契約社員でもボーナスはもらえる?働き方改革の影響や収入増の方法も解説

契約社員でもボーナスはもらえる?働き方改革の影響や収入増の方法も解説の画像

【このページのまとめ】

  • ・ボーナスの支給は義務化されていないため、契約社員に支払わなくても違法ではない
  • ・契約社員にボーナスを支給する会社は少ない
  • ・契約社員と正社員のボーナスの平均値には、80万円以上の差がある
  • ・働き方改革により、契約社員でもボーナスをもらえる可能性が高まる
  • ・契約社員でもスキルアップや転職をすればボーナスをもらえる正社員を目指せる

「契約社員ってボーナスはもらえるの?」と疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか?契約社員にもボーナスを支給する企業はありますが、少ないのが現状です。
このコラムでは、契約社員のボーナス事情や正社員との給与額の差などを紹介。また、働き方改革による影響や、契約社員が収入をアップさせる方法もまとめています。今より収入をあげたい方や、契約社員として働くことに悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

契約社員にボーナスを支給する企業は少ない

契約社員でもボーナスをもらえないわけではありませんが、契約社員にボーナスを出している企業は少ないのが現実です。
ボーナスは雇用側から労働者への恩給的に支払うものであり、法律で支給が義務付けられているわけではありません。そのため、就業規則に支払う旨がなければ、ボーナスは支給されないでしょう。

企業が契約社員を雇用する理由の一つに、「人件費を抑えたいから」ということが挙げられます。仮にボーナスが支給されたとしても、正社員に比べてかなり少ない額というケースがほとんどです。寸志程度ということもあるでしょう。
また、ボーナスの支給は業績によって左右されます。契約社員にもボーナスを出している会社だとしても、思うように業績があがらなければ、真っ先に契約社員などの非正規社員からボーナスがカットされてしまうことが多いようです。

ボーナスについて詳しく知りたい方は、ボーナスの仕組みや平均支給額なども書かれているコラム「出ないのが普通?ボーナスの仕組みとは」をチェックしてみてください。

契約社員の定義

そもそも契約社員とは、勤務先である企業などと「有期労働契約」を結んで働いている非正規社員を指します。半年や1年間などの期限の定めがある契約を交わしたうえで働いている社員のことです。
契約社員のことを「準社員」や「嘱託社員」と呼ぶ企業もあります。

契約が更新されれば継続して同じ職場で働くことも可能です。しかし、更新がなければ、定められた雇用期間が終了するとともに退職となります。
正社員の場合は、原則的に雇用する側が定めた定年退職を迎えるまで勤務を続けられるのに対して、契約社員は自分の意思では勤務を続けることができません。

自分がどのようなスタイルで働くべきか悩んでいる方は、非正規社員と正社員との働き方の違いが書かれているコラム「正社員と非正規社員の働き方の違いを知ろう」をチェックしてみてください。

ボーナスの定義

ボーナスとは、「賞与」と呼ばれる特別給のことです。「夏期手当」「年末手当」「一時金」などと呼ばれることもあります。臨時に支給される報酬のことを指すことが多いようです。
正社員として働いている場合、毎月支給される給与以外に、夏と冬の年2回のボーナスが支払われることが一般的でしょう。

給与に関しては労働基準法で支払いが義務付けられているのに対して、ボーナスの支給については定めがありません。ボーナスは企業の利益を社員に還元したり、仕事をするうえでのモチベーションを高めたりするために支払われています。
また、法律上ボーナスには金額の定めもありません。会社の業績やノルマの達成になどによって支給額を決定している企業が多いようです。

契約社員と正社員のボーナスの差について

契約社員にボーナスが支給されたとしても、正社員との差はかなり大きいようです。平均値で比較しても、80万円以上の差が出る結果となっています。

契約社員と正社員のボーナス平均値

厚生労働省が2020年3月末に発表した「令和元年賃金構造基本統計調査」によると、契約社員と正社員の年齢別ボーナス平均値は以下のとおりです。

  契約社員の年齢別ボーナス平均値 正社員の年齢別ボーナス平均値
~19歳 2万5500円 15万1400円
20~24歳 7万5200円 43万6200円
25~29歳 11万9500円 76万8900円
30~34歳 13万400円 93万7300円
35~39歳 14万3500円 106万2100円
40~44歳 14万8200円 118万5800円
45~49歳 16万2700円 132万3900円
50~54歳 16万9800円 148万6300円
55~59歳 20万800円 144万9300円
60~64歳 49万7500円 85万7900円
65~69歳 22万9600円 58万2800円
70歳~ 12万4900円 35万1000円

引用元:厚生労働省「賃金構造基本統計調査 / 令和元年賃金構造基本統計調査 一般労働者 雇用形態別

表から見ても分かるとおりに金額の差は明らかです。契約社員の全年齢層のボーナス平均額は22万4300円である一方、正社員は108万4200円。高校や大学を卒業して定年まで働くとすれば、生涯賃金の差は大きくなっていきます。
正社員だと35歳を超えれば平均値が100万円以上となりますが、契約社員だとピーク時の60~64歳でも50万円以下です。
契約社員の場合は年齢別に大きな上昇の波はありませんが、正社員だと一気に上昇する年代があることが分かるでしょう。正社員の20代と、40代と50代では、2~3倍もの伸びがあり、60代を迎えるまでは100万円以上を維持できるようになっています。

参照元
厚生労働省
令和元年賃金構造基本統計調査

契約社員のボーナス事情は働き方改革によって変わる?

契約社員のボーナスは正社員と比べてかなり低く設定されていましたが、日本政府が進めている「働き方改革」によって、事情は今後大きく変わっていくことが予想されます。
働き方改革にの中の大きな課題の一つが、正社員と非正規雇用労働者の格差の是正です。

2020年4月から、働き方改革の目玉の一つでもある「同一労働同一賃金」制度の施行が開始されました。この制度こそが、不合理だとされてきた正社員と非正規雇用労働者の待遇差を禁止するものです。
具体的には、正社員と同じ内容の仕事をしている契約社員やパートタイマー労働者などの非正規雇用者に、正社員と同じ賃金を与えるというものです。

2018年に国会で、正社員と非正規社員間の「不合理な待遇の相違の禁止」を定めたパートタイム・有期雇用労働法が成立しました。これを受け、大阪高裁で2019年2月15日に非正規雇用社員にもボーナスの支払いを命じるよう判決が下されています。
これにより、正社員と契約社員などの非正規社員との間に待遇差があることは違法と判断されました。

今後はボーナスだけではなく、給与や福利厚生の扱いも見直されることが期待されています。すでに開始されている「同一労働同一賃金」制度では、福利厚生も同等の待遇にすることが定められています。
契約社員だとしても、あらゆる面で正社員と同等の待遇が受けられることが期待できるでしょう。

また、正社員と契約社員の待遇が同等になれば、正社員登用の流れも加速する可能性があります。
ただし、「正社員にはノルマが課されているのに対して、契約社員にはノルマがない」など、待遇や仕事内容が異なる場合は「不合理な待遇差」には当たらないので注意しましょう。

同一労働同一賃金の導入によって非正規雇用との差がどうなっていくのか気になる方は、「正社員のメリットって何?同一労働同一賃金についても詳しくご紹介」もチェックしてみてください。

契約社員として働く5つのメリット

契約社員はボーナスが支給されなかったり少なかったりするデメリットがありますが、メリットもあります。以下に、契約社員として働くメリットを5つ紹介しますので確認しておきましょう。

1.副業が許されている

契約社員にも副業を禁止している企業もありますが、正社員と比べると自由が許されている傾向があります。ボーナスがなくても、副業で収入を増やすことが可能です。

2.転勤がない

正社員と比較すると、契約社員にはあまり転勤が求められません。契約社員は契約の時点で勤務地が限定されている場合がほとんどです。

3.人間関係に悩まされる可能性が低い

職場に嫌な上司や苦手な人がいても、契約社員であれば一定の期間だけ我慢すれば良いので、人間関係に悩まされたりいざこざに巻き込まれたりする可能性が低いようです。

4.資格やスキルを活かして働きやすい

契約社員であれば、自分が持っている資格やスキルなどを活かせる職場や部署に配属されやすいため、能力を活かして働くことができる可能性が高いです。

5.残業が少ない

契約社員は比較的残業が少なく、勤務時間の融通がききやすいメリットがあります。子どものお迎えがある方や、夜は別の仕事や勉強に時間を割きたい方などは、あえて契約社員を選択するケースもあるでしょう。

契約社員の働き方について詳しく知りたい方は、「契約社員のメリット・デメリットとは」のコラムもご覧ください。

契約社員がボーナスをもらう方法

ここでは、契約社員がボーナスをもらう方法を2つ紹介します。現在契約社員として働いている方や、これから働くことを検討している方は確認しておきましょう。

交渉して契約社員にもボーナスを支給してもらう

現在ボーナスなしで契約社員として働いている場合は、企業に掛け合って支給してもらうよう交渉してみましょう。ボーナスをもらうに値する仕事ぶりがあれば、支給してもらえる可能性があります。
また、すぐに支給ありへ変更することは難しくても、契約更新時に検討してもらえるかもしれません。会社に利益をもたらす人材であることをアピールできれば、ボーナスをもらえることもあるでしょう。

契約社員にもボーナスが出る企業に就職する

契約社員にもボーナスを支給してくれる企業に就職しましょう。求人票を見たり、転職エージェントや企業の採用担当者に質問したりして、事前に確認してください。

ボーナスの金額の目安について知りたい方は、「ボーナスの計算方法とは?種類別に詳しく解説」のコラムもおすすめです。

契約社員がボーナス以外で収入を増やす3つの方法

契約社員で働いており、現在の職場ではボーナスの支給が期待できない方に向けて、ここではボーナス以外で収入を増やす方法を3つ紹介します。

1.副業をする

ボーナスがもらえない契約社員には、副業をして収入をアップさせる方法がおすすめです。就業規則で禁止されていないかどうか確認し、問題なければ副業を検討しましょう。
資格や特技を活かしてできる仕事であれば時給面でも優遇されていることが多く、本業よりも高給与を副業で稼いでいる方もいます。
日中の仕事の空き時間でもやれる仕事も数多く見つけることができますし、趣味を活かしたりゲームをしたりしてお金がもらえる方法もあります。

2.条件の良い職場に転職する

今の職場にこだわらないで、より条件の良い職場に転職することも、収入アップの有効手段です。
多くの経験をすることにより、自然に知識もスキルも身について、次の転職先では時給がアップすることもあります。
在職中も常に条件が良い職場がないかアンテナを張っておくことにより、高収入で理想の職場で働くことができる可能性が高まります。

3.正社員になる

「今の職場で引き続き働きたい」と思っているなら、ボーナスがもらえる正社員として登用してもらえるように交渉してみるのも、一つの方法です。契約社員では不可能だった昇格もできることになり、努力するほど収入アップに結び付く可能性が高まります。
「同一労働同一賃金」制度の施行が開始され、契約社員にはいろいろなメリットがあるからといっても、収入面も含めて長期間安定して働くことができる正社員は魅力的です。

「収入をアップさせたい」「正社員になりたい」という方は、ハタラクティブにご相談ください。
若年層向けの就職支援を行っている「ハタラクティブ」では、正社員求人を豊富にご用意しております。
あなた専任のキャリアアドバイザーが希望条件を丁寧にヒアリングし、求人紹介を行います。また、履歴書・職務経歴書の作成や、面接対策などに関するサポートも万全です。
サービスはすべて無料。まずはお気軽にご連絡ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION