1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 逆質問とは?面接の最後に疑問点を聞くことについて

逆質問とは?面接の最後に疑問点を聞くことについて

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・逆質問とは、面接の最後に応募者が面接官に疑問点を訊ねること
    ・企業が逆質問の時間を取るのは、応募者の志望度やコミュニケーション力の確認のためと考えられる
    ・自分の長所や意欲が伝わる逆質問を心がけると良い
    ・待遇面に関する質問、下調べが可能な質問などには要注意

面接の最後にしばしば設けられる逆質問の場。適切な質問を投げかけることで、効果的な自己アピールに繋がることもあります。本記事では良い例と悪い例を紹介しつつ、逆質問について解説します。

◆逆質問で効果的にアピールを

面接の最後に、「何か弊社について質問はありますか?」と聞かれることがあります。このような質疑応答の時間は、一般的に逆質問と呼ばれているようです。本項ではまず、逆質問の概要について確認しておきましょう。

【企業側の意図】

そもそも企業側は、なぜ逆質問の時間を取るのでしょうか。以下に、考えられる理由をいくつか挙げます。

・志望度チェック

企業が逆質問の時間を取るのは、応募者の志望度合いを測るためとされています。つまり、何か質問が出ればその会社に対する熱意を持っており、何も質問がなければ志望度が低いと捉えられるということです。

・志望度アップの狙い

逆質問によって、応募者が重視している事柄を知ろうとする意図もあると考えられます。応募者が気がかりに感じる点について疑問を解消することができれば、その企業への志望度が上がる可能性があるからです。

・質問力の確認

逆質問はまた、応募者が的確な質問をする人かどうかを確認する役割を持つともいわれています。売れ筋の商品についてなど事前に調べればわかる質問や、企業全体の社風について聞くなど抽象度の高い質問などをしてくる応募者は、企業も採用を避けたいということです。
つまり逆質問の場面では、応募者の質問力およびコミュニケーション力が試されているといえるでしょう。

・相性の見極め

逆質問は自由度が高いため、質問内容から応募者の個性が見えてくることも。自主性が求められる職場で研修内容について詳しく聞いてきた人であれば、面接官からは社風に合わないと判断されてしまう可能性もあります。

【逆質問のメリット】

逆質問は自由度が高い分、自分の存在を印象付けるための良い機会となります。面接自体にあまり手応えを感じられなかったとしても、逆質問の内容によっては自身のアピールに繋がることもあるかもしれません。


◆良い逆質問の例とは?

ここでは、良い逆質問の例をいくつか見ていきましょう。

【自分の長所を伝える】

・「私は○○な性格ですが、御社の仕事に必要な資質について教えてください」
・「○○の資格を持っており、御社でスキルを活かしたいと思っているのですが…」

自分の長所や強みをアピールした上での問いかけは、あなたを印象付ける良い質問であるといえます。
ただし、実績や特技を自慢をするかのような態度になってしまうことには注意しましょう。アピールポイントを効果的に伝えるコツは、「○○を活かせると良いのですが…」など、謙虚さを感じさせる言い方をすることです。

【意欲を伝える】

・「御社で成果を出している方には、どのような共通点がありますか?」
・「もし採用していただけた場合、入社までに勉強しておくと良いことはありますか?」

上記のように、仕事に前向きに取り組み、成果を出したいという熱意が伝わる質問も効果的です。応募先企業で働くことへの意気込みを示すことができるでしょう。
一方、入社が決まった訳でもないのに、企業の内部事情(上場予定についてなど)を詮索するのは好ましくないといえます。入社後働いている自分をイメージするのは良いことではありますが、既に採用されたかのような振る舞いは避けましょう。


◆こんな逆質問は要注意

最後に、要注意な逆質問の例を挙げます。

【待遇面を訊ねる】

・「長期休暇の取得は可能ですか?」
・「給与額はどれくらいからのスタートになりますか?」

待遇面を重視した質問ばかりしていると、業務に対する意欲がないと見なされてしまうケースも。相手に誠意を伝えるためには、できるだけ上のような質問は控えた方が良いといえそうです。
研修内容についての質問も、受け身の印象を受ける人がいるかもしれないので気を付けましょう。ただしこれについては、未経験者歓迎の求人であれば許容される可能性もあります。

【その他】

それ以外に注意した方が良いのは、面接で既に説明されたことについての質問、下調べで把握できる事柄についての質問などです。以上のポイントを押さえて、逆質問を有効な自己PRの場にしていきましょう。

なおハタラクティブでは、若年層に特化して就活のサポートを実施しています。企業別面接対策も行っているので、興味をお持ちの方はぜひお気軽にご相談ください。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる