web面談の基本を解説!スマホは使える?場所や服装、注意点を確認しよう

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. web面談の基本を解説!スマホは使える?場所や服装、注意点を確認しよう

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・web面談とは、インターネットを利用して遠隔で面接や面談を行うこと
  • ・利用者は企業訪問の負担が軽くなり、企業側は採用チャンスが増えるのがメリット
  • ・web面談は自宅で/パソコンで/スーツで受けるのが基本
  • ・スマートフォンを使用する場合は、画面の揺れと固定位置に注意する
  • ・ハキハキと話し、明るい表情を意識して好印象を与えよう

web面談の基本を解説!スマホは使える?場所や服装、注意点を確認しようの画像

2020年にコロナウイルス感染症が流行したことをきっかけに、導入する企業も増えたweb面談やweb面接。対面で行う面接と比べて、どんな点が異なるのでしょうか。本コラムでは、web面談を受けるにあたって気をつけたいこと、web面談で好印象を与えるコツをまとめました。今後も増加が予想できるweb面談。今のうちに有効な対策を知っておきましょう。

web面談とは?

web面談とは、その名のとおり「web上で行う面談」のこと。パソコンやスマートフォンなど、インターネットに接続できる機器を使用して、対面ではなくweb上で面談・面接を行います。
また、「面談」は面接の前段階として位置づけられているもの。ですが、面談の内容が面接に影響を及ぼす可能性は高いため、「面談=面接」であることには変わりないと捉えてください。

 

活用される事例とメリット

web面談のメリットは以下のとおりです。

・遠方から参加できる
・移動に時間がかからない
・外出が厳しい状況でも選考に参加できる

通常であれば、求職者は選考を受ける企業や、利用する就職エージェントを訪問して面接・面談に参加します。しかし、志望企業が自宅より遠方にあると、選考のたびに訪問するのは時間的にも金銭的にも厳しいのが現状。就職エージェントも、利用自体は遠方在住で問題なくても、初回は対面でカウンセリングを行うことが多いようです。
そこで、導入されるのがweb面接・面談。最終面接や最終確認など、最低限の訪問だけで済むため、求職者の負担は大幅に軽くなるでしょう。
また、2020年にコロナウイルス感染症が流行した際には、多くの企業が出社を止めてテレワークを実施しました。このように、外出が厳しい状況になっても、インターネット回線を通して面接/面談を行い、選考に参加できる点がメリットです。

企業にとってのメリットは以下の2点です。

・これまで遠方で諦めていた人の応募が期待できるなど、採用/利用の機会を増やせる
・求職者/利用者が複数いる場合、面接時間の調整が楽になる

web面談を取り入れることで、海外など遠方に住む人材も採用対象となり、優秀な人材を確保できたり、移動時間を加味しなくてよいため、面接や面談の日程調整が楽になったりするでしょう。また、在宅ワークなどリモートワークを前提とした人材を採用する際にも活用されているようです。


使われるツール

web面談はビデオチャットを使用して行われます。
多種多様なビデオチャットがありますが、どのツールを使用するかは企業側が決めること。求職者側が決めることはできないので注意してください。
また、ツールによっては事前に登録(アカウント作成)が必要なことも。企業からweb面談について案内を受けたら、必ず目を通して必要な準備を整えておきましょう。

web面談の内容

web面談や面接であっても、内容は対面のものと変わりません。webで行うからといって、ITやインターネットについて聞かれることはありませんので、安心してください。


基本的に対面面接と同じ

web面接は、あくまでも「web上で面接をする」こと。以下に、面接でよく聞かれる質問を挙げたので、参考にして対策を行いましょう。

・自己紹介/自己PR
・志望理由
・学生時代に力を入れたこと
・長所と短所
・将来のビジョン

対策も、対面の面接と同じです。企業研究や自己分析を行い、企業ごとの面接対策を行ってください。

web面談の基本

以下は、web面談の基本となる内容です。面談の準備を進めるときは、以下を参考にしてください。


場所

web面談は、自宅で受けるのが基本です。企業からも、周辺の音が入らない静かな環境を指定されるため、カフェなど不特定多数の人がいる、にぎやかな環境は不向き。どうしても自宅で受けられなかったり、自宅であっても、近隣が工事中で騒音が懸念される・上下左右の部屋の生活音が大きく響くことがあるなど、静かな環境が得られないときは、レンタル会議室などインターネット環境が整っている、静かな場所を借りてしまうのも良いでしょう。


服装

服装も、通常の面接と同様です。企業から指定があればそれに従い、特になければスーツを着用。自宅や自室で受けるから、と普段着や部屋着のままはマナー違反です。また、「見えないから」と上半身だけスーツを着て下半身は部屋着、という方もいるようですが、ふとした瞬間に見えてしまい、評価が下がる可能性があります。リラックスした環境に甘えず、スーツを着て身だしなみを整えてください。


使用機器

web面談では、パソコンを使用するのが基本です。ただし、「面談」なのでパソコンにカメラ・マイク機能が搭載されていることが必須。使用するパソコンによっては、後付け式のカメラやマイクを用意しましょう。


パソコンを持ってないときは?

自宅にパソコンがない、自分で使えるものがない場合は、スマートフォンやタブレットを使用するか、ネットカフェのパソコンを使用する方法があります。
ネットカフェを利用する場合は、事前に下見をして周辺の騒音環境や個室の有無、面談で使用するソフトについてなど確認しておきましょう。
スマートフォンを使用するときの注意点は以下にまとめています。


スマホ利用時の注意点

スマートフォンを手で持ったまま面談を行うと、画面が揺れてしまい面接官に良くない印象を与えてしまいます。何かに立てかけるだけでは倒れる恐れもあるため、しっかりと固定しましょう。
また、揺れや倒れ防止のために固定するときは、自分の目線の高さに合う位置にすることが大切。位置によっては「上目遣い」「伏し目がち」といった目線になってしまいますし、姿勢が悪く見えて印象が悪くなります。
スマートフォンは電話機器なので、面談の途中で電話やメール、通知が来ることも。また、不意に指が触れたことで画面が消えたり、通信が終了したりといったトラブルも起こりやすいのが実情です。

web面談で気をつけたい6つのこと

ここでは、パソコン/スマートフォン共通で気をつけるべき5つのポイントを紹介します。


1.背景に気を配る

自宅・自室で面談を受ける場合は、背景に気をつけましょう。最近のwebカメラは高性能になっており、撮影範囲が広範かつ高画質。散らかっている、明らかに掃除ができていない、趣味のものが映り込む環境では、「だらしない人」「相手に気を使えない人」という印象になります。
web面談のときの背景は、壁紙だけが映っているのがベスト。適切な場所がなければ、部屋を片付けておきましょう。


2.アカウント名やプロフィール画像

web面談で使用するツールのアカウント名やプロフィール画像にを気を配ってください。普段からプライベートで使用しているなら、なおさら注意が必要。好きなキャラクターや趣味に関するものに設定していると、「ビジネスにふさわしくない」「TPOが分かっていない」と評価される可能性があります。
アカウントや画像の変更が面倒、プライベートとビジネスを分けたいと考えるなら、就活用に新たなアカウントを作成するのもおすすめです。


3.早めに準備をする

web面談はインターネット回線を使用するため、通信障害や弱電波といったネット環境のアクシデントが起こる可能性が考えられます。直前に準備をして障害が起こると対処に時間がかかり、相手を待たせてしまうため、面談の5~10分前にはセッティングを終了させてログインした状態にしておきましょう。
自宅で行うことを前提としているweb面談では、「道に迷った」「交通機関の乱れ」「受付が混んでいた」という遅刻理由は通りません。時間通り開始できるかは、対面面接よりシビアに評価されているのです。


4.機器の角度

前項でスマートフォンの固定位置について触れましたが、パソコンを使う場合も同様です。
カメラ(パソコン)との距離が近すぎると顔が大きく映ってしまうため、普段操作をするよりも長い距離を取ることがポイント。カメラの角度が上過ぎると、相手には上から見下げた状態が映されますし、角度が下すぎれば相手を見上げる状態に。いずれも良くない印象につながるため、椅子に座った状態で自分の目線より少し高い位置にカメラを設置するのが理想です。証明写真のように、上半身全体が映る距離と角度を探してください。


5.他サービスの通知音など

web面談中は、SNSやメールなどは起動しないのがマナー。最小化であっても起動していると、通知が来たとき相手に通知音が聞こえますし、サイレントにしていても目線の動きやクリック音でバレる可能性は高め。自信が集中力を欠く原因にもなります。キーボードの操作音も同様なので、面接中にメモを取りたいときは手書きで行いましょう。


6.余計なことを言わない

web面談は自宅や自室など、慣れた環境で面談を受けるため、必要以上にリラックスしたり気が緩んだりして余計なことを言ってしまう方もいるようです。
また、パソコンやスマートフォンを使用することから「就活」「面接」といった認識が薄くなりやすいのも懸念点。プライベートの延長という感覚は捨て、「就職面接」であることを改めて意識してください。

web面談でよくあるトラブルと対処法

web面談では、対面では起こらないトラブルの可能性があるのも特徴。以下にトラブル例と対処法を示したので、参考にしてください。


声が伝わらない

周囲の音が入り込んだり、パソコンの操作音が邪魔をして声が聞こえない場合は、周辺環境に留意する、面談ツール以外のウィンドウやソフトは閉じる、メモは手書きにするといった対処が効果的。
ほかに、話すスピードが早すぎて伝わらない、声が小さい、ボソボソ話しているといった原因も考えられるので、話す声量やスピードにも気を配りましょう。
また、相手の声が聞き取れない/聞こえづらいときの対応にも注意。「はい?」や「なんですか?」ではなく、「通信が不安定で聞き取れなかったので、再度お願いしてもよろしいでしょうか」など丁寧な対応を心がけてください。


通信トラブルの発生

インターネットの通信トラブルは突然起こるもの。事前チェックでは問題なくても、面談中に通信障害が起こる可能性もあります。
万が一障害が起きたら、以下の手順で対処してください。

1.電話かメールで通信障害が起きたことを報告する
2.企業の指示に従って再起動や再ログインを行う
3.再開できなければ、再度企業に連絡をする

トラブルに備えて、企業側の連絡先を控えておくことが重要。また、事例によってはほかの機器を使用して継続することもあるので、パソコンを使用するならスマートフォンやタブレットなどの代替機器を用意しておくのもおすすめです。
予期せぬトラブルが起きたとき、その対応を評価対象にする企業も。対応に慌てると「トラブル対応力が低い」とされる可能性があるので、冷静に対処してください。


通信回線の速度が遅い

インターネットの通信速度が遅いと、画像が乱れる・音声が途切れる/遅れるといったトラブルが起こりやすくなります。
回線ごとに速度は決まっているため、自宅の通信環境を変えることは難しいのが現状。一般的なビデオチャットに必要とされる速度は400~500bpsと言われているので、環境次第ではインターネットカフェの利用も検討してください。また、Wi-Fi環境が不安定なら、有線LANケーブルを使用するのもおすすめです。

web面談で好印象を与えるには

we面談で好印象を与えるには、「事前練習」「内容のメモ」「明るい雰囲気」がポイントになります。


事前に練習する

web面談に臨むには、面談内容の練習だけでなく、当日と同じインターネット環境で練習することも重要になります。カメラの位置や音声の伝わり方、相手に伝わりやすい表情などは、事前にチェックできること。いきなり本番を迎えないよう、事前に同じ環境を作って練習しておきましょう。


メモを用意する

カメラに映らない位置に、話す内容のメモを用意できるのがweb面談のメリット。ただし、文章をまるごと書いてしまうとメモを読むのに時間がかかってしまうため、キーワードを書き出す程度にとどめてください。


明るい表情やハキハキとした受け答え

目の前に面接官がいないため、「面接」という意識が起こらず表情が乏しくなることも。web面談では相手の持つ雰囲気を感じることができないため、対面以上に明るい表情やハキハキとした受け答えが重要です。


周囲に暗いものを置かない

たとえ表情が明るくても、部屋自体が暗かったり、周囲に暗い色のものを置いたりすると明るさに欠ける印象になりがち。膝の上に白い紙やハンカチを置いて「レフ板」にしたり、スタンドライトで適度な明かりを足したりしてみましょう。


選考対策が分からなければエージェントに相談を

対面の面接とは準備や対策が異なるweb面談。具体的な対策方法が分からなかったり、練習相手を探していたりするなら就職エージェントに相談してみましょう。
就職エージェントのハタラクティブは、web上でカウンセリングが可能な就職エージェント。カウンセリング後の具体的なサポートは、対面だけでなくメール・電話・チャットツールを利用できます。
実際にカウンセリングをwebで行っているため、web面談に関する注意点やコツといった「生きた情報」をお伝えできるのが特徴。就活対策でお悩みなら、ぜひ1度ご相談ください。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ