アルバイトという雇用形態について解説!パートや派遣社員との違いは何?

アルバイトという雇用形態について解説!パートや派遣社員との違いは何?の画像

この記事のまとめ

  • アルバイトの雇用形態は雇用期間が定められている非正規雇用である
  • アルバイトの雇用形態は企業からの直接雇用である
  • 雇用形態によって社会保険への加入や給与形態、福利厚生の範囲が異なる
  • アルバイトは比較的自由な働き方といえるが、雇用期限や経済的な不安定要素もある

「アルバイトの雇用形態が何かわからない」「パートや派遣社員との違いは?」と感じている方もいるのではないでしょうか。アルバイト・パートには法律上の区別はなく、「パートタイム労働者」として、労働期間に定めがない非正規雇用の働き方が一般的です。また、アルバイトは企業が直接雇用し、派遣社員は派遣会社が間接的に雇用しています。雇用形態によって働き方や待遇なども異なるため、理解を深めていきましょう。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

アルバイトの雇用形態は?

アルバイトの雇用形態は、非正規雇用であり、企業からの直接雇用です。
正規雇用・非正規雇用には法律的な区分はありませんが、一般的にフルタイムの正規雇用(正社員)と比較して短時間勤務のアルバイトは「パートタイム労働者」となり、非正規雇用となります。また、企業が労働に対して直接賃金の支払いを行う直接雇用です。

アルバイトとパート、派遣社員の違いは?

アルバイトとパートには法律上の線引きはありません。主に主婦層が、子どもや配偶者の送り迎えの時間まで日中勤務する場合をパート、学生が学校終わりの遅い時間帯や土日に勤務する場合をアルバイトとしてイメージされます。また、企業が便宜上使い分る場合もあるでしょう。
一方、派遣社員は、労働時間ではなく賃金の支払いがどこからされるかという違いがあります。アルバイトは、勤務先の企業が直接雇用し、派遣社員は、派遣会社による間接雇用です。
アルバイトとパートの違いについては「フリーターとパート・アルバイトの違いは?社会保険についても解説!」も参考にしてみてください。

参照元
厚生労働省
さまざまな雇用形態

未経験OK多数!求人を見てみる

雇用形態とは

雇用形態とは、企業と従業員の間で雇用契約のもと合意した「働き方」の種類を指します。厚生労働省では、雇用形態を大きく「正規雇用」「非正規雇用」と2つに分類。正規雇用はフルタイム、雇用契約の期間に定めがないなどの特徴があり、正規雇用以外は非正規雇用の働き方となります。
また、雇用元によって「直接雇用」か「間接雇用」かの違いもあります。

参照元
厚生労働省
雇用・労働

雇用形態の種類

雇用形態は、正規・非正規雇用、直接・間接雇用など、働き方の違いで細かく分類できます。雇用形態の種類には「正社員」「契約社員」「パート」「アルバイト」「派遣社員」があります。

正社員

正社員は、雇用期間に定めがない正規雇用です。所定労働時間をフルタイムとしています。勤務企業からの直接雇用です。

契約社員/嘱託社員

契約社員は、雇用契約期間が定められている非正規雇用です。専門性が高い業務をしたり、フルタイムだったりと、正社員に準じた働き方になることもあるでしょう。

嘱託職員も、雇用契約期間に定めがある非正規雇用です。定年退職後に再就職した従業員を指す場合が一般的といえます。なお、どちらも勤務企業からの直接雇用です。

パートタイマー

パートタイマーは、雇用契約期間が定められている非正規雇用です。曜日や時間帯を設定した短時間勤務となり、勤務企業からの直接雇用です。(主に主婦層が対象)

アルバイト

アルバイトは、雇用契約期間が定められている非正規雇用です。曜日や時間帯を設定した短時間勤務となり、勤務企業からの直接雇用です。(主に学生が対象)

アルバイトの働き方については「アルバイトってどんな働き方?」でも解説しているので、チェックしてみてください。

派遣社員

派遣社員は、雇用契約期間が定められている非正規雇用です。派遣会社が雇用し、賃金の支払いも行う間接雇用です。

正規雇用・非正規雇用の違い

正規雇用は「正社員」と呼ばれ、以下の特徴があります。

・長期雇用を前提としており、雇用期間の定めがない
・就業規則に基づいた所定労働時間がフルタイム
・直接雇用である

正規雇用以外の労働者は非正規雇用として考えられています。さらに企業によっては、前述のように「契約社員」「パート」「アルバイト」「派遣社員」などに細かく分類されることもあります。

直接雇用・間接雇用の違い

直接雇用とは、企業と労働者が直接雇用契約を結び、労働に対する賃金の支払いも雇用先の企業が行う働き方です。正社員、契約社員、パート、アルバイトがこれにあたります。

間接雇用は、勤務先の企業と労働者のあいだに雇用契約はなく、雇用および賃金を支払うのが勤務先以外の働き方です。派遣社員がこれにあたり、給与や労働条件などは、所属する派遣会社によって異なります。

雇用形態が変わるとどのような違いがあるの?

同じ部署内に、正社員・アルバイト・派遣社員のメンバーが在籍していることは、比較的よくあることです。全体的には同じ業務をしているはずですが、具体的にはどのような違いがあるのでしょうか。
まず、正社員に関しては、安定した雇用や給与や賞与、退職金などが見込めます。研修も充実しており、ステップアップを考えた仕事ができるでしょう。その反面、ときには残業や休日出勤、ジョブローテーションがあるなど、自由なキャリアは築きにくい場合も。
アルバイトや派遣社員などの非正規社員は、雇用が不安定だったり、給与が時給制だったりして休日が多いと給料減となることもあるでしょう。一方で、曜日や時間帯を勤務設定して働けるため、自分が希望する働き方をしやすいといえます。

雇用形態による待遇の違い

雇用形態によって、給与形態や社会保険への加入状況、福利厚生などが異なります。以下で詳しく見ていきましょう。

社会保険

社会保険は、ケガや病気にかかったときや業務中の事故により負傷した場合に保障を受けられる制度です。労災保険、雇用保険、厚生年金、健康保険などの総称といえます。
アルバイトやパートなどの非正規社員も、勤務時間や収入が以下の条件を満たしていれば加入できます。

・1週間の所定労働時間が20時間以上
・月額賃金8.8万円以上
・勤務期間1年以上見込みである
・学生ではない
・従業員数が101人以上の事業所に勤務している
(2024年10月より従業員数が51人以上の事業所に変更)

アルバイトの雇用保険については「アルバイトで雇用保険に入る条件は?」でも読めます。ぜひご一読ください。

給与形態

正社員は、月給または年俸制がほとんど。年に数回昇給や賞与があったり、退職金があったりするなど、手厚い保障があるといえるでしょう。
契約社員や嘱託職員は、月給または日給制のところも。アルバイト・パート・契約社員は時給制なのが一般的といえます。労働した日数や時間に対して賃金が支払われるため、正社員に比べると収入は不安定です。

福利厚生

福利厚生とは、賃金や賞与とは別に、企業が従業員やその家族に提供する制度です。前述した社会保険のほかに、たとえば住宅手当や交通費、健康診断、社員食堂の利用など、企業ごとに独自で設定しています。企業によっては、正社員を対象として設定しているものが多く、非正規社員が利用できる範囲が限られる場合もあるでしょう。

アルバイトの雇用形態を続けるメリット・デメリット

アルバイトの雇用形態を続けるメリットは、自由な働き方やキャリア形成が可能なことです。勤務時間や日数を調整しやすく、転勤などもないため、ほかの活動やスケジュールも尊重できるでしょう。また、一般的に限定された範囲の業務が多く、専門的な知識やスキルを高めて自由なキャリア形成を目指せる可能性もあります。

一方で、雇用期間が定められていないため、契約期間満了後の再契約が確約されていないというリスクがあります。また、正社員と比較すると給与水準が低く、賞与や退職金などは基本的にありません。そのため、社会的な信用度も高くないという部分はデメリットといえるでしょう。

とはいえ、アルバイトの業務に責任感をもって取り組む人もいることが考えられ、その気持はとても大切なことといえます。自分らしい働き方やキャリアを目指しつつ、経済的にも充実した雇用形態に目を向けてみてはいかがでしょうか。
自分の強みや適性に合った仕事がわからないという場合は、第三者に相談したり、アドバイスをもらったりすると見えてくるものがあるでしょう。

アルバイトと正社員それぞれの働き方については「アルバイトと正社員の違いとは?メリット・デメリットや面接対策などを解説」で紹介しているので、参考にしてみてください。

「アルバイトから正社員を目指したい」「自分の適正に合った仕事に就きたい」という方は、就職エージェントの「ハタラクティブ」にぜひご相談ください。ハタラクティブでは、20代・30代に向けて、若さのポテンシャルや人柄を重視した優良企業の求人をご紹介しています。
専任の就活エージェントが、選考対策やキャリア相談など、一人ひとりの就活を力強くバックアップしているので、スキルや経験に不安を感じている方も安心です。また、1分程度で性格から分かる、適職診断もご用意しております。ご登録・ご利用はすべて無料なので、いつでもお気軽にお問い合わせください。

ハタラクティブ
のサービスについて

こんな人におすすめ
  • 経歴に不安はあるものの、希望条件も妥協したくない方
  • 自分に合った仕事がわからず、どんな会社を選べばいいか迷っている方
  • 自分で応募しても、書類選考や面接がうまくいかない方

ハタラクティブは、主にフリーター、大学中退、既卒、そして第二新卒の方を対象にした就職・転職サービスです。
2012年の設立以来、18万人以上(※)の就職・転職をご支援してまいりました。経歴や学歴が重視されがちな仕事探しのなかで、ハタラクティブは未経験者向けの仕事探しを専門にサポートしています。
経歴不問・未経験歓迎の求人を豊富に取り揃え、企業ごとに面接対策を実施しているため、選考過程も安心です。

※2014年12月~2024年1月時点のカウンセリング実施数

この記事に関連するタグ