1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 転職の面接でよくされる質問は?好印象を与えるコツ

転職の面接でよくされる質問は?好印象を与えるコツ

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・転職面接では、志望動機や自己PR、職務経歴、応募先企業の強みなどが聞かれる
    ・面接では、応募者から逆質問をする機会がある
    ・逆質問は入社意欲を示す絶好のチャンスであるため、5つ程度用意しておこう
    ・逆質問の際は、待遇面を連続で聞いたり、Webサイトで分かる内容を質問したりするのはやめよう

「転職時の面接ではどんな質問をされるんだろう…」と不安に思っている方はいませんか?
このコラムでは、転職の面接でよくされる質問や、逆質問をする際のポイントをご紹介します。転職成功のために、コラムの内容をチェックしてみてください。

◆転職の面接でよくされる質問は?

転職の面接で聞かれる質問には、どのようなものがあるのでしょうか。
ここでは、パターンごとの質問の例と答え方のポイントをご紹介します。

【基本的な質問】

・自己紹介
・職務経歴
・志望動機 など

面接を受ける上で最低限押さえておきたい質問です。企業の求める人物像を事前に確認し、応募先の会社に合う内容にしましょう。

【仕事に関わる質問】

・これまでの業務内容
・仕事をする上で大切にしていること
・仕事をしていて嬉しかったこと
・キャリアプラン など

仕事に関わる質問を受けたときは、具体的な業務内容を例に挙げて話すことが大切です。
実績や成果について、数字や自身の取り組みなどを交えて話せば、即戦力になることをアピールできます。

【企業の理解度を確かめる質問】

・応募先企業の強み、弱み
・10年後の業界について
・競合他社との違い など

志望企業で働くイメージがあることを示すのが大切です。
会社のWebサイトや新聞などを活用し、事前に事業内容や仕事内容を確認しておきましょう。また、競合他社についても把握しておくと、応募先企業の特徴をより深く理解できます。

【自身に関する質問】

・自己PR
・自分の強み、弱み
・ほかに受けている企業
・挫折経験と乗り越えた方法 など

自身に関する質問を受けたときは、結論を先に言った上で具体的なエピソードを述べましょう。
自分の弱みや挫折経験などネガティブな内容を聞かれることもありますが、「◯◯の短所を改善できるよう、△△するようにしています」など努力している姿勢を示すことが大切です。

上記のように、質問の種類によって回答のコツがあるため、事前にしっかり準備しましょう。


◆逆質問も用意しよう

逆質問は、応募者が面接官にする質問のことです。面接の終盤に「何か質問はありますが?」などと聞かれた際に、逆質問をすることができます。
逆質問は、面接官にプラスの印象を与える絶好のチャンス。質問の例を紹介するので、参考にしてください。

【入社意欲を示す質問】

「採用していただいた場合、配属先はどの部署になりますか」
「入社までに勉強しておくべきことがあれば教えてください」

配属先や入社までの準備を尋ねることで、働く意欲を示せます。

【自分の強みをアピールする質問】

「◯◯の資格を取得しているのですが、御社で活かせますでしょうか」
「これまで◯◯を経験してきましたが、活かすためにはほかに何が必要でしょうか」

面接でアピールしきれなかった要素があるときは、逆質問の際に触れると良いでしょう。ただし、「◯◯ができます」と言うだけでなく、「応募先の企業で活かしたい」という気持ちを伝えることが大切です。

【社長や役員に対する質問】

「御社のWebサイトを拝見したところ◯◯年から急成長されていますが、要因は何だったのでしょうか」
「経営者のお立場からわかる御社の魅力や改善点を教えていただけますか」

社長や役員と面接をする際は、業務に関する質問よりも、組織全体について聞くのがおすすめです。


◆逆質問に関する注意点

逆質問に関する注意点は、以下のとおりです。

【質問は5つ程度用意する】

逆質問を1つしか用意していないと、面接中に回答を得られた際に質問できなくなってしまいます。
「特にありません」という回答は印象を下げてしまうため、5つ程度用意しておきましょう。

【待遇面を立て続けに聞かない】

給与や残業などを立て続けに聞いてしまうと、「やる気が感じられない」と悪印象を与えてしまう恐れがあります。
たとえば残業について知りたいときは、入社意欲を示す質問をいくつかした後、「繁忙期はいつ頃でしょうか?」など表現に気を付けて聞くようにしましょう。

【企業のWebサイトで分かる内容は聞かない】

経営理念や事業内容といったWebサイトで分かる内容を聞いてしまうと、「入社意欲が低いのでは」と否定的な印象を与えてしまいます。
もし詳しく知りたいことがあるなら、「Webサイトで◯◯とあったのですが」というように事前に確認した旨を伝えると良いでしょう。

「転職活動がうまくいかない」「面接に不安がある」という方は、エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。
ハタラクティブは、第二新卒や既卒、フリーターなどの若年層を対象に就職・転職支援を行うサービスです。希望に合う求人をご紹介するほか、面接対策や応募書類の添削といったサポートをマンツーマン体制で行います。
サービスのご利用はすべて無料のため、お気軽にご相談ください。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる