1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 何を着るべき?転職時の面接に適した服装とは

何を着るべき?転職時の面接に適した服装とは

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・転職時の面接では、TPOとビジネスマナーを意識した服装にしよう 
    ・私服を指定されたときは、オフィスカジュアルを基本に企業に合った服を選ぼう 
    ・小物や髪型、メイクなどは清潔感を重視しよう

新卒時の就活ではリクルートスーツが定番でしたが、転職活動は服装に決まりがありません。しかし、服装は第一印象を決める大切なポイントの1つ。マナーを守り、面接官に良い印象を与えましょう。 
ここでは、スーツの色やメイク、髪型のほか、私服を指定されたときの服装などについてまとめました。

◆転職時の面接の服装…正解はある?

就活のときはリクルートスーツを着用するのが基本ですが、転職時も同じでいいの?と疑問を抱く人もいるでしょう。
まだ若い場合はリクルートスーツでも構いませんが、社会人経験を必要とする求人に応募した場合や、20代後半以降の人は、リクルートスーツでは頼りない印象を与えてしまう恐れもあります。
スーツを新しく購入するのであれば、グレー系やネイビー系が良いでしょう。ベーシックなスーツを選べば、転職活動中だけではなく、初出勤日や取引先へ挨拶に行くときなどに活用できます。
女性の場合は、リクルートスーツのインナーを白シャツからカットソーなど柔らかな素材感のものに変えてみるのもおすすめです。

また、大切なのは自分の体型に合ったスーツを選ぶこと。パンツやスカートの丈、袖の長さ、襟周りなどのサイズ感を、立っているとき、座っているときの両方の体勢で確認しておきましょう。
面接官がチェックしているのは「TPOに合わせた服装ができているか」「ビジネスマナーを守れているか」という点なので、清潔感があって面接に相応しい服装をするのが大切。
しかし、業界によって見られるポイントや好印象を与える服装が異なるため、応募する企業に合った服装を選びましょう。


◆私服面接の服装

企業側から、面接に「私服でお越しください」と言われたときは、オフィスカジュアルが基本だと考えて良いでしょう。Tシャツやセーター、ジーンズといったカジュアルすぎるものは避け、ジャケットや襟付きのシャツなどを選ぶのがおすすめです。

オフィスカジュアルになるのか判断に迷った場合は、「オフィスで違和感がないか」「取引先に会うときに失礼ではないか」をポイントに考えてみましょう。
私服を指定されたのではなく、「服装自由」という言い方の場合はオフィスカジュアルでもスーツでも構いません。
しかし、アパレルやクリエイティブな職種などでは、応募者のセンスを見るために私服を指定している場合もあります。

服装に迷ったときは、応募先企業のWebサイトや求人情報などで社員の服装を確認してみると良いでしょう。面接では、応募先企業で実際に働いている人より、きちんと感のある服装にするのがポイントです。
前項で説明したとおり、見られているのはビジネスマナーに即した服装ができているかどうか、ということ。サイズ感や全体のバランスに注意して、応募する業界に合わせた服装を選びましょう。


◆面接時は小物にも気を使おう

面接時に見られるのは、服装だけではありません。細かい部分にも気をつかうことで、より良い印象を与えられるでしょう。
アクセサリーは結婚指輪以外は避けたほうが無難。どうしてもつけたい場合は、派手なデザインは避けましょう。また、時計は主張しすぎるデザインやブランドのものはビジネスシーンに相応しくありません。

鞄はA4サイズの書類が折らずに入り、自立するタイプのビジネスバッグがおすすめ。
男性はリュック型やトートバッグ型のビジネスバッグもありますが、面接時には避けたほうが良いでしょう。可能であれば靴と同色の革の鞄が無難です。

ネクタイは色によって印象が変わるため、落ち着いた印象を与えたい人は寒色、情熱的な印象を与えたい人は暖色を選ぶなど、面接官に与えたい印象に合わせて選びます。しかし、落ち着いている人が赤いネクタイをするなど、自分の性格と違いすぎる色を選んでしまうとチグハグな印象を与えてしまうため注意が必要です。
春先や夏場には淡いピンクやグレーを選ぶなど、季節感を意識してみるのも良いでしょう。
ただし、金融やメーカー、ホテルなど堅い業界には色や柄が落ち着いたものを選ぶのがおすすめです。

女性はヘアメイクが派手になりすぎないように注意しましょう。メイクは寒色を避けて、ピンクやオレンジなど血色が良く見えるカラーがおすすめ。
髪型は、新卒時の就活のような厳しいマナーはありませんが、顔にかからないようにまとめたほうが無難です。清潔感のあるヘアセットやナチュナルメイクを心がけましょう。

面接のマナーや面接時の服装に悩んでいる人は、転職エージェントに相談してみるのがおすすめです。
ハタラクティブでは、就活アドバイザーが1対1で転職活動をサポート。服装も含めたマナーやよくある質問の回答ポイント、あなたの強みをアピールするコツなど、受かる面接対策を行っています。
また、求人サイトには掲載されていない非公開求人を保有しているため、ハタラクティブを利用することで多くの求人情報を得られるでしょう。
転職を考えている方、転職活動をスムーズに進めたい方は、ぜひ一度ハタラクティブまでご相談ください。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる