就活の髪型も選考対象!印象アップのための重要ポイント

就活の髪型も選考対象!印象アップのための重要ポイントの画像

この記事のまとめ

  • 男女ともに派手なカラーリングやパーマは避ける
  • 男性の髪型におけるポイントは、長髪は避け、長さは目耳襟足に掛からないようにすること
  • もみあげもカジュアルな印象なので短くカットする
  • 女性の髪型におけるポイントは、髪が長い場合はまとめ、髪の長さに応じて顔に掛からないようセットすること
  • ゴムやピンはスーツにマッチする黒や茶色を選ぶ
  • 髪型の他にも身だしなみの注意点がいくつかある
  • 男性の場合は、髭は剃って眉毛も整えよう
  • 女性の場合は、ナチュラルメイクになるよう心がけよう
  • アクセサリー類は腕時計のみOK
  • ただしシンプルなデザインでベルトがレザー素材のものを選ぼう

面接における評価対象の1つが「身だしなみ」。服装や髪型などから感じられる印象で、人に対する配慮やマナーなどをある程度判断しています。

特に「髪型」は人の印象を大きく左右する要素ですから、身だしなみを考えるうえで重要なポイントの1つといえるでしょう。
そこで、どのような髪型にすれば、面接官に良い印象を与えられるかについてご紹介します。

ハタラビット

ハタラクティブは20代の
フリーター・既卒・第二新卒

特化した
就職支援サービスです

好印象を与える男性の髪型

就活での髪型を考える際に基本となるのが、清潔感と誠実な印象を与えられるかどうか。その基本に沿って以下のポイントを押さえると良いでしょう。

カラーリングやパーマなしのナチュラルヘアにする

派手なカラーリングやパーマをしている場合は元に戻しましょう。

目、耳、襟足に掛からない長さにする

長過ぎると表情が読み取りづらく良くない印象に。清潔感に欠けるロングヘアも避けてください。

もみあげは短めにカットする

長いもみあげはカジュアルな印象なので、就活ではマイナス評価。短くカットして清潔感を出しましょう。

ヘアアレンジは極端に派手にならないようにする

清潔感のあるセットを心がけ、香りが強すぎない整髪料を選んでください。無香料がおすすめです。
髪の色は黒が基本。企業によっては髪色を気にしないところもありますが、派手なカラーリングは避けたほうが無難でしょう。
そして、ヘアアレンジについても気を付けたいところ。極端に髪の毛を立てたりする派手なセットはやめましょう。

好印象を与える女性の髪型

男性に比べて女性の場合はヘアスタイルのバリエーションが豊富なため、就活はどのような髪型がベストなのが迷いがち。ここで確認していきましょう。

カラーリングやパーマなしのナチュラルヘアにする

男性同様、派手なカラーやパーマをしている場合は元に戻してください。

ロング、セミロングの場合はアップスタイルにしておく

顔に髪が掛からないよう、ゴムやピンでまとめましょう。スッキリとした雰囲気を意識してセットするのがポイントです。

ミディアムの場合は長さによってはアップスタイルに

ダウンスタイルにする場合も顔が隠れないように注意し、清潔感のあるセットを心掛けましょう。

ショート、ボブの場合はカジュアルな印象を与えないようなセットを

短い髪はカジュアルな印象になりやすいので、必要に応じて整髪料やピンでセットしてください。
女性の場合は髪の長さによってセットする際のポイントが異なりますが、全体を通して気を付けたいのは、清潔感と表情が見える髪型になっていることです。

顔全体が見えることで表情が伝わりやすく、印象もガラッと変わります。
髪が長い場合はポニーテールが鉄則ですが、その位置も注意したいところ。
高い位置で結ぶほど活発でカジュアルな印象になるため、耳の位置を基準にまとめましょう。

使用するゴムやピンの色はスーツともマッチする黒か茶色などの目立たない色がベター。
くせ毛についても長さによって上記と同様にヘアアレンジをするのが望ましいですが、人によっては難しい場合もあります。そんな時はヘアサロンの担当美容師さんに相談してみるのも良いでしょう。

プロの目線でご自身の髪質や顔の形に合うヘアスタイルやヘアアレンジを提案してもらえます。

これだけは押さえてほしい!髪型以外の注意点

面接における髪型のポイントと合わせて身だしなみ全般にも目を向けてみましょう。

男性の場合の注意点は髭を生やすこと。不精ひげは清潔感がなく、オシャレで髭を整えている場合も就活には不向きなスタイルといえます。
髭が薄くて毎日剃る必要がない人でも、当日はしっかりとひげを剃ってから面接に臨みましょう。

次に、眉毛はきれいに整えた方が良いのですが、細くなりすぎると相手にきつい印象を与えてしまうことも。
毛抜き、眉毛コーム、眉毛用はさみの3つを揃えて、手順に沿って行えば自分でも整えることはできますが、仕上がりに自信がない方はメンズ専門の眉毛サロンを利用するのも良いでしょう。

女性の場合、特に注意したいのはメイクです。ナチュラルで清楚なイメージのメイクを心がけ、流行や好きな質感を優先するようなメイクは避けましょう。

普段通りの手順で問題ないと考えている方も、改めて自分の手順や仕上がりのイメージが就活に向いたものになっているか見直してみることをおすすめします。

パーツごとの注意点は以下の通りですので参考にしてください。

ファンデーションは薄付きのものを選び、クマやニキビ跡などはコンシーラーでカバー。
チークはピンク系やオレンジ系を選び、濃くなりすぎないよう確認しながら軽くのせましょう。

眉毛

自眉の形を活かしたやや太めの自然な感じに仕上げるのがポイント。ペンシルだけでなくパウダーを使うと立体感とナチュラルな印象を演出できるでしょう。

アイメイク

アイラインはブラウン系を選び、まつ毛の間を埋める程度にとどめてください。
マスカラも黒目の上の部分だけに塗ると派手さを抑えてすっきりした目元になります。

リップ

リップクリームをつけたあと、淡いピンクやベージュ、オレンジ系の口紅を塗りましょう。

最後に男女共通で気を付けたいポイントが2つあります。

まず1つめがアクセサリーについて。
アパレルなど許容される職種があるという声もあるものの、基本的に必要ないものなので付けないほうが無難です。

時間を確認するための腕時計はつけてもOKですが、デザインがシンプルなもの、ベルトはカジュアルになるゴムやビニール製は避け、レザー素材のものを選ぶようにしましょう。

2つめはスーツのしわや汚れについてです。
面接官はささいな点からでも面接相手の人となりを読み取ろうとします。
スーツにわずかでもしわや汚れがあると、基本的なマナーや細やかな気配りのできない人だと思われてしまうことも。
面接前日にシワや汚れがないか確認し、面接当日は携帯できるホコリとりなどを持参するなどして対策をしましょう。

今回は就活における髪型の注意点を始め、身だしなみについてのチェックポイントもご紹介しました。

基本的なことではありますが、初対面の相手に対する印象は会って5秒で決まるとも言われています。対面する採用担当者に良い印象を与えられるような身だしなみを心がけ、面接に臨みましょう。

ハタラクティブでは、就活が初めてという方に対して、身だしなみのアドバイスも含めた面接対策も行っています。

20代を中心とした既卒、フリーター、第二新卒で就職や転職が初めてという方に安心していただけるよう、就活や転職活動のきめ細やかなフォローを基本としたサービスを提供。
求人も幅広い業種や職種から厳選し、常時1,000件以上ご用意しています。就活アドバイザーがあなたにぴったりの仕事を紹介するほか、就活や転職に関するお悩み全般の相談も対応可能です。

サービスはすべて無料ですので、お気軽にご相談ください。

関連タグ

  • arrow