新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 契約社員のメリット・デメリットとは

契約社員のメリット・デメリットとは

公開日:

最終更新日:

契約社員のメリット・デメリットとはの画像

 

【このページのまとめ】

  • ・契約社員とは雇用期間に限りがある有期雇用契約を結んだ従業員のこと

    ・1回の契約期間は最長3年で、契約更新がなければ解雇となる

    ・契約社員のメリットは、社会保障される、フルタイムで働ける、異動や転勤がなく残業も少ない、他のライフプランがある場合は辞めやすい、比較的重責が少ないなど

    ・デメリットは、ボーナスや退職金がない、契約満了時まで昇給・昇格がない、福利厚生の適用範囲が狭い、失業のリスクがある、職務範囲が狭いなど

    ・自分のライフプランを考慮した上で、どちらの働き方が自分に合っているのか考えよう

契約社員と正社員。この2つの雇用形態にはどのような違いがあるのでしょうか。

契約社員の特徴や、メリットとデメリットをチェックして、自分に合う働き方を見つけましょう。就職・転職を検討する際の参考にしてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

契約社員とは何か

契約社員とは、雇用期間に期限がある「有期雇用契約」を結んだ社員のことです。

正社員の場合、雇用期間が定められていないため、解雇や退職といった理由がなければ、いわゆる「終身雇用」の慣行通り、長年に渡って働くことができます。

一方、契約社員の場合は雇用契約で決められた期間のみ働くことになり、雇用期間を延長するためには契約の更新が必要です。なお、契約社員の1回の契約期間は最長で3年間。

つまり、契約社員はずっと同じ職場に縛られることがない反面、契約の更新がない限り、働き続けたくても働けないという特徴があるのです。

契約社員のメリット

では、契約社員という期限付きの働き方をすることには、どんなメリットがあるでしょうか。

社会保険適用となる

契約社員にも、社会保険や福利厚生の一部など、正社員への待遇の一部が適用されます。

パートやアルバイトよりも安定性を求めるものの、正社員の労働条件では働くことが難しい方にとっては大きなメリットといえるでしょう。

フルタイムで働ける

パートやアルバイトの場合、基本的にシフト制や契約時に交わした限られた時間内でしか働くことができません。それに対して契約社員の契約条件次第では、フルタイムで働くことも可能です。

契約期間が限定されているので他のライフプランがある場合は辞めやすい

留学や結婚・出産を控えている、期間を決めて将来の夢に向けて取り組んでいるなど、他にライフプランのある方にとって、契約社員という雇用形態は合っているかもしれません。

契約満了時に退職を切り出しやすいといったメリットがあります。

残業が少ない

契約社員の給与形態は、時給制や月給制、日給制など様々です。

「約束年収額」による一定の月額支給も一般的。

どの給与形態であっても、基本的に時間外労働はサービス残業扱いとなる可能性があります。

そのため、必要以上に責任を感じることなく、定時で帰りやすいといったメリットも。

異動・転勤がない

正社員の場合、基本的に勤務地が限定されないため、異動や転勤の可能性がありますが、契約社員の場合は、雇用契約で勤務地が明記されていれば転勤はありません。契約社員が働く地域を限定している企業も多く、異動や転勤がないことをメリットと感じる方も多いでしょう。

自由な時間を確保しやすい

定時で帰りやすいことは、趣味や育児などプライベートと仕事の両立を目指したい人にとってもメリットではないでしょうか。

仕事に従事するとともに、自由な時間も確保できるため、無理なくワークライフバランスを保って働くことができます。

ある程度限定された範囲の仕事、重責の少ない仕事をしたい人には向いている

正社員として働くと、仕事量の多さがプレッシャーになったり、重責を感じたりしてしまうという方は、契約社員として働くほうがよいと感じるかもしれません。

比較的責任が軽く、決められた範囲内での仕事をしたい方に向いている働き方といえるでしょう。

契約社員のデメリット

前項では契約社員のメリットを挙げましたが、反対にデメリットにはどんなものがあるでしょうか。

ボーナスや退職金がない

契約社員の場合、ボーナスや退職金などがない、または少ない会社が多い傾向にあります。

毎月の月給、または特定の月に金額を加算するなど、ボーナス分をカバーしている企業もありますが、実質的には正社員よりも少ない金額となっているようです。

長期的に見ると、正社員と比較した時の年収は大きく差が開く可能性があるというデメリットがあります。

契約満了時まで、昇給・昇格がない

契約社員の給与は、契約満了時までは雇用契約書に記載されている金額での支給となります。

雇用契約期間内に業績を挙げたとしても、契約満了後に再び契約が更新されるまでは昇給しないのが一般的です。

昇給が見込めるのは、契約更新後であるため、契約満了前に人事評価や給与査定などの審査が行われ、次期契約更新時に反映されることが昇給のチャンスとなります。

とはいえ、契約更新時に昇給・昇格が見込めることはあくまで可能性の1つ。

どれだけ業績を出しても、評価が正しく反映されない可能性があることはデメリットといえるでしょう。

契約更新がなかったら事実上の解雇、失業となる

契約更新されなかったら、事実上の解雇です。

労働者が会社に残りたいと申し出ても、退職を余儀なくされるでしょう。

常に失業の不安がつきまとうことは、デメリットといえます。

福利厚生の適用範囲が狭い

契約社員に福利厚生が適用されるのは、会社が正社員に対して提示している内容の一部であることが多いようです。

適用される福利厚生は、募集求人、及び雇用契約書に記載されているため、応募、または契約前にしっかり確認しておきましょう。

仕事内容は、正社員と比べて「アシスタント」的な位置が多い

パートやアルバイトよりも責任のある仕事を任せられることがあるといっても、正社員のように重責となる仕事を任せられることは少なめ。

正社員を補助して、仕事を円滑に進めるための“アシスタント”のような立ち位置となる場合が多いようです。

そのため、キャリアを積みたい方にとっては物足りなく感じるかもしれません。

正社員と契約社員、どっちがいいの?

メリット、デメリットの両方を見てきましたが、最終的に契約社員と正社員では、どちらの働き方がよいのでしょうか。

長期的に見たら断然正社員の方が安定する

給与や昇給、ボーナス、退職金、福利厚生など、金銭面・待遇面を考えるなら、正社員の方が長期的に安定した生活が見込めるでしょう。

自分のライフスタイルや、将来の目標などをしっかり考えて選ぼぶことが大切

しかし、正社員としての働き方は拘束時間が長く、業務も特定の分野に偏ることが多いでしょう。

「プライベートも充実させたい」「まだ将来の目標が決まっていない」または「目標に向けて様々な経験を積みたい」という方には、仕事とのバランスをとりながら将来に向けて取り組める契約社員はおすすめかもしれません。

ライフスタイルや目標など、自分が大切にしているものは何かしっかり考えた上で、自分の理想とする働き方を選びましょう。

「もっと詳しく正社員と契約社員のメリット・デメリットを知りたい」「正社員と契約社員、どちらにするべきか迷っている」「そもそも、自分がどんな企業に就職・転職したいのかわからない」などお悩みの方は、ぜひハタラクティブにご相談ください。

ハタラクティブでは、高卒や既卒、フリーター、第二新卒など20代の方を中心とした就職・転職支援を行っています。

人に話すことが苦手という方も、安心して自分の気持ちを話していただけるよう就活アドバイザーがマンツーマンで丁寧にカウンセリング。あなたにぴったりの求人をご紹介します。

メリットを見ても悩む…契約社員に関する疑問Q&A

ここでは、契約社員に関する疑問をQ&A方式で解決していきます。

契約社員も条件次第で無期契約できると聞きました。

「無期転換ルール」として、有期労働契約者が同じ企業で5年以上勤めた場合、労働者の申請により無期雇用契約に転換することができます。ただし、「契約社員は雇用期間に定めがある!無期雇用のルールや正社員との違いを解説」に記載しているように、無期労働契約になったとしても変化するのは基本的に雇用期間のみで、そのほかの労働条件は変わりません。正社員と同じ扱いになるわけではないことは覚えておきましょう。

正社員になるメリットは?

正社員の場合は契約社員よりも多い賞与・昇給が期待できます。また、多彩な福利厚生を用意している企業ではプライベートも充実するでしょう。退職金ももらえるため将来的にも安定した生活を送りやすいといえます。メリットの詳細やデメリットについては「正社員のメリットとデメリットを解説!非正規社員とのちがいは?」の「正社員として働くメリット7選」でご確認ください。

契約社員で副業すれば正社員同等の収入が得られる?

賞与・昇給がない、または少ない契約社員でも、副業すれば正社員と同じくらいの年収を得られる可能性はあります。しかし、契約社員であっても労働条件や就業規則に副業禁止とある場合は副業できません。副業したい場合はしっかり契約条件を確認したうえで行いましょう。「契約社員は副業しても大丈夫?」では副業時の注意点も記載していますので、合わせてご確認ください。

どの雇用形態で働くか迷います。

契約社員のメリット・デメリットとは」でもお伝えしたように、長期的な安定性を求めるなら正社員がおすすめです。一方で、ライフスタイルにあった働き方を実現したい方ややりたいことが定まらない方などは契約社員でも良いでしょう。ただし、契約社員のデメリットを踏まえたうえで判断することが大切です。近年は働き方を柔軟にしている企業も増えていますし、正社員になってからでもやりたいことや目標を決められます。ハタラクティブではヒアリングをもとに求人紹介を行っていますので、就職でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

関連キーワード

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ