これで面接は完璧!持ち物リストと準備のポイント

これで面接は完璧!持ち物リストと準備のポイントの画像

この記事のまとめ

  • 面接の持ち物は、物が壊れたりしてないかどうかの確認を含め、前もって準備しておこう
  • 身だしなみチェックではだらしない印象を与えないよう、スーツのシワや靴の汚れ、髪型に気をつけよう
  • 面接会場までの道順、ビジネスマナーや言葉遣い、自己PRや志望動機などを繰り返し確認しよう

書類選考が通り採用面接の日取りが決まったら、すぐに始めたいのが面接の準備です。
前日に慌てて準備をして間に合わなかったり、チェックが不十分で重大な忘れ物をしてしまったりしたら、取り返しがつかないことになるかもしれません。
このコラムでは、面接に向けた持ち物リストや準備のポイントなどをご紹介。当コラムを読んで、準備万端で面接に臨みましょう!

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

前日までに完璧に!持ち物の面接準備

持ち物は用意したと思っていても、抜けがあったり物自体が壊れていたりすることがあります。当日になって焦らないよう、余裕を持って面接の準備をしておくことが大切です。

持ち物はどのようなものを用意すれば良いのでしょうか?以下を参考にしてください。

持ち物チェックリスト

筆記用具

メモを取るほか、直前に書類の不備に気付いたときに書き加えるのに使います。

応募書類(原本、あるいはコピー)

企業によって、面接時に履歴書や職務履歴書を求められる場合があります。あるいは、原本はすでに提出済みの場合でも、手元にコピーがあれば面接の直前まで資料を読みながら練習することが可能です。忘れてしまうことのないように、必ず前もってカバンにしまっておきましょう。

印鑑

印鑑は面接時に持っていくと安心です。会社によっては、配布書類に押印が必要なケースがあります。また、履歴書などに印鑑の押し忘れがあれば、その場での押印が可能です。

携帯電話

携帯電話があれば、遅刻しそうになっても面接会場に連絡を入れたり、道に迷ったときに会場までの道順を調べたりできます。
携帯電話がないと不便なことは多いもの。忘れないように注意しましょう。

携帯電話の充電器

外出中に携帯電話の充電が切れてしまって、電話もメールもできない…。そうならないように、充電器を持っていくと安心です。

面接会場までの地図

携帯電話のナビ以外にも、プリントアウトした地図があると便利です。

履歴書の写真

提出書類に貼った写真が剥がれ落ちてしまう場合も…。予備の写真を持っておくと良いでしょう。

以上のリストは一般的な内容です。会社によって必要な持ち物が異なるケースもあるので、必ず会社の指示に従うようにしましょう。

未経験OK多数!求人を見てみる

身だしなみも事前に確認!どこをチェックする?

一見したところ完璧だと思った身だしなみでも、よく見てみるとシワや汚れを発見することがあります。
身だしなみに関しては、どの部分に気をつけてチェックすると良いのでしょうか?

身だしなみチェックリスト

スーツのシワ、汚れ、しつけ糸

スーツのシワや汚れが残ったまま着用すると、だらしない印象を与えてしまいます。シワや汚れがないか、よくチェックしましょう。
ジャケットの裾の切り込みやポケットにあるしつけ糸の取り忘れにも注意です。
また、就活を重ねるとパンツのセンタープレスが取れてしまうことがよくあります。その場合は、アイロンでプレスし直すと良いでしょう。

靴はきちんと磨かれていますか?かかとはすり減っていないでしょうか?
スーツがキレイでも靴がくたびれていては、全体の印象もトーンダウンしてしまいます。靴にもしっかりと気を配るようにしましょう。

髪型

寝癖がついていないか、フケはないか、前髪が長すぎないか、といったことはもちろんのこと、応募先企業のカラーと照らし合わせて髪型を整えるのも大切です。
アパレル関係の企業であれば、オシャレに気を配れる人と見られるような髪型でも、金融業界だと相応しくない、と敬遠される場合もあります。
一般的に、清潔感と真面目さを印象づけるような髪型に整えるのが無難と言えるかもしれません。

道順や質問事項をもう一度見直そう

最後に、持ち物や身だしなみ以外にも確認してもらいたい点をご紹介します。

面接会場、移動時間や移動手段の確認

面接会場への道順は頭に入っているでしょうか?移動手段や移動時間も必ず確認するようにしましょう。
本社での面接と思い込んでいて、実際は別の会場が指定されていた、交通機関のトラブルで遅刻しそうになった、などのアクシデントが起こらないよう、面接会場、複数の交通手段などをしっかりと調べておくのも大切です。

ビジネスマナーを基本から見直す

面接室に通されたときの最初の挨拶、座るタイミングや姿勢、口癖などは日頃の癖が出やすいと言われています。
一人でチェックするのが大変であれば、第三者の力を借りて見てもらうと良いでしょう。

よくある質問には答えられるようにしておこう

志望動機や自己PRなど、必ず尋ねられる質問に対する返答は事前に用意しておきましょう。自分の言葉でしっかりと答えられるよう何度も練習することが重要です。

もし、面接がうまく行かず、一人でどう進めて良いか困っているのであれば、就活エージェントに相談してみるのをおすすめします。
ハタラクティブではマンツーマンで若年層の就職活動をサポート。書類作成や面接対策などもお手伝いしています。
まずはお気軽にご登録ください!

ハタラクティブ
のサービスについて

こんな人におすすめ
  • 経歴に不安はあるものの、希望条件も妥協したくない方
  • 自分に合った仕事がわからず、どんな会社を選べばいいか迷っている方
  • 自分で応募しても、書類選考や面接がうまくいかない方

ハタラクティブは、主にフリーター、大学中退、既卒、そして第二新卒の方を対象にした就職・転職サービスです。
2012年の設立以来、18万人以上(※)の就職・転職をご支援してまいりました。経歴や学歴が重視されがちな仕事探しのなかで、ハタラクティブは未経験者向けの仕事探しを専門にサポートしています。
経歴不問・未経験歓迎の求人を豊富に取り揃え、企業ごとに面接対策を実施しているため、選考過程も安心です。

※2014年12月~2024年1月時点のカウンセリング実施数

この記事に関連するタグ