派遣社員は職歴になる?ならない?履歴書の書き方とまとめる方法をご紹介

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 派遣社員は職歴になる?ならない?履歴書の書き方とまとめる方法をご紹介

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・派遣は職歴になるため、履歴書に明記しよう
    ・派遣なのに「職歴なし」と書いたり正社員と職歴を偽るのは経歴詐称を疑われる
    ・履歴書に派遣の職歴を書くときは、雇用形態が分かるようにする
    ・派遣先が多くて履歴書に書ききれない場合はまとめて書いてもOK
    ・正社員経験と派遣の両方ある場合は、正規雇用を優先させて書こう

派遣社員は職歴になる?ならない?履歴書の書き方とまとめる方法をご紹介の画像

派遣社員は職歴にならないのではと、不安になっている人はいませんか?
派遣社員の経験は、履歴書の職歴欄に記載できます。ただし、人によって派遣の回数が異なるため、それぞれに合った書き方をするのが大切です。
このコラムでは、派遣の職歴の正しい書き方や注意点をご紹介しています。単発の派遣が多く履歴書に書ききれない場合に、職務経歴書を活用してまとめる方法も説明しているので、ぜひ参考にしてみてください。


派遣は履歴書の職歴になる?職歴にならない?

結論からいうと、派遣社員の経験は職歴になります。履歴書に派遣の職歴を書く際のポイント、注意点を以下でご確認ください。


派遣の経験は履歴書の職歴欄に明記する必要がある

派遣社員歴がある場合、履歴書の職歴欄に明記する必要があります。
転職回数が多く正社員経験も派遣社員経験もあるという人は、どちらも記載しておきましょう。正社員経験のみ記載してしまうと、「空白期間がある」と判断されてしまうことがあるためです。
採用担当者は、履歴書のブランクが長いと「この期間は何をしていたのだろう?」と疑問に思うもの。空白期間と判断されないためにも、職務経験はきちんと明記しておきましょう。


派遣の経験が次の会社で活かせる場合は高評価に

派遣社員として働いていた企業や職種が、正社員就職を目指す業界や職種に関連するものである場合は、経験を評価してもらえる可能性も。書類選考や面接で、興味を持ってもらえることがあるため、ぜひ派遣の職歴を書いておきましょう。


「職歴なし」にすると経歴詐称になる

派遣の経験を書きたくないといった理由で、「職歴なし」とするのはやめましょう。
履歴書は、採用に使用するだけでなく、入社後も保管する正式な文書。報告すべき職歴を書かないでいると、「経歴詐称」を疑われる恐れがあるので、注意してください。


派遣の職歴の書き方

ここでは、履歴書の職歴欄に派遣の職歴を書くときのやり方をご紹介します。


雇用形態「派遣社員」が分かるように書く

記入するときは、「会社名+派遣社員として就業」などと明記し、「派遣社員」としての雇用であることが分かるようにしてください。
履歴書は正社員経験を書くのが基本。そのまま「会社名+入社」と記載していると、派遣と分からない場合があります。


派遣元への「登録日」を書く

派遣元への「登録日」を記載します。
派遣先へ勤務を始めたことについては「就業」と書きましょう。


派遣の期間が分かるように書く

派遣の期間が分かるように書きましょう。派遣先が少ない場合は、履歴書の年月を書く欄に記載すればOKです。多い場合は、「◯年◯月から◯年◯月まで就業」と明記しておくとひと目で派遣期間を判断できます。


派遣先の部署名、業務内容も記載する

派遣先の部署名や業務内容も明記しておきましょう。採用の場では、どの会社に勤めたかよりも、どんな業務に携わっていたのかが重要。スペースに余裕がある場合は実績なども加えておくと、なおアピールに効果的でしょう。


退職理由は「契約期間満了」と記載する

派遣先の会社を契約満了により辞めるときは、「契約期間満了」と記載します。正社員雇用のように、「退職」と書かないよう気をつけましょう。


派遣先が多い・少ないときは?状況別の書き方

派遣社員の職歴は、派遣先が多い場合や少ない場合など、人によってさまざまな状況があります。
状況別に履歴書の職歴欄の作成ポイントと例をご紹介するので、参考にしてみてください。
※派遣先を株式会社◯◯、派遣元を株式会社△△と表記しています


派遣先が1つのみ・少ない場合はすべて書く

派遣先が1つのみ、または少ない場合は、派遣先を中心として書きましょう。


例1)シンプルに書く場合

令和□年□月 株式会社△△ 登録
令和□年□月 株式会社◯◯ 派遣の事務スタッフとして就業
令和□年□月 契約期間満了のため退職


例2)さらにシンプルに書く場合

令和□年□月 株式会社◯◯ (株式会社△△から派遣の事務スタッフとして就業)
令和□年□月 契約期間満了のため退職


派遣先が複数ある場合はまとめて書く

派遣先が複数あり、すべての職歴を書くと読みづらくなる場合は、派遣元の登録期間を表記してから派遣先をまとめて記載すると見やすくなります。


例)

令和□年□月 株式会社△△ 登録 派遣社員として以下の職務に従事
令和□年□月 株式会社◯◯(1社目の派遣先) 総務部 一般事務(□年□月まで)
令和□年□月 株式会社◯◯(2社目の派遣先) 経理部 経理事務(□年□月まで)
令和□年□月 株式会社◯◯(3社目の派遣先) 経理部 経理事務(□年□月まで)
令和□年□月 株式会社△△ 契約期間満了のため退職


履歴書は全体を通して見やすさを優先し、採用担当者がひと目で何が書いてあるか分かるように工夫しましょう。


単発の派遣が多くて職歴欄に書ききれないときは?

ここでは、派遣の職歴が履歴書の職歴欄に収まらないときに、「職務経歴書」を活用する方法をお教えします。
単発の派遣の仕事に長期間携わっていると、どうしても職歴が増えてしまうもの。書ききれないときや見づらくなる場合は、以下の手順で応募書類を完成させましょう。


履歴書には採用でアピールしたい職歴メインで書く

派遣中でも、中心となっていた職務や面接でアピールしたい経験を抜粋し、職歴欄に記入しましょう。その際は、「短期間の就業先については職務経歴書に記載しております」と書き、職務経歴書を別途用意します。


履歴書と職務経歴書の違い

履歴書が求職者の基本情報を記載する書類であるのに対し、職務経歴書はこれまで得てきた経験やスキルをアピールする書類です。
履歴書には、求職者の住所や氏名、学歴・職歴といった項目があらかじめ設定されたフォーマットがありますが、職務経歴書には決まった書式はありません。そのため、職務経歴書を書くときは、自分のキャリアをアピールしやすい形式を自由に選択できます。
また、履歴書の項目一つひとつの枠は小さめに設定されていますが、職務経歴書はA4用紙1~3枚程度であれば、好きなようにまとめられます。派遣のキャリアを職務ごとに記載したり、正社員経験をメインに記載したりできるほか、履歴書では書ききれない志望動機や自己PRを充実させることも可能です。


派遣の職歴を書くときの注意点

最後に、派遣の職歴を書くときの注意点をご紹介します。
履歴書の完成度を上げるため、必ずチェックしておきましょう。


正社員経験を優先させる

正社員経験と派遣の経験の両方があるのなら、正社員経験が目立つように記載しましょう。
採用担当者は、基本的に派遣よりも正社員経験を重要視します。したがって、派遣の職歴が多いからと言って正社員経験よりスペースを使ってしまうのはおすすめできません。
携わった業務内容などを書くスペースを広く取り、正社員経験を効果的にアピールしてください。


「派遣元」「派遣先」を区別する

派遣の職歴を書く場合、「派遣元」と「派遣先」がごちゃごちゃに混ざってしまうと読みづらい書類になってしまいます。「派遣元」と「派遣先」をしっかり区別し、相手に読みやすい表記を心がけましょう。
「△△株式会社 入社」と書くだけでは、それが「派遣元」なのか「派遣先」なのか分からないことがあります。「△△株式会社 登録」「◯◯株式会社 勤務 (株式会社△△から派遣社員として)」などと、派遣であることがひと目で分かるように書きましょう。


嘘はつかない

履歴書に嘘を書いてはいけません。先述したように、履歴書は正式な文書です。「派遣の職歴に自信がない…」という理由で、派遣を正社員と偽ったり、わざと書かなかったりするのはやめましょう。


正式名称で記入する

会社名は正式名称で書いてください。派遣で職歴が多い場合、(株)や(有)などの略称を使ってしまいがちですが、会社名を省略するのはマナー違反です。「株式会社」「有限会社」とし、正しい会社名を書きましょう。


「履歴書の職歴欄以外に疑問がある」「履歴書を書いてみたけどこれで大丈夫か不安…」という人は、就職・転職のプロに相談してみるのがおすすめです。
就職・転職エージェントのハタラクティブでは、若年層の就職・転職活動を幅広く支援しています。
専任のアドバイザーがマンツーマンで、応募書類に関するノウハウや面接対策のやり方などをアドバイスするだけでなく、面接日程の調整や入社までのフォローなど、トータル的にサポート。ハタラクティブご利用者の内定率は80.4%(2019/01/16)と高い水準なので、安心してお任せください。

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ