1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 手取り50万…気になる年収や職業を徹底解析!

手取り50万…気になる年収や職業を徹底解析!

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・手取り50万円の年収は約800万円
    ・独身であれば手取り50万で余裕のある生活を送れるが、子供がいる場合は共働きの必要性が高い
    ・手取り50万以上の職業は、パイロットや医師などがある

手取り50万…気になる年収や職業を徹底解析!の画像

お金に余裕を持ちたい人にとって、「手取り50万」の月収は目指したいところ。では、どのような職業であれば高収入を得られるのでしょうか?ここでは手取り50万の場合の年収や生活、手取りが高い職種について解説しています。参考にしてみてください。

手取り50万の年収は?

働く上でよく耳にする、「手取り」と「年収」についてまとめてみました。

 

手取り

毎月自分の手元に入ってくる金額のこと。基本給や残業代、手当など会社から給与として支給される金額から所得税や社会保険料、住民税などが引かれたものです。手取り金額は、給与明細の「差引支給額」といった欄で確認できます。

 

年収

社会保険料や住民税、源泉所得税などが引かれる前の1年間の総支給額のこと。会社から支給される交通費やボーナスも、年収に含まれます。年収額は会社からもらう源泉徴収票の「支払金額」という欄で確認できます。

 

手取り50万円の年収は、おおよそ800万円。その中から社会保険料の約100万円と所得税、住民税を合わせた約154万円が引かれるため、年間の手取りは約600万円です。
この数字にはボーナスを含んでいないため、実際はさらに高い年収を得ている人も多くいるでしょう。

手取り50万の生活

世間的に手取り50万円は、高給というイメージがあると思います。独身であれば贅沢な外食や趣味などにお金を使うことができ、かなり余裕のある生活が送れるでしょう。
しかし、子供がいるケースでは状況が変わってきます。扶養家族が増えることで、共働きでないのなら節約して生活する必要があるでしょう。
小学生や大学生など子供の年齢によりますが、生活費以外にも学費や習い事の費用といった教育費がかかってくるためです。
また、結婚を機にマイホームや車を購入した場合にはローン返済による支出が考えられ、月々の出費が重なります。
その結果、出費が多いことにより貯金額も減っていく可能性が高いでしょう。

 

このように、手取り50万円であっても子供の人数と年齢、お金の使い方などによってライフスタイルに幅があることが分かりました。

手取りが50万円以上の職業、業界は?

手取りを50万円以上もらっている人は、どのような職業に就いているのでしょうか。下記にいくつか挙げているので見てみましょう。

 

パイロット
航空会社によりますが、大手では平均的な給与は高いと推測できます。

 

医師
勤務する病院の規模によりますが、高度な専門性が求められる職業であり勤務時間が不規則なので、給与は高めです。

 

商社
商品を流通させるという仕事上、事業規模が大きく高い収益を得ています。海外赴任があり残業が多いことも、給与が高い理由です。

 

マスコミ
大手新聞社や民法キー局などは競合他社が少なく勤務時間が長いため、高い給与水準を保っています。

 

自営業
サラリーマンの給与は会社の業績などに左右されるケースが多い一方、工夫や営業力で手取りを多く増やせるのが自営業。
自分で全て背負うというリスクはありますが、仕事が成功すると圧倒的に収入が増えます。
クリエイティブな職種でいうと漫画家や小説家など、自分の名前がバリューになっていると収入は多いでしょう。これらは誰にでもなれる職業ではありませんが、電気工事士といった専門性の高い資格を取得して自営業になり稼いでいるケースもあります。

 

将来の人生設計を考えた際、高収入を目指すのであれば転職を検討してみても良いでしょう。
ハタラクティブでは、専任のアドバイザーがあなたの要望をヒアリングしながらお仕事を提案します。
マンツーマンで企業選びや面接対策までサポート。就活や転職活動で不安を抱えている方は、ぜひお気軽にご相談ください。

手取り50万に関するQ&A

月々の給与を「手取り50万くらいにしたい」とお考えの方は多いのではないでしょうか。ここでは、手取りについて、想定されるお悩みをQ&A方法でまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

 

手取り額を増やす方法はある?

手取り額を増やすには、仕事で実績を出したりこれまでのスキルを活かして同業種への転職をしたりする方法などがあるでしょう。詳しくは、「年間の手取り平均額はどの位?手取りを増やすには?」のでも解説しています。

20代の平均年収を知りたい。

20代前半の全体の平均年収は250万円ほど、20代後半の全体の平均年収は350万円ほどとされています。年収から税金や保険料が引かれるので、手取り額はこの額から2割ほど低くなると考えてください。年収と手取りの平均額については、「周りより多い?少ない?20代の平均年収を調査」で解説しているので、確認してみましょう。

正社員で年収400万円ってどうですか?

正社員全体の平均年収は480万円ほど。年収400万円はそれをやや下回るといえます。とはいえ、平均年収は、20代前半が250万円ほど、30代前半が400万円ほどとなっており、年齢によって差があるもの。年収400万は30代前半の平均的な年収といえるため、自分の年齢と照らし合わせてみると良いでしょう。年収についてさらに知りたい方は、「年収400万円って平均的?誰にも聞けない給与の話」をご覧ください。

手取りアップのために転職は有効?

今のまま働いていても収入アップが見込めない場合は、条件の良い会社への転職が有効な場合があります。しかし、収入を増やす手段は転職だけではありません。スキルアップや資格の取得など、さまざまな方法も検討したうえで転職するかどうかを決めましょう。転職支援サービスを提供するハタラクティブでは、年収アップを目指す方への転職相談にも対応いたします。サービスは無料なので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる