web面談のやり方を解説!スマホはOK?場所や服装の注意点を確認しよう

web面談のやり方を解説!スマホはOK?場所や服装の注意点を確認しようの画像

この記事のまとめ

  • web面談とは、インターネットを利用して遠隔で面接や面談を行うこと
  • web面談はカフェや屋外が避けて、自宅の静かな環境で受けるのが基本
  • web面談では、全身が映っても問題ないように上下スーツで参加するのがおすすめ
  • web面談にスマートフォンを使用する場合は、画面が揺れないように固定しよう

就職・転職活動でweb面談を受けることになった求職者のなかには、「web面談のやり方が分からない」「イヤホンで参加して良い?」といった疑問を持つ方もいるでしょう。web面談は、企業から送られてくるURLにアクセスして参加するのが一般的な流れです。また、イヤホンを装着することはマナー上、問題ありません。このコラムでは、web面談のマナーや注意点を解説しているので、ぜひ参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

web面談とは?

web面談とは?の画像

web面談とは、パソコンやスマートフォンといった、インターネットに接続できる機器を使用して、対面ではなくweb上で面談・面接を行うことです。企業によってはオンライン面談といわれることもあります。
web面談のやり方は使用するツールによって違いますが、企業から面談前にURLが送られてくるので、そこにアクセスして面談を受けるのが一般的なweb面談のやり方です。
また、「面談」は面接の前段階として位置づけられているもの。しかし、面談の内容が面接に影響を及ぼす可能性は高いため、「面談=面接」であることには変わりないと捉えてください。面談と面接の違いを詳しく知りたい方は、「面談と面接の違いとは?2つの違いや目的について詳しく解説!」をチェックしましょう。

web面談のタイプ

web面談には、「ビデオチャットツールで面接官と話す」「動画を撮影して企業の面接担当者へ送る」といった2つのタイプがあります。どちらもスマートフォンのカメラ機能で対応できるので、パソコンを持っていない方でもウェブ面談に参加することが可能です。

web面談で使用するツール

web面談はビデオチャットツールを使用して行われます。主なビデオチャットツールは、Google MeetやSkype、Zoomなどです。どのツールを使用するかは企業側が決めるので、企業の指示に従いましょう。
また、ツールによっては事前のアカウント作成が必要なこともあります。企業からweb面談の案内を受けたら、目をとおして準備を整えておきましょう。
web面接のやり方や準備に不安がある方は、「Web面接ってどうやるの?注意点と必要な準備をご紹介」のコラムも、あわせてチェックしてみてください。

web面談のメリット・デメリットとは?

ここでは、就職・転職でweb面談を行うメリットとデメリットをご紹介します。それぞれの違いを知り、面接対策に取り入れましょう。

web面談のメリット

web面談を行う求職者側のメリットは以下のとおりです。

・遠方から参加できる
・移動に時間がかからない
・外出が厳しい状況でも選考に参加できる

一次選考や二次選考をweb面談で行えば、最終面接や最終確認など、最低限の訪問だけで済むため、求職者による時間や金銭の負担は大幅に軽くなるでしょう。
また、2020年に新型コロナウイルス感染症が流行した際には、多くの企業がテレワークを実施しました。外出が厳しい状況になっても、インターネット回線をとおして面談を行い、選考に参加できる点がweb面談のメリットです。

web面談を行う企業側のメリットは?

企業やエージェント側にとってweb面談を行うメリットには、「遠方で諦めていた人の応募が期待でき、採用や利用の機会を増やせる」「移動時間がないため、面接時間の調整が楽になる」の2点が挙げられます。
web面談を取り入れることで遠方に住む人材も採用対象となり、優秀な人材を確保できる可能性が高まるでしょう。また、面談を行う場所に移動する時間や求職者を迎え入れるための準備がなくなるため、面接官側の負担も軽減されます。なお、web面談ではネット環境の確認も可能なため、リモートワークを前提とした人材を採用する際にも活用されているようです。

web面談のデメリット

就職・転職でweb面談をするデメリットは以下のとおりです。

・ラグが生じてコミュニケーションが取りにくい
・企業に訪問しないため職場の雰囲気を知る機会がなくなる
・通信環境を整えなくてはならない

話している途中にラグが発生すると、「対面より話しにくい」と感じるでしょう。また、web面談をすることで企業に訪問する機会がなくなります。「どのような人が働いているか」「会社全体の雰囲気は良いのか」といったことを入社前に知れないのはデメリットといえるでしょう。なお、web面談に慣れていないと、通信環境を整えるのが大変な場合もあります。web面談では安定した通信ができて静かな場所が必要なので、人によっては準備が負担になるでしょう。

web面談で聞かれることとは?

対面とweb面談とでは、採用担当者から聞かれることに違いはありません。面接でよく聞かれる質問を以下でまとめたので、ぜひ参考にしてください。

・自己紹介
・自己PR
・志望理由
・学生時代に力を入れたこと
・長所と短所
・将来のビジョン

自己PRや志望理由を聞かれたときに備え、企業研究や自己分析を行い、企業ごとの面談対策を行いましょう。また、web面談を受ける流れを知りたい人は、web面談の流れやポイントを解説したコラム「Web面接の流れとは?押さえておきたいポイントや注意点もご紹介」をご一読ください。

派遣のweb面談で聞かれること

派遣のweb面談で聞かれることは、「どのくらいの期間働きたいか」「週に何日働けるか」「どのようなスキルがあるか」などです。派遣の仕事によっては、契約期間が設けられているので、あらかじめ、希望の契約期間を明確にしておきましょう。

web面談を受けるときのマナー

ここでは、就職・転職でweb面談を行うときのマナーを解説します。面談の準備を進めるときに、ぜひ参考にしてください。

場所

web面談は、自宅で受けるのが基本です。企業から周辺の音が入らない静かな環境を指定されるため、カフェや屋外など不特定多数の人がいるような、にぎやかな環境はweb面談に適していません。ただし、人によっては「自宅の近隣で工事中していて騒音が懸念される」「上下左右の部屋の生活音が大きく響くことがある」といった事情により、自宅で静かな環境を整えられない人もいるでしょう。そのようなときは、インターネット環境が整っているレンタルスペースを借りて、web面談を受ける方法があります。

服装

web面談の服装は通常と同様に、企業から指定があればそれに従い、特になければスーツを着用します。自宅で受けるからといって、普段着や部屋着はマナー違反です。また、「肩から上しか見られないから」といって上半身だけスーツを着て下半身は部屋着という服装も辞めたほうが良いでしょう。ふとした瞬間に見えてしまう可能性があります。リラックスした環境に甘えず、スーツを着て身だしなみを整えてください。

挨拶

web面談が開始になったら、挨拶をしましょう。対面でもwebでも挨拶は大切です。「音声は届いていますでしょうか」といった通信の確認をしたうえで、「本日は宜しくお願いいたします」と挨拶するとスムーズに進むでしょう。ウェブ面談を終了するときは、「本日はお時間をいただき、ありがとうございました。失礼いたします」と一礼してから面談を退出してください。

カメラ目線で話そう

web面談で話すとき・話を聞くときは、カメラを見ましょう。画面に映る面接官の目を見ても、カメラを見ないと面接官側が求職者側と目が合いません。目線が合わないまま話すと、内容の説得力が少し欠けてしまうので、常にカメラ目線を意識しましょう。

時間

web面談の直前に準備をして障害が起こると対処に時間が掛かり、面接官を待たせてしまうため、面談の5~10分前にはセッティングを終了させてログインした状態にしておきましょう。web面談はインターネット回線を使用するため、通信障害や弱電波といったネット環境のアクシデントが起こる可能性があります。
自宅で行うことを前提としているweb面談では、「道に迷った」「交通機関の乱れ」「受付が混んでいた」という遅刻理由は通じません。時間どおり開始できるかは、対面面接よりシビアに評価されているのです。

使用機器

web面談では、パソコンを使用するのが基本です。「面談」なのでパソコンにカメラ・マイク機能が搭載されていることが必須となります。使用するパソコンが「カメラ機能なし」「画質が悪過ぎる」といった状態にある場合は、後付け式のカメラやマイクを用意しましょう。

パソコンを持っていないときは?

自宅にパソコンがない、自分で使えるものがない場合は、スマートフォンやタブレットを使用するか、ネットカフェのパソコンを使用する方法があります。ネットカフェを利用する場合は、事前に下見をして周辺の騒音環境や個室の有無、面談で使用するツールについて確認しておきましょう。

スマホでweb面談を受けるときの注意点

スマホでweb面談を受けるときの注意点の画像

スマートフォンでweb面談を受けるときの注意点は、「手で持ったまま面談しない」「面談中の通知に気をつける」の2点です。以下で詳しく解説します。

スマートフォンは手で持たない

スマートフォンを手で持ったまま面談を行うと、画面が揺れてしまい面接官に良くない印象を与えてしまいます。何かに立て掛けるだけでは倒れる可能性もあるため、しっかりと固定しましょう。
また、スマートフォンを固定するときは、自分の目線の高さに合う位置にすることが大切です。位置によっては「上目遣い」「伏し目がち」といった目線になり、姿勢が悪く見えてしまう可能性があります。

通知設定を確認する

スマートフォンは電話機器なので、面談の途中で電話やメール、通知が来ることも。通知を消そうと、不意に指が触れたことで画面が消えたり、通信が終了したりするトラブルが起こる可能性があります。スマートフォンを使ってweb面談をする際には、通知や動作の機能確認を徹底したうえで挑みましょう。

スマホはしっかり充電しておこう!

スマートフォンでweb面談を受ける場合は、しっかり充電をしておきましょう。充電の残量がギリギリだと面談中に充電切れとなり、面談が中止になってしまう可能性があります。面談の長さは会社によって異なるので、不安な方はスマートフォンを充電しながらweb面接をすると良いでしょう。

web面談で気をつけたい5つのこと

web面談で気をつけたい5つのことの画像

ここでは、web面談時に気をつけるべき5つのポイントをご紹介します。パソコンとスマートフォンのどちらにも当てはまる注意点なので、ぜひ参考にしてください。

1.背景に気を配る

web面談のときの背景は、壁紙だけが映っているようにするのがベターです。最近のwebカメラは機能性が高く、撮影範囲が広くなっています。散らかっていたり、不衛生だったりする部屋が映り込めば、「だらしない人」「相手に気を使えない人」と面接官に思われる恐れも。web面談の予定があれば前もって、部屋を片付けておきましょう。

バーチャル背景を使用してもOK!

自宅でweb面談に適している場所がない方は、バーチャル背景を利用しましょう。web面談でバーチャル背景を使用することに抵抗がある方もいますが、シンプルな背景であれば問題ありません。ただし、パソコンの機能や利用する会議ツールによっては、バーチャル背景が利用できない可能性もあるので、あらかじめ確認しておきましょう。

2.早めに準備をする

web面談で使用するツールのアカウント名やプロフィール画像に配慮しましょう。プライベートで使用しているツールでweb面談する場合は、なおさら注意が必要です。たとえば、好きなキャラクターや趣味に関するものに設定していると、「ビジネスにふさわしくない」「TPOが分かっていない」と面接官に評価される可能性があります。
「よく使うツールだからアカウントや画像の変更が面倒」「プライベートとビジネスを分けたい」と考えるなら、就職・転職活動用に新たなアカウントを作成するのもおすすめです。

3.機器の位置や角度を調節する

web面談を受けるときは、パソコンやスマートフォンの位置や角度を調整しておきましょう。カメラとの距離が近過ぎると顔が大きく映ってしまうため、普段操作をするよりも長い距離を取ることがポイントです。なお、カメラの角度が上過ぎると、面接官には上から見下げた状態が映され、角度が下過ぎれば面接官を見上げる状態になります。いずれも良くない印象につながるため、椅子に座った状態で自分の目線より少し高い位置にカメラを設置するのがweb面談として理想です。

4.ほかのサービスやスマホの通知は切る

パソコンでweb面談を受ける場合は、スマートフォンの通知もしくは電源を切っておきましょう。web面談中に、着信や通知の音がすると会話の妨げになります。また、パソコンの機能で通知する設定にしているものあれば、見直しましょう。話している最中に、パソコンの画面に通知が表示されると気が散ってしまいます。できる限り集中できる環境を整えておきましょう。

5.気が緩み過ぎないようにする

web面談は自宅や自室など、慣れた環境で面談を受けるため、必要以上にリラックスしたり気が緩んだりして余計なことをいってしまう方もいるようです。パソコンやスマートフォンを使用することから「就活」「面接」といった認識が薄くなりやすい傾向があります。プライベートの延長という感覚は捨て、「就職面接」であることを意識しましょう。
環境面に関する詳しい解説は、「Web面接を受けるのに最適な6つの場所!必要なマナーも合わせて紹介」のコラムをチェックしてみてください。

web面談でよくあるトラブルと対処法

web面談でよくあるトラブルと対処法の画像

web面談では、対面では起こらないトラブルの可能性があるのも特徴です。ここでは、トラブル例と対処法をご紹介します。

声が伝わらない

周囲の音が入り込んだり、パソコンの操作音が邪魔をしたりして声が聞こえない場合は、「周辺環境に留意する」「面談ツール以外のウィンドウやソフトは閉じる」「メモは手書きにする」といった対処が効果的です。ほかに、「話すスピードが早過ぎて伝わらない」「声が小さい」といった原因も考えられるので、話す声量やスピードにも気を配りましょう。
また、面接官の声が聞き取れなかったときの対応にも注意が必要です。「はい?」や「なんですか?」と聞き返すのではなく、「通信が不安定で聞き取れなかったので、再度お願いしてもよろしいでしょうか」というように丁寧な対応を心掛けてください。

web面談でイヤホンは使える?

イヤホンをweb面談で使っても問題ありません。イヤホンのタイプは有線でも無線でも使用可能です。無線の場合は、web面談中にバッテリーが切れないように注意しましょう。また、web面談に向けてイヤホンを購入する場合は、マイク機能がついているものがおすすめです。マイク機能がついていると、面接官が求職者の声を聞き取りやすくなります。

通信トラブルの発生

インターネットの通信トラブルは突然起こるもの。事前チェックでは問題なくても、面談中に通信障害が起こる可能性もあります。万が一障害が起きたら、以下の手順で対処してみましょう。

1.電話かメールで通信障害が起きたことを面接官に報告する
2.企業の指示に従って再起動や再ログインを行う
3.再開できなければ、再度企業に連絡をする

トラブルに備えて、企業側の連絡先を控えておくことが重要です。また、事例によってはほかの機器を使用して継続することもあるので、パソコンを使用するならスマートフォンやタブレットなどの代替機器を用意しておくと良いでしょう。

トラブル対応が評価につながる?

web面談中に予期せぬトラブルが起きたとき、その対応に注目する企業もあります。対応に慌て過ぎると「対応力が低い」とされる可能性があるので、冷静に対処してください。

通信回線の速度が遅い

インターネットの通信速度が遅いと、画像が乱れる・音声が途切れる/遅れるといったトラブルが起こりやすくなります。回線ごとに速度は決まっているため、自宅の通信環境を変えることは難しいでしょう。
一般的なビデオチャットに必要とされる速度は400~500bpsといわれています。Wi-Fi環境が不安定なら、有線LANケーブルを使用するのもおすすめです。

web面談で採用担当者に好印象を与える5つのコツ

web面談で採用担当者に好印象を与える5つのコツの画像

web面談で好印象を与えるには、「web面談の練習をする」「メモを用意する」「明るい雰囲気を心掛ける」などがポイントになります。この項では、Web面談で採用担当者に好印象を与えるコツを5つまとめました。

1.事前に練習する

web面談に臨むには、面談内容の練習だけでなく、当日と同じインターネット環境で練習することも重要です。カメラの位置や音声の伝わり方、カメラ越しの表情などは、事前にチェックできます。いきなり本番を迎えないよう、事前に同じ環境を作って練習しましょう。

2.メモを用意する

カメラに映らない位置に、話す内容のメモを用意できるのがweb面談のメリットです。ただし、伝えたいことをすべて書くとメモを読むのに時間が掛かり、面接官に不信感を与えてしまう可能性があります。Web面談中にメモを取るときは、キーワードを書き出す程度にとどめてください。

3.明るい表情やハキハキとした受け答えを心掛ける

web面談は、目の前に面接官がいないため、「面接」という意識が起こらず表情が乏しくなることも考えられます。web面談では相手の雰囲気を感じられないため、対面以上に明るい表情やハキハキとした受け答えが大切です。

4.面接官に伝わるようにリアクションする

web面談では、対面するよりも感情を伝えにくいので、リアクションは大きめに取るようにしましょう。面接官が話しているときは、大きく頷いたり相槌を打ったりするなど、対面よりも意識的にリアクションしましょう。

5.周囲に暗いものを置かない

表情を明るくしても、部屋自体が暗かったり周囲に暗い色のものを置いたりすると画面が暗い印象になります。画面が暗いと、面接官に表情が伝わりにくくなることも。web面談で画面の暗さにお悩みの場合は、膝の上に白い紙やハンカチを置いてレフ板代わりにしたり、スタンドライトで適度な明かりを足したりしてみましょう。

対面の面接とは準備や対策が異なるweb面談。具体的な対策方法が分からなかったり、練習相手を探していたりするなら転職エージェントに相談するのもおすすめです。転職エージェントのハタラクティブは、web上でカウンセリングを実施。カウンセリング後は、対面だけでなくメール・電話・チャットツールでサポートを受けられます。応募書類の添削や求人のご紹介もしているので、就活・転職でお悩みの方は、ぜひご相談ください。

ハタラクティブでもアドバイスを実施中!Web面談に関する疑問Q&A

ここでは、Web面談に関する疑問について、Q&A方式で解決していきます。

web面談の流れについて教えてください。

web面談は指定されたツールを使用して行うため、まずは事前にツールをインストールし、通信環境を整えます。当日は、web面談開始10分前を目安に待機または指定されたURLにアクセス。その後は通常の面接と同様に挨拶、質疑応答という流れです。「Web面接ってどうやるの?注意点と必要な準備をご紹介」の「Web面接の流れ」で、準備から当日の流れまで詳しく解説していますので、参考にしてください。

web面談で気をつけるべきマナーは?

面接の開始および終了時には、きちんと頭を下げて挨拶をしましょう。また、面接終了後にはお礼メールを送信しておくと丁寧な印象を与えます。もし採用担当者がほかの求職者と迷った場合、「小さなことでも気遣いができる」という点から内定を決める可能性もゼロではないからです。詳しくは「Web面接を受けるのに最適な6つの場所!必要なマナーも合わせて紹介」の「Web面接を受けるときに必要な4つのマナー」をご覧ください。

web面談でよくある失敗例を教えてください。

当日になって通信や音声が途切れてしまうことが挙げられるでしょう。ほかにも、アイコンタクトができていない、パソコンのキーボードでメモを取る際の操作音が伝わってしまったなどがあります。「web面接はスマホでOK?よくある失敗パターンと面接準備のコツ」の「web面接の失敗事例」を参考に、失敗しないよう注意しましょう。

web面談でイヤホンは使って良い?

使用可能です。自分の声をしっかり伝えるためにも、マイク付きのイヤホンを選択すると良いでしょう。転職活動や就活を機にイヤホンを買おうと考えている場合は、白や黒などシンプルな色を選べば、スーツ姿でも違和感なく使用できます。

web面談対策を行っているサービスはある?

面談対策として新たにweb対応を取り入れている転職エージェントも多いようです。ハタラクティブでも、Web面談に関するアドバイスを実施。ほかにも、カウンセリングを通した求人紹介、書類作成指導・添削、面接対策・模擬面接などのサービスをすべて無料で行っています。転職活動に関するお悩み・疑問のある方はぜひご利用ください。

関連タグ