未経験からの採用となると経験者に比べて給与に差が出たり、昇給のタイミングが遅くなる可能性もゼロではありません。異業種へ転職する際は、入社から間もない時期に一時的に給与が下がったり、昇給までに時間がかかったりするデメリットも考慮しておきましょう。

手取り16万以上を目指す転職で確認すべきこと

ここでは、転職して手取り16万以上を目指す際に確認すべきことをご紹介します。給与の高い求人をやみくもに探すのではなく、将来性のある会社か、長く働き続けられそうかなどにも着目して転職活動をしてみてください。

現職で収入アップが見込めないかを考える

退職してから「やっぱりあと2~3年続ければ良かった」と後悔することのないように、本当に転職するのが最善なのかをよく検討しましょう。企業の評価制度によっては、個人のキャリアアップやスキルアップにより、手取り16万以上を目指せる可能性があります。仕事に関する専門知識や、高度なスキルを身につける努力をしている人は、昇給の機会が来たら逃さないようにしましょう。

自分のスキルや経験を活かせる会社を選ぶ

手取り16万よりも多い収入を目指すなら、転職先には自分のスキルや経験を活かせる会社を選ぶのもポイント。多くの企業では、業務経験者の給与を高めに設定している傾向にあります。そのため、スキルや経験を活かせる仕事に転職すれば、入社後すぐに収入アップできる可能性も高くなるのです。
しかし、優れた経験やスキルを持っていても、転職先で活かせなければ未経験者と同じラインからのスタートとなります。未経験者は手取り16万前後という企業も多くあるため、戦力になれなければ転職しても手取り16万以上は得られないことも。そのため、自分のスキルや経験を今一度見直し、転職先でどう活かすかを考えることが大切です。

「これだけは譲れない」という条件を明確にする

「これだけは譲れない」という条件を明確にし、多くても2~3個までに絞りましょう。理想を叶えたいという気持ちは大切ですが、あれもこれもと条件を加えてしまうと、それだけ転職先は見つかりづらくなります。「資格取得支援制度や資格手当がある」「昇給・昇進のチャンスがある」「インセンティブ制度がある」など、自分にとって譲れない条件を考えてみてください。

長く続けられる会社かどうか見極める

手取り16万以上を狙うために給与は大切な要素ですが、給与面だけでなく長く続けられる会社かどうかも考慮しましょう。たとえば、待遇面に惹かれて転職したものの、職場の人間関係や労働環境が悪ければ長く働けません。職場の雰囲気や社風、自分に合う仕事内容かどうかもチェックし、安心して働ける会社を見つけましょう。

求人を探すとき福利厚生や固定残業代などもよく見る

求人を探すときは、給与だけでなく福利厚生や固定残業代などにも注目しましょう。固定残業代がほかの企業より高額であったり、福利厚生として家賃補助があったりすれば、生活に余裕が生まれることが予想できます。

成長が見込める業界を選ぶ

転職先を決めるとき、入社したい企業が属する業界に今後成長が見込めるかどうかも視野に入れて考えましょう。業界が成長過程にあれば企業の業績も伸びていく見込みがあり、業績が良ければ社員の給与アップに繋がる可能性があります。給与だけに惹かれて成長率の低い業界を選ぶと、業績次第では給与が下がったり、ボーナスがカットされたりする恐れもあるでしょう。

手取り16万以上の給与を目指したい方や、希望条件に合う会社を探したい方は、就職・転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブでは20代の若年層に向けて、就職と転職を徹底サポート。プロのアドバイザーがマンツーマンでカウンセリングを行い、あなたの求職活動をお手伝いします。一人ひとりに専任のアドバイザーがつき、分からないことや企業に聞きづらいことでも安心してご相談いただけます。サービスはすべて無料なので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

手取り16万円から収入アップしたい人に向けたQ&A

ここでは、手取り16万円で貯蓄する方法や収入アップの疑問について、Q&A形式でご紹介します。

手取り16万円で一人暮らしできる?

手取り16万でも、支出をコントロールすることで一人暮らしができます。月の支出の多くを占める家賃は、収入の3分の1以下に抑えて、家計を圧迫しないようにしましょう。一人暮らしの生活費は、家賃以外に水道光熱費・食費・日用品代・通信費・交際費などがかかります。一人暮らしの初期費用や具体的な生活費については、「フリーターでも一人暮らしできる?費用や審査を通すコツを解説」でまとめました。

手取り16万で貯金するコツは?

毎月確実に貯金したいのであれば、「先取り貯金」がおすすめです。月末に余った分を貯金しようとすると、貯金できる金額が残っていない可能性があります。給与が入った時点で貯金分を別の口座に分けておけば、残ったお金で生活する意識が持てるでしょう。また、家賃や通信費は見直しの余地が大きいので、今より支出を抑えられないか検討してみてください。

手取り16万から年収アップするには?

現在フリーターとして働いている人は、正社員になることで給与アップが望めます。正社員はフリーターと比べて給与水準が高いうえに、ボーナスや昇給で年収アップしやすいのが特徴です。また、正社員は福利厚生が手厚く、勤め先によっては住宅手当などが支給される場合があります。正社員の働き方に興味がある方は、「正社員の働き方とは?」を御覧ください。

フリーターから正社員になれる?

フリーターから正社員になることは可能です。採用の場では、20代であれば熱意や人柄を評価してもらえるので、なるべく若いうちに就活を始めましょう。年齢と就職の関係は「フリーターは何歳まで名乗れる?就職を考えるべき年齢を知ろう」でもご紹介しています。

未経験から稼げる仕事はある?

営業職は未経験者の募集が多く、成果を上げればインセンティブが発生して給与を増やせます。職場によってはノルマがプレッシャーになる場合もありますが、頑張り次第で給与アップできるのが営業の魅力です。「フリーターが営業職の正社員になるには?向いている人や就職のコツをご紹介」では、営業職に向いている人の特徴などをまとめました。正社員への就職で収入アップを目指す方は、若年層の就職を支援するハタラクティブにご相談ください。

関連タグ