新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーターから正社員への就職
  4. >
  5. フリーターと他の雇用形態の違い
  6. >
  7. 契約社員はフリーターと扱いが一緒?両者の違いを詳しく解説

契約社員はフリーターと扱いが一緒?両者の違いを詳しく解説

公開日:

最終更新日:

契約社員はフリーターと扱いが一緒?両者の違いを詳しく解説の画像

【このページのまとめ】

  • ・契約社員とは勤務先の会社と雇用期間を定めた労働契約を結んで働く社員のこと
    ・契約社員とフリーターには給与形態や収入といった面で若干の差がある
    ・契約社員のほうがフリーターよりも経歴を評価されやすく就職活動でも有利
    ・契約社員のデメリットは契約の更新が絶対ではないことや正社員と比べ待遇が劣ること
    ・フリーターから待遇の改善を望む転身をするならば契約社員より正社員がおすすめ

監修者:多田健二

キャリアコンサルタント

今まで数々の20代の転職、面接アドバイス、キャリア相談にのってきました。受かる面接のコツをアドバイス致します!


「契約社員とフリーターの違いって何?」と疑問をもつ人も多いでしょう。
契約社員とフリーターはどちらも非正規の直接雇用。しかし、給料や社会的信用といった面で契約社員のほうが立場が上に見られることも多いようです。
このコラムでは、フリーターから契約社員に転身すべきか悩む人に向けて、両者の違いを詳しく紹介します。自分が何を大切にして働きたいかに目を向け、この先進むべき道を決める参考にしてみてください。

 

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

契約社員とは

契約社員とは、勤務先の企業との間で雇用期間を定めた労働契約を結んで働く社員のこと。有期契約労働者、準社員、臨時社員、非常勤と呼ばれることもあります。労働契約法で定められている契約社員の勤務期間は、最長で3年。そのため、契約期間の終了に伴い雇用契約が満了になるケースが多いとされています。
また、アルバイトやパートとして働くフリーターが勤務時間などを自由に選べるのに対し、契約社員はそれらが雇用先によってあらかじめ定められているのが一般的のようです。

契約社員とフリーターの違い

契約社員とフリーターには、主に給与形態や収入といった面での差があります。契約社員とフリーターでは、ほぼ扱いが変わらないという意見もあるようですが、具体的にどのような違いがあるのかを確認しておきましょう。

 
給与形態

契約社員が月給制などの固定給であるのに対し、フリーターは時間給で働くことが多いです。まれに月給制のアルバイトも存在しますが、その場合、休んだ分だけ支給額が減るという日給月給制を取り入れている可能性が高く、実質時給制とさほど変わりません。

 
平均年収

一般的に、フリーターより契約社員のほうが年収が高い傾向があります。これには両者の給与形態が影響しており、時給制できっちり働いた時間分しか給料が貰えないフリーターのほうが、どうしても不利な立場に置かれやすいといえるでしょう。

 
就業時間

契約社員がフルタイム勤務の場合が多いのに対し、フリーターは自分の希望に合わせたシフト勤務をする人が目立ちます。

 
仕事内容

一概にはいえませんが、契約社員が正社員と同等の仕事を任されるのに対し、フリーターが責任の重い業務を担当することはあまり多くありません。

 
社会的信用

若干ではあるものの、フリーターよりも契約社員の方が社会的信用を得やすい傾向があるようです。
契約社員は、仕事内容や就業時間が正社員と同等な場合が多いため、収入などの面でフリーターよりも信用を得られやすいことが理由の1つとして挙げられます。

契約社員とフリーターの待遇差が縮まる未来

2020年4月から開始された同一労働同一賃金の制度によって、契約社員とフリーターの待遇差が縮まる可能性があります。
同一労働同一賃金とは、同じ企業や団体で働く正規雇用労働者と非正規雇用労働者間にある待遇差の解消を目指すもの。雇用形態が異なっていても労働内容が変わらないのであれば、同じ給料を支払うべきという趣旨の制度です。
この制度が導入されることで、各雇用形態間の大きな違いは「契約期間が定められているかどうか」という点だけになります。契約社員とフリーターはもともと契約期間が決まっている有期雇用契約。そのため、同様の仕事内容で同じ給料をもらうようになれば、両者の差はほぼなくなるといえるでしょう。

契約社員の5つのメリット

フリーターとさほど変わらないともいわれる契約社員ですが、社会保険加入などの面ではそれなりのメリットがあります。いくつか具体的なメリットを紹介するので、フリーターから契約社員を目指そうと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

1.社会保険に加入できる

アルバイトやパートで働くフリーターの場合は、一定の条件(勤務時間など)を満たさないと社会保険に加入できないのに対し、契約社員は最初から完備されているのが一般的。社会保険に加入できるというのは、安定志向の強い人にとって魅力的な条件でしょう。

 

2.正社員より自由度が高い

契約内容にもよりますが、正社員よりも契約社員の働き方のほうが自由度が高いとされています。フリーターほどフレキシブルな働き方は望めませんが、1日8時間勤務をベースに、始業や終業の時間を個別に設定できる会社もあるようです。

 

3.フリーターより安定した収入を得られる

契約社員は正社員と同等の仕事内容を任されることが多いため、フリーターよりも高い収入を得られます。あまり多くはありませんが、なかには契約社員もボーナスや各種手当の支給対象となっている企業も。そのような企業で働ければ、より充実した収入を得て生活にゆとりをもてるでしょう。

 

4.フリーターより評価されやすい

契約社員は非正規雇用であっても職歴として認められるため、アルバイトよりも評価される傾向にあるようです。
フリーター時代のアルバイトやパートは職歴として認められにくく、履歴書には記載しないのが一般的。履歴書の空白期間が長くなるほど、就職活動時に企業側にアピールできる材料が減ってしまいます。その点、契約社員としての職歴は堂々と履歴書に記載できるので、これまでに得た経験やスキルをアピール材料にしながら就職活動を行えるでしょう。

 

5.正社員に登用されるチャンスがある

正社員登用制度を実施している企業で働く場合、契約満了後に正社員として雇用されるチャンスがあります。正社員登用制度とは、契約社員などの雇用形態で働く労働者が契約期間満了後に正社員に転身する制度のことです。一般的には1~3年勤続した後に昇級試験や面接を経て正社員に登用されるケースが多いとされています。ただし、かならず正社員になれると約束されている制度ではないため注意が必要です。

 

契約社員の4つのデメリット

契約社員の大きなデメリットとして、雇用期間に定めがあることが挙げられます。また、ボーナスや福利厚生といった面で、正社員と比べて待遇が劣ることが多いのも事実です。ここでは契約社員のデメリットとしてよく挙げらる例をいくつか紹介します。

 

1.契約更新が叶わない場合がある

雇用者と労働者が双方同意すれば契約を更新することができますが、契約期間の満了に伴って雇用契約も終了になる可能性があります。
2013年の労働契約法改定により、5年以上同じ企業で勤務した有期雇用者は申し出ることで無期契約に転換できるようになりました。しかし、あくまでも「無期契約」に変更できるだけで、正社員になれるかどうかは企業によって違うため注意が必要です。

 

2.昇給やボーナスが貰えない場合がある

契約社員は、昇給やボーナス支給の対象外になることがあります。契約更新や再契約の際に給与の見直しが行われる場合もありますが、正社員同様の一定的な昇給は難しいのが現状のようです。

 

3.福利厚生や諸手当が正社員より劣る場合がある

契約社員は、正社員に比べて受けられる福利厚生や手当の範囲が狭いこともデメリットの一つです。住宅手当や家族手当などを受けられるのは正社員のみで、契約社員は支給対象外とされていることは珍しくありません。また、正社員が交通費全額支給なのに対して、契約社員は一部支給や上限が設定されているといった企業もあるようです。

 

4.正社員よりも社会的信用が低い

社会的信用がフリーターより高いとされている契約社員ですが、正社員には劣ります。契約社員は有期契約であることから、安定した収入を得にくいと判断され、高額な住宅ローン審査などに通らないケースも多いようです。

より良い待遇を望むなら正社員を目指そう

もしフリーターより良い待遇を望んでいるなら、契約社員ではなく正社員を目指すのも一つの手です。
「フリーターよりは良いかな?」と考えて契約社員を目指す人は少なくありませんが、両者の待遇差はこの先ますますなくなっていく可能性があります。雇い止めの心配や、昇給・ボーナスといった金銭面でのメリットを考えるとやはり正社員のほうが有利といえるでしょう。

 

もし正社員就職に挑戦したいと思ったら、ハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブは、若年層の就職に特化した就職エージェント。これまで多くのフリーターや第二新卒の方の就職をサポートしてきた実績があります。
プロのアドバイザーがマンツーマンで対応し、カウンセリングから面接対策まで、あなたの就職活動を手厚くフォローアップするのが特徴。
取り扱う求人には未経験歓迎のものも多く、新たな環境でスタートしたいという方にもおすすめです。
相談や利用はすべて無料!「自分が契約社員と正社員どちらに向いているか知りたい」という人も、まずはお気軽にお問い合わせください。

 

こんなときどうする?契約社員に関するお悩みQ&A

正社員としての内定がなかなか取れず、契約社員としての就職を検討しているフリーターの方もいるのではないでしょうか。ここでは、契約社員に関するお悩みをQ&A方式で解決していきます。

 

 

契約社員とはどのような働き方ですか?

契約社員とは、企業と期限つきの労働契約を結んでいる社員です。
通常の正社員と同様に、あらかじめ会社から決められた労働時間・日数で働きます。また、契約期間が満了した場合は更新されるか、雇用契約が終了となるのが一般的です。法律上では、契約期間は最長で3年と定められています。詳しくは、このコラムの「契約社員とは?」をご一読ください。

フリーターと契約社員の違いは何ですか?

フリーターと契約社員の大きな違いは、勤務日数や労働時間の定めの有無でしょう。
基本的にフリーターは自分の都合に合わせて勤務日数や労働時間を調整できるのに対し、契約社員は正社員と同様に会社側からあらかじめ決められている傾向にあるようです。

契約社員のメリットを教えてください。

契約社員のメリットは、企業ニーズが高いことや転職活動の際にアルバイトよりも有利なこと。
契約社員は雇用期間に定めがあり、採用コストも安いことから、応募できる案件も多くあります。また、非正規雇用であってもアルバイトより評価されやすい傾向にあり、転職でも比較的有利なようです。契約社員のメリットについては、このコラムの「契約社員の5つのメリット」で詳しく解説しています。

契約社員のデメリットを教えてください。

契約社員の最大のデメリットは、雇用期間に定めがあることでしょう。
先述したように、契約期間の満了に伴って雇用契約が終了する可能性があります。また、昇給やボーナスがない、正社員に比べると福利厚生が充実していないといったデメリットもあります。詳しくは、このコラムの「契約社員の4つのデメリット」を参考にしてください。

フリーターよりも契約社員のほうが安定していますか?

そうとは限りません。
契約社員の契約期間は更新されることもありますが、会社の状況によっては途中で打ち切られる、更新されずに満了となるリスクもあります。
雇用の安定を求めているなら、正社員を目指すのがベターでしょう。
フリーターから正社員を目指したい方は、ぜひ就職・転職エージェントのハタラクティブのご利用をご検討ください。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

正社員経験がなくても大丈夫!

未経験OKの求人も多くあるため、あなたにぴったりな仕事が見つかります!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?