夏の面接は女性もスーツを着用すべき?ジャケットや半袖インナーの選び方!

夏の面接は女性もスーツを着用すべき?ジャケットや半袖インナーの選び方!の画像

【このページのまとめ】

  • ・男性も女性も、夏の面接はスーツを着ていくのが基本
  • ・夏のクールビズを指定されている場合、女性はスーツ以外にオフィスカジュアルでもOK
  • ・女性の面接スーツスタイルは、夏らしい素材でシンプルな半袖インナーを選ぼう
  • ・ナチュラルメイクやストッキング着用など、女性ならではの面接マナーがある
  • ・夏の面接は汗をかきやすいため、早めに涼しい場所で待機するのがおすすめ

「夏の面接にはスーツを着ていくべき?」と悩む女性は多いのではないでしょうか。面接には、男性・女性問わずスーツを着用するのがマナーとされています。しかし、女性の場合はオフィスカジュアルもある程度許容されているので、職場の傾向を見て判断するのが良いでしょう。このコラムでは、夏の面接に挑む女性へ、スーツの選び方や着こなしのポイントをまとめました。夏の面接の身だしなみを万全にして、選考を突破しましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

夏の面接は女性もスーツを着るの?

男性・女性に関わらず、夏の面接はスーツを着ていくのが基本です。一般的に面接では、黒やダークグレーといったカラーを選ぶのが好ましいとされていますが、夏にダーク系のカラーは熱を吸収しやすいため避けたほうが無難。夏の面接は、女性らしく爽やかなイメージのあるベージュやライトグレーのスーツがおすすめです。

また、夏の暑さに汗でびっしょりになってしまうのは印象がよくありません。詳しくは後述しますが、夏の面接に着ていくスーツ選びには、いくつかのポイントがあります。夏の暑さに負けない、スーツスタイルを考え、面接で好印象を与えましょう。

クールビズの記載があってもジャケットは必要

応募先の会社によっては、夏の面接にクールビズを適用している場合があります。「ジャケット不要」と明記されている場合を除き、スーツのジャケットは着ていきましょう。面接会場につくまでは、ジャケットを手に持っていてもかまいません。ただし、シワにならないよう注意することが大切です。

「私服可」ならオフィスカジュアルでもOK

会社によっては面接の服装を「自由」や「私服」としていることもあります。この場合、何を着ても良いというわけではありません。スーツを着用しても問題ありませんが、女性ならオフィスカジュアルがおすすめです。オフィスカジュアルとは、言葉のとおり、職場で着ていけるカジュアルスタイルのこと。シャツにスカートやパンツを合わせたうえで、ジャケットを羽織るのがよくあるコーディネートです。夏のジャケットはどうしても暑いという女性の場合は、ブラウスにカーディガンを羽織るのも良いでしょう。

夏の面接に相応しくない格好をしていると、だらしなく見えてしまいがちです。ビジネスシーンにふさわしい服装を心がけ、面接の印象アップを目指しましょう。女性のオフィスカジュアルについて詳しく知りたい方は、「オフィスカジュアルって何?最適な女性の服装は?」のコラムが参考になります。

夏の面接で女性のスーツ選びが大切な理由

夏の面接を受ける女性には、スーツ選びが大切といえます。それは一体なぜなのか、以下で確認しましょう。

身だしなみは面接の第一印象を決める

スーツの着こなし方は、面接の第一印象を決めるといっても過言ではありません。「なんだかスーツがヨレヨレだな…」「露出が高過ぎる」といった印象を与えてしまう人には、安心して業務を任せられないでしょう。一方、「夏でも爽やかにスーツを着こなしている」「清潔感がある」などの印象を与えられる女性は、社会人としてのマナーを十分に理解している印象を与えられます。企業が採用したいと考えるのは、後者であり、身だしなみの整った人物でしょう。

似合うスーツはモチベーションアップにつながる

夏に限らず、自分に似合うスーツは面接のモチベーションアップになるという意見もあります。人によっては、似合っていないスーツを着ていると自信がなくなり、面接での発言も消極的になってしまうことがあるようです。自分に似合うスーツを着ていると、自信に満ちた表情や姿勢につながります。特に、形から入る傾向のある女性は、ぜひ自分に似合うスーツを探してみましょう。

【夏の面接】女性がスーツを選ぶ8つのポイント

ここでは、夏の面接に挑む女性に向けて、スーツを選ぶポイントを8つご紹介します。先述のとおり、スーツは面接の第一印象を決める大切なものなので、しっかりポイントを押さえましょう。

1.夏向きのスーツを選ぶ

スーツには、春夏向けの通気性の良い素材を使ったものや秋冬向けの裏地のついた保温性に優れたタイプなどがあるので、季節に合ったスーツを選ぶのがポイントです。女性が真夏に着用するなら、通気性の良いリネンやコットン素材のスーツ、七分袖のジャケット、クロップド丈のパンツなどが適しています

2.ジャケットは自分の身体に合ったものを選ぶ

スーツのジャケットは、自分の身体に合ったものを選びましょう。サイズの合っていないスーツは、面接でだらしない印象を与える原因となってしまいます。女性の場合、夏はインナーも薄い素材になるため、寒い季節に比べてコンパクトなサイズが合う人もいるようです。「最近スーツを着ていない」という方は、実際に試着をしてサイズ感を確かめましょう。

3.デザインはシンプルなものがおすすめ

面接のスーツは、派手なカラーや個性的なデザインは避け、シンプルなものを選びましょう。女性のスーツはバリエーションが豊富にありますが、テーラードタイプやノーカラータイプがおすすめです。カラーはネイビーや淡いグレー、ベージュといった、夏らしい涼し気なイメージのあるものを選びましょう

4.インナーは半袖・無地が無難

女性のスーツスタイルのインナーは、シャツ以外にブラウスやカットソーでも良いとされていますが、半袖・無地が無難です。スーツ同様に、派手なカラーや個性的なデザインはNG。フリルが目立つものや胸元が大きく開くものは面接に適していないため避けましょう。スーツの色と合い、清潔感や清涼感のある白や淡いカラーの半袖インナーを選ぶのがおすすめです

5.ボトムスはスカート・パンツどちらでもOK

女性のスーツスタイルは、ボトムスをスカート・パンツちらを選んでも問題ないので、自分の着やすいほうを選びましょう。スカートはより女性らしさを感じる印象を、パンツスーツはスマートな印象を与えられます。どちらか悩む場合は、希望の業種や職種によって決めても良いでしょう。また、スカートの丈は膝が隠れる着丈が良いとされています。夏の暑い時期だからといって、短過ぎるスカートは避けてください。

ワンピースにジャケットのセットアップは?
ワンピースは女性らしい印象を与えるため、面接で着用したい人も多いでしょう。しかし、面接のスーツを選ぶ際は、ワンピースにジャケットを合わせるセットアップは避けたほうが無難です。夏のワンピースは素材が軽く、デザインも豊富ですが、場合によってはカジュアルな印象を与えてしまいます。スーツを選ぶなら、ジャケットにスカート、もしくはパンツを合わせるタイプがおすすめです。

6.靴は3~5センチヒールのパンプスが基本

女性のスーツスタイルに合わせるのは、革素材のパンプスが基本です。面接の場では、ヒールが高過ぎたり低過ぎたりするのも良くありません。夏であっもメッシュやシースルーのデザインパンプスは避け、太めのヒールが3~5センチ程度あるタイプを選びましょう

7.夏でもストッキングは着用する

女性がスーツを着用する場合は、夏でもストッキングを着用するのがマナーです。スカートのときはもちろん、パンツスタイルの場合もストッキングは必要。パンツスタイルの場合は、ヒザ下までの長さのストッキングを選ぶと良いでしょう。

8.小物やアクセサリーは控えめにする

面接のスーツに合わせる小物やアクセサリーは、控えめでシンプルなものを身に着けましょう。アクセサリーは結婚指輪や華奢なネックレス、小ぶりで揺れないピアス程度にし、ほかは控えたほうが無難です。ベルトやバッグはブランドが分かるもの避け、腕時計はスーツに合うシンプルなデザインのものを選びます。文字盤が大ぶりで目立つものや高級ブランド時計も、良い印象につながらないので避けるべきです。

企業からスーツではなく「私服でお越しください」と言われた場合は、オフィスカジュアルを選ぶのが無難です。面接の「私服可」「服装自由」などの対処法については、「『面接は私服でお越しください』何を着ていくのが正解?」をチェックしましょう。

【女性向け】夏の面接でスーツを着こなすコツ

夏向きの面接スーツスタイルが決まったら、着こなし方にも目を向けてみましょう。以下で、女性ならではの、夏のスーツを着こなすポイントを解説します。

1.清潔感を意識する

面接に挑む際は、清潔感のあるスーツスタイルを意識しましょう。特に夏は暑いため、スーツの汗ジミを放っておくと、匂いや汚れのもとになることも。匂いや汚れをそのままにしていると、採用担当者に不潔でだらしない印象を与えてしまう可能性があるので気をつけてください。面接の日程が決まったら、クリーニングに出すのがおすすめです。

2.袖をまくる場合はシワにならないようにする

夏にスーツを着用する際は、女性もジャケットの袖をまくることがあるでしょう。袖をまくるときは、無造作にせず、きちんと折りたたむようにします。適当にまくってしまうと、面接の際に袖を伸ばした際にシワが目立ってしまい、印象がよくありません。

3.汗対策をする

夏場の面接では、汗に気をつける必要があります。汗だくのまま面接に臨むと「清潔感がない」と思われてしまう恐れがあるので、ジャケットは面接の直前まで手に持っておくのが良いでしょう。また、早めに面接会場近くまで向かい、涼しい場所で休んだり冷感グッズを利用したりするなどして、汗を引かせてからジャケットを羽織るのもおすすめです。冷感グッズは、接触冷感インナーや冷却スプレーなどさまざまなものがあるので、夏場の面接に活用してみてください。

4.暑くても肌の露出は控える

夏の暑い時期でも、肌の露出は控えましょう。女性の場合、男性と違ってスーツの着こなしの自由度が高い傾向があります。しかし、キャミソールやノースリーブ、胸の開きが大きいインナーを着用したり、短いスカートを選んだりするのは、面接の際にマイナス印象を与えかねません。暑くても露出は控え、節度を守った身だしなみを心がけましょう。

夏の面接で女性が気をつけたいスーツ以外のマナー

最後に、夏の面接で女性が気をつけたい身だしなみマナーをご紹介します。スーツ以外にも押さえておきたいマナーはたくさんあるので、よく確認しましょう。

ヘアスタイルは清潔感のあるまとめ髪にする

面接のヘアスタイルは、清潔感のある髪型を心がけましょう。派手なカラーリングは面接の場に適さないと判断される可能性が高いため、ブラックかダークブラウン程度が良いとされています。カラーが退色していたり根本の伸びた部分が目立つ状態になっていたりする人は、たとえスーツが素敵でもだらしない印象を与えるので、きれいに整えてください。

夏の面接はまとめ髪がおすすめ
髪が長い女性は、ハーフアップやポニーテールですっきりとまとめましょう。髪が顔にかかると暗い印象になるので、前髪は目にかからない長さに切るか、横に流してシンプルなヘアピンで留めます。暑い時期は汗でヘアスタイルが乱れやすいので、携帯用のミラーやブラシを持参するのもポイントです。

ノーメイクはNG!ナチュラルメイクを心掛ける

メイクは、女性ならではの身だしなみマナーの一つです。スーツに合わせたナチュラルメイクを心掛け、ノーメイクは避けてください。面接メイクのポイントは、可愛さやトレンドでなく、顔色や表情を明るく程度に施すこと。ベースメイクとアイブロウを施したうえで、アイカラーやチーク、リップは控えめにしましょう。マスカラやアイラインは目元をはっきりさせてくれますが、派手な印象にならないよう注意が必要です。

夏のメイクは落ちやすいので化粧ポーチを持とう
夏は汗をかくため、女性のメイクも崩れやすくなります。特にアイブロウが落ちてしまうと眉が薄くなり、「ノーメイクなのでは?」と思われたり、自信なさげに見えてしまったりすることがあるので、化粧ポーチを持参しておくと安心です。また、血色が悪くなりがちな人は、面接前にチークやリップをチェックすると良いでしょう。

ネイルは短く揃え、ナチュラルカラーを意識する

ネイルは短く揃え、ネイルを施す場合はベージュや薄いピンク、クリアなどのナチュラルカラーを選びましょう。派手なカラーやデザイン、長過ぎるネイルは、スーツに合わないうえ、面接でマイナスの印象を与えてしまいます。また、ネイルを禁止する職場に応募する場合、ネイルをすること自体を避けてください。

香水やヘアスタイリング剤の匂いに気をつける

面接の際は香水やヘアスタイリング剤の匂いに気をつけましょう。自分が良いと思っていても、相手には不快と感じる場合もあります。ヘアスタイリング剤を使う場合は、できるだけ無香料タイプを選ぶのがおすすめです。

夏の制汗剤の匂いにも注意
夏の面接は汗をかきやすいため、制汗スプレーや汗拭きシートなどを使う女性も多いはず。しかし、制汗剤のなかには香りの強いタイプもあるので、注意が必要です。汗対策として制汗剤を使うのは問題ないですがですが、ヘアスタイリング剤と同様に無香料タイプを選ぶと良いでしょう。

面接前は、スーツを含めた身だしなみ以外にも必要な持ち物をチェックする必要があります。女性の場合、ストッキングの替えや化粧ポーチ、手鏡などもあると便利でしょう。面接の持ち物については、「これで面接は完璧!持ち物リストと準備のポイント」をチェックしてみてください。

就職・転職サポートサービスのハタラクティブは、20代の若手に特化した就職・転職エージェントです。求人紹介はもちろん、面接対策も行っているため、スーツの選び方や身だしなみマナーが不安な女性もお気軽にご相談いただけます。ハタラクティブでは、専任のアドバイザーが求人紹介から入社までトータルサポートしますので、安心して面接に集中することが可能です。サービスはすべて無料なので、ぜひご登録ください。

女性向け!夏の面接の身だしなみマナーに関するQ&A

ここでは、夏の面接の身だしなみに関する、女性ならではのお悩みをQ&A方式でまとめました。

私服指定でスーツを着用しても良い?

「私服可」「私服でお越しください」のように言われた場合は、「スーツじゃなくても良いですよ」という意味です。特に夏の場合、「スーツでは暑いだろう」とあえて私服可とする会社もあります。私服可の場合、スーツを着用しても良いですが、オフィスカジュアルを選ぶのが無難です。ただし、「あなたらしい服装で」といわれたときは、応募者のセンスを見たい意図があるため、私服を選択しましょう。詳しくは、「「私服で面接に来てOK」のときはどうする?好印象を残せる服装の選び方を紹介!」をご覧ください。

面接でリクルートスーツはNG?

リクルートスーツは、新卒が着用するスーツです。転職の場合、面接でリクルートスーツを着ていくと未熟な印象を与えてしまいます。中途採用では即戦力を求めていることも多く、頼りない印象を与えればマイナス評価になることもあるので、できるだけリクルートスーツは避けたほうが良いでしょう。詳しい理由を知りたい方は、「転職活動時にリクルートスーツは着ても良い?面接での服装のルールを解説」のコラムが参考になります。

面接はフレアスカートでも良い?

面接を受けるときの女性の服装はオフィスカジュアルでもかまいませんが、ジャケットに合わせるスカートは、控えめなフレアスカートもしくはタイトスカートがベターです。夏で暑いからといって、短いスカートやふんわりし過ぎているフレアスカートはカジュアルな印象を与えるため面接の場に適していません。また、スカートの丈は膝が隠れる程度のものを選びましょう。立った状態で膝が隠れていても、座ったら思いのほか丈が短いということもあるので気をつけてください。

夏の面接にタイツを着用しても良い?

夏はタイツではなく、ベージュのストッキングがおすすめです。女性が面接を受ける際は、素足はマナー違反とされています。かといって、タイツを選択するのはカジュアルな印象を与える可能性があるため、冬場であっても避けたほうが無難です。面接の身だしなみに関する疑問は、就職・転職サポートサービスのハタラクティブにご相談ください。プロのアドバイザーが、身だしなみを含めた面接対策のアドバイスをいたします。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION