新入社員のボーナスはいつからもらえる?夏冬の支給タイミングと平均額

新入社員のボーナスはいつからもらえる?夏冬の支給タイミングと平均額の画像

この記事のまとめ

  • 新入社員は、夏のボーナスは評価対象になる仕事の成果がないため寸志程度が多い
  • 新入社員の場合は、冬のボーナスから満額支給される
  • 公務員のボーナスは、法律で決められた金額が支給される

就職するときに気になるのがボーナス。新入社員にも支給されるのか、されるとしたらいつもらえるのか、まとめました。そもそもボーナスは法律で支払いを定められている賃金ではないため、支給の有無は会社によって異なります。コラムの内容を確認して、ボーナスが支給される場合の条件や金額などを知っておきましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

新入社員のボーナスはいつから支給されるの?

ボーナスは、一定期間における仕事の成果に対して支払われるお金です。そのため、4月に入社してまだ会社への貢献度が低い新入社員には、夏のボーナスは支給されない、あるいは寸志程度が多いようです。
一方で、公務員には必ず賞与が支給されるという規定があります。しかし、公務員の場合も民間企業と同様、在籍期間がまだ短い新入社員の夏のボーナスは一部支給となります。

ボーナスとは

ボーナスとは、毎月の給与とは別に支給される特別賞与のことで、夏と冬の年2回支給されるのが一般的です。しかし労働基準法で定められているわけではないため、もともとボーナスの支給が無い企業や、業績の悪化により途中から支給されなくなるケースもあります。入社時には、しっかり会社の規定を確認しておくことが重要です。
そもそも「ボーナスってどういう意味?」「いつもらえるの?」という人は、「ボーナスとは?基本給の何ヶ月分がもらえる?支給時期や平均額も紹介!」のコラムを読んでみてください。

ボーナスの支給日

民間の企業では、入社した年の6月下旬から7月上旬に夏のボーナス、12月に冬のボーナスが支給されることが多いようです。
公務員は、6月30日頃と12月10日頃に支給されます。ボーナスの支給日については、「ボーナス支給日はいつ?振り込まれる時期や心得ておくべき注意点をご紹介」のコラムでも解説しています。

新入社員のボーナス平均額

厚生労働省が公表している「令和2年賃金構造基本統計調査」によると、大学卒の新入社員(正社員)のボーナスは年間で平均7万4,100円というデータが出ています。この数字には、ボーナスが無い企業も含まれているため、支給された人だけに限定すると、平均ボーナス金額は高いものになるでしょう。

ボーナスにも保険や税金がかかる

ボーナスも通常の給与と同様に、社会保険料や税金が控除されます。そのため、ボーナスの手取りは支給額の8割ほど。新卒社員の平均ボーナス金額である7万円なら、手取りは、5万6000円です。経験や年数を積んでボーナス額が上がっても控除されることに変わりはないため、ボーナスをアテにした高額な買い物は控えるようにしましょう。

参照元
厚生労働省
令和2年賃金構造基本統計調査

新卒公務員のボーナス

新卒で勤務をし始めた公務員の場合は、法律で定められています。法律で定められたボーナスの金額は、令和3年度は年間で月額給与の4.30ヶ月分です。しかし、勤務して3ヶ月でのボーナス支給は、人事院の定めによって半年勤務の条件を満たしていないことから3割の支給となっています。
計算式は以下のようになります。

月額給与の4.30ヶ月分全額支給とした場合

新卒公務員の平均月額給与×月額給与の◯ヶ月分
=17万9,200円×4.30ヶ月分
=77万560円(夏冬それぞれ約38万円ずつ)

夏のボーナスの3割+冬のボーナスとした場合

=77万5,606円÷2×0.3+77万5,606円÷2
=385,280円×0.3+385,280円
=115,580円+385,280円
=50万864円

以上の計算式から、新卒公務員のボーナス平均は年間で約50万円と推測されます。
公務員のボーナスというものは、民間企業とかけはなれたものにならないように人事院が勧告して、給与法の改定を促しているのです。また、公務員は年功序列の傾向が強いため、安定してボーナスが支給されるいっぽう、民間企業のように仕事で大きな成果を挙げてもボーナスには反映されにくいのが特徴です。

業界ごとのボーナス平均金額

この項目では、業界ごとのボーナス平均金額について紹介していきます。厚生労働省が公表した「令和3年賃金構造基本統計調査」によると、業界別ボーナスの平均金額は以下のようになっています(企業規模1,000人以上)。

産業 年間賞与その他特別給与額
鉱業、採石業、砂利採取業 179万3800円
建設業 181万9300円
製造業 148万1400円
電気・ガス・熱供給・水道 139万5500円
情報通信業 185万3600円
運輸業、郵便業 92万600円
卸売業、小売業 102万3900円
金融業、保険業 146万9400円
不動産業、物品賃貸業 140万2900円
学術研究、専門・技術サービス業 166万1500円
宿泊業、飲食サービス業 43万7200円
生活関連サービス業、娯楽業 51万2700円
教育、学習支援業 166万7500円
医療、福祉 87万7500円
複合サービス事業 102万3000円
サービス業(他に分類されないもの) 53万2300円
産業計 117万円

引用:厚生労働省「賃金構造基本統計調査

もっともボーナス額が高かったのは情報通信業の185万3600円。宿泊業・飲食サービス業の43万7200円のおよそ4倍と、大きく差が開いていることが分かります。業界によってボーナス額の大小に傾向があるため、新入社員がもらえるボーナス額にも影響が出るでしょう

参照元
厚生労働省
賃金構造基本統計調査

ボーナスは何に使う?

もらったボーナスを何に使うかは人それぞれ異なりますが、多くの新入社員の方は初めてのボーナスをどのように使っているのでしょうか。
主な使いみちを以下に挙げてみました。

・両親へのプレゼント
・自分へのご褒美
・旅行
・生活費
・貯金
・奨学金の返済 

先でも述べましたが、ボーナスは法で定められたものではなく、当たり前にもらえるものではありません。
民間企業では、今後もずっとボーナスが支給され続けるとは限らないのが現実です。
支給された事に感謝をしつつ、しっかりと考えて後悔のない使い方をしましょう。ボーナスをもらった時の使いみちを予め考えておくと、いざもらった際に計画的な使い方ができるはずです。

ボーナスが少ない・もらえないときは

ボーナスは企業の意向や業績によって大きく変動するもの。また、支給額も会社によって異なるため、ボーナスに頼って生活を送るのは危険です。
とはいえ、働く以上はボーナスをもらいたいもの。業績や情勢にかかわらずボーナスが少ない場合は、ボーナスの基礎となる基本給が低く設定されている可能性があります。妥当な評価や支給を受けたいと思ったら、正当に評価してくれる企業に転職するのも一つの方法でしょう。

正しく評価してくれる企業を探しているなら、転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。企業訪問でしっかり確認した勤務条件をお伝えしながら、希望に沿った求人をご案内いたします。
新卒入社した会社からの転職など、初めての就職や転職でも大丈夫。専任のアドバイザーがしっかりサポートいたします。企業に聞きづらい年収やボーナス、評価基準などはアドバイザーが代行で確認するので、納得したうえで選考を受けることが可能。希望に沿った転職を叶えるなら、ぜひハタラクティブをご利用ください。

この記事に関連するタグ