Web面接ってどうやるの?注意点と必要な準備をご紹介

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. Web面接ってどうやるの?注意点と必要な準備をご紹介

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・Web面接とは、ビデオ通話サービスを利用したオンライン面接のこと
  • ・Web面接を開始するまでに、「ツールのインストール」「通信環境の確認」を行う
  • ・面接官がWeb面接で見ているのは「予定どおりに開始できるか」「部屋のきれいさ」
  • ・準備のポイントは、「部屋を片付ける」「スーツを着る」「カメラと音声の確認」
  • ・自宅で面接を行う際は、余計な発言をしないよう気をつけよう

Web面接ってどうやるの?注意点と必要な準備をご紹介の画像

「Web面接」は最近増えてきた面接方法なので、やり方をよく知らないという人は多いのではないでしょうか。
採用の場では、面接の流れを把握していないと、緊張や言葉に詰まる原因になる恐れがあり危険です。
そこで本コラムでは、Web面接が初めてという方へ向けて、面接の流れやポイントをまとめました。Web面接に必要な準備リストもご紹介しているので、不安な方はぜひ参考にしてみてください。

監修者:吉田早江

キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントとして数々の就職のお悩み相談をしてきました。言葉にならないモヤモヤやお悩みを何でもご相談下さい!

Web面接とは?

面接の流れやポイントを知る前に、まずは「Web面接」とは何か簡単に確認しましょう。
例年Web面接が取り入れられていなかったとしても、急きょ指定される可能性もあるので、事前にチェックしておくことが大切です。


オンライン面接のこと

Web面接とは、パソコンやスマートフォン、タブレットなどのビデオ通話サービスを利用した、オンライン面接のことです。
インターネットの普及とともにWeb面接を導入する企業も増えつつあり、今後さらに注目度が高まることが予想されます。


会場に出向かず、自宅で受けられる

Web面接は、企業や面接会場へ出向かずに自宅で受けられます。ネット環境があれば、自宅以外でもカフェや学校、会議室などで受けることも可能です。
面接会場までの交通費や移動時間がかからないため、選考に関するコストを削減できるのもWeb面接の特徴の一つ。企業側にとっても、面接会場を確保する必要がないのがメリットになるでしょう。


対面の面接が難しい場合に行われる

Web面接が行われるのは、求職者が海外や遠方に住んでいる、コロナウイルスや新型インフルエンザといった感染症が流行しているなど、対面の面接が難しい場合です。
オンライン面接にすることで、コストがかかりすぎたり、リスクが大きくなったりするのを避けられます。
また、会社への出社を必要としないリモートワークの場合、面接会場を確保する採用コストを押さえたいときなどにもWeb面接が活用されるようです。

Web面接の流れ

Web面接は、あいさつ→質疑応答→お礼の順で行い、大まかな流れは対面式の面接とそれほど変わりません。とはいえ、Web面接ならでは工程もあるので、詳しく見ていきましょう。


1.指定されたツールをインストールする

まずは、企業から指定されたビデオ通話アプリ(ツール)をインストールしましょう。アプリを入手できたらアカウントIDを作成します。すでにアカウントを持っている場合は、それでもかまいません。
直前にツールを確保しようとすると、通信トラブルなどうまくいかない可能性も。そうならないためにも、アプリのインストールは前日までに済ませておくのが良いでしょう。


2.通信環境・面接環境を整える

次に、通信環境と面接環境を整えてください。自宅で行う場合、通信が途絶えやすい部屋や散らかった部屋は避け、面接しやすい場所を決めましょう。
場所が決まったら、カメラの向きや音声の状態を確認します。自分の胸から上が映り、音声が途切れず伝わるかどうかをチェックしましょう。


3.面接開始時間の10分前に待機する

面接当日は、開始時間の5分~10分前には待機しましょう。会社から「面接開始5分前にアクセスしてお待ちください」「こちらから連絡します」など、指示がある場合もあるので、事前に確認しておきましょう。


4.企業からの連絡が来たら速やかに対応する

企業から連絡が来たら速やかに対応しましょう。ツールによっては「時間になったらこのURLにアクセスしてください」というパターンもあるので、気をつけてください。


5.あいさつをして質疑応答がスタート

まずは、「◯◯です。本日はよろしくお願いいたします」とあいさつしましょう。
Web面接で聞かれることは、対面の場合と大差ありません。志望動機をはじめ、自己PRや長所や短所について、学生時代に頑張ったこと、入社後に成し遂げたいことなどが、よくある質問として挙げられます。
通常どおり面接対策をしていれば、回答で困ることは特にないでしょう。


6.お礼をして面接を終了する

面接が終わったら、「本日はありがとうござました」とお礼を述べ、指示どおりに面接を終了させましょう。

Web面接で面接官が見る3つのポイント

Web面接で面接官は、質疑応答の内容以外に次のようなポイントに注目しています。
Web面接ならではの視点をしっかり押さえておきましょう。


1.時間どおりに開始できるかどうか

Web面接を時間どおりに開始できるかによって、応募者の面接に対する姿勢をチェックしています。時間どおりに開始できないと「時間に対する意識が低い」と判断されるので気をつけましょう。
Web面接は対面の面接と異なり、交通機関の乱れや受付の混雑などの影響はないため、よりシビアに見られているようです。


2.部屋のきれいさ、音響に対する配慮

部屋のきれいさ、騒音、音量に関する配慮を示せるかどうかで「気遣いのできる人」かが分かります。部屋が汚かったり、騒音が激しかったりする中で面接を行うと、「配慮が足りない」とマイナス印象になる恐れがあるでしょう。
社会人になれば、同僚や取引先に配慮することも必要。自分だけでなく、相手のことも考えて面接に挑みましょう。


3.音が途切れたときの対応力

通信や音が途切れたときの反応によって、トラブルに対する対応力を見ています。
予期しないトラブルが起きると、その人の本質が見えるもの。トラブル時に丁寧な対応ができるか、慌てず冷静に対処できるかといった反応は意外と見られているので、気をつけましょう。

Web面接に必要な準備のチェックリスト

Web面接の前にしておきたい準備をリストにしました。事前準備にお役立てください。


1.明るく静かな場所を選ぶ

Web面接を行う際は、明るい場所を選びましょう。暗い部屋は、自分の顔が影になって見えなかったり不健康に見えたりする恐れがあり、マイナス印象を与えます。自宅で行う場合は、自然光の入る部屋がおすすめです。
また、騒音のない静かな場所を選ぶのもポイント。自分の声が相手に伝わらない、面接官の声が聞き取れないなどは、面接の進行の妨げになります。自宅で家族が在宅している場合は、面接の時間だけ静かにしてもらえるよう協力を仰ぎましょう。


2.部屋を片付ける

自分が映る背景にも気を配ることが大切です。服装や態度に問題がなくても、部屋が散らかっていたり洗濯物が映り込んでいたりすると、配慮が足りないと判断されてしまいます。
Web面接を行う前には、部屋を片付け、清潔感のある環境に整えましょう。
背景は、できるだけ余計なものが映らないよう、白い壁にするのがおすすめです。その場合でも、急に立ち上がったときやカメラが傾いたときに散らかった部屋が映り込まないよう、部屋はきれいにしておきましょう。


3.服装はスーツを着用する

自宅で面接を行う場合でも、服装はスーツやオフィスカジュアルが基本です。女性なら、メイクをするのも忘れないようにしてください。採用の場という意識を持ち、服装やヘアスタイルを含む身だしなみマナーはしっかりと守りましょう。
また、映らないからといって、下半身は部屋着にするのはやめてください。手を抜いているのがバレれば、「仕事でも手を抜きそう」とマイナス印象になります。


4.スマホではなくパソコンを用意

スマートフォンやタブレットでもWeb面接はできますが、可能であれば画面が大きく、通信が安定しやすいパソコンを用意してください。
どうしてもスマートフォンを利用したい場合は、着信による中断リスクのないよう、設定を確認することが重要です。スマホを手に持ち歩きながら面接をするのもマナー違反になるのでやめましょう。


5.通信環境をチェックする

Web面接は通信環境が大切なので、事前に必ず確認する必要があります。
自宅で行う場合はWi-Fiの契約状況を確認するとともに、接続しやすさなどもチェックしておきましょう。
カフェやネットカフェ、オープンスペースなどで行う場合は、Wi-Fiが入っていても、騒音や周りの出入りが激しければWeb面接に不向き。通信環境以外の面もよく考えて選ぶようにしてください。


6.カメラの位置を固定する

使用予定のツールを起動し、カメラの位置を固定しましょう。
カメラと自分の目線が合い、自分の上半身(胸から上)がまっすぐ映っていればOKです。
面接中は相手の目ではなく、カメラを見て話すのが基本です。カメラの位置が下にあると威圧的に見え、上にあると上目遣いになるので、気をつけましょう。


7.音声を確認する

自分のパソコンにマイクが内蔵されているかどうかを確認し、ない場合はマイクのついたイヤホンやヘッドホンマイクを用意しましょう。
音声の聞こえ方、伝わり方をチェックするなら、一度友人と練習をしてみるのがおすすめ。音量や周りの騒音など、自分では気づきにくいことポイントなので、客観的な意見を参考にしてみると良いでしょう。

Web面接でよくある失敗談

最後に、Web面接でよくある失敗例をご紹介します。
Web面接に慣れないうちは、以下のような失敗のないよう意識しましょう。


1.通信トラブルが発生しパニックになる

通信が途切れる、雑音によって聞き取れない、画像が乱れるといったトラブル時に、パニックになる姿を見せてしまうパターンです。
採用の場は緊張感があり、予期しない出来事があれば焦ってしまうことはあるでしょう。しかし、パニックになる姿から「トラブルに弱いタイプ」というマイナス印象を与えることがあるため、気をつけなければなりません。
音声聞き取れない場合は、落ち着いて聞き返しましょう。通信が途切れても、冷静になってください。面接官はWeb面接に通信トラブルがあることも理解しています。メールや電話で状況を説明したうえで、アプリの再ログインやパソコンの再起動などを行うなど、冷静に対処することが大切です。


2.カメラの角度と視線が合わない

あらかじめカメラの位置を確認し、固定しておかなかったことが原因で、面接官と視線が合わなかったり、まっすぐに映っていなかったりするパターンです。
常に下を向いているように見えたり、視線が合わなかったりすると、カンニングペーパーを見ながら受けているように見える場合もあります。
面接中、映り方の異変に気づいても、設定し直すのは難しいもの。カメラの固定がずれてしまわないよう、しっかり固定しておきましょう。


3.アカウントやアイコンが不適切

ビデオ通話アプリのアカウント名やアイコンの写真が個性的すぎるパターンもあります。
就職・転職時に使用するアカウントやアイコン、プロフィール、メールアドレスなどは、ビジネスの場にふさわしいものを用意しましょう。
趣味や好きな写真など気に入っているものであっても、就職・転職活動にふさわしくないものでは「マナーが分かっていない」「ふざけている」とマイナス評価になる恐れがあります。


4.面接中にパソコン操作している

面接中にパソコンのキーボードを叩いていたり、スマートフォンを操作していたりするなど、マナー違反と判断されるパターンです。
Web面接では、相手の手元を見ることは難しいですが、求職者の視線やカチカチといった操作音は面接官へ伝わります。クリック音、SNSの着信音なども案外相手に聞こえているもの。パソコンでメモを取るという人もいますが、面接中はできるだけ音がならないように配慮しましょう。


5.余計なことを発言してしまう

Web面接は自宅やカフェといったプライベート感のある場所で行うため、ついつい気が緩み、余計な発言をしてしまうパターンもあるようです。
聞こえないときに「はい?」「え?」と砕けた表現になってしまったり、相槌を打つ際に「うんうん」「そうなんだよね」とタメ口になってしまったりするのは、礼儀を欠いていると判断されます。
たとえ自宅であっても、「採用の場」という認識を持ち、緊張感を保つように心がけてください。

ここまで、「Web面接」について解説しましたが、それでも分からないことはありませんか?
求職活動中の疑問や不安は、就職・転職のプロに相談してみることをおすすめします。

ハタラクティブは、若年層向けに求職活動のサポートを行う就職・転職エージェント。
丁寧なカウンセリングのうえ、希望や適性に沿った求人紹介を行ないます。求職者それぞれに専任のアドバイザーがつき、就職・転職活動中の悩みや疑問に対応。さらには、企業との交渉代行、選考のスケジュール調整、応募書類の添削、面接対策のアドバイスなどを実施するため、就職活動がスムーズに進みます。
ハタラクティブをご利用後の内定率は、80.4%(2019/01/16)。一人での求職活動に不安を感じている方は、ぜひお気軽にご相談ください。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ