年収350万の手取りは低い?貯金方法や将来設計についても解説

年収350万の手取りは低い?貯金方法や将来設計についても解説の画像

【このページのまとめ】

  • ・年収350万円だと、毎月のの手取りは約20万円
  • ・年収350万円なら、生活費と別に貯蓄にまわす余裕がある
  • ・20代で年収350万円なら結婚も目指せる
  • ・年収350万以上にしたいなら、資格取得や副業も手
  • ・転職して、年収アップを図ることもできる

年収が350万円ほどで、将来設計に不安をいだいている人は、少なくないでしょう。年収350万円というと、毎月20万円ほどの手取りがある計算になります。結婚や子育てができなくはないけれど、決して余裕のある生活ではないでしょう。コラムでは、年収350万円で目安となる生活スタイルや、貯蓄額を増やしたいときのポイントも紹介します。年収が350万程度の方や、結婚を考えている方は、参考にしてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

年収350万の手取りはいくら?

年収350万円の場合、所得税・住民税・社会保険料などを差し引いた手取り額は、250~280万円ほどです。月計算では20万~24万円程度で、毎月の手取りは約20万円となります。手取りが毎月約20万円あれば、ある程度の生活や貯蓄を維持できるでしょう。

年収350万は高い?低い?

国税庁の「令和元年分民間給与実態統計調査(21p)」によると、男女合わせた平均年収は、20歳~24歳が264万円、25歳~29歳が369万円です。このデータから、20代で年収350万円は、平均的な給与であることが分かります。

20代男性の平均年収

先述の資料によると、男性の平均年収は、20歳~24歳で278万円、25歳~29歳で403万円です。20代のうちに、年収350万超を目指すことも可能といえます。勤続年数が長いほど給与額が上がる企業が多いため、同じ企業で着実に経験を積めば、収入もアップしていくでしょう。

20代女性の平均年収

女性の平均年収は、20歳~24歳が248万円、25歳~29歳が328万円で、年収350万に満たない傾向にるようです。女性の場合は男性と比較すると、年収の上昇が緩やかな傾向にあります。女性は男性と比較して、妊娠・出産・育児などライフステージの変化による退職が多いことや、正社員ではなく非正規社員として勤務する場合が多いことが、このデータの要因でしょう。

参照元
国税庁
令和元年分 民間給与実態統計調査結果

年収350万の生活スタイル

20代としては平均的な年収350万円では、どのような生活ができるのでしょうか。ここでは、1人暮らしの場合と、結婚して共働きの場合に分けて、シュミレーション結果を紹介します。これからの将来設計を考えるうえで、参考にしてみてください。

1人暮らしの生活例

都内のワンルームに1人暮らし、かつ手取り23万円の場合を例に解説します。

(手取り23万円の支出例)
・家賃:7万
・食費:3万
・光熱費:1万
・通信費:1万
・娯楽、交際費:4万
・服飾、日用品:3万
・貯金:4万

頻繁に贅沢をしなければ、年収350万でも生活を送ることが可能です。
家賃は収入の3分の1程度を目安にしましょう。収入に反して家賃の高いところに住むと、生活が厳しくなってしまう可能性があります。
また、自炊を心掛けたり、通信費を削ったりして、計画的に収支をコントロールできれば、上記以上の貯金も可能です。

結婚して共働きの生活例

都内で夫婦2人暮らし、それぞれ手取り23万円の場合は、以下のとおりです。

(1人あたりの手取りが23万円の支出例)
・家賃:9万
・食費:6万
・光熱費:2万
・通信費:2万
・娯楽、交際費:8万
・服飾、日用品:6万
・そのほか費用:3万
・貯金:10万

上記はあくまでも一例です。パートナー同士で共働きし、各種費用を折半すれば、1人あたりの生活費が安くなる場合もあります。年収350万円の夫婦でも、貯金はできるでしょう。
なお、家賃や物価は地域によって異なるので注意が必要です。特に首都圏では、支出額が大きくなる可能性があることも理解しておきましょう。

年収350万で結婚を目指すときの心構え
年収350万円で結婚を目指すときは、相手との将来設計をしっかりと考える必要があります。夫婦どちらも正社員として働けば世帯収入が増え、生活をさらに安定させることが可能です。
ただし、どちらかがパートやアルバイト、専業主婦(夫)になる場合、年収350万というのは、節約を心掛けなければならない収入といえます。2人暮らしのときや、子どもが増えたときのシーンを考慮し、何にどれくらいの費用が必要になるか、理解しておきましょう。家族が増えると支出も多くなると想定できます。パートナーとよく話し合い、お金の使いみちを決めましょう。

年収350万の生活のポイント

上記で紹介した年収350万円の生活スタイルは、日常生活での出費です。将来的に、家や車といった大きな買い物をする計画がある場合は、別途お金の計算をしておきましょう。
毎月支払い続ける経費となるため、無理のないプランニングが必要です。

1.住居費

無理なく支払える家賃の目安は、年収の25~30%といわれています。年収350万円であれば、家賃は7万円前後が目安です。住んでいる地域や一緒に住んでいる家族の人数によって差はありますが、一般的な目安として、頭に入れておきましょう。予算の中から住みやすい物件を見つけるために、優先順位はあらかじめリストアップしておくことをおすすめします。間取りや駅からの距離、オートロックの有無など、優先順位を決めてから探すと、理想の家探しができるでしょう。引っ越しも大きな出費となるため、妥協なく探していくことが大切です。
賃貸ではなく、家の購入を考えている人もいるでしょう。住宅を購入するとなると、ハードルとなるのが住宅ローンです。自身の年収で審査が通るのか、心配になる人もいるでしょう。審査にはさまざまな条件があるため、年収350万円だから通る・通らないとはいえません。しかし、年収350万円でも住宅ローンを組むことは可能でしょう。住宅ローンの目安は、年収の約5倍といわれています。年収350万円であれば、住宅ローンの目安額は1,500~1,750万円です。この金額なら、無理なく返済していけるでしょう。住居費については、「家賃の目安は手取り額で決まる?収入に対して理想の割合を解説」もご覧ください。

2.車の予算

家賃や住宅ローンと並んで大きな出費となるのが、車のローンや維持費です。住宅ローンと同様に、車のローンも、年収350万円で審査に通る場合もあるでしょう。車を購入する際は、ローンを組む際のプランニングだけではなく、維持費についても考慮することが大切です。住居環境によって、車は必需品となります。同居する家族の人数にもよりますが、家計が圧迫しない程度の予算におさめることが大切です。目安としては、車購入の予算は年収の半分程度といわれています。

3.子どもの教育費

子どもがいる家庭であれば、教育費も大きな出費のひとつとなります。自身の子どもが進路を考えているときに、家計の事情によって諦めさせるのは心苦しいと感じてしまうでしょう。
文部科学省の調査によると、子どもの養育費は公立の小学校で約32万円、中学校では約49万円、高校では45万円です。私立の学校となると、これ以上に費用が掛かるでしょう。50万円弱は教育費で消えてしまうとすると、年収350万円の手取りは250万円ほどなので、残るのは約200万円となります。子どものいる家庭では、早い段階から学資保険や貯金などで蓄えておくのがベターです。

参照元
文部科学省
結果の概要-平成30年度子供の学習費調査

年収350万で貯蓄額を増やす4つのコツ

年収350万で貯蓄を増やすには、今掛かっている費用を節約する必要があります。収支にメリハリをつければ、貯蓄できるポイントが見えてくるでしょう。下記では、貯蓄額を増やすコツについて詳しくまとめましたので、参考にしてみてください。

1.固定費を見直す

年収350万の場合、計画的な買い物やこまめに電気を消す節約よりも、固定費を削る方が長期的な出費を抑えられます。たとえば、家賃が低いところへの引っ越しで家賃を減らしたり、会社の近くへ引っ越して交通費を削ったりすれば、固定費が大幅に削減できるでしょう。また、スマートフォンやインターネットなど、毎月支払っている料金の見直しを行えば、差額を貯蓄に回すことも可能です。

2.無駄な出費がないかどうか確認する

年収350万で十分に貯蓄をするなら、無駄な出費はNGです。買い物をしたときは必ずレシートを受け取り、無駄な出費がないかどうかチェックしましょう。レシートをもとに、簡易的な家計簿をつけると、収支のバランスが分かります。高額なものを購入していなくても、頻繁に外食をすると、出費がかさむので注意が必要です。

3.現金を使用目的別に封筒で分ける

家計簿をつけるのが難しい、続かないという人には、あらかじめ生活費を分けて用意しておく方法がおすすめです。固定費や貯金を除き、1カ月で生活費として使える金額だけを封筒に小分けにしておきましょう。「年収350万の生活スタイル」で紹介したシミュレーション額も参考にしてください。細かく分け過ぎると、分ける作業を手間に感じ、長続きしない可能性があります。自分が把握できる範囲で、封筒を用意することが重要です。

4.クレジットカードを使わない

貯蓄を増やしたいと考えるなら、クレジットカードの使用を控えるのも手です。クレジットカードは、現金を持ち合わせていないときの支払い手段として、便利なものでしょう。しかし、クレジットカードで支払うと、支出額が目に見えず、管理しづらい側面もあります。現金で管理すれば、お金の流れを比較的明確に把握しやすく、節約しやすいでしょう。また、クレジットカードのポイントを貯める目的で、出費が増えてしまうのを避けられます。

年収350万から収入をあげる3つの方法

将来設計を考えるにおいて、貯蓄額はあるに越したことはありません。上記のように、支出を削って貯蓄する方法もありますが、そもそも年収350万から上げるというのも、貯蓄を増やす手段です。

1.資格取得や昇進試験を目指す

現在就いている会社や職種にもよりますが、資格取得や昇進試験によって、年収が上がる場合があります。年収アップだけではなく、自身のスキルアップにも繋がる方法です。「資格手当の相場はどのくらい?収入アップにつながる?資格別にご紹介」では、資格手当と収入アップについて、詳しく説明しているので、参考にしてください。資格を取れば、できる仕事が増えるうえに、年収350万以上になれる可能性もあるので、おすすめです。

2.転職を検討する

資格取得や昇進試験によって年収がアップする制度がない会社に勤めている場合には、転職するのもひとつの方法です。特に、会社から正当な評価を得られていないと感じている人や、今後明確な目標がある人には、適しているといえます。ただし、転職により年収350万を下回ってしまうリスクもあるでしょう。年収アップのために転職するなら、慎重に行っていくことが大切です。

3.副業にチャレンジしてみる

貯蓄額を増やすことを考えているのであれば、副業にチャレンジしてみるのも良いでしょう。本業ではチャレンジしにくいことでも、副業であれば気軽に取り組めるというメリットもあります。エンジニアやデザイナーなど、スキルが必要な本業をしている人なら、そのスキルを活かした副業もできるでしょう。時間や体力に余裕があれば、プラスアルファの収入が見込めます。年収350万を超えるために、チャレンジしてみてください。「収入を増やしたい…正社員は副業しても大丈夫?」でも、副業について解説しています。

年収350万は、一人暮らしはもちろん、結婚しても生活していけるだけの収入といえるでしょう。しかし、将来を考えれば、少々心もとない金額であると感じる人もいるのではないでしょうか。
年収をアップのために転職をしたいと考えている方は、ハタラクティブにご相談ください。自身に合った業種や、理想とする年収に合った求人を紹介します。
面接日程の調整や先方との連絡は、アドバイザーが行うため、在職中の方でも余裕を持って転職活動に臨めます。無料で利用できるので、お気軽にお問い合わせください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION