常用型派遣は正社員として働ける?メリット・デメリットを詳しく解説

常用型派遣ってなんですか?

派遣求人を紹介されたのですが、派遣なのに正社員?という説明で少しわからなくなってしまったので、細かく知りたいです。
 

2015年9月30日に改正された労働者派遣法によって、2つの形態に分けられた「登録型派遣」と「常用型派遣」。そのうちの派遣先が決まっていなくても雇用が成立する形の雇用形態が「常用型派遣」です。細かく説明していきますね。

就活アドバイザーに詳しく聞いてみました!

常用型派遣は正社員として働ける?メリット・デメリットを詳しく解説

労働者派遣業は、2015年9月30日に改正された労働者派遣法によって仕組みが変わりました。労働者派遣業は、「登録型派遣」と「常用型派遣」の2つの派遣形態に分けられます。

登録型派遣

派遣会社に登録し、紹介された派遣先での就業が決定したら、派遣会社との雇用契約が生まれます。派遣先での就業が終了すると、同時に派遣会社との雇用契約も終了です。次の派遣先に派遣されるまでの間は、雇用契約がないため、給料は発生しません。
一般的に「派遣の仕事」として想像するのは、この登録型派遣だといえるでしょう。

常用型派遣

派遣会社の面接を受け、派遣会社の社員として採用されます。派遣先が決まっていなくても、その時点で雇用契約が生まれる仕組みです。雇用形態は、正社員や契約社員など派遣会社によって異なります。
常用型派遣は、派遣会社の社員であることから、派遣先での就業が終了しても雇用形態が継続されるのが特徴。次の派遣先に派遣されるまでの間も、給料が発生します。

特定派遣とは?
特定派遣とは、派遣元の会社と派遣社員が無期限の雇用契約を結ぶ運営方式のことを指します。常用型派遣のみを取り扱う事業として存在していましたが、2015年の法改正で廃止されました。
その理由は、国の認可を受けていない悪質な派遣会社の多さが問題視されていたためです。一見、安定した働き方ができるようにみえる特定派遣ですが、派遣元によっては正社員として雇用せず、準社員や契約社員として働かせる企業もありました。そこで、労働者の権利や安全を守るため、法改正で廃止する流れになったのです。
特定派遣についてもっと詳しく知りたい人は、特定派遣が廃止された理由や正社員になるメリットをまとめたコラム「特定派遣が廃止された理由とは?正社員になるメリットも解説!」を参考にしてください。

常用型派遣の特徴

常用型派遣の特徴は、主に以下の3つが挙げられます。

・派遣先で仕事をしているかどうかに関わらず、派遣会社の社員として雇用される
・一つの派遣先の仕事が終わっても雇用契約は継続し、次の派遣先を紹介してもらえる
・次の派遣先の仕事がスタートするまでの間は、待機期間もしくは派遣会社での就業となる

常用型派遣は、正社員と同じ待遇で働けるため、給与や福利厚生面なども充実しているのがポイントです。自身が求める働き方や将来の目的に応じて、常用型派遣を視野に入れてみるのも良いでしょう。

常用型派遣のメリット・デメリット

派遣元企業の社員として派遣される常用型派遣ですが、登録型派遣よりもメリットが多いことも特徴です。常用型派遣の主なメリットやデメリットについて、それぞれ具体的に解説します。

常用型派遣のメリット

未経験業種でも派遣前に研修を受けられる

常用型派遣のメリットは、派遣元企業での研修や実習が充実していることが挙げられます。そのため、エンジニア職などに挑戦したい未経験の人でも、実習制度がしっかりしている派遣元企業に入れば、派遣先で戦力となるスキルを身につけられるでしょう。
「スキルのない未経験だけど、△△の仕事に挑戦してみたい」という人は、希望業界へ積極的に派遣を行っている派遣元を探してみるのがおすすめ。研修制度がしっかりしている企業を見つければ、自分のやりたいことに挑戦できるはずです。

登録型派遣よりも雇用が安定している

常用型派遣は、登録型派遣よりも雇用が安定しています。登録型派遣の場合、派遣会社と雇用関係にあるのは、派遣先企業に派遣されている期間のみ。そのため、業績悪化や景気悪化により派遣先から切られてしまうと、派遣元との雇用関係も終了してしまいます。
しかし、常用型派遣の場合は、派遣されていない間でも派遣元企業と雇用関係にあるので、派遣切りにあったとしても職を失う心配はありません。
また、常用型派遣だとボーナスも一般企業並に支給されることもあります。賞与や昇給については各派遣企業によって異なるので、あらかじめ確認しておきましょう。

派遣先とのトラブルが少ない

常用型派遣なら、万が一派遣先とトラブルになった際にも派遣元が間に入ってくれます。たとえば、派遣先での労働条件や環境が聞いていたものと違っていたとしても、スムーズに対応してくれるので安心です。
「派遣社員の働き方や、制度についてもっと知りたい」という人は、派遣社員の収入面や働き方の特徴をまとめたコラム「派遣社員ってどんな働き方?」を参考にしてください。

常用型派遣のデメリット

派遣会社の採用試験を受ける

比較的メリットの多い常用型派遣ですが、採用試験を突破しなければ常用型派遣として働けないことがデメリットとして挙げられるでしょう。。
登録型派遣の場合、派遣会社に行って登録だけ済ませれば、派遣先の紹介を受けることが可能です。
しかし、常用型派遣は派遣会社の社員として働くので、しっかりとした採用試験を受ける必要があります。また、選考に時間を要するため、働き始めるまでに時間がかかるのもデメリットの一つです。

常用型派遣に向いている人の3つの特徴

常用型派遣は、以下の3つの特徴や考え方を持つ人に向いているといえます。

1.雇用や給与の安定感を求める人

常用型派遣は月給制がほとんどのため、安定した収入を得たい方におすすめです。
毎月安定した収入があれば、経済的な不安なく働けます。心に余裕をもちながら、仕事とプライベートを充実させたい方にも向いているでしょう。

2.福利厚生や賞与をしっかりもらいたい人

常用型派遣は、派遣先企業の正社員と同様にボーナスや昇給、交通費などの福利厚生が受けられます。また、産休育休が取得しやすいところもあるので、ライフステージの変化に伴って働きたい方にもおすすめです。

3.スキルを積んで一つの企業で長期的に働きたい人

常用型派遣は、基本的に3年以上同一の派遣先企業で働けます。また、専門性のある業務が多いことから、長期的に働いて経験を積むことが可能です。特定分野でのスキルアップが図れるので、自身の目的に合わせてしっかりと成長したい方に向いているでしょう。
また「派遣社員って3年しか働けないって聞いたけど、常用型派遣は違うの?」こんな疑問がある人は、派遣法や2018年問題について解説したコラム「派遣法を知ろう!3年後は正社員になれる?なれない?」を参考にしてください。

常用型派遣で働く時の注意点

常用型派遣として働く際は、以下の2つに注意しておくと良いでしょう。

派遣先の業務はどんなものが多いのか知っておく

常用型派遣は、専門性を有する人材を必要とする企業のニーズに合わせて、生産管理やメーカー開発、研究機関といった技術系の職種で活用されていることが多いようです。そのため、派遣先は専門分野を扱う企業が目立つことも。しかし、派遣元によっては事務職や販売職、介護職などで常用型派遣を行っているところもあります。常用型派遣を選ぶ際は、自分の希望に合う現場で働けるかどうか事前に把握しておくと良いでしょう。

待機期間は給料が減額する可能性がある

次の派遣先が見つかるまでの待機期間や、派遣元会社での就業期間中は、派遣先企業での勤務時より給料が減額する可能性があります。そのため、派遣元会社の面接を受ける際には、会社規定について質問しておくのがおすすめです。

「常用型派遣もいいけど、一般企業の正社員として働きたい!」という方は、正社員への就活に挑戦してみませんか?
若年層向け就職エージェントのハタラクティブでは、既卒・第二新卒をはじめ、ニートやフリーターの方まで幅広い人材の就活サポートを行っています。あなたの専任アドバイザーが一貫してサポートをするので、就活するのが初めてという人でも安心です。
正社員への就職を目指している人は、ぜひハタラクティブまでお気軽にご相談ください。

関連タグ

  • arrow