1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. フリーターとパートの違いは何?アルバイトやほかの雇用形態も解説!

フリーターとパートの違いは何?アルバイトやほかの雇用形態も解説!

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・フリーターとパートの違いは年齢層や勤務時間
    ・雇用形態には正社員や派遣社員、契約社員などがある
    ・フリーターもパートも雇用形態は「パートタイム労働者」
    ・フリーターと正社員との違いは、年収格差や社会的信用など
    ・正社員を目指して就活するなら面接対策や自己分析などの準備をする

フリーターとパートの違いは何?アルバイトやほかの雇用形態も解説!の画像

フリーターとパートには違いがあるのでしょうか?雇用形態はアルバイトも含めて「パートタイム労働者」です。ほかの雇用形態には契約社員や派遣社員、正社員などもあり、契約内容の違いをこのコラムで解説しています。フリータ-と正社員の違いを正しく理解し、自分に合った雇用形態を見極めましょう。ぜひ参考にしてみてください。

監修者:佐藤真也

キャリアコンサルタント

やりたいことやできることを一緒に考えて、ライフスタイルやご希望にマッチする仕事探しをお手伝いします!

フリーターとパートの違いとは

フリーターとパートは、法律上ではいずれも「パートタイム労働者」。明確な違いはなく呼称に対して法的な規定もありませんが、一般的には勤務時間や年齢層などが異なります。フリーターはフルタイムで勤務できることが多く、若年層が基本。パートはフルタイムよりも短時間の勤務で、既婚者が多いようです。

 

フリーターの定義

フリーターとは、「フリーアルバイター」の略称です。厚生労働省のフリーターの定義によると、中学校卒業後の15歳~35歳の人のうち、アルバイトやパートとして生活している人。アルバイトやパートをしていなくても、その勤務形態を希望していたり、探していたりする人はフリーターとしてみなされるようです。また、アルバイトだけしていて、家事や通学をしていない人もフリーターとして定義づけられています。

 

パートの定義

パートとは、「パートタイム労働者」の略称で、1週間の所定労働時間が正社員と比べて短い非正規労働者のことを指します。パートタイムで働く人は既婚者が多く、社会人経験のある人も珍しくありません。家族の扶養内で働く方を「パート」と呼ぶのが一般的です。

 

アルバイトの定義

日本では、主に学生がする短時間の勤務のことを「アルバイト」と呼びます。アルバイトはパートと同じように短時間の勤務する人を指すのは変わりませんが、学生が授業のない日や週末、夜間などに働くことを表すことが多いでしょう。法律上はパートとアルバイトの違いはありません。企業によって「パート・アルバイト」と使い分けていることが多いようです。

さまざまな雇用形態

フリーターやパートのほかにも、正社員、契約社員などさまざまな雇用形態があります。下記で解説するので参考にしてみてください。

 

正社員

正社員雇用は、企業によっては短時間やフルタイムの勤務があることも。それぞれの違いを挙げます。

 
フルタイム

正規社員と呼ばれることもあるフルタイムの正社員。企業の就業規則で定められた所定労働時間や上限期間の定めのない労働契約が企業と組まれ、多くの場合は定年退職するまで勤務できます。賞与や昇給、退職金などがあり、安定した収入を得られるでしょう。

 
短時間

短時間の正社員は、フルタイムの正社員と比べると、所定労働時間や日数が短いところが特徴。フルタイムの正社員と同様に雇用期間の定めはありません。時間当たりの基本給や賞与・退職金などの算定方法はフルタイム正社員と同じです。短時間正社員の導入は、就業機会を広げるため。子育てや介護、高齢からフルタイムでの勤務が難しい人や希望しない人の要望に応えらえるよう、取りいれる企業が多いようです。

 

契約社員

契約社員は、有期契約労働者ともいいます。雇用契約は企業と結び、雇用期間があらかじめ労働契約に定められていて、雇用期間が終了すると労働契約も終了。しかしながら勤務が5年を超えて更新となる場合、無期労働契約への転換の申込み権利が発生します。待遇や給与はこれまでと同じとされることが多く、労働条件はそのまま引き継がれるので安心です。

 

派遣社員

派遣社員も契約期間があらかじめ定まっていることは契約社員と同じですが、勤務先の企業ではなく人材派遣会社と雇用契約を結びます。派遣会社から企業に出向き、企業で業務を行うのが基本です。派遣には、登録型派遣や無期雇用派遣、紹介予定派遣などがあります。
登録型派遣は、派遣会社に登録する、登録期間は定まっているなどの条件があり、その期間だけ社員として雇用。
無期雇用派遣は、派遣会社に選考を受け、社員として勤務します。期間の定めはありません。
紹介予定派遣は、派遣社員として最長6ヶ月間企業に勤務することが条件。企業と本人の同意があった場合、企業の社員として雇用します。

 

フリーランス(業務委託)

フリーランスは、仕事に応じて企業と契約をします。写真家やWebデザイナーなど、個人で仕事をしている人が多く、独立した事業主です。企業に雇用されていないので、労働基準法は適応されません。勤務時間や休日も自分で決めることになります。定年退職もないので、長期的に仕事を持続できるでしょう。

フリーター・パートの面接対策

フリーターやパートの面接の対策をしておけば、いざというときに言葉に詰まることもなく、スムーズに受け答えができるでしょう。

 

よく聞かれること

面接でよく聞かれることの一例を挙げます。

 

・これまでにアルバイトをしたことはありますか?
・長所はどんなことですか?
・いつから勤務できますか?
・週にどのくらいシフトに入れますか?
・どうしてこのアルバイトをしようと思ったのですか?(志望動機)

 

長所や志望動機はあらかじめ考えておきましょう。

 

志望動機の伝え方

アルバイトの志望動機としては、「家から近い」や「お小遣い稼ぎ」などがあるでしょう。ただ、それだけでは志望動機として弱いため、事務職なら「黙々とする作業が好きだから」、飲食店なら「来店したときにスタッフの対応が良かった」など、その仕事に興味を持った理由を述べると好印象です。

 

履歴書の注意点

履歴書は黒いボールペンで書き、間違えてしまったら修正しないで最初から書き直します。記入欄に該当することがなかったら、記入漏れと思われないように「なし」と書くのがマナー。印鑑の押し忘れがないか、写真は貼ってあるかも確認しましょう。

正社員との違い

フリーターやパートで働くことと、正社員として働くことの違いは、年収の格差や社会的信用など。下記で詳しく解説します。

 

年収格差

フリーターの年収は、時給1,000円で1日8時間×5日の週40時間勤務とすると、月収は160,000円、年収は1,920,000円になります。厚生労働省の調べによると、正社員の平均年収は19歳までが1,792,000円、20~24歳が2,132,000円、25~29歳が2,457,000円、30~34歳は2,824,000円、35~39歳は3,133,000円という数値です。20代前半までの大きな違いはありませんが、正社員だと昇給や賞与があるので年々収入はアップしていることが分かります。
正社員以外(フリーターや派遣社員など)の平均年収は19歳までが1,655,000円、20歳~24歳で1,821,000円、25歳~29歳は1,982,000円、30歳~34歳になると2,049,000円、35歳~39歳で2,077,000円です。20代から30歳以上までは正社員と大きな変化はみられませんが、30代になると大きく差が開きます。フリーターや派遣社員などには昇給や賞与がほとんどないことから、格差が生まれてしまうといえるでしょう。

 

保険・税金

正社員であれば会社の社会保険に加入でき、所得税や住民税の税金も給与から天引きされるのが基本。
フリーターやパートの場合は、会社の社会保険に入るのは一定の条件(勤務時間や日数など)があるので、難しいこともあります。
また、年収が103万円を超えると扶養手当が受けられなくなり、所得税や住民税の支払い義務が発生するのです。さらに130万円を超えると家族の扶養から外れることになるので、保険料や住民税、所得税などを自分で負担することになります。

 

社会的信用

正社員とフリーターでは、社会的信用が違います。
フリーターの場合、出勤した日数や時間で給与は計算されるので、収入が安定せず、さらに雇用形態は「非正規」。収入と雇用が不安定なので社会的信用が低くなり、家や車などの大きな買い物をするときにローンが通りにくくなります。
正社員であれば、将来的にも保証されているので、大きな金額のローンも通りやすいでしょう。

 

参照元
厚生労働省
平成 30 年賃金構造基本統計調査の概況

就職するなら20代のうちに

正社員として就職するなら20代のうちにしましょう。なぜなら「年収格差」で述べたように、30代になると正社員とフリーターでは収入に大きな差が生じるからです。20代なら「ポテンシャル採用(潜在的な力を重視)」をしている企業も多いので、フリーターやパートの方でも挑戦しやすいでしょう。

正社員を目指して就活をするなら

正社員を目指して就活を始めるなら、自己分析や面接対策などの準備が必要です。下記にまとめたので、参考にしてください。

 

面接対策

アルバイトの面接と正社員の面接が違うことも頭に入れておきましょう。アルバイトの面接は軽装で良くても正社員の面接はスーツが必須です。そのほかにも気をつける点を挙げました。

 

・服装:スーツ(ネクタイやシャツ)、革靴
・髪型:清潔さを感じられるようにまとめる
・姿勢:胸をはり、顎を引く(座るときは浅めに腰掛け、寄りかからない)
・声の大きさ:小さすぎ大きすぎず、滑舌良く

 

姿勢や声の大きさに自信がないのなら、家族や友人にみてもらうと良いでしょう。

 

自己分析

自己分析は、自分の長所や短所が把握できるだけでなく、どのような企業が向いているのかもわかります。自己分析は以下の3ステップでできるので、ぜひ行ってください。

 

1.学生時代やフリーター時代などの過去の経験を書き出す
2.得意・不得意に分ける
3.「なぜ」得意なのか、不得意なのか深堀りする

 

深堀りすることで、自分の長所や短所がわかるので、自己PRに役に立つ出来事が見つかる確率が高いです。

 

企業・業界研究

企業・業界研究は、やりたい仕事を探すためにも必要なこと。業界の特徴や企業の事業内容、業界内での立ち位置、他者との違いや今後の動向を調べることで、志望動機を具体化し、企業と自分のミスマッチも防げます。

 

下記に企業・業界研究のやり方の例を挙げました。

 

1.企業のWebサイトから調べる
2.業界内の動向や企業情報などが記載されている就職情報誌や経済情報誌で調べる
3.会社説明会に行く

 

調べたら、専用のノートを作り、気になった企業を業種別ごとにまとめておくと良いでしょう。比較もしやすく、より深く企業のことを理解できることにくわえ、選考前の見直しに活かせます。また、志望動機の強化を図るためにも、しっかりと調べましょう。

 

このコラムを読んで、「正社員として働いてみようかな…」と少しでも考えてみた方は、転職エージェントのハタラクティブに相談してみませんか?ハタラクティブは、フリーターや既卒、第二新卒などの若年層を対象に就職・転職支援を行うサービスです。応募書類の添削や面接対策を、就活アドバイザーがマンツーマン体制で実施。サービスのご利用はすべて無料です。ぜひご利用ください。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

正社員経験がなくても大丈夫!

未経験OKの求人も多くあるため、あなたにぴったりな仕事が見つかります!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる