面接に落ちる理由とは?8つの原因を把握して対策しよう

面接に落ちる理由とは?8つの原因を把握して対策しようの画像

【このページのまとめ】

  • ・マナー関連の面接に落ちる理由は「身だしなみを整えていない」「声が小さい」など
  • ・「質問への回答が噛み合っていない」ことも面接に落ちる理由になる
  • ・企業研究不足も面接に落ちる理由の一つ
  • ・面接に落ちる理由を把握し、次に活かすことが大切

「面接に落ちる理由が分からない」という方もいるでしょう。面接に落ちる理由には、「ビジネスマナーを守れていない」「質問に対して端的に答えていない」などがあります。
このコラムでは、マナーや質問への答え方、準備不足の観点から面接に落ちる理由をご紹介します。面接を突破できるよう、このコラムの内容をぜひ参考にしてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

面接に落ちる理由:マナー

マナー関連で面接に落ちる理由には、「身だしなみを整えていない」「声が小さく聞きとりづらい」などがあります。

身だしなみを整えていない

面接において第一印象はとても大切です。そのため、身だしなみが整っておらず、清潔感がないことは面接に落ちる理由になりえます。シワシワのスーツや黄ばんだシャツを着ていたり、髪型を整えていなかったりすると、好印象を与えづらいでしょう。また、面接では足元も見られ、汚れた靴を履いているとだらしなく見えてしまいます。面接の際はクリーニングをしたスーツを着て、鏡で身だしなみを確認してから臨みましょう。

ビジネスマナーが身についていない

ビジネスマナーを守れていないことも、面接に落ちる理由になります。コートを着たまま部屋に入ったりノックを忘れたりすると、マナーが身についていないと判断されてしまうでしょう。そのほか、面接では敬語を正しく使えているかも見られています。自分ではなかなか気づきにくい点でもあるため、家族や友人にチェックしてもらいましょう。

声が小さく聞きとりづらい

面接は誰でも緊張するものですが、声が小さくて聞きとりづらいと、面接官に暗い印象を与えてしまいます。また、声がよく聞こえなければ、限られた時間内でのコミュニケーションがとりづらくなってしまい、面接に落ちる理由になってしまうでしょう。そのため、普段から人前で話すときは声のトーンを上げたり、大きめの声を出すように心掛けたりすることが大切です。

面接で落ちる人の特徴とは?通過するための対処法も紹介」のコラムでは、面接に落ちる理由や対処法を解説しているので、あわせてチェックしてみてください。

面接に落ちる理由:質問への答え方

面接に落ちる理由には、「質問に対して端的に答えていない」「質問への回答が噛み合っていない」もあります。

質問に対して端的に答えていない

面接官の質問に対して、長過ぎる返答を行うのも面接に落ちる理由に該当します。話が長くなると、途中で何を質問されたのかを忘れてしまったり、質問に対する答えがズレてしまったりするケースがあります。面接官に質問されたら、結論から話すように心掛けることが大切です。最初に結論を述べ、その後に理由や経緯を付け加える順番にすると、答えがずれたり、話が長くなり過ぎたりすることを防げるでしょう。

質問への回答が噛み合っていない

面接官の質問への回答が見当違いで、噛み合っていないのも面接に落ちる理由になるでしょう。質問に対して的確に答えられない場合、「仕事の指示をきちんと理解して遂行できるのか」と面接官に不安に思われてしまいます。そのため、質問に集中して、的を射た回答をするように気を付けましょう。

最終面接に落ちる理由を解説!対策方法を知って転職を成功させよう」のコラムでは、最終面接に落ちる理由や改善点の例をご紹介しているので、参考にしてください。

面接に落ちる理由:準備不足

面接に落ちる理由で準備不足にまつわるものには、「自分の経験やスキルをしっかり伝えられていない」「企業研究不足」などがあります。

自分の経験やスキルをしっかり伝えられていない

スキル・経験を十分にアピールできないと、「ほかの応募者のほうが入社後に活躍してくれそう」と面接官に判断される恐れがあります。書類選考を通過して面接に進んでいるので、自分のスキル・経験を的確に伝えられれば、内定をもらえる可能性が高いと考えられます。
面接前に、スキル・経験を細かく整理することが大切です。入社後の仕事内容を踏まえ、スキル・経験をどのように活かせるか具体的に伝えられるようにしましょう。

企業研究不足

面接の際は、企業が扱っている商品やサービスについて聞かれることもあります。そこで答えに詰まった場合は志望度が低いとみなされ、面接に落ちる理由になりうるでしょう。面接前に企業のWebサイトをチェックし、事業内容や今後の展望、力を入れている取り組みなどを確認しておくことが肝心です。

意欲や熱意をアピールできていない

面接では志望動機をよく聞かれますが、「どうしてもこの会社が良い」という熱意を伝えられないと「意欲が感じられない」と評価され、面接に落ちる理由になります。その企業ならではの魅力を伝え、入社後に実現したいことを具体的に述べましょう。

面接に落ちる理由については「不採用の理由は企業に聞いてもOK!選考で落ちやすい原因と対策」のコラムでも解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

面接に落ちる理由を考えて改善を図ろう

面接に落ちてしまったら、まずは原因を考えることが大切です。面接に落ちる理由が分かったら、次は面接を突破できるよう、改善点を踏まえたうえで面接練習をしましょう。

「面接に苦手意識がある」「面接に落ちる理由を考えてみたが、分からない」と悩んでいる方は、就職支援サービスのハタラクティブの利用がおすすめです。ハタラクティブでは、応募する企業に合わせて模擬面接を行い、マナーや質問への答え方などをアドバイスしています。自分の強みを的確にアピールする方法を教えてもらえるので、一人で就職活動するときよりも内定をもらえる可能性が高まるでしょう。
サービスのご利用はすべて無料のため、お気軽にご相談ください。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION