派遣から正社員登用を目指すには

2015/01/19

【このページのまとめ】

  • ・派遣と正社員の違いは、雇用期間やボーナスの有無
  • ・派遣から正社員登用されるメリットは、環境が変わらないこと
  • ・より責任感をもって仕事に取り組む必要があるため、重圧に感じてしまう人もいる
  • ・正社員登用が適用される可能性が高いのは、経験を活かせる強みを持ち、長期雇用される意欲がある人

派遣から正社員を目指しているあなた、正社員になると待遇はどう変わるのでしょうか。そもそも派遣から正社員を目指すきっかけは何だったのでしょう。正社員登用のメリット・デメリットは何か、派遣から社員になれるのかをチェックしましょう。

派遣から正社員登用を目指すには

現在派遣社員のあなた、今の職場で正社員になりたいと思いますか? 派遣社員として働くことを辞めたいと思っていませんか?派遣から正社員になることは可能なのでしょうか?

正社員になると、派遣の頃と待遇が変わると聞きますが、具体的にはどのように変わるのでしょうか。 主に挙げられるのは3つです。

・雇用期間の定めの有無

巷で耳にする「3年ルール」とは労働派遣法の改正案です。
一見派遣から正社員登用がされやすくなるようですが、2004年に一度施行されたときは、3年以内に契約を打ち切る「派遣切り」が多発したため、危ぶむ声が多いです。
派遣から正社員就職してしまえば気にすることはないのですが、現状派遣社員である以上、雇用期間に関するニュースには非常に敏感に反応してしまうでしょう。

・雇用継続のしやすさ

企業の経営状態によっては、人員削減をしなければならない場合も当然あり得ます。その際に真っ先に契約を打ち切られてしまうのが、派遣社員やフリーターなど、正社員でない社員です。先ほど雇用期間の定めの有無を見てきましたが、雇用期間に定めがないことがここで活きます。経営不振な企業では派遣から正社員になっても不安ですが、直ちに自分の身を案じる必要はありません。雇用期間の定めがない正社員は、安心感・安定感という観点からも、派遣から正社員になることのメリットは大きいです。

・ボーナスの有無

派遣社員は、紹介会社や派遣先の企業にもよりますが、ほとんどはボーナスなしです。
正社員のボーナス額が記載された給与明細を事務職の派遣から配るときは、みじめな気持ちになりますよね。 企業によっては正社員同等に働くこともあるのに、年に2回のご褒美がないのは納得がいかないと思いませんか?企業によっては2回以上ボーナスがあるところもあります。
ボーナスを受け取りたい人は、派遣から正社員になるのが良いでしょう。

派遣から正社員を目指す理由は「ボーナスのため」「安定した雇用契約のため」など、待遇面の不満がほとんどです。

メリットとデメリット

しかし、派遣から正社員登用されても、メリットとデメリットがあります。

まずはメリットからチェックしましょう。

・同僚と顔なじみで信頼しやすい

派遣社員が職場に愛着を感じている証拠です。
同僚は派遣社員時代からお互いに知っている面々なので、知らない職場で1からスタートするよりも安心できるでしょう。
業務の効率化などにも繋がりますね。派遣から正社員になって待遇が変わっても、人間関係は不変的です。

・意見を言いやすい

会社に入ったばかりの新人が、上司に意見を言うのは少し億劫ですよね。しかし、派遣から正社員になった人であれば、言いやすさがあります。
日頃から真面目に仕事をしていれば、少しでも気になることがあったときに上司に報告・相談しやすいでしょう。 これも職場での信頼関係ができていればこそのメリットです。

メリットを見てきましたが、デメリットは何でしょうか。

・仕事の責任の重さに耐えられなくなることがある

派遣の頃は残業や管理業務など、責任ある仕事は未経験だった分、派遣から正社員になってからの切り替えが難しいという人がいます。
特に、職場が変わらないと、派遣から正社員登用されても実感が沸きにくくなりがちです。そうなると、同僚の信頼を失いかねません。
責任感が強い人は派遣から正社員になってもスムーズに移行できるでしょう。

・紹介会社の後ろ盾がなくなる

派遣時代は仕事で困ったとき紹介会社に相談できましたが、派遣から正社員になると、もう外部に相談できません。 紹介会社に相談するという逃げ道がなくなり、プレッシャーを感じてしまう人も多いでしょう。相談できない自分がみじめに感じられることもあるかもしれませんね。派遣時代は仕事で困ったとき紹介会社に相談できましたが、派遣から正社員になると、もう外部に相談できません。 紹介会社に相談するという逃げ道がなくなり、プレッシャーを感じてしまう人も多いでしょう。相談できない自分がみじめに感じられることもあるかもしれませんね。
紹介会社に頼らない強さを身に付ける必要があります。

メリットもデメリットも考慮した上で、派遣から正社員登用を目指すのなら、準備が必要です。 しっかり準備していれば、いざ募集があっても迷わず応募できます。 また、環境の変化に対応できる柔軟さも身につけておきたいですね。日頃から意識して過ごしましょう。

正社員登用される派遣社員の特徴

ここで、派遣から正社員登用される派遣社員の特徴をチェックしましょう。

・今までの経験を活かせる人

派遣としてこれまで働いてきた職場での経験は、今の職場で活かせていますか?
職場によって業務内容は異なるので、正社員より多くの職場を知っているのは派遣社員の強みではないでしょうか。 アドバンテージを活かさない手はありません。派遣から正社員登用されてすぐ活躍できる強みを活かしましょう。

・長く勤務する意欲がある人

派遣の頃は3年ほどで職場を替えてきましたが、常勤になることに抵抗がないことが条件です。
これは派遣からの正社員登用に限りません。派遣社員だからこそ、勤務形態に融通が利いていましたが、正社員だと難しい場面も多いです。
常勤をしたくないのであれば、派遣から正社員になるのは避けた方が良いでしょう。

派遣から正社員登用されるのは、それまで安く雇ってきた人材に人件費をかけるので、ハードルが高いです。 その中で自身の優秀さ、派遣から正社員になるべき存在だとをアピールするのは、なかなか難しいでしょう。
なので、正社員での就職を希望するなら、最初から正社員求人を探すことをオススメします。
でも、派遣から別の会社に就職するには、正社員経験がないと厳しいこともあります。
正社員未経験で就職を目指すなら、人材紹介サービスに相談してはいかがでしょうか。求人元の企業に直接PRしてくれるので、有利に就職活動ができます。
是非一度ハタラクティブ相談してみてください。派遣から新たに正社員就職するための道が開かれるはずですよ。

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

年中無休 24時間対応

ハタラクティブとは

18卒の方はこちら

先輩インタビュー

お悩み相談室

セミナー情報

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

タグ一覧

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ