新卒で契約社員はもったいない?メリットとデメリット

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 新卒で契約社員はもったいない?メリットとデメリット

2017/10/24

【このページのまとめ】

  • ・新卒が契約社員を選ぶのは、内定が出ないことのほかに、志望企業が正社員を募集していない、フルタイムで責任のある仕事をする自信がないなどの理由がある
    ・新卒で契約社員になると、ビジネスマナーを身につけられる、さまざまな企業を見た上で企業選びの軸を作れる、留学や結婚などのライフプランに合わせやすいなどのメリットがある
    ・デメリットは、有期雇用契約で安定感がないこと、能力や給与などの成長が見込めないこと、適用されない福利厚生もあることなど
    ・正社員と契約社員で迷ったら、正社員の方が安定した生活を送りやすいことを踏まえ、自分のライフスタイルや目標と照らし合わせた上で選択しよう

新卒で正社員としての就活をせず、契約社員として就職する人が少なくありません。正社員の新卒採用は採用人数が多くポテンシャル採用を行っていることから、中途採用よりも窓口が広いと考えられています。
なぜ、新卒で契約社員になるのか?当コラムでは契約社員を選ぶ理由や、契約社員として働くメリット・デメリットをご紹介。
正社員と契約社員、どちらの雇用形態を目指して就活すべきか悩んだ時の参考にぜひどうぞ。


◆新卒で契約社員になる理由

新卒として就活をしているけど内定が出ない…と不安になっている人の中には、ひとまず契約社員として就職することを検討している方もいるのではないでしょうか。
また、内定が出ないことのほかにも契約社員になる人にはさまざまな理由があるようです。どのような理由が多いのかご紹介します。

・希望する会社に正社員の求人がなかった

どうしても志望企業で働きたいという場合、新卒の就活時期に希望の職種の正社員を募集していないことがあります。雇用形態よりも志望企業で働くことを重視し、契約社員として就職するという人もいるようです。
契約社員に正社員登用制度を適用している企業も多く、経験を積みながら正社員を目指すという選択をする人もいます。

・正社員として働くことに自信がない

正社員になると、アルバイトや契約社員よりも責任は大きく、労働時間が長くなることが考えられます。体力的・精神的に、週5日、フルタイムで働く自信がないという人もいるようです。
自分の時間を大切にしたい、比較的自由な環境で働きたいという人も、正社員としての勤務を難しく感じるという傾向があります。

このように、新卒の契約社員の中には自ら選択して契約社員になる人もいれば、やむを得ず契約社員になった方などさまざまなケースがあります。





◆新卒で契約社員になるメリット

正社員を目指して就活を続けるか、契約社員として働くかを決断するには、契約社員になるメリットとデメリットを把握しておいた方が良いでしょう。
まずはメリットについてご紹介します。

・ビジネスマナーを身につけられる

ビジネスマナーはネットや本を見れば知識として学ぶことはできますが、実際に身につくかは別の問題。実践を通してしか身につかない場合もあるでしょう。
契約社員は正社員と同程度のスキルを求められる場合があるため、ビジネスマナーについても研修や業務を通して身につけられる環境が整っています。

・業界や職種が自分に合っているか見極められる

契約社員は雇用期間に定めがあるため、契約内容や更新の状況によってはさまざまな業界・企業を見ることができます。
自分に合う働き方や業務内容を見極め、正社員として就職する時の軸を立てやすくなるといえるでしょう。

・ライフプランに合わせて働ける

正社員になると各種休暇制度や福利厚生は充実しているものの、留学など長期間に及ぶ休暇を取ることは現実的ではありません。入社してすぐに結婚して寿退社するというのも、教育にかかる時間などを踏まえれば、社会人としての常識に欠けるといえるでしょう。
このように留学や結婚などライフプランが決まっているのであれば、契約期間が限定されていることはメリットになります。



◆新卒で契約社員になるデメリット

メリットが豊富に感じられる契約社員ですが、下記のデメリットもきちんと確認した上で選択しましょう。

・雇用が不安定

契約社員は有期雇用契約のため、契約期間が満了になると更新されないこともあります。
期間満了後は再び就活をしなければならず、生活が安定しづらいことが考えられるでしょう。
同一企業で累計5年間契約した場合は、無期雇用契約への転換権利が発生するのでは?という疑問を持つ方もいるかもしれませんが、この制度はあくまで「権利が発生する」のみ。行使されないこともあり、将来的な不安が払拭できるとは言えないのではないでしょうか。


・スキルアップや昇給、昇格の機会が少ない

正社員と同程度の能力を求められることもある契約社員ですが、責任の大きい仕事は正社員に割り振られます。
業務実績を残せる業務や、スキルアップできる内容に携われることは少ないのではないでしょうか。
昇給や昇格を期待しづらい上、能力面でも大きな成長が見込めないといるでしょう。

・福利厚生が全て適用されるとは限らない

基本的に、会社が導入している福利厚生は正社員向けに作られた制度です。
契約社員にも適用されるかは、企業によって異なります。


このように、給与面や福利厚生、成長性、雇用など、正社員の方が安定しています。
自分のライフスタイルや目標などをしっかり考えた上で働き方を考えましょう。


正社員の就職を目指すか、契約社員になるかでお悩みの方はハタラクティブへご相談ください。
ハタラクティブは、経験豊富なアドバイザーがマンツーマン体制で就職・転職をサポート。正社員に就職するための書類作成・面接指導を行っているほか、カウンセリングによって適職やあなたにぴったりの企業をご紹介することも可能です。
未経験OKの求人も多数ご用意しています。ぜひ一度、お問い合わせください。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

関連記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

19卒乗り遅れた

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ