契約社員と正社員の違いは何?自分に合った働き方を選ぶには

契約社員と正社員の違いは何?自分に合った働き方を選ぶにはの画像

【このページのまとめ】

  • ・契約社員は、雇用期間が限定されるという点で正社員と違いがある
  • ・社会保険や有給取得など、正社員と同じ待遇を受けられる部分もある
  • ・契約社員と正社員とで、利用できる福利厚生に違いがある
  • ・契約社員は、自分のスキルを仕事に活かせることや副業ができるメリットがある
  • ・契約社員と正社員の違いは、雇用や収入面の安定や出世の機会

契約社員と正社員の違いは、雇用形態や働き方にあります。だからこそ正社員を目指す人も多いのではないでしょうか。正社員の方が収入面や福利厚生がしっかりしていて、安定しているというイメージを持つ方も多いはずです。しかし、契約社員のように正社員とは異なる雇用形態の求人も多くなっており、働き方の選択肢が増えています。
このコラムを通じて、契約社員と正社員の違いを知り、自分に合った働き方を選びましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

契約社員とは?

契約社員とは、期間に定めがある労働契約を結び、職務に従事する労働者のこと。この契約を有期雇用契約といい、雇用期間は最長で3年間と決まっています。そのため、雇用期間を過ぎたときには契約を終了して退職するか、更新して働き続けるかの選択を迫られることになるでしょう。
いずれの場合も企業と労働者双方の意思によって決められ、働きぶりが評価されれば正社員として登用されることも。企業によっては「非常勤」「準社員」「嘱託」「臨時社員」など呼び方が異なる場合もありますが、雇用期間に定めがある雇用形態は、すべて契約社員です。
契約社員については、「新卒で契約社員にメリット・デメリットは?」のコラムでも解説しているので、こちらもご覧ください。

契約社員と正社員の違い

契約社員と正社員の大きな違いは、会社と雇用契約を結ぶ際に「雇用期間に定めがあるかどうか」です。待遇面では、一般的に契約社員は賞与や退職金は支給されない場合が多く、有給休暇はあっても傷病休暇はないことも。また、契約社員と正社員では、利用できる福利厚生に違いがある場合もあります。
しかし、契約社員は雇われる期間が決まっているというだけで、条件面では正社員と変わらない部分が多くあります。たとえば、社会保険への加入や有給休暇の取得は契約社員でも可能です。社会保険とは厚生年金、健康保険、労災保険、雇用保険のこと。社会保険は一定の規定を満たした会社はすべて加入する義務があるため、正社員でも契約社員でも完備されています。

有給に関しても、所定労働日の一定数以上勤務をしていれば契約の形態を問わず支給されるため、支給日数も正社員と変わりません。また、解雇についても、労働基準法第二十条による解雇予告の義務が適用されるので、「明日から突然職を失う」といったことはなく、正社員の場合と同様、30日前には予告されます。

参照元
労働基準法
第二十条(解雇の予告)

派遣社員との違い

派遣社員の場合は、契約先が派遣会社になります。派遣先でのトラブルや相談などは派遣会社が対応してくれるため、安心して働くことができます。派遣は期限付きの雇用ですが、次の派遣先を紹介してもらえるのも派遣社員の特徴です。
また、派遣社員には、初めは派遣会社を介して働き、安定した雇用を望む場合は、直雇用に切り替えるという選択肢もあります。直雇用への切り替えを視野に入れている場合は、紹介予定派遣を取り入れている派遣会社を選ぶことをおすすめします。また紹介予定派遣でなくても、働きながら派遣先での直雇用を目指す方法もあります。
派遣社員の働き方についてもっと詳しく知りたい方は、「派遣社員とは何か?種類や正社員との働き方の違いを解説」のコラムでも紹介しているので、読んでみてください。

企業にとって契約社員はどんな存在?

企業にとって契約社員は、人手不足の解消や人件費の削減・優秀な人材の選定などに貢献する存在です。

人手不足の解消

特に繁忙期や事業拡大などに伴う一時的な人員不足の場合、正社員を配置するには社内での人事異動や外部への募集コストがかかってしまいます。一方で契約社員の場合は、必要なときに必要な期間だけ雇うことができ、企業は無駄なコストをかけなくて済みます。

人件費の削減

契約社員は退職金やボーナスがありません。その分、契約社員のほうが正社員よりも人件費を抑えられます。また、契約社員は契約期間があらかじめ決まっているので、無駄な給与を支払わなくて良いのです。契約期間が決まっていると解雇しやすい点も、人件費の削減に繋がります。

優秀な人材の選定

契約期間内で、企業が欲しい人材かどうかを見極めることができます。契約期間内に企業がその人材を欲しいと思えば、そのまま正社員登用もできます。また無期限雇用を結んでもらう方法もあります。

正社員のメリット

この項目では、正社員として働くことのメリットをご紹介します。どのようなメリットがあるのか以下で確認してみましょう。

雇用が安定している

正社員は雇用が安定しており、よほどのことがない限り解雇はされないのが実情です。自ら辞めるか、会社が倒産することがなければ雇用は継続されると考えられるでしょう。雇用が安定していることで、仕事にも専念でき、自分のスキルアップにも繋がるというメリットもあります。

賞与や退職金など収入が安定する

正社員は、勤める会社によっては賞与や退職金がもらえます。昇給に伴い収入が上がる会社や成果に応じて報奨金を支給している会社もあるようです。また、正社員は毎月決まった給与を受け取れるため、収入面の安定が期待できるでしょう。

社会的な信用度を得やすい

正社員の場合は、長期的に収入や雇用が安定していることから、社会的な信用を得やすい傾向にあります。社会的信用度の高さから、正社員はクレジットカードや住宅購入の長期ローンも審査が通りやすいようです。

出世のチャンスがある

正社員は会社で長期的に働くことになるため、出世の機会が多い傾向にあります。
正社員として同じ会社に長く勤めることで昇給・昇進できるチャンスがあるでしょう。働き始めたばかりの場合でも、成果を出せば早い段階で出世できることもあるようです。

福利厚生が受けられる

正社員は契約社員と違い、利用できる福利厚生の範囲が広くなっています。会社によっては、住宅手当などの福利厚生は正社員のみ利用できる場合も。充実した福祉厚生を受けられれば、自分の希望するワーク・ライフ・バランスを実現できるでしょう。

正社員として働くことには、収入の安定や福利厚生の充実など契約社員にはないメリットがあります。正社員のメリットをより詳しく知りたい人は「正社員で働くメリットは?フリーターとの違い」も参考にしてみてください。

正社員のデメリット

一方で、正社員として働くことにはデメリットもあります。デメリットの内容を以下で確認してみましょう。

転勤や異動の可能性がある

正社員の場合、急な転勤や部署異動が起こる可能性があります。会社の命令には原則従わなければいけません。場合によっては、海外転勤で生活環境が大きく変わることも考えられます。

長期休暇を取りづらい

正社員として働く場合、責任のある仕事を任されることが多く、長期休暇を取りづらい傾向にあります。休暇中であっても仕事の電話が来たりメールの対応をしなくてはならなかったりと、休んだ気にならないと感じる場面もあるようです。

副業ができない

正社員の場合、副業できない可能性が高いです。就業規則によって副業を禁止している会社は多く、正社員としての収入だけで生活をする必要があります。

自分のやりたい仕事ができないこともある

正社員として働くにあたり、自分の希望している部署に配属されず、やりたい仕事に就けない場合があります。正社員は契約社員と違い、会社内の配置変更の範囲が広いのが特徴です。そのため、必ずしも自分のやりたい仕事ができるとは限りません。

休日出勤や残業がある

正社員の場合、業務の進行状況によっては、休日出勤や残業が発生することがあります。会社への拘束時間が増えると、自分の時間を満足に確保するのは難しいと考えられるでしょう。

苦手な人とも付き合い続ける必要がある

基本的に同じ職場に長く勤める正社員は、良くも悪くも人間関係が固定されてしまいます。苦手な人が居る場合、仕事を一緒にすすめる以上は付き合いから逃れることは難しいです。
仕事のため、と割り切って過ごすか、どうしても耐えがたい場合は上司や心の内を話せる人に相談し、対策を考えたほうが良いでしょう。

正社員は転勤の可能性があることや休暇が取りづらいことなど、契約社員に比べると自由度が低い傾向にあります。正社員として働くことを視野に入れている場合は、デメリットがあることを把握しておきましょう。正社員のデメリットについて詳しく紹介している「正社員のメリットとデメリットを解説!非正規社員とのちがいは?」も確認してみてください。

契約社員のメリット

この項目では、契約社員として働くことのメリットをご紹介します。どのようなメリットがあるのか以下で確認していきましょう。

自分のスキルを活かせる

契約社員は、専門的なスキルや知識などを活かして働くことが可能です。特定のスキルを持っている人を契約社員として雇いたいと考えている会社もあります。自分のスキルや知識が会社に求められるものであれば、それを活かして働けるでしょう。

正社員に比べ面接のハードルが低め

雇用期間が定められている契約社員の場合、正社員に比べると面接のハードルが低めとなっています。そのため、希望の業界・職種で契約社員として働き、キャリアップを図ったり、正社員登用を目指したりすることも可能です。

副業ができる

正社員とは違い、会社によっては契約社員の副業が認められていることもあります。副業ができると、自分のスキルの幅を広げることはもちろん、収入が増やせるというメリットがあります。

プライベートを大事にできる

正社員と違い、契約社員は自由な時間を確保しやすいです。契約社員の場合は、残業時間が少ない傾向にあり、趣味や育児などプライベートと仕事の両立ができるでしょう。会社によっては、契約社員は時短勤務が可能な場合もあり、ワーク・ライフ・バランスを保ちながら働けます。

人間関係が固定しない

契約社員の雇用は流動的であることから、人間関係も変化していきます。契約社員は正社員と違い、同じ人と長年働くことはありません。そのため、社内の複雑な人間関係に悩むことは比較的に少ないといえるでしょう。

上記のように契約社員として働くことにもメリットは多数あります。ほかにも、契約社員として働くうえでどのようなメリットがあるのか知りたい人は「契約社員のメリット・デメリットとは」もご一読ください。

契約社員のデメリット

契約社員として働くことには、デメリットもあります。詳しいデメリットの内容を以下で確認してみましょう。

長期雇用が難しい

契約社員は、長期雇用が難しいというデメリットがあります。契約社員の場合、基本的に3年以上の契約期間を設定できません。何度か契約更新があったのにも関わらず、急に更新がなくなることも考えられます。働く側が継続して働くことを希望していても、契約が更新されないこともあるようです。

退職金が出ず賞与が少ない

契約社員の場合、退職する際に退職金が出ないことや賞与が少ないというデメリットがあります。退職金は正社員のみもらえることが多く、契約社員はもらえない可能性が高いでしょう。また、正社員に比べるともらえる賞与も少ない傾向にあります。

福利厚生が充実していない

契約社員は正社員に比べると、利用できる福利厚生が限られています。特に会社独自の福利厚生は、正社員のみが利用できることも多いようです。

出世できる可能性が少ない

契約社員は、昇給・昇進できる機会が少ない傾向にあります。契約社員の場合は、契約満了後に契約が更新されるまでは昇給しないのが一般的です。契約更新時に昇給・昇進について交渉できることもありますが、要望通りになるとは限りません。業績を残しても、評価が正確に反映されない可能性もあるでしょう。

責任感のある仕事が回ってこない可能性がある

契約社員は正社員と比較し、重責な仕事を任されることが少ないようです。そのため、正社員をサポートしながら円滑に業務を進めるアシスタントのような立ち位置になることも。キャリアを積みたいと考えている人にとっては、業務内容に満足できない可能性があります

契約社員に向いている人の3つの特徴

この項目では、契約社員に向いている人の特徴をまとめました。以下でその特徴について確認してみましょう。

1.プライベートと仕事を両立したい

プライベートと仕事を両立したいと考えている人は、契約社員に向いています。契約社員は正社員と違い、勤務時間が雇用契約によって異なるため、自分の希望に合った条件で働くことが可能です。家庭や趣味などのプライベートと仕事を両立させたいという人には、適している働き方といえるでしょう。

2.決められた仕事を確実にこなしたい

決められた仕事をこなしたい人は、契約社員が向いています。契約社員は正社員と違い、業務範囲が増えることは少ないようです。そのため、ある程度決められた業務範囲で仕事をこなしたいと考えている人には、契約社員の働き方が合っているでしょう。

3.多くのスキルや経験を得たい

契約社員の業務は契約時に決定していることが多いため、業務内容に特化してスキルアップできます。雇用期間も短期間であることから、一つの会社に縛られることなく、自由に職場の選択が可能です。さまざまな職場で自分のスキルや経験を積みたいと考えている人は、契約社員としての働くのも一つの手でしょう。

契約社員から正社員になれる?

契約社員から正社員を目指したいなら、正社員登用制度のある会社を選びましょう。正社員登用制度とは、非正規雇用から正社員に登用する制度のこと。最初から正社員になるのが不安な場合は、契約社員として働きながらキャリアップすることができます。

制度を利用しても難しい場合は?

正社員登用が実現するのは、会社側が正社員と同じだけの給与を支払う価値がある人材であると判断された場合です。一般的に正社員の方が契約社員よりも給与が高く設定されています。今勤めている正社員と同等、あるいはそれ以上の能力があると認められなければ、正社員になるのは難しいと言えます。

正社員登用の可能性は面接時に確認しておこう

契約社員からの正社員登用が実現するかどうかは、企業の経営方針が大きく関わります。そのため、転職先の企業が「正社員登用をしているか」をあらかじめ面接などで確認しておくことをおすすめします。
また、契約社員と正社員の任される仕事の違いや、今までどれくらいの人数が正社員登用されたかといった実績も尋ねておくと良いです。正社員登用の可能性も視野に入れながら、会社選びの際は情報収集を行いましょう。

労働契約法の改正で契約社員でも無期雇用で働ける?
労働契約法の改正により、有期労働契約が5年を超えて更新されたときには、契約社員から申し込めば無期労働契約に転換できるようになりました。有期労働者である契約社員が、正社員にはなれなかったとしても、無期労働の契約ができると、社会的地位や収入が安定します。

厚生労働省
労働契約法の改正について
~有期労働契約の新しいルールができました~

契約社員と正社員の差がなくなる?同一労働同一賃金とは

同一労働同一賃金とは、2020年4月からスタートした新しい施策で、正規雇用と非正規雇用の賃金格差の緩和を目的としたもの。
この制度が導入により、不合理な待遇差に対する整備として基本給や賞与などの待遇を最適化されることが期待されています
同一労働同一賃金の制度により、契約社員と正社員の賃金格差がなくなる可能性がありますので、この制度について知っておくと良いでしょう。同一労働同一賃金については。「正社員のメリット・デメリットは?同一労働同一賃金についても解説!」のコラムでも紹介していますので、参考にしてみてください。

参照元
厚生労働省
同一労働同一賃金特集ページ~雇用形態にかかわらない公正な待遇の確保について~

正社員として会社に就きたいと考えている方は、ハローワークや就職エージェントといった支援機関を活用しましょう。ハローワークや就職エージェントを利用することで、自分に合った職種や業界を探すことができます。
就職エージェントのハタラクティブでは、20代の若年層を中心に求人の紹介や面接対策などの就職活動を丁寧にサポート。未経験OKの求人も多数取り扱っているので、社会人経験がない方でもチャレンジできます。「正社員として働きたい」と考えている方は、まずはお気軽にご相談ください。

契約社員と正社員どちらの働き方が良い?よくあるお悩みQ&A

ここでは、契約社員と正社員どちらの働き方が良いかお悩みの方は多いでしょう。ここでは、契約社員と正社員の働き方に関するよくある質問をQ&A方式で解決していきます。

働くなら契約社員と正社員どちらが良いですか?

自分のライフスタイルや将来の目標を考えたうえで、働き方を選ぶことが大切です。長期的に見れば正社員の方が安定した生活を送れるでしょう。しかし、正社員は拘束時間が長く、自分の時間を満足に取れない可能性があります。「プライベートを充実させたい」「目標があるので経験を積みたい」と考えている人は、契約社員として働き、仕事とのバランスを取りながら働くのもおすすめです。

正社員と契約社員の福利厚生にどのような違いがある?

会社によって異なりますが、長期的に勤めてくれることを前提とした住宅手当や扶養手当などは、正社員のみが利用できる場合が多いようです。契約社員は雇用に定めがあることから、利用できる福利厚生に制限があると考えられます。「福利厚生には何があるの?」では、福利厚生についてより詳しく解説しているので、合わせて一読ください。

契約社員のまま働き続けることはできる?

契約満了時に再び契約更新できれば、契約社員として働き続けることはできます。しかし、労働者が契約更新を希望していても、会社からの合意がなければ更新はできないので注意が必要です。契約更新されない場合のことも考え、転職に役立つスキルや知識を身につけておきましょう。

契約社員はボーナスがもらえない?

基本的に契約社員にボーナスを支給する会社は少ない傾向にあります。会社によっては、正社員でもボーナスが支給されないこともあるため、契約社員がボーナスをもらえる可能性は低いといえるでしょう。「契約社員でもボーナスはもらえる?働き方改革の影響や収入増の方法も解説」でも詳しくご紹介しているので、合わせてご確認ください。

契約社員から正社員になることは可能?

正社員登用制度を導入している会社であれば、契約社員から正社員を目指せます。しかし、正社員登用制度があっても、必ず正社員になれるとは限りません。実際、正社員登用制度がある場合でも、登用実績がない会社もあるようです。「正社員登用制度とは?特徴や注意点」では、正社員登用制度について詳しくご紹介しています。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION