契約社員の面接の前に!正社員との違いと必要な心構え

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 契約社員の面接の前に!正社員との違いと必要な心構え

公開日:

最終更新日:

同じ社員という名称でも正社員や契約社員などといった具合に異なる雇用形態があるのは有名です。しかし、その正確な違いを知らない人は意外に多いのではないでしょうか。 もし、漠然としたイメージだけで働き方を選んでしまうと、後で「こんなはずではなかった」と後悔することにもなりかねません。そこで、契約社員と正社員の違いと契約社員を目指す際の注意点について解説をしていきます。

雇用期間の有無が最大のポイント!正社員と契約社員の違い

契約社員も面接を受けて会社から直接雇用される点では正社員と変わりはありませんし、社会保険や有給休暇などがある点も同じことが多いです。それでは何が異なるのかというと、最も大きな違いは契約期間に関する取り決めです。
正社員は雇用時に契約期間を定めていないことが多いです。解雇されたり、自ら退職したりしないかぎり、自動的に定年退職まで同じ会社で働くことが基本です。
一方、契約社員は最初に契約期間が決められ、雇用期間満了時に契約更新がされなければ、退社して別の仕事を探さなければなりません。また、契約社員の場合、報酬の額は最初の契約時に決められており、次の契約更新までは昇給がないところがほとんどです。
ボーナスや退職金に関しても例外はありますが、基本的にはないと思っておいた方がよいでしょう。福利厚生は各企業によってさまざまです。
しかし、一般的には、契約社員は正社員より範囲が狭く、特に、住宅手当や交通費などはあまり期待できないことが多いです。さらに、待遇面以外では、契約社員は正社員に比べてローンの審査に通りにくい傾向があるといった違いもあることがあります。

契約社員を選択する前に必要な確認

契約社員にはデメリットだけでなくメリットも存在します。「契約で仕事内容が決まっているので、自分の得意なスキルを発揮しやすい」「正社員に比べて残業が少ない」「契約時に勤務地を明記している場合は転勤がない」などといった点です。
プライベートや自分にあった働き方を重視したい人に向いている雇用形態な場合が多いです。しかし、そこで安易に契約社員を選択するのは人によりますがあまりおすすめできません。
今はよくても将来的に行き詰まってしまう可能性があるからです。雇用形態を選ぶ際には、自分のやりたいことや理想のライフスタイル、将来の見通しなどを総合的に考えた上で本当に契約社員という生き方がベストなのかを熟慮する必要があります。
また、「正社員登用あり」という求人に応募する際は、詳細を確認することが大切です。登用するつもりがあるにしても、「業績が上がって会社に余裕がある時に飛び抜けて優秀な人材のみ登用」などといった具合に、あまりにもハードルが高い場合があります。
少なくとも、「登用実績はあるのか」、「口約束だけでなく、契約書に正社員登用の件は明記しているか」などといった点はしっかり確認するようにしましょう。

意欲に欠ける回答はNG!契約社員が面接を受ける際の注意点

契約社員は非正規なので内定のハードルも低いだろうと思われがちです。しかし、企業にとって重要な仕事をやってもらうという点では正社員と変わらないわけですから、契約社員だからといって極端に採用レベルが下がるなどと思わない方が賢明です。
正社員と同じ水準で評価されるという意識で就活に臨んだほうが良いです。その際、特に注意すべきは面接です。「なぜ契約社員を選んだのか?」という質問に対して「時間の自由があるから」、「楽そうだから」などといった回答はNGです。
仕事に対する熱意に欠けていると判断されてしまいます。仕事の内容に魅力を感じたという点を強調し、労働意欲にあふれている事実をいかにして相手に伝えるかが大切です。
もちろん、その他の質問に対しても、基本マナーを守った上で意欲と説得力が感じられる回答を準備しておく必要があります。もし、それが難しいと感じるのならハタラクティブを活用してみてはいかがでしょうか。
ハタラクティブはただ求人を紹介するだけでなく、書類作成のアドバイスや面接対策にも力を入れており、その結果が内定率約80%という高い数字にもつながっています。サービスはすべて無料なのでお気軽にご相談ください。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ