正社員型派遣とは?派遣と正社員の働き方の違いについても解説

正社員型派遣とは?派遣と正社員の働き方の違いについても解説の画像

この記事のまとめ

  • 正社員型派遣とは、雇用期間の定めのない派遣社員のこと
  • 派遣元企業と無期雇用契約を結んでいるため、待機中も雇用と給与が約束されている
  • 一般派遣と正社員型派遣では、雇用期間の定めや3年ルールの有無が異なる
  • 正社員型派遣と正社員では、雇用主に違いがある
  • 正社員型派遣は雇用は安定するがスキルアップやキャリアアップが難しい傾向にある

正規雇用の「正社員」と派遣会社と雇用契約を結ぶ「派遣社員」。雇用の形以外にも大きな違いはあるのでしょうか。このコラムでは、正社員と派遣社員の違いを詳しくご紹介しています。また、派遣を検討している人のなかにはより安定性の高い「正社員型派遣」を考える人もいるでしょう。正社員型派遣についても詳しく解説しているので、働き方を考える参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

正社員型派遣とは

正社員型派遣とは、派遣社員の働き方の一種です。
派遣元と雇用契約を結んで派遣先で働く点は通常の一般派遣と同じですが、正社員型派遣の場合は派遣元企業との雇用契約期間に定めがないのが特徴。
つまり、派遣先企業が決まっていない間(待機中)も雇用契約は継続されます。「常用型派遣」とも呼ばれています。

一般型派遣と正社員型派遣の違い

一般派遣は、決められた雇用期間のある「有期雇用」です。雇用期間が終了すると派遣先企業での勤務も終了となり、次の派遣先で働くには改めて派遣元企業と雇用契約を結び直す必要があります。
また、一般派遣では同じ派遣先で働けるのは最長で3年までという「3年ルール」があるのも特徴。正社員型派遣の場合は無期雇用契約のため、3年ルールの対象外です。

正社員と正社員型派遣の違い

正社員も正社員型派遣も、雇用期間の定めのない無期雇用という共通点があります。それぞれの大きな違いは雇用主。正社員は勤務先の企業に直接雇用されますが、正社員型派遣はあくまでも派遣社員。派遣元企業と雇用契約を結び、実際の労働は派遣先で行います。

契約社員とは?

契約社員は派遣社員と違い、勤め先の企業に直接雇用される働き方をします。雇用主が企業という点は正社員と代わりませんが、契約期間に定めのある「有期雇用」で雇われ、契約が終了した時に必ず次の更新があるとは限りません。また、社会保険は正社員と同様に適用されますが、ボーナスや退職金は支給されない場合がほとんどです。「派遣社員と契約社員の違いって?メリットや契約切り替え時の注意点を解説!」のコラムも参考にしてください。

正社員と派遣社員の違いは?

ここでは、正社員と一般派遣の違いについて解説します。雇用形態や雇用期間だけでなく、給与やキャリアの違いも確認しておきましょう。

正社員の働き方

正社員は企業に直接雇用され、かつ雇用期間の定めを設けない無期雇用です。正社員として採用された時点で望む限り働き続けることができるので、雇用の安定が大きな特徴といえるでしょう。
また、多くの正社員が月給制を採用しているため収入も安定していること、手当やボーナスに期待できることも、正社員の働き方の特徴です。

項目 詳細
雇用形態 正規雇用(直接雇用契約)
雇用期限 なし、長期で働くことを前提に雇用される
指揮命令 直属の上司など
給与 月給制が主。各種手当・退職金・ボーナスが支給される(企業による)
福利厚生 企業によるが手厚いことが多い
キャリア形成 長期雇用が前提のためキャリアを築きやすい
仕事の責任 仕事の幅が広いため責任も重くなりやすい

正社員のメリット・デメリット

正社員のメリットは、雇用が安定していることとキャリア形成しやすいこと。正社員は無期雇用のため、将来的に企業の中核を担う人材として教育の機会が多く設けられ、キャリアアップ・スキルアップしやすいのが特徴です。
さらに、毎月の勤務時間と給与が固定されていたり、住宅手当や家族手当などの各種手当や退職金制度があったりするため、フリーターや派遣社員に比べて生涯年収が比較的高い傾向にあります。
また、正社員は担当する仕事の幅が広く、その分責任も大きいのが特徴。しかしその一方で、フリーターや派遣社員に比べて仕事に費やす時間は長くなる傾向にあり、残業も発生しやすいでしょう。

派遣社員の働き方

派遣社員は、派遣先での就業期間に合わせた有期雇用契約です。派遣先が決まるごとに雇用契約を結ぶため、雇用が安定しているとはいえないでしょう。また、給与は働いた時間に対して支給される時給制のため、勤務日数が少なかったり予期せぬ休みが発生したりすると、給与も減るのが特徴です。

項目 詳細
雇用形態 非正規雇用
雇用期限 あり
指揮命令 派遣元
給与 時給制が主。退職金・ボーナスが出ないケースがほとんど
福利厚生 派遣元企業の福利厚生が適用される
キャリア形成 短期勤務のためキャリアを形成しにくい
仕事の責任 勤務期間と業務が特定されるため責任は少なめ

派遣社員のメリット・デメリット

派遣社員のメリットは正社員と比べて残業が少ないため、プライベートの時間を確保しやすいといわれています。また、契約期間があらかじめ決まっているため辞めやすく、給与交渉などを派遣会社が代行することもメリットといえます。
派遣社員のデメリットは、契約期間があるため雇用が安定しないこと、ボーナス・退職金・各種手当が出ない場合が多く正社員に比べて収入が低い傾向にあることが挙げられます。
また、収入が安定していないため、ローンが組みにくいことも覚えておきましょう。
有期雇用のため限られた範囲の仕事を任せられることが多く、スキルアップやキャリアアップの機会が少ないのもデメリットでしょう。

正社員型派遣として働くメリットとデメリット

正社員型派遣の最大のメリットは、一般派遣に比べて雇用が安定する点です。しかし、正社員のようにキャリアアップやスキルアップの機会は多くなく、派遣先に対して希望が通りにくい傾向もあるようです。

メリットは安定性

正社員型派遣の最大のメリットは、派遣社員でありながら雇用や給与が安定している点でしょう。前述したように、正社員型派遣の場合は派遣先で勤務しない待機中でも雇用契約は結ばれているため、給与と雇用は一般派遣に比べて安定しています。
また、一般派遣では同一派遣先で働けるのは最長で3年というルールが設けられていますが、正社員型派遣の場合は対象外。派遣社員でありながら、ひとつの派遣先で長く働けるのもメリットでしょう。

デメリットは希望が通りにくい点

正社員型派遣は待機中も給与が発生するため、派遣元企業としてはできるだけ派遣先で就業してほしいと考えます。そのため一般派遣に比べて就業先や条件の希望が通りにくいという意見もあるようです。
また、3年ルールの対象外で長く働けるものの、キャリアアップやスキルアップの機会は正社員に比べると少なめといえるでしょう。

派遣社員から正社員になるには?

派遣社員から正社員になるには?の画像

平成24年8月に労働契約法改正が行われ、「有期労働契約が反復更新されて通算5年を超えたときは、労働者の申込みにより、期間の定めのない労働契約(無期労働契約)に転換できる」という新しいルールが設けられました。
これにより、派遣社員として5年以上同じ職場に勤めれば、正社員と同じ雇用期限のない、無期労働契約を結ぶことが可能に。
しかしながら、これはあくまでも「雇用契約が無期になる」だけの対応。雇用形態が正社員になるわけではなく、転換後も引き続き派遣社員の労働条件のまま働くのが一般的です。
つまり、雇用形態を正社員に変更するには、正社員として雇用される必要があるということ。
就職活動を行い、正社員の求人に応募して採用される必要があるでしょう。

参照元
厚生労働省 
労働契約法の改正について

安定した将来を望むなら正社員に応募しよう

これまで説明したように、正社員型派遣であってもキャリアやスキルを身につけるのは難しいといえます。
安定した将来を望むなら、正社員型派遣ではなく正社員として働くのがおすすめ。これまでの派遣社員としての経験やスキルをしっかりアピールしましょう。

正社員就職に対して不安や疑問を持っているなら、転職エージェントのハタラクティブを利用してみませんか?
ハタラクティブは、正社員就職を目指す人や転職を希望する人を対象とした就職・転職支援サービス。20代を中心とした若年層向けサービスなので、未経験歓迎や学歴不問の求人が多いのが特徴です。
派遣として身につけた経験やスキルを活用したい、全くの未経験に挑戦したいなど、希望に合わせて専任担当者が内定までしっかりとサポート。応募企業の選び方や自己アピールの方法をお伝えします。
派遣から正社員を目指すなら、ハタラクティブにお任せください!

この記事に関連するタグ