新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 面接で落ちる人の特徴とは?通過するための対処法も紹介

面接で落ちる人の特徴とは?通過するための対処法も紹介

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・面接に落ちる人は、声が小さかったり見当違いな回答をしてしまったりする
  • ・面接に落ちる人の見た目は、清潔感がなかったり雰囲気が暗かったりする傾向がある
  • ・面接に落ちる人は、志望動機が薄かったりネガティブな話をしたりする傾向がある
  • ・徹底的な自己分析や企業研究、逆質問の準備などが面接に合格するために有効な対策

監修者:室谷彩依

就活アドバイザー

就活アドバイザーとして培った経験と知識に基づいて一人ひとりに合った就活に関する提案やアドバイスを致します!

面接で落ちる人の特徴を知りたいと思っている方に向けて、どのような行動が良くないのか紹介します。面接で落ちる人の特徴をいくつかのポイントに分けてまとめているので、自分が当てはまっているかどうか気になる方はチェックしてみましょう。
また、面接で落ちないための対策や、落ちた理由がわからないときの対処法についても解説するので、これから面接に臨む方はぜひご覧ください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

面接に落ちる人の受け答えの5つの特徴

面接で落ちる人は、質問に対する受け答えに共通した特徴を持っています。
面接官は応募者の受け答えの内容はもちろん、受け答えの仕方や話し方にも注目しています。仕事では顧客とコミュニケーションを取らなければならない場面も多々あるので、話し方や聞き方はとても重要です。
面接に落ちる人の受け答えに見られる、5つの特徴を見ていきましょう。

1.声が小さい

面接に落ちる人によくみられる特徴の一つが「声が小さい」ことです。
声が小さいと、自信がないように見え、覇気が感じられません。面接官の質問にはっきりと答えていないように思われるため、印象が悪くなってしまいます。
活舌が悪い、吃音があるなどのコンプレックスがある場合にも、声が小さくなってしまうかもしれません。そんな時は、面接が始まる際にきちんと説明しておくと印象を悪くせずに済みます。
緊張のせいで声が小さくなってしまう傾向があるのなら、意識してはっきりと相手の聞き取りやすい話し方をするよう心がけましょう。

2.見当違いな回答をする

面接に落ちる人にみられる傾向は、「質問の意図と異なる回答をする」点です。
面接官は、応募者が緊張していることは十分理解しています。多くの応募者を見てきているので、緊張しているという点だけで減点することはないでしょう。多少つっかえたり言い間違いをしたりするくらいであればそれほど気にする必要はありません。しかし、見当違いな回答をしてしまうと、「コミュニケーション能力が低いのではないか」を思われてしまう恐れがあります。
さらに、聞かれていないことを長々と話すのも、面接に落ちる人にありがちな特徴です。確かに自分のスキルや経験は伝えた方が良いでしょう。しかし、面接はプレゼンテーションではなく会話で進めるものなので、相手の質問の意図を汲んで的確に答えることが求められています

3.面接官と目を合わせない

面接官の目を見て話さないことも、面接に落ちる人の特徴として挙げられます。
面接は面接官が応募者の人となりを判断する場です。ずっと下を向いていたり、関係のない方向を向いたりして受け答えをしていると、印象は悪くなってしまいます。
緊張したり、準備不足だったりする場合には、自信のなさから目をそらしてしまうことが多いので、注意が必要です。
目を見て話すのが苦手な方は、面接官の顔全体やネクタイの結び目、鼻などを見て話してみましょう。

4.答えに詰まる

面接では、答えに詰まってしまって落ちる人もいます。
面接で意外な質問をされて答えに詰まってしまったとしても、それほど大きな問題にはなりません。問題は、応募先の企業の業務内容やこれまでの実績などについて尋ねられたにもかかわらず、答えられなかったケースです。応募者であれば当然知っているべき情報を知らない場合、本当にその企業に入りたいのか疑問に思われてしまうでしょう。
よく聞かれる質問は事前にしっかり調べておき、スムーズに答えられるようにしておくことが大切です
緊張のあまり答えに詰まっているのであれば、一度深呼吸して落ち着きましょう。「少々お時間をいただいてもよろしいでしょうか?」と断りを入れるのも一つの手です。

5.文章の構成がバラバラ

面接で落ちる人にありがちな特徴は、文章構成がバラバラということです。
質問に対する回答は、簡潔でまとまりがあり、論理的でなければなりません。面接官は、応募者の回答の内容だけでなく構成もしっかり確認しています。
ダラダラと取り留めのない話をしてしまうと、面接官の印象は悪くなってしまうでしょう。一方で、回答があまりに短すぎると、企業に対する興味や仕事に対する熱意が低いのではないかと思われてしまう恐れがあります。

面接に落ちる人の特徴については、さらに詳しく書かれたコラム「面接に落ちる人・落ちない人の違いは?」もご覧ください。

面接に落ちる人の見た目の3つの特徴

面接に落ちる人は、受け答えだけでなく見た目に特徴があるケースも少なくありません。なぜ面接に落ちたのかわからない方は、自分が面接に落ちやすい人の特徴に当てはまっていないかをチェックしましょう。

1.清潔感がない

清潔感がないと、面接に落ちる可能性は高くなるでしょう。
清潔感が判断される観点は、面接にふさわしい服装をしているか、身だしなみをきちんと整えているかなどの点です。たとえば、髪の毛がしっかりとセットされている、ネクタイが曲がったり緩んだりしていない、シャツにアイロンがかけられている、スーツがくしゃくしゃでないといったことがチェックされています。
服装は面接官の第一印象に大きくかかわってくるポイントです。きちんとした服装と身だしなみは、社会人としての最低限のマナー。清潔感がある服装・身だしなみに配慮しましょう。

2.雰囲気が暗い

面接で落ちる人にありがちな特徴の一つは、雰囲気が暗いことです。
雰囲気が暗いと面接官の印象は悪くなります。暗い雰囲気の人と仕事をしたいと思う人は少ないでしょう。顧客とコミュニケーションを取る業種であれば、なおのこと明るい雰囲気が重要です。
雰囲気を明るくするためには、話し方や表情などに気を配る必要があります。自分が他の人からどのように見えているのかを分析して、改善しましょう。

3.態度が悪い

面接での態度が悪いと判断された場合も、合格するのは難しくなります。基本的なビジネスマナーが守れないと思われないよう、面接中の態度には十分注意を払いましょう。
たとえば、挨拶がきちんとできない、正しい敬語が使えない、時間が守れないといった行動は、印象を非常に悪くします。
当日に遅刻するのは面接に落ちる直接的な原因となるので、注意してください。直前での日程の変更なども、「態度が悪い」と判断されることがあります。

見た目は第一印象を大きく左右する判断材料です。面接で好印象を与えるため、「面接の服装を選ぶ上で気をつけるべき点」のコラムも参考にしてください。

面接に落ちる人にみられる選考内容の4つの問題点

面接の内容が原因で落ちてしまうこともあります。
ここでは、面接に落ちる人によくある選考内容における問題点を4つ紹介するので参考にしてください。

1.志望動機が薄いなど、熱意にかける

面接に落ちる人の特徴として、熱意が感じられないことが挙げられます。
志望動機がありきたりで内容が薄かったり、質問に対する反応がなかったりすると、面接官は応募者の熱意を感じられず、一緒に仕事をしたいとは思わないでしょう。不採用の可能性が高まります。
また、調べればすぐに分かる情報について聞かれたときに答えられないと、熱意を疑われてしまいます。企業理念や業務の内容など、最低限知っておくべきことはホームページなどで調べておかなければなりません。質問したいことはないかと聞かれた際に、ホームページに書かれていることを尋ねてしまうと逆効果なので注意しましょう。

2.企業との相性が悪かった

企業には独自の企業風土や社風、顧客の層、考え方があるもの。企業との相性が悪かったために面接に落ちる人もいます。
相性が合わない会社に入社しても早期離職の危険性が高まるため、無理に企業に合わせる必要はありません。落ちたことを過度に気に病むことはやめましょう。

ただし、相性が悪い企業の面接を受け続けているようであれば、事前準備に問題がある可能性があります。

自己分析や企業研究を徹底して行い、ミスマッチを避けられるようにしてください。

3.ネガティブな話をしてしまった

面接でネガティブな話をしてしまった場合にも、落ちる恐れがあります。面接ではどんな質問に対しても、ポジティブな回答をするのが基本です。
たとえば、転職の場合には前職を辞めた理由について尋ねられることがあります。待遇の悪さや人間関係のトラブルが退職の原因であったとしても、ネガティブな内容を正直に話すのは避けるべきです。スキルアップや新しいことへのチャレンジといった、ポジティブなものに変換して話しましょう。

4.面接練習が不足していた

面接では事前の練習が不可欠です。練習が不足した状態で面接に臨んだ場合、落ちる可能性が高まるでしょう。話に具体性がなかったり、表現がわかりにくかったりすると、面接官に練習不足だと思われて落とされてしまうかもしれません。さらに、意外な質問に対してしどろもどろになってしまうと、とっさの状況に対応する能力に欠けていると判断される恐れがあります。
伝えたいことを自分の言葉で表現できるように繰り返し練習してください。言葉遣いや表現、抑揚などにも注意し、自然に話せるようになるまで練習します。
また、できるかぎりたくさんの質問を想定し、回答を準備しておきましょう。

今まで挙げた特徴に心当たりがなく、面接に落ちた理由がわからない場合は、不採用の理由を企業に尋ねるのも一つの方法です。「不採用の理由は企業に聞いてもOK!選考で落ちやすい原因と対策」のコラムで詳しく解説しているので、併せてご覧ください。

面接に落ちる人が実践できる4つの対処法

ここでは、面接に落ちる人におすすめの4つの対処法を紹介します。面接に何度も落ちて悩んでいる人は、ぜひ試してみてください。

1.徹底的に自己分析を行う

面接に落ちる人が行うべき最初の対策は、徹底的な自己分析です。
自己分析には、自分の志望動機や本当にやってみたい仕事は何か熟考することが含まれます。自分がどのような仕事がしたいのか、どのような環境で働きたいのかがしっかり決まっていれば、面接官の質問に対しても自信を持って答えられるようになるでしょう。

自己分析を行うのが苦手という方は、自己分析を行うのに役立つツールや参考書などを使うのがおすすめです。

いくつかの質問に答えるだけで、性格のタイプや強みなどを簡単に診断できます。徹底的に自己分析を行って、自分の強みをしっかりアピールできるようにしましょう。
ハタラクティブでも適職診断をご用意していますので、ぜひご活用ください。

2.企業研究を熱心に行う

面接に落ちる人は、企業研究に力を入れてみましょう。
会社の概要や業務内容について質問された時、スムーズに答えるためには企業研究が不可欠です。企業についてしっかり調べていれば、熱意があるとみなされる可能性は高くなります。
また、企業研究を進めていくことによって、希望する企業とほかの企業との違いが明らかに。「この企業で働きたい」という気持ちがますます強くなっていきます。その熱意は、受け答えの際の態度に表れ、面接にプラスにはたらくでしょう。
企業研究の方法には、会社のパンフレットやホームページを調べることのほか、企業説明会やOB訪問などがあります。可能なかぎり企業の情報を調べて、契約社員の面接に向けて準備しましょう。

3.面接の練習を重ねる

特に面接の際に緊張してしまったことが理由で落ちる人に関しては、面接の練習が効果的です。
面接に臨んだときに緊張してしまうのは仕方ないことですが、練習を重ねることにより自信がついて、緊張を和らげることはできます。できるだけスムーズに回答できるよう何度も練習してください。
特に、頻出質問は事前に回答を考えておき、詰まらずに答えられるように声に出して練習しましょう。
さらに、面接のときに自分がどんな風に見えるかをチェックしましょう。背筋を伸ばしてきちんと座ると、堂々として自信があるように見えます。家族や友人などに服装や身だしなみ、姿勢を見てもらい、アドバイスをもらうのも良い方法です。
面接の雰囲気に慣れることが重要なので、周りの人の協力を得ながら練習を重ねていく必要があります

4.逆質問の準備を万全にする

面接に落ちる人は、逆質問の対策も行いましょう。「最後に何か質問したいことはありますか?」と聞かれたときの回答が、合否を左右する場合もあります。
ここで、「特にありません」と答えたり、面接官がすでに説明してくれたことを再度尋ねてしまったりするのはNGです。さらに、給与や休日、残業、出張など、待遇面に関する質問だけを投げかけるのも避けたほうがよいでしょう。
仕事に対してポジティブな気持ちを抱いていることを伝えるために、入社前に勉強しておくべきことや必要な資格、企業が求めている社員像などについて尋ねるのがおすすめです。

面接に落ちる人が行える対策については、「面接に受からない人の理由・特徴を紹介!対策して転職を成功させよう」のコラムもご覧ください。

面接に落ちた理由がわからない!問い合わせてもよい?

面接に落ちた理由がわからないとき、企業に問い合わせをしてもかまいません。しかし、企業に不採用の理由を問い合わせても、回答してくれる可能性はほぼゼロです。不採用の際に理由を教えないことを明記している企業もあります。面接などで用いられる採用の基準は企業によって大きく異なり、会社の機密情報でもあるからです。
自分なりに面接に落ちた理由について分析し、次の面接に活かしてください。

ただし、転職エージェントを通して選考に進んでいた場合は、担当アドバイザーが企業から不採用の理由を知らされていることがあります。その場合は担当アドバイザーに聞いて、不採用の理由を教えてもらいましょう。
また、もし企業から理由を知らされていなくても、不採用になった面接の内容を転職エージェントに伝えれば、アドバイスをしてくれます。どこが問題だったのかを教えてもらい、面接対策をしてもらいましょう。

就職・転職支援サービスを行っているハタラクティブなら、面接対策も万全!
経験豊富なキャリアドバイザーがマンツーマンでカウンセリングし、落ちる理由を分析して対策します。自分だけで悩むよりも、豊富な知識を持つアドバイザーの助けを得て効果的に面接対策をしませんか?
書類作成のアドバイスや内定後のフォローもお任せください。
サービスは全て無料です。面接に不安を感じているなら、ハタラクティブにご相談ください。

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

    ▼ ご相談はこちらから ▼

    登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

    • はい

    • いいえ

    おすすめ記事

    RECOMMEND

    適職診断
    twitter
    • arrow
    • youtubeIcn

    © 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ
    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ