1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 転職の面接で着ていくスーツとは?ストライプはあり?色やボタンも解説

転職の面接で着ていくスーツとは?ストライプはあり?色やボタンも解説

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・転職の面接には清潔感があり、サイズの合ったビジネススーツで参加するのが基本
  • ・私服が指定されている場合や指定がない場合はオフィスカジュアルにする
  • ・男性はダークカラースーツにシンプルなネクタイとシャツを合わせて転職の面接に臨む
  • ・女性はパンツスーツでも良く、転職の面接ではインナーがカットソーでも良い
  • ・清潔感がある髪型とし、ネイルやアクセサリーはできるだけ控える

転職の面接で着ていくスーツとは?ストライプはあり?色やボタンも解説の画像

転職の面接に何を着ていけば良いのか分からないという方もいるでしょう。面接だからといってリクルートスーツを選ぶと、かえってマイナス評価となることも。このコラムでは転職の面接に参加する服装について、マナーや気をつけるポイントなどを男性編・女性編に分けて詳しく解説します。適切なインナーやメイク、ネイルについても解説していますので、転職の面接の前にしっかり確認しておきましょう。

監修者:吉田早江

キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントとして数々の就職のお悩み相談をしてきました。言葉にならないモヤモヤやお悩みを何でもご相談下さい!

転職の面接時に印象が良いスーツスタイルとは?

転職の面接に参加する時の服装は、印象を左右する大きなポイントのため、どんなスーツを選べば良いか紹介します。面接=リクルートスーツというイメージを持っている方も多いかもしれませんが、転職の面接でのマナーはやや異なるので注意が必要です。
採用担当者に少しでも良い印象を持ってもらうために、転職の面接が控えている人は服装マナーをしっかり知っておきましょう。

清潔感を意識

転職の面接には清潔感のある服装で参加することが大切です。シミやシワのあるスーツで面接に参加した場合、不潔な印象を与えるだけでなく、採用担当者にだらしない印象を与えてしまう可能性も。
面接の日にちが決まったら、まずは手持ちのスーツの確認をしっかり行いましょう。自分でアイロンをかけるのも良いですが、クリーニングに出すのがおすすめです。

自分の身体に合ったもの

汚れたスーツはだらしない印象を与えてしまいますが、サイズの合っていないものもまた、だらしない印象を与える原因となってしまいます。
ぶかぶかなスーツやきつくなったスーツで転職の面接に参加することは避けましょう。「事前準備ができない人」という印象にならないよう、スーツを用意するときは実際に試着をし、以前とサイズ感が変わっていないか確かめておくことも大切です。

スーツ以外ならオフィスカジュアル

会社によっては面接の服装を「自由」や「私服」としていることもあります。普段から社員が私服やオフィスカジュアルスタイルで勤務している会社の場合、面接でもスーツ以外の服装を指定していることが多いようです。
「自由」や「私服」とはいえ、何を着ても良いというわけでなく、社会人として最低限のマナーは守る必要があります。シャツにジャケットを羽織るなど、ビジネスシーンにふさわしい服装を心がけましょう。「オフィスに馴染む服装」を選ぶのがポイントです。

私服指定なのにスーツで参加するのはマナー違反?

アパレル業界などでは応募者のセンスを見るために私服を指定していることもありますが、基本的には「楽な格好で参加して良いですよ」という意味なので、スーツで参加をしても問題ありません。
「オフィスカジュアルを持っていない」「マナーを守れているか不安」という方はスーツで参加をしても良いでしょう。

リクルートスーツはなるべく避ける

転職の面接の場合、リクルートスーツを着ていくと未熟な印象を与えてしまいます。基本的にリクルートスーツを着るのはフレッシュ感をアピールする新卒です。中途採用では即戦力を求めていることも多く、頼りない印象の人はマイナス評価になることも。
転職の面接を受ける際は、できるだけリクルートスーツは避けたほうが良いでしょう。

面接にふさわしいスーツスタイル:男性編

面接にふさわしい男性のスーツスタイルについて、詳しく解説します。
「スーツで行けば良いんだ!」と思っても、いざ準備をしてみると身に着けるものそれぞれのマナーは意外と分からないもの。「ビジネスマナーが身についていて、頼れそうな男性」という印象を与えられるよう、今一度確認をしておきましょう。

スーツの色は黒やネイビーが無難

黒やネイビーはビジネススーツの定番カラー。ダークカラーのスーツは真面目できっちりとした印象を与えられます。
ライトグレーなど明るいカラーのビジネススーツはカジュアルな印象となるため、転職の面接には不向きです。グレーのビジネススーツを着たい場合は、ダークグレーのものを選びましょう。

ストライプ柄のビジネススーツはあり?

基本的に面接に参加する際のスーツは無地のものを選びます。ただし、生地と同じ色のストライプ柄で、あまり目立たないデザインであれば面接に着て行ってもマナー違反にはなりません。
こだわったデザインのスーツはおしゃれではありますが、面接には適していないので注意しましょう。

ボタンの数はどれを選べば良い?

ボタンの数はどのデザインのものを選んでも問題ありません。自分が着やすいボタンの数のスーツを選ぶようにしましょう。男性の場合、座ったときにシワができないよう一番下のボタンは外して着るのがマナー。
きっちりした印象を与えることにとらわれすぎて、すべてのボタンを留めてしまわないよう注意が必要です。

ネクタイの色や柄のマナーは?

ネクタイはスーツの色にあったものを選びましょう。スーツはダークカラーを選ぶのがマナーですが、ネクタイは少し明るめのものを選ぶのがおすすめ。
柄については無地もしくは、シンプルなデザインのものを選びます。「個性をアピールできるから」と、奇抜な柄や明るすぎるカラーのネクタイを選ぶことは避けましょう。

白色以外のワイシャツでも良い?

ワイシャツは基本的に白色で無地のものを選びます。白色以外のワイシャツを選ぶ場合は、清潔感のある薄いブルーを選ぶと良いでしょう。
ワイシャツを選ぶ際の注意点はボタンダウンシャツを選ばないこと。ボタンダウンシャツとは襟に小さなボタンが付いているシャツを指します。ボタンダウンシャツは元々、ネクタイやジャケットを着なくても様になるよう作られているものです。
カジュアルな印象を与えがちなボタンダウンシャツは面接には適しません。

靴は革靴?色は?

転職の面接には"紐付き"の革靴で行きましょう。色は黒もしくはダークブラウンが無難です。
意外と足元は人から見られているもの。手入れの行き届いていない革靴はだらしない印象となるので、傷や汚れがないかを確認し、しっかり磨いておきましょう。

面接にふさわしいスーツスタイル:女性編

男性と同様、女性にも転職の面接に適したスーツスタイルがあるので、インナーについてだけでなく、スカートやタイツについてのマナーもしっかり知っておきましょう。

スーツのボタンの数は?

男性と同様、どのボタンの数のスーツを選んでも問題ありません。ただし、女性の場合、男性とは違い、ジャケットのボタンは全て留めるのがマナー。男性のビジネスマナーと混同し、ボタンを留めない状態にしていると、だらしない印象を与えてしまうので注意が必要です。

スーツのインナーは?ブラウスやカットソーも良い?

女性の場合、スーツのインナーは何が適切なのか悩みがちですが、シャツ以外にブラウスやカットソーでも良いとされています。柄は無地のものを選び、色は白や淡いカラーのものを選びましょう。
ただし、派手なデザインのものやフリルが目立つもの、胸元が大きく開いたものは面接に適しません。スーツの色と合っていて、清潔感があるデザインのインナーを選ぶのがおすすめです。

面接はスカートで行くべき?パンツスーツは?

スカート・パンツ、どちらも正式なビジネススタイルなので自分の着やすいほうを選びましょう。
スカートはより女性らしさを感じる印象を、パンツスーツはスマートな印象を与えることができます。どちらか悩む場合は、希望の業種や職種によって決めても良いでしょう。

フレアスカートはあり?知っておくべきスカートのマナー

面接にふさわしいスカートは、控えめなフレアスカートもしくは体のラインが強調されすぎないタイトスカートです。
スカートの丈はヒザが隠れる程度のものを選びましょう。立った姿だけでなく、座った姿にも気を配る必要があります。立った状態でヒザが隠れていても、座ったら思いのほか丈が短い…ということも。
面接に行くスーツの準備をする際は、座った状態でも着丈やサイズ感をチェックしておきましょう。

靴は何を履けば良い?

女性は革素材のシンプルなパンプスで面接に参加します。ローファーやエナメル素材のパンプス、飾りの付いたものは選ばないよう気をつけましょう。
歩いた時にコツコツと音が鳴らないようヒールが太めのパンプスを選び、ヒールの高さは3~5cmがビジネススタイルの基本です。

タイツはOK?

ビジネススタイルでは基本的に素足はマナー違反。かならずベージュのストッキングを着用するようにしましょう。タイツの着用はマナー違反ではありませんが、カジュアルな印象を与えてしまうので、できるだけストッキングを選ぶのがおすすめです。

夏や冬に面接がある場合の注意点

暑い時期に面接を受ける人や、寒い時期に面接を受ける人が注意すべき服装のマナーについて紹介します。夏に面接を受ける人は、服装にやや工夫が必要です。また、冬に面接を受ける場合、防寒具のマナーも確認しておくことが大切。暑い時期や寒い時期に転職の面接を受ける際の注意点は以下のとおりです。

夏の面接でもスーツ着用が基本

夏でも面接には基本的にスーツを着ていきます。会社によっては、面接にもクールビズを適用し「ジャケット不要」「ネクタイ不要」としていることもあるため、指定の服装に従いましょう。

汗をかくと悪印象?対策方法は?

汗だくのまま面接に臨むと「清潔感がない」と思われてしまうことも。夏場の面接では、汗に気をつける必要があります。スーツ着用が指定されている場合、ジャケットは面接の直前まで手に持っておくのが良いでしょう。早めに行動をし、汗がひいた頃にジャケットを羽織って面接に参加するのがおすすめ。
また、サマースーツや冷感グッズを使用するのも一つの方法です。生地が薄手で風通しが良いサマースーツであれば、汗の量も抑えられるでしょう。冷感グッズはインナーやスプレーなどさまざまなものが発売されているので、夏場の面接時に活用してみてください。

冬は防寒具のマナーに注意

冬場の面接ではスーツの上にコートを着ますが、何でも良いわけではありません。スーツにはトレンチコートやチェスターコートを選びましょう。コートはジャケットの裾が出ないデザインのものを選ぶようにしてください。面接でのコートの扱い方については「面接時の上着はどう選ぶ?コートの畳み方やマナーって?」で詳しく解説しています。

中にニットを着るのはマナー違反?

女性の場合、ジャケットの下にニットを着てもマナー違反にはなりませんが、カジュアルな印象にならないよう気をつける必要があります。また、厚手のニットはジャケットを羽織った時にアンバランスな印象となるので、寒いときはシャツやブラウスの下に保温性の高いインナーを着るのが良いでしょう。

面接会場の温度も考慮しよう

寒いからと厚着をしすぎないよう注意する必要があります。外は寒くても、面接会場は暖房がついていることがほとんど。前述のとおり、汗はマイナスな印象を与える可能性もあるので、気温だけでなく面接会場内の温度も考慮して服装を選ぶことが大切です。

ほかにも!面接時の身だしなみマナー

髪型やアクセサリーなど、身だしなみについてのマナーを解説します。転職の面接に適切な髪型が分からない方や、当日のメイクに悩んでいる女性は参考にしてください。

髪型

面接では清潔感のある髪型を心がけましょう。カラーリングはダークブラウン程度であればマナー違反にはなりません。ただし、根元が伸びている"プリン"状態はだらしない印象を与えるので、注意しましょう。

男性の髪型マナー

男性の場合、ワックスなどの整髪料を使用して髪にツヤを出しておきましょう。髪が広がりやすい人や前髪が目にかかる人は、髪をまとめるようにセットするのがポイント。しっかりセットをすることでスーツとのバランスがとれます。

女性の髪型マナー

髪が長い女性は、ハーフアップやポニーテールですっきりとまとめましょう。前髪は目にかからない長さに切るか、横に流してシンプルなヘアピンで留めます。転職の面接では新卒のようにぴっちりセットをする必要はありませんが、髪が顔にかかると暗い印象となるので気をつけましょう。

メイク

面接のメイクは顔色や表情を明るくするためにするものであり、"盛れる"メイクは必要ありません。ベースメイクと眉毛、チーク、リップ程度に留めましょう。マスカラやアイラインは目元をはっきりさせてくれますが、派手な印象にならないよう注意が必要です。

アクセサリー

アクセサリーは結婚指輪・婚約指輪・時計程度にし、ほかはできるだけ控えたほうが良いでしょう。アクセサリーをつけたい場合は、シンプルなものを選ぶのがポイントです。明らかにブランドものだと分かるものは避け、ネックレスであれば華奢なもの、ピアスであれば小ぶりで揺れないデザインのものを選びます。

時計はどんなものでも良い?

時計をするときはスーツに合うデザインのものを選びます。カジュアルなものはスーツとのバランスがとりにくいので避けたほうが良いでしょう。
また、文字盤が大ぶりで過度に目立つものや高級ブランド時計も、良い印象につながらないので避けるべきです。

ネイル

ネイル禁止の職場の面接を受ける場合、採用担当者にマイナスな印象を与えてしまうこともあるのでしないのが無難です。ネイルをする場合、爪は短く切り、ベージュや薄いピンク、クリアなど目立たないネイルカラーを塗りましょう。

転職エージェントのハタラクティブは、20代の若手に特化した就職・転職サポートサービスを提供しています。求人紹介はもちろん、面接対策も行っているため、身だしなみやマナーが不安なときも相談可能。
専任のアドバイザーが、求人探しから入社まで一貫してサポートしますので、安心して面接に集中できるでしょう。サービスは全て無料です。ハタラクティブのサービスが気になる方は、ぜひお気軽にご相談ください!

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる