フリーターの将来は危ない?安定した生活を手に入れる方法

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. フリーターの将来は危ない?安定した生活を手に入れる方法

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・フリーターとは、厚生労働省の定義ではアルバイトで生計を立てる若年層のこと
    ・フリーターのまま30代を迎えると将来の不安が増大する
    ・フリーターに比べて正社員は雇用の安定や収入面でメリットがある
    ・正社員への就職は年齢が若ければ若いほど有利になる
    ・ハローワークや転職エージェントで正社員求人を見つけよう

「このままフリーターでいいのか」と悩んでいるあなた。
フリーターは、経済的な安定や将来を考えたときに、大きな不安のある働き方です。現状に焦りを感じているなら、正社員への就職を考えましょう。このコラムでは、フリーターが抱えるリスクと、今から正社員になる具体策を紹介します。
正社員なる方法を知り、安定した生活を手に入れましょう!

 

◆フリーターとは

フリーターとは、定職に就かずにアルバイトで生活している若者を指す言葉です。明確な定義はありませんが、厚生労働省が発表した国民生活白書(平成15年)では、「15~34 歳の若年(学生と主婦を除く)のうち、パート・ アルバイトおよび働く意志のある無職の人」と説明されています。

一般的には学校を卒業した後、正社員以外の雇用形態で働く若者を総称してフリーターと呼ぶことが多いようです。「ニート」と混同されることがありますが、ニートはフリーターとは違い、家事、通学、労働を全くしない人を指しています。

 

参照元:厚生労働省 - 平成15年版国民生活白書

 

【フリーターはどのくらいいるのか】

日本にフリーターはどれくらいいるのでしょうか。2002年から2018年までのフリーター人口の推移を見ていきましょう。

2002年から2016年にかけてフリーター人口は53万人減少し、特に2013年からは右下がりになっていることが分かります。
近年フリーターが減った背景としては、労働人口の減少によって企業の人手不足が顕著となり、正社員採用のハードルが下がったことが挙げられるでしょう。

ただ、年齢別の割合に注目すると、2002年で117万人だった15~24歳のフリーター人口は2016年では63万人まで減少していますが、2002年に91万人だった25~34歳のフリーター人口は、2016年で92万人と大きな変化が見られません。全体のフリーター人口に対して25~34歳が占める割合は増加しており、フリーターの高齢化が進んでいることが分かります。

 

参照元:厚生労働省 - 平成29年版 労働経済の分析 -イノベーションの促進とワーク・ライフ・バランスの実現に向けた課題- 

 

【なぜフリーターになるのか】

フリーターになる理由でよくあるのが、「目指す仕事の準備期間にするため」というもの。就きたい仕事に就職するにあたって、とりあえずアルバイトをするという人もいます。

ほかには、「正社員で就職できなかったから」「自由な働き方をしたかったから」という理由でフリーターになる人も。また、就きたい職業がなかったために、「なんとなく」フリーターになる人も一定数いるようです。

 

参照元:厚生労働省 - 正社員?フリーター?何が違うの??~将来の進路について悩んでいる方へ~ 

 

【時代によって変わるフリーターのイメージ】

フリーターという働き方が出てきたのは、アルバイト求人が急増したバブル時代です。そのころは、アルバイトでも十分な収入を得られ、正社員になろうと思えばいつでも就職できる状況。そのため、フリーターには「会社に縛られない自由な働き方」という前向きなイメージがあり、若者の新しい働き方と捉えられる風潮がありました。

しかし、バブル崩壊後は企業が正社員の雇用を抑えるようになり、アルバイトの賃金も大幅に下落。いわゆる就職氷河期が到来し、フリーターへのイメージは「正社員になれなかった人」と変化していきます。
現在でも、フリーターという働き方はネガティブに捉えられる傾向があり、「就業意欲が低い」「物事が長続きしない」というイメージをもたれることが多いでしょう。

◆フリーターの危険性とは?

フリーターは一見自由な働き方に思えますが、フリーターを続けることには大きなリスクが潜んでいます。本当にこのままで良いのか、将来のためにもフリーターの問題点をしっかり把握しましょう。

 

【雇用が不安定】

アルバイトや派遣、契約社員は雇用期間に定めがあり、契約期間が終わったときに雇用が更新される保証はありません。気に入った職場であっても、不景気や企業の業績悪化で契約が更新されない可能性があります。

 

【収入が少ない】

フリーターは正社員に比べると給与水準が低いのが一般的。正社員と比べて昇給の幅が少なく、昇給が全くない職場もあります。生活費は払えても、貯蓄を増やすためには相当な節約が必要になるでしょう。
厚生労働省の調査によると、正社員のひと月分の賃金が平均約32万円であるのに対し、正社員以外の賃金は平均約20万円と、両者の間には大きな差があります。
また、非正規雇用の賃金は、20~24歳で約18万、25~29歳で約19万円、30~34歳で約20万円と低い水準で推移していきますが、正社員の賃金は20~24歳で約21万円、25~29歳で約24万円、30~34歳で約28万円となります。正社員は非正規に比べて給与アップの幅が大きいことが分かるでしょう。

 

参照元:厚生労働省 - 平成30年賃金構造基本統計調査 結果の概況

 

【社会的な信頼度が低い】

経済的に不安定なフリーターは社会的な信用度が低く、賃貸契約の入居審査やクレジットカードの審査、各種ローンの審査に通りにくいという現実があります。
また、経済面での不安から結婚相手が見つかりにくかったり、相手の親に反対されたりという事例もあるようです。

 

【専門的なスキルが身につかない】

正社員になると責任ある仕事を任される分、成長のスピードが早く、各分野の専門的なスキルが身につきます。一方、アルバイトに任される業務の範囲は決まっているので、長期に渡って働いてもスキルの向上には限界があるでしょう。
スキルがないと収入が増えませんし、仕事がなくなった時に新しい仕事を探すのが難しくなります。

【年齢が上がると応募できる正社員求人が少なくなる】

「いつか正社員になろう」と漠然と考えている人がいますが、年齢が上がるに従い正社員への就職は難しくなります。
なぜなら企業は、年齢を重ねた人材に経験や即戦力を求めるため。正社員未経験のフリーターは、専門的なスキルがないと見なされるのが一般的です。
多くの企業はフリーター期間が長い人に対して、「この応募者は今まで何をやっていたんだろう」「働く意欲はあるのだろうか」という感想を抱きます。

反対に、年齢が若いうちなら入社後の成長を期待されたり、人柄やポテンシャルが重視されたりします。
若手人材が不足する企業では、20代の未経験者を歓迎することも多いでしょう。なかには「他社に染まっていないから」という理由で、あえて経験の浅い若手を採用する企業もあります。
以上のことから、正社員を目指すなら、1日でも早く動き出すことが肝心です。目指す職業や夢があってフリーターをしている方は、「○歳までに叶わなかったら就職する」というルールを決めることが大切です。

【年金の受給額が少なくなる】

日本の年金には、「国民年金」と「厚生年金」の2種類があります。前者は国民全員の加入が義務付けられている年金、後者は会社員が加入する年金です。厚生年金に加入している場合、支給開始年齢になると、国民年金と厚生年金の両方から年金が受け取れるようになります。国民年金のみに加入している場合に比べて、受給額が増える計算です。

厚生労働省の発表によると、平成30年1月末時点で厚生年金を受給している人の平均年金月額は、14万7,240円。一方で、国民年金を受給している人の平均年金月額は、5万2,099円。
年金の受給額は保険料の納付状況や収入によって異なりますが、厚生年金と国民年金の平均額には9万円を超える差があることがわかります。また、この平均額で計算した場合、厚生年金と国民年金の両方に加入していた人の受給額は、およそ20万円です。

フルタイムで働く正社員は厚生年金に加入しており、非正規で働くフリーターも条件を満たせば厚生年金に加入できます。その条件は「1週の所定労働時間が一般社員の4分の3以上」および「1月の所定労働日数が一般社員の4分の3以上」というもの。短期のアルバイトを繰り返している人や、短時間のシフトで複数の職場を掛け持ちしている人は、厚生年金に加入できません。
フリーターでも、正社員と同じ期間厚生年金に加入していれば、将来年金として同額を受け取れます。しかし、加入期間が短いとその分受給額が減るので注意してください。

参照元:厚生労働省 - 厚生年金保険・国民年金事業の概況 (平成30年1月現在)

【退職金がもらえない】

正社員は多くの企業で退職金の支給がありますが、フリーターにはありません。正社員の退職金は、定年まで勤めると1,000万円を超えることも。一方で、年金や退職金がない、あるいは少ないフリーターは、老後の生活が厳しくなる可能性があるでしょう。

【家族の負担が増える】

実家で暮らしているフリーターは、収入が少ないことで家族に負担をかけている恐れがあります。家にお金を入れていない人は、家族がどれくらいの食費や光熱費を負担しているか考えてみてください。
また、金銭面だけではなく、親がフリーターを続けるあなたの心配をしている可能性も考えましょう。親に負担をかけないという意味でも、就職を検討してはいかがでしょうか。

◆フリーターのまま年をとったら将来はどうなる?

20代は充実したフリーター生活が送れていたとしても、30代、40代と年齢を重ねるうちに「このままで良いのか」と焦りを感じるフリーターはたくさんいることでしょう。
フリーターのまま年をとることには、一体どんな問題があるのでしょうか?

 

【体力が衰え思うように働けない】

30代以降になると、20代と比べると体力が衰え、疲れがとれない場面が増えてきます。特に肉体労働をしているフリーターにとって、体力的な衰えは致命的な問題。「以前より働ける時間が少なくなって収入が減った」「長年の肉体労働で腰を痛め、それまでの仕事を辞めざるを得なくなった」という人が出てきます。

20代の時代にはたくさん働くことで十分な収入を得られたとしても、歳をとったときに同じ働き方ができるとは限りません。

 

【同世代との格差が広がる】

20代前半までは、「正社員の友人より稼いでいる」というフリーターもいるでしょう。しかし、正社員には年齢や成果に応じた昇給があり、30代を迎えるころには収入に大きな差が開くことが予想されます。
実際に、正社員の平均賃金は35~39歳で月額30万円を超え、40代後半で37万円、50代で40万円と上昇していきます。
一方非正規雇用の平均賃金は30歳を迎えても月額20万円程度に留まり、40代、50代と年齢を経ても、上昇することはありません。フリーターの収入は生涯をとおしてほぼ横ばいで、大幅な収入アップは期待できないといえるでしょう。

 

参照元:厚生労働省 - 平成30年賃金構造基本統計調査 結果の概況

 

【貯蓄ができない】

「生活費はまかなえても貯蓄ができない」というフリーターは多く、年齢が上がると将来への不安はますます大きくなってきます。実家暮らしの人も、親が高齢になればいつまで今の生活を続けられるか分かりません。
さらに、年齢と比例して正社員になる難易度は上がり、年々生活を変えることが難しくなります。20代のときは何とかなるように思えても、30代を迎えて「これからどうしよう」という焦る人は多いでしょう。

【応募できるアルバイトが少なくなる】

年齢が上がると正社員になるハードルが上がりますが、アルバイトの仕事探しにも支障が出る恐れがあります。体力勝負の仕事を続けるのは難しくなり、さらにそういった仕事は20代が優先的に採用されるでしょう。求人に年齢制限の記載がなくても、実際には若い人材が優先して採用されている可能性があります。
 

・正社員とフリーターの収入格差

正社員とフリーターでは平均年収に大きな違いが生まれます。

高卒者(男性)の正社員を例に挙げると、卒業後の平均年収は約200万円ですが、40~44歳では約450万円までアップ。大卒者(男性)の場合、卒業後の平均年収は約300万円ですが、40~44歳では約600万円まで年収が上がります。

一方フリーターは高卒・大卒ともに各年代で年収にそれほど変化はなく、平均年収はいずれの年代でも200万円を超えることはありません。

 

参照元:厚生労働省 - 正社員?フリーター?何が違うの??~将来の進路について悩んでいる方へ~ 

◆女性ならフリーターでも大丈夫?

「私は女だからフリーターでも大丈夫」と思っている人もいますが、実際にはどうなのでしょうか?
確かに、フリーターの女性はフリーターの男性に比べて結婚のハードルが低いイメージがあります。ただし、フリーターでいることで結婚や結婚後の生活に影響が出る可能性も。
ここでは、女性がフリーターでいるリスクをまとめました。

 

【一生独身でいる場合は経済的に厳しい】

「結婚するからフリーターでも大丈夫」と思っている人は多いようです。しかし、必ず結婚できる保障がない限り、自分自身で稼ぐ力はあった方が良いでしょう。また、結婚しても万一離婚した場合、正社員経験がなくスキルが身についていないと、収入の良い仕事に就けません。
結婚する気がない人はなおさら、安定した職に就いて将来の不安をなくしたいところです。

 

【妻にも経済力を求める男性がいる】

配偶者が妻にも共働きを求める人だった場合、収入や福利厚生が安定している正社員でいることは大きなメリットがあります。
正社員であれば、子どもができても産休・育児を取得して働き続けられますし、職場によっては短時間勤務といった制度を利用し、育児と仕事を両立できるでしょう。

【結婚相手の選択肢が狭まってしまう】

自分に経済力がない場合、どうしても相手に経済力を求めることなります。フリーターのままだと、好きな相手がいても、相手に経済力がないばかりに結婚を躊躇する事態になりがち。制約なく自由に結婚相手を選ぶためにも、自分自身が経済的に安定していることは大切です。

 

【フリーターだと結婚後自由に使えるお金が限られる】

収入が低いフリーターは自由に使えるお金が限られます。子どもができて働けなくなる期間があると、ますますその傾向は強まり、結婚後自由に使えるお金が限られてしまうでしょう。
自分の趣味に使うお金はもちろん、家計に余裕がないと子どもに使うお金にも制限が出てしまいます。

以上が女性がフリーターでいることのリスクです。もちろん、フリーターだから結婚できないということはありませんが、ある程度の経済力があると、人生の選択肢が広がります。
正社員になるか迷っているなら、今後の生活の安定を考え、ぜひ就職を目指しましょう。

◆フリーターと比べた正社員のメリット4選

フリーターであるリスクを回避する一番の解決策は、正社員になることです。「今さら就職なんて無理」と思うかもしれませんが、正社員の就職は年齢が若いほど有利になるので、1日でも早く行動することが大切です。

実際に多くの企業が「自社に合いそうならフリーターを採用しても良い」と考える傾向にあり、年齢が若いほど選択肢が広がります。特に20代の採用に積極的な企業は多いので、就職すると決めたらすぐに動き出しましょう。

就職へのモチベーションを高めるためにも、まずはフリーターと比べた正社員のメリットをご確認ください。

【1.雇用が安定している】

正社員は期間の定めがない雇用形態であるため、基本的には定年まで勤められます。よほどの事情がない限りいきなり解雇されることはなく、「いつ仕事がなくなるか分からない」という不安から開放されるでしょう。

【2.スキルが身につき職歴が評価される】

一定期間正社員として働くと、担当する分野のスキルが身につきます。フリーターに比べて教育・研修や資格取得の支援が充実しているので、会社の制度を利用して自己成長することも可能です。

フリーターのアルバイト歴が職歴として評価されづらい一方、正社員の職歴は転職の際に評価されます。最近は「終身雇用は崩壊する」といわれていますが、正社員の職歴と身につけたスキルがあれば、何かあっても新しい仕事が見つかるでしょう。

【3.昇給・昇格がある】

正社員はキャリアアップの機会に恵まれ、勤務年数や実績に応じて収入や役職が上がっていきます。毎年決まった時期に定期昇給を行う企業は多く、継続的に働けば給料アップが見込めるでしょう。役職が上がるタイミングでは、大幅に給与が上がることも考えられます。

正社員は毎年の収入がある程度予想できるため、結婚や住宅購入といったライフプランが立てやすいのもメリットです。

【4.福利厚生が充実している】

福利厚生にはアルバイトやパートに適用されるものもありますが、正社員に比べるとその範囲は限定的。
正社員には、住宅手当をはじめとする各種手当や休業補償、自己啓発支援といったさまざまな福利厚生が適用され、生活面でのサポートが充実します。福利厚生の種類は企業によって異なりますが、充実度の高い企業ではかなりの満足感が得られるでしょう。

◆フリーターが正社員になる方法

フリーターが正社員就職するには、就職しやすい職種や求人の探し方を知る必要があります。以下に、フリーターが就職しやすい仕事と求人の探し方、選考対策のアドバイスをまとめました。

【フリーターが就職しやすい仕事】

職歴がないフリーターが就職するには、未経験で応募可能な求人を探すのが近道です。以下にフリーターがチャレンジしやすい職種の例を挙げました。

・介護職
高齢化が急速に進展するなか、介護業界は人手不足の状況にあります。そのため、未経験・無資格でも募集を受け付けている企業が多く、入社後の研修で働きながらスキルを習得できるでしょう。
介護職は取得すべき資格が明確なので、キャリアアップを目指しやすいのがメリット。介護職は給与が低いというイメージもありますが、経営母体が大手であれば給与水準は高い傾向です。

・営業職
営業職は未経験歓迎の求人が多く、フリーターがチャレンジしやすい職種です。営業というと「飛び込み営業」のイメージで避ける人が多いですが、既存の顧客をまわるルート営業や、店舗にきた客に接客する内勤営業という働き方もあります。
営業職はどの業界にも存在する職種なので、自分の興味がある業界で働けるのも利点です。

・販売、サービス業
販売やサービス業も学歴を問わない未経験者歓迎の求人が多く、就職しやすい傾向にあります。加えて、接客業の経験がある人は、フリーター時代に得たスキルを活かせるでしょう。
主な活躍の場は、レストランやアパレルショップ、スーパー、デパートなど。仕事の種類が多いので興味がある分野にチャレンジしやすい良さがあります。加えて、職場には20~30代の若年層が多く、同年代と楽しく働けるのが魅力です。

・カスタマーサポート
カスタマーサポートとは、顧客の疑問や要望に電話で対応する仕事。具体的には、カタログ通販やネット通販の商品、インターネットなどの通信サービスに関する対応が考えられます。
カスタマーサポートは研修制度が整っている職場が多く、未経験からスタートしやすい仕事です。

・プログラマー
近年急速に成長しているIT業界では、若手人材を求める企業が多くあります。IT業界の中でも未経験者がチャレンジしやすい職種の1つが、プログラマー。
プログラマーは、コンピューターへ指示を出す「プログラミング言語」を使ってプログラミングを行い、システムをつくる仕事です。プログラマーがつくるシステムは、家電やスマートフォン、ゲームなどのあらゆる分野で活用されており、今後もプログラマーの需要は伸び続けるでしょう。
プログラマーは基本的にパソコンに向かう仕事です。体力に自信がなくても、冷暖房のきいた環境で座って働けます。また、IT業界は勤務スタイルが自由な企業が多く、就職先によってはフレックスタイムでの勤務が可能。下請け企業は業務量が多いのが一般的ですが、規模の大きな企業は残業や休日出勤が少ない傾向にあります。

【求人の探し方】

一番手軽なのは求人サイトですが、ハローワークや転職エージェントでは、担当者のアドバイスを受けられるメリットがあります。以下に、ハローワークと転職エージェントのサービス内容をまとめました。

・ハローワーク
ハローワーク(公共職業安定所)は国が設置する公的機関で、無料で職業紹介を受けられます。全国都道府県に設置されているので、自宅近くのハローワークを利用してみましょう。
正社員を目指す若者向けを対象とした「わかものハローワーク(わかもの支援コーナー、わかもの支援窓口)」では、担当者による個別支援を受けられます(おおむね45歳未満が対象)。
ハローワークは全国の都道府県に設置されているため、地元企業はもちろん全国各地の求人を探せます。わかものハローワークには、インターネットサービスで公開されていない求人の取り扱いもあるので、興味がある人はぜひ訪ねてみましょう。
わかものハローワークはUターンやIターン、Jターンを希望する人の相談にも対応しているため、地方での就職を目指す方にとって心強いサービスとなっています。

 ・転職エージェント
民間の企業が提供するサービスで、求職者に合った求人を無料で紹介してくれます。
フリーターは「応募書類の書き方が分からない」「面接のマナーが不安」という悩みを持つ人が多いですが、エージェントでは専任の担当者が選考対策をしてくれるのがメリット。面接日程の調整といった企業とのやりとりも代行してくれるので、初めての就活でも安心でしょう。「向いている仕事が分からない」という場合も、担当者が一緒にあなたに合う職場を探してくれます。
注意したいのは、エージェントによって得意とする業界や求職者の種類が異なる点。フリーターから正社員を目指す際は、自分に合ったサービスを選ぶことがポイントになります。

【履歴書・面接対策のやり方】

応募先が決まったら、履歴書や面接対策を行い、自分の強みをアピールしましょう。

・履歴書の対策
履歴書は丁寧な字で誤字・脱字なく記入することが大前提です。マナーに欠けた書類は印象が悪く、それだけで不採用の確率が高まります。書き損じたら面倒でも最初から書き直し、相手が読みやすい書面にしてください。
企業から手書きの指示がない場合、履歴書はパソコンで作成することをおすすめします。書き損じをなくせることに加え、内容も簡単に修正できるためです。パソコンで作成する場合には、インターネットで見つかるテンプレート(見本)を活用すると良いでしょう。ただし、老舗企業や家族経営の小さな企業では、手書きの履歴書が好まれる場合もありますので、手書きが必須かどうか確認すると良いでしょう。手書きが必須であることがどこにも記載されていなければ、パソコンで作成して構いません。

フリーターが悩みがちな職歴欄ですが、正社員の職歴がある人は、正社員の職歴のみを記載し、アルバイト経験は記載しません。職歴欄に書かない経験については、自己PRなどの項目でアピールしましょう。
アルバイト経験しかない人は、アルバイトの経歴を記載します。面接では空白期間に何をしていたか聞かれるので、あらかじめ職歴欄に説明があった方が良いためです。

自己PRには、自分の強みとそれを裏付ける具体的なエピソードを盛り込むのがポイントです。応募企業が求める人物像を意識したうえで、入社後活かせそうな資質を伝えましょう。例えばコミュニケーション能力をアピールするなら、アルバイトで接客するときに工夫していたことやその成果を説明すると、説得力のある内容に仕上がります。

 <自己PRの例文>
私の強みは、相手を観察してニーズを読み取る力があることです。私はアパレルショップで5年間アルバイトをしましたが、商品をお勧めする時は、一概に売れ筋の品を提案するのではなく、その日のお客様の服装や雑談の内容から、その方に合った商品を紹介することを心がけてきました。
アルバイトを通して身につけた、お客様一人ひとりに合わせて対応する強みを活かし、正社員としてさらに幅広い仕事に取り組んでいきたいと考えています。

 

志望動機は応募企業の事業内容や特徴を理解したうえで、興味を持った理由を具体的に説明しましょう。入社後の目標やキャリアプランを盛り込むと、より意欲が伝わります。待遇や条件を中心にした志望動機は、「仕事自体に関心がない」と思われるので避けるように。自己PRと志望動機は「入社後どのように貢献できるのか」という視点を意識し、企業ごとに内容を考えましょう。

<志望動機の例文>
私は新卒で就職活動をしましたが、やりたいことが見つからず、卒業後の3年間は飲食店を中心にアルバイトをしてきました。接客をする中で自分は人とかかわることや、人を喜ばせることが好きだと気付き、正社員としてサービス業に携わりたいと思うようになりました。
中でもホテルを志望したのは、正社員になるからにはレベルの高い接客が求められる場所で働きたいと考えたからです。
貴社はフレンチレストランを展開しているため、より高いマナーと接客スキルが求められると考え、志望いたしました。
入社したら、すべてのお客様に喜んでいただけるよう、最大限の努力をして参ります。

明確な志望理由が思いつかない場合は、以下のように入社後の抱負を中心に述べることで熱意をアピールできます。
「研修制度が充実している御社なら、入社後いち早くスキルアップし、戦力になれると考えたからです。研修や実際に仕事をしていく中で力をつけ、将来は店長として店舗をマネジメントできるようになりたいと思っています」
入社後の目標は、応募企業で実現可能な内容にするのがポイントです。

 ・面接対策
面接ではほぼ必ず、「なぜ今までフリーターをしていたのか」を聞かれます。夢や目標があってフリーターをしていた人は、その旨を正直に伝えれば問題ありません。次の例文を参考に、なぜ正社員を目指すようになったのか説明しましょう。

<例文>
「プロのミュージシャンを目指してバンド活動をしていましたが、うまくはいかず、最近は年齢的な限界も感じるようになりました。私は将来家庭を持ちたいと考えており、そのためにも経済的に不安定なアルバイトではなく、正社員として働きたいと思っています」

「働くのが嫌だった」「何となく」といった理由でフリーターをしていた場合、次の例のように、アルバイト生活を通しての心境の変化を説明する方法があります。
「自由な生活がしたくてアルバイトをしていましたが、正社員の仕事とアルバイトの仕事の線引きを実感し、より多くの業務に関わるために正社員になりたいと思いました」
回答する時に最も大切なのは、嘘をつかないことです。企業は、質問から応募者の人柄や仕事への意欲を確認しています。反省すべき部分は素直に反省する姿勢を示し、今後の目標や熱意をアピールしましょう。

フリーターから正社員になれる自信がない、就職活動のやり方が分からないという方は、ハタラクティブに相談してみませんか?
ハタラクティブはフリーターの就職支援に力を入れ、求人提案や選考対策といったサービスを提供しています。
「どんな仕事が向いている分からない」という方も、専任のアドバイザーがカウンセリングを行うのでご安心を。200社以上の優良企業の中から、あなたに合った職場を提案いたします。
ハタラクティブを使った場合の内定までの期間は、最短2週間。内定率は80.4%という高い実績を誇っています。相談だけのご利用も歓迎しておりますので、就職するか迷っている方、自分にできる仕事があるか知りたい方は、お気軽にご相談ください。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ