本日面談できます!

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 年収400万円って平均的?誰にも聞けない給与の話

年収400万円って平均的?誰にも聞けない給与の話

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・正社員全体の平均年収は約485万円。年収400万円は30代前半正社員の平均年収を少し上回る額
  • ・非正規社員の平均年収は約171万円。フリーターで年収400万円を稼ぐのは、時給のいいバイトや掛け持ちをする必要があり難しい
  • ・手取りは年収の約8割。年収400万円は手取りにすると約320万円になり、一人暮らしなら余裕があるが、家庭をもつなら節約が必要
  • ・年収アップを目指すなら、正社員はスキルを磨く努力と転職を。フリーターは就職がおすすめ

年収400万円って平均的?誰にも聞けない給与の話の画像


年収400万円。それは一般に高いのでしょうか?低いのでしょうか?正社員もフリーターも、年収400万円という数字が平均年収と比べてどれくらいの位置にあるのかを知ることで、これからの働き方が見えてくるかもしれません。

年収400万円は多い?少ない?

年収が400万円、これは果たして多いのでしょうか?少ないのでしょうか?
平均年収と比べてみます。
 

平均年収

全体    約420万円
正社員   約485万円
非正規社員 約171万円
 

・正社員の場合

年収400万円は全体・正社員の平均年収を下回っていますが、全世代の平均のため若年層にとっては若干高めの額といえます。
年代別に見ると、以下のようになります。

<年代別の平均年収>
20代前半正社員 約253万円
30代前半正社員 約397万円
40代前半正社員 約461万円
50代前半正社員 約509万円

<男女・年代別の平均年収>
男性20代前半正社員 約271万円
女性20代前半正社員 約233万円

男性30代前半正社員 約451万円
女性30代前半正社員 約307万円

男性40代前半正社員 約567万円 
女性40代前半正社員 約294万円

男性50代前半正社員 約670万円
女性50代前半正社員 約296万円

参考URL:国税庁【民間給与実態統計調査

20代前半の平均年収はだいたい250万円なっており、年収400万円には届かないようです。しかし、30代前半になると男性の年収は450万円を越え、全体を見ても400万円に届くほどになっています。
正社員の年収は40代~50代が一番高くなるといわれています。日本の会社は年齢や勤続年数とともに給与が上がる傾向にあるためです。
50代前半の平均年収を男女全体で見ると500万円を上回っていますが、男女別で見るとその差は大きく、男性の平均年収670万円に対して女性は300万円を下回る結果が出ています。
 

・非正規社員の場合

非正規社員の平均年収を見ると、年収400万円が倍以上の金額だということが分かります。
時給が高いバイトや複数の仕事を掛け持ちするなどしないと、非正規雇用で年収400万円を稼ぐのは難しいといえるでしょう。

例)時給1900円×1日8時間×月22日=年収約400万円(4,012,800円)

例のような高時給の仕事が見つかったとしても、時給での仕事は祝日や連休の多い月は収入が下がるなど不安定です。
バイトの掛け持ちは若い頃は苦にならなかったとしても、年齢が上がれば体力もなくなってくるので長い間続けるのは難しいのではないでしょうか。
また、非正規社員の全世代の平均年収がおよそ170万円ということから、フリーターなど非正規社員の年収は、年齢や勤続年数による大きな上昇がほぼないということも分かります。

年収400万円だと手取りいくらになる?

年収が400万円の場合、手取りはいくらになるのでしょうか?
そもそも、年収や手取りなど労働の報酬を指す言葉は多数ありますが、その違いはご存知ですか?
まずは年収と手取りの違いを確認しましょう。
 

年収とは何か

まず、年収とは何を指すのでしょうか?
年収とは税金や各種保険料などを引かれる前の金額のこと。ボーナスや残業代、各種手当なども含まれます。
求人などに提示されている給与はこの「年収」であることが一般的で、「額面給与」ともいわれます。
ちなみに月収とは、年収と同じく税金や各種保険料が引かれる前の、月々の給与のことをいいます。
 

手取りとは何か

では、手取りとは何を指すのでしょうか?
年収とは逆に、税金や各種保険料が引かれた後の金額のことを手取りといいます。つまり、実際に会社から振り込まれる、実質的に手に入る金額のことです。
 

年収400万円は手取りいくらか

正社員の手取りは、総支給額のおよそ8割と考えるのが一般的。そのため、320万円前後が手取りの年収となり、月々の手取りは20万円~25万円程度となります。

例)
・ボーナスありの場合
月収25万円×12ヶ月=300万円
ボーナス2回(1回分を2ヶ月分の給料とする)25万円×2ヶ月分×2回=100万円

手取りはおよそ8割のため、月の手取りは約20万円程度

・ボーナスなしの場合
月収33万円×12ヶ月=およそ400万円

手取りにすると、およそ26万円

年収400万円の生活

前項の手取り額を参考に、年収400万円の生活を考えてみます。
 

例)月々の手取りが22万円の場合

・東京などの都市部に一人暮らし
家賃・・・約7万円
光熱費・通信費・・・2万円
食費・雑費・・・5万円

毎月の主な出費を14万円とすると、残りは8万円。ここから貯金をしても、一人暮らしであればある程度余裕のある生活ができそうです。

・東京などの都市部に家族3人(夫婦+子供1人)で暮らす
家賃・・・約9万円
光熱費・通信費・・・3万5千円
食費・雑費・・・6万円

毎月の主な出費を18万5千円とすると、残りは3万5千円。
手取り22万円で家族を養うのは無理ではありませんが、節約が必要となり一人暮らしの時よりも自由なお金は少なくなります。

年収400万円稼ぐには

20代前半には遠く感じる年収400万円。稼ぐための近道はあるのでしょうか?
 

・正社員の場合

今現在、正社員として働いているけれど、まだ年収400万円には届かない…そんな方は、今より条件のいい会社への転職がおすすめです。
しかし、ひとことで条件のいい会社といっても簡単に進まないのが転職活動。やはり、自らのスキルアップは必須なのではないでしょうか。
資格取得やスキルを磨くなどキャリアアップに繋がる努力をすることで、転職活動も変わってくるはずです。


・フリーターの場合

アルバイトやパートといった非正規社員の場合、正社員のような賞与や昇給がほとんど見込めないこともあり年収400万円を稼ぐのは難しく、また、年収400万円以上を稼ぐとなると至難の業ともいえます。
もしも年収アップを目指すのであれば、正社員への就職がおすすめ。前述したとおり正社員は年齢や勤続年数によって年収が上がっていくため、フリーターから正社員に就職するのであれば若いほうが有利です。

こんなときどうする?年収400万に関するお悩みQ&A

年収400万は少ないのか、生活はしていけるのかなど、さまざまな疑問にQ&A方式でお答えします。
 

年収400万円は多いですか?

年収400万円が多いかどうかは、年代や個人の生活レベルにもよるでしょう。国税庁の調査によると、正規社員の平均給与は503万円、非正規の平均給与は175万円という結果が出ています。また、正規社員の場合、男性は561万円、女性は398万円。非正規は男性が226万円、女性が152万円です。年収400万円は全体的な平均給与と比較すると少なくはあるものの、生活に困るような金額ではないといえるでしょう。
参考URL:国税庁【民間給与実態統計調査(令和元年分)
 

年収400万円で余裕のある生活は送れますか?

余裕のある生活を送れるかどうかは、ライフスタイルなどによって異なります。手取りは総支給額の約8割になるため、年収400万円は税金や保険料を引くと320万円前後、月収にすると25万円前後になると考えられます。一人暮らしであれば平均的あるいは少し余裕のある生活を送れる可能性がありますが、結婚していて子供がいる場合は節約が必要になるでしょう。年収400万円の生活については、このコラムの「年収400万円の生活」で解説しています。
 

フリーターも年収400万円稼げますか?

フリーターは正社員よりも収入が少なく、福利厚生や賞与もない、あるいは充実していない場合が多いため、年収400万円を稼ぐのは厳しいでしょう。そのため、フリーターで年収400万円以上稼ぎたいと考えている場合は、正社員になることをおすすめします。
 

年収を上げるにはどうすれば良いですか?

年収を上げるには、副業をする、昇進を目指すといった方法があります。ただし、副業は禁止している企業もあるため、事前に会社に確認することが必要です。また、評価制度が整っていなくて昇進も見込めない場合は、転職を検討したほうが良いでしょう。ハタラクティブでは、フリーターや第二新卒などの若年層を中心とした転職・就職サポートを行っています。「年収を上げたい」「職場環境が良い会社で働きたい」などのご希望がある方は、ご相談ください。

転職・就職するならハタラクティブへ

転職や就職で年収アップを目指すならハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブは若年層に特化した転職・就職支援を行っています。
サービスを利用しているのは、「転職したいと思っているけれど、なかなか勇気が出ない」という方や、「就職してみたけど仕事が合わなくて、次こそは失敗したくない!」という方。
新卒の就職活動と、一度社会人を経験してからの転職活動は別物だといわれています。けれど大丈夫!初めての転職活動をハタラクティブがしっかりサポートします。
また、「フリーターから卒業して就職してみようかな」なんとなくそう思っている方、「就職した友達との収入の差が気になりだした」少しずつ不安になってきた方。そんな方々の初めての就職活動もハタラクティブにおまかせください!

ハタラクティブには経験豊富な就活アドバイザーが多数在籍。カウンセリングでは、転職・就職に関する相談にマンツーマンでお応えします。
履歴書や職務経歴書などの書類作成のサポートや、面接対策のアドバイス。日程調整や合否連絡などの応募企業とのやりとりも代行します。就職後のフォロー体制も万全で、サービスはすべて無料となっています。
「まずは相談だけしてみたい」という方もお気軽にご利用ください。

関連キーワード

ご利用者の口コミ

  • 大槻智映

    (Translated by Google) Thank you …

    2020/12/21

  • 加藤直哉

    (Translated by Google) I don't kn…

    2020/12/14

  • ka

    (Translated by Google) The person…

    2020/12/12

  • Dan

    (Translated by Google) Thanks to …

    2020/12/01

  • 昔野貴方

    (Translated by Google) The counse…

    2020/11/26

  • 鶴岡雅史

    (Translated by Google) I think it…

    2020/11/10

  • みやみや

    (Translated by Google) I was worr…

    2020/10/01

  • Kosuke Karasawa

    (Translated by Google) The counse…

    2020/09/29

  • Jun

    (Translated by Google) With the p…

    2020/09/18

  • 羽場健二

    (Translated by Google) Thanks to …

    2020/09/18

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

まずは情報収集から始めませんか

今のお気持ちはどちらに近いですか?

 

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?