新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーターから正社員への就職
  4. >
  5. フリーターから目指せる仕事
  6. >
  7. フリーターにおすすめの職業は?就職しやすい仕事を知って正社員を目指そう

フリーターにおすすめの職業は?就職しやすい仕事を知って正社員を目指そう

公開日:

最終更新日:

フリーターにおすすめの職業は?就職しやすい仕事を知って正社員を目指そうの画像

【このページのまとめ】

  • ・フリーターとは非正規雇用で生計を立てている人の総称であり職業名ではない
    ・履歴書などの職業欄には「フリーター」ではなく具体的な雇用形態や職種を書く
    ・フリーターが正社員を目指す際には未経験者でも働きやすい職業がおすすめ

監修者:多田健二

キャリアコンサルタント

今まで数々の20代の転職、面接アドバイス、キャリア相談にのってきました。受かる面接のコツをアドバイス致します!

職業を聞かれて「フリーター」と答えるのに抵抗を感じ、そろそろ正社員を目指したいと考えている人はいませんか?なかには、「フリーターを卒業したいけど経験がないから正社員は不安」といった悩みを抱える人もいるでしょう。
このコラムでは、フリーターから正社員に就職したいと考えている人に向けておすすめの職業を紹介します。就職を一度諦めてしまった人も、正社員に再チャレンジするための参考にしてみてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

フリーターは職業ではない

職業を聞かれた際に、「フリーターです」と答える人が少なからずいます。しかし、正確にはフリーターという職業はありません。フリーターとは、正社員以外の非正規雇用で生計を立てている人の総称。職業名ではないので、職業欄などに記入する際には注意が必要です。
フリーターの定義については、厚生労働省の調査資料に次のような記載がされています。

 

【フリーターの条件】
・15~34歳
・男性は既卒者、女性の場合は既卒者かつ未婚者
・パート/アルバイトとして雇用されている者
・完全失業者であり、パート/アルバイトの職を探している者
・非労働力人口のなかで家事や通学、就業内定をしておらず、パート/アルバイトの職を希望している者

 

この資料上の定義では、現在働いていない場合でも働く意思をもっている者はフリーターであるとされています。また、働いていない既婚者の女性は専業主婦とみなされており、フリーターの定義からは除外されているようです。

 

参照元
厚生労働省
若年者雇用に関する参考資料

 

「無職」や「ニート」とはどう違うの?

フリーターと似た概念に無職やニートというものがあり、これらの違いは年齢や働く意思があるかどうかといった点です。15~34歳の若年無職者のうち、働く意思のある人をフリーター、就労を希望していない人をニート、そして、35歳以上で定職についていない人を無職と呼びます。

 

職業欄はどう書けば良い?

フリーターは職業名ではないため、役所関係の書類や履歴書などの職業欄には具体的な雇用形態や職種を書くのが一般的です。

 
アルバイトやパートをしている場合

アルバイトやパートとして働いている場合、「パート(ホテル受付スタッフ)」「アルバイト(塾講師)」など雇用形態と業務内容が分かるように記載すると良いでしょう。

 
学生や主婦の場合

学生や主婦の方は、「学生」または「主婦」それぞれ該当するものをそのまま職業欄に記載すれば問題ありません。

 
働く意思はあるが無職の場合

厚生労働省の資料では働く意思があれば無職ではなくフリーターであるとされていますが、現在仕事に就いていないのであれば、職業欄には「無職」と記載するようにしましょう。

フリーターが就職しやすい職業

フリーターから正社員を目指す場合におすすめなのは、未経験者でも働きやすい仕事を選ぶことです。
営業職や事務職など、フリーターからでも挑戦しやすい仕事を紹介するので、気になるものがあればぜひ実際の求人情報などをチェックしてみてください。

 

営業職

経験の有無や学歴をあまり重視されることのない営業職は、フリーターからでも挑戦しやすい仕事です。熱意やフットワークの軽さを求められることが多いようなので、やる気があれば未経験者でも即戦力になり得るでしょう。特に、接客や販売関係のアルバイト経験が豊富な人や、コミュニケーション力に自信がある人におすすめの職種です。

 

飲食店スタッフ

人手不足に悩む飲食業は求人も多く、未経験者歓迎のところが目立ちます。
飲食店勤務は、キッチンとフロアのどちらも立ち仕事がメイン。そのため、それ相応の体力が必要とされます。また、提供するサービス内容や店舗のルールなど覚えることも多いため、楽な仕事とはいえないでしょう。しかし、調理や在庫管理、レジ打ち、クレーム対応など多岐にわたる業務を担当することで、さまざまなスキルを身につけられます。調理が好き、お客さまと話すのが好きという気持ちを持つ人であれば、やりがいをもって働けるでしょう。

 

事務職

事務職は基本的に資格が不要なことが多く、フリーターから未経験で就職する人もいます。
学校で学んだ基礎的なパソコンスキルだけで業務をこなせる職場もありますが、事前にMOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)などの資格を取得しておくと、就職活動時のアピール材料にできるでしょう。
また、事務職の仕事にはほかの社員のサポートが含まれます。そのため、周りと円滑な意思疎通ができ、縁の下の力持ちとして行動できるような人が事務職に向いているといえるでしょう。

 

介護職

高齢化社会において人材不足の状態が続いている介護職は、フリーターから就職しやすい仕事の一つです。未経験でも働ける介護施設などもあり、なかには働きながら無料で資格取得を目指せる職場もあります。ただし、体力と根気強さが必要とされる仕事のため、生半可な気持ちで目指すべきではないでしょう。体力に自信があり、人のお世話をすることが好きな人におすすめの仕事です。

 

テレフォンオペレーター

テレフォンオペレーターはこれまでの経歴をあまり重要視されることがないため、未経験でも働きやすい仕事です。自社サービスについての問い合わせやクレーム対応、通販の注文受付など担当する内容は勤務先によってさまざま。お客さま対応がメインの仕事なので、接客のアルバイトなどを経験した人であればあまり抵抗なく業務に取り組めるでしょう。
テレフォンオペレーターはフリーターからでも挑戦しやすい職種ではありますが、対応の仕方が会社の印象に影響を与えることがあるため、重要な役割を担う仕事であるともいえます。

フリーターのままでいるデメリット

フリーターを続けていると、賞与や昇給が期待できなかったり、スキルアップできなかったりといったデメリットが見受けられます。もしフリーターを続けたいと思うのであれば、次に紹介するデメリットを把握したうえで、自分の将来にマイナスに響くことがないかを見極めることが大切です。

 

正社員と比べて収入が少ない

フリーターは基本的に大幅な収入アップや賞与がないため、正社員ほどの収入が見込めません。経験やスキルに応じて時給が上がることはありますが、正社員と同じレベルにまで届くことは難しいでしょう。
20代前半など若いうちはそれほどでなくとも、年を重ねるごとに同年代の正社員との間に給与面で大きく差が出てしまうといわれています。

 

社会的信用が低い

社会人と比べてフリーターは社会的信用が低いとされています。
クレジットカード申請が通りにくかったり、家や車を購入する際にローンが組めなかったりするなど、フリーターという働き方が理由で社会的信用を得られず、不便な思いをする人も多いようです。

 

フリーター歴が長いほど就職しにくい

フリーターとして働く期間が長引くほど、正社員就職が不利になるというデメリットも注視すべきです。
「フリーター継続期間と正社員になれた割合」の調査では、フリーター歴7か月~1年の正社員就職率が70%弱あるのに対し、1年~2年になると約50%まで低下、2年以上になると50%を下回り、5年以上を過ぎた場合には約20%まで下落するという数値が出ています。
この結果から分かるように、フリーターを長く続ければ続けるほど正社員就職が難しくなることは明らかです。

 

参照元
独立行政法人労働政策研究・研修機構
大都市の若者の就業行動と意識の分化-「第4回 若者のワークスタイル調査」から-

フリーターになる理由は何が多い?

フリーターと一口にいっても、「新卒時の就活で失敗した」「就職に魅力を感じなかった」など、その働き方を選んだ理由は人それぞれ。ここではフリーターの道に進んだ理由として、代表的なものを紹介します。

 

自分の都合に合わせた時間に働きたいから

フリーターになった理由として男女ともに多く挙げられるのが、「自分の都合に合わせて働きたい」というものです。フリーターのうち約3割の人がこの理由を挙げています。

 

家計や学費の補助を得たいから

フリーターのうち約2割の人が、「家計や学費の補助を得たい」という理由から非正規雇用で働くことを選んでいます。この理由を選ぶ人は、男性より女性に多くいるようです。

 

正規の職員・従業員の仕事が見つからないから

正社員の仕事が見つからなかったために、フリーターを選んだという人もいます。
このように自分の希望ではないけれど、ほかに選ぶ道がなくフリーターとして働いている人も少なくありません。

 

一旦フリーターになってみたものの、「希望の働き方を実現したい」「正社員の仕事を見つけたい」と考えているなら、エージェントに相談してみるのも良いでしょう。

 

参照元
総務省統計局
労働力調査(詳細集計)2019 年(令和元年)平均(速報)

 

若年層の就職・転職に特化したハタラクティブは、豊富な求人情報から一人ひとりにあった職場を紹介できるのが特長です。プロのアドバイザーが書類作成や面接対策などもマンツーマンでサポートするため、安心して就活を進められます。
まずは就職に関する悩み相談だけでも受け付けておりますので、お気軽にご登録ください。
ハタラクティブで、あなたらしく働ける場所を見つけましょう!

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

正社員経験がなくても大丈夫!

未経験OKの求人も多くあるため、あなたにぴったりな仕事が見つかります!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ