面談と面接の違いとは?2つの違いや目的について詳しく解説!

面談と面接の違いとは?2つの違いや目的について詳しく解説!の画像

【このページのまとめ】

  • ・面談は面接と違い、企業と応募者が対等な立場で話し合える
  • ・面談には3段階あり、それぞれの目的がある
  • ・面談は面接と違い、担当者とフランクに話しやすい
  • ・面談では面接と違い、勤務条件についても聞きやすい

就活において面接はつきものですが、それとは別に面談が行われることがあります。面談は、どのようなことを行うものなのか、面接とどのような違いがあるのかについて説明できる方はあまり多くはないでしょう。
このコラムでは面談と面接の違いやその目的について解説します。面談を通して企業に好印象を与えられれば就職を有利に進められる可能性が高まるため、しっかり準備して本番に臨みましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

面談と面接の違いとは何か

面接とは採用選考の一環として行われるもの、面談は応募者と企業が対等にやりとりして企業への理解を深めてもらうものです。
就職・転職活動を行っている方にとっては、面接より面談の方が馴染みが少ないでしょう。応募者目線での面談は、面接に比べてフランクな雰囲気であることが多いため、仕事内容や社風、キャリアプランなどが聞きやすいというメリットがあります。対して企業側は選考前や入社前に応募者を見極められるため、面談はお互いにメリットのあるイベントといえるでしょう。

面談は企業に直接赴いて行うものだけでなく、パソコンを用いて行うWeb面談というものもあります。Web面談についての詳細は、「web面談の基本を解説!スマホは使える?場所や服装、注意点を確認しよう」のコラムをご参照ください。

面接の目的と種類とは

面接の目的とは、応募者が企業側の求めている人材であるかどうかを確かめることです。就職活動で行われる面接は選考の一部であり、企業側が主導して応募者に質問していくスタイルが一般的。面談がフランクに話せる場であるのに対し、面接が緊張感が漂う場になるのはこの違いがあるためです。
また、面接には集団面接と個人面接の2種類があります。この2つの両方を行うこともあれば片方のみという場合もあり、企業によって異なるでしょう。以下ではこの2つの面接の形式や特徴の違いについて解説します。

集団面接

集団面接は、複数の応募者に対し面接官が1人、または複数人で対応する形式の面接です。応募者1人ずつに質疑応答したり、応募者同士でディスカッションをさせたりする場合もあります。

個人面接

個人面接は、応募者1人に対し面接官が1人、または複数名で対応する形式の面接です。個人面接は質疑応答者が自分のみであるのため、集団面接と違い1人あたりの面接時間が長くなります。そのため、幅広くテーマの質問をされることもあるでしょうが。

3段階の面談と目的

面談を行うタイミングには、「選考前」「選考中」「内定後」の3つがあります。ここでは、3段階の面談とその目的について見ていきましょう。

1.選考前の面談の目的

選考前の面談の目的は、応募者が自社に合っているのか確認することと、応募者が選考に進みたいと思ってもらえるよう自社の魅力を伝えることです。応募者が「自分がこの会社に入社したら」というイメージが湧くような、応募者と同世代か少し上の社員が面談を担当するケースが多い傾向にあります。

2.選考中の面談の目的

選考中の面談の目的は、応募者の企業に対する疑問について回答するのが主な目的になります。就業規則などについて細かく回答できる人材が対応する場合が多く、主に人事担当者が行うことが多いようです。

3.内定後の面談の目的

内定後の面談の目的は、内定者の入社後のモチベーションを高めることです。入社を迷っている内定者に対しては、入社の意思を固めてもらえるよう、不安な点や疑問点を解消させていくことが重要な目的となります。そうすることによって、内定辞退を防ぐことにつながるからです。内定後の面談は配属先の部署の社員や、勤続年数が長く異動などの経験をしている社員が担当することが多い傾向にあります。

カジュアル面談とリクルート面談
面談のなかには、「カジュアル面談」と「リクルート面談」と呼ばれるものがあります。応カジュアル面談とは、本格的な選考の前に顔合わせや認識のすり合わせの目的で行われるのが面談です。面接前に行われることが多く、選考に影響することはないとされていますが、非常識な言動や態度は悪印象になる可能性が高いといえます。
一方リクルーター面談とは、応募者の学校のOGやOBなど、若手社員が優秀な人材を探すために行う面談です。本格的に就活が始まるより早い時期に実施されることが多く、企業が事前に優秀な人材を確保するのが特徴。ラフな雰囲気で話せる面談ですが、こちらは採用選考の一環と考えられることも少なくありません。

上記で紹介したリクルーター面談について詳しく知りたい方は、「リクルーター面談とは?」のコラムも併せてご覧ください。

応募者にとって面談をする3つのメリット

ここでは、応募者にとって面談をする3つのメリットをご紹介します。面談を実施することによって、企業側だけでなく応募者にとっても以下のメリットを得られるのです。

1.企業について詳しく知ることができる

面談では、企業側から事業内容の説明が聞けるのはもちろん、気になっていることを直接質問できるのが魅力です。パンフレットやHPでは分からないことで、疑問に思っていたことを解消できる機会といえます。

2.自分が希望する条件などをすり合わせることができる

面接の場合だと難しいですが、面談では自分が希望する条件などをすり合わせることが可能です。勤務場所や条件など、入社する前に相違がないよう準備できるのが大きなメリット。これにより、応募者は入社後のミスマッチを防げるでしょう。

3.対等に担当者と話すことが可能である

面接では面接官と応募者という立場なので、社員と対等に話すことは難しいでしょう。しかし、面接と違い面談であれば、働きたい企業の社員とと対等に話すことができます。

面談の流れ

面談は形式に関わらず、以下のような流れで行われることが多いです。事前に面談の流れを知り、本番で緊張し過ぎず本音で話せるように心構えをしておきましょう。

1.アイスブレイク

就活生の緊張をほぐすために、面談の最初に行われるのがアイスブレイクです。天気やニュースといった何気ない雑談をすることで、話しやすい雰囲気を作り、就活生の本音を引き出せるようにします。アイスブレイクで緊張をほぐすには、担当者との会話のキャッチボールを意識しましょう。軽い雑談にフラットな気持ちで答えられれば、面談終了まで話しやすい雰囲気を維持しやすくなります。

2.自己紹介

アイスブレイクに続いて担当者と自分の自己紹介をします。その後、企業説明が行われるでしょう。自己紹介の順番に明確な決まりはないので、そのときの流れに沿って臨機応変に対応してください。相互理解を深めるためにも、自己紹介では相手の話をよく聞き、企業についての情報収集をすることが大切です。

3.質問や相談

企業説明や担当者との交流を終えた後、質問や相談に移ります。面接での質問はアピールを兼ねていることが多いですが、面談では本当に知りたいことを聞くのがおすすめです。面接では聞きにくい勤務条件の話や職場の雰囲気など、今後働くことを想定した質問をしてみるのも良いでしょう。

面談や面接で聞いておきたい逆質問

ここでは、面談や面接で聞いておきたい逆質問の例を紹介します。面接や面談の場では、応募者から企業に対する逆質問をする機会が設けられることが多いです。以下を参考に、企業へ事前に聞いておきたいことをリストアップしましょう。

職場の雰囲気

相手は実際に企業で働く社員なので、職場の雰囲気や部署の空気感を聞いてみましょう。入社後に職場の空気が悪いと働きにくくなってしまうため、社員の本音は聞いておきたいところ。ミスマッチによる早期離職を防ぐためにも質問してみましょう。

入社した理由

面談の担当者は志望する会社の社員であり、就職活動の大先輩です。入社した理由や志望動機を聞くことで今後の参考にできるうえ、企業に対する熱意を高められるでしょう。特にリクルーター面談の場合は就業意欲が相手に伝わりやすいので、好印象を持ってもらえる可能性があります。

仕事のやりがい

担当者に仕事のやりがいについて尋ねるのもおすすめです。詳しい仕事内容に触れられるうえ、実際に入社した後の想像がしやすくなります。業界によっては社外秘の情報に関わるため内容をぼかされることもありますが、その分コンプライアンスが徹底された企業ということが分かるでしょう。

キャリア形成

先を見据えてどのようなキャリア形成ができるのかも質問しておくと良いでしょう。同じ社内でも部署や携わる仕事によってキャリアプランは異なるため、その場での回答は難しいこともありますが、後日改めて連絡してもらえることがあります。企業の将来性や、自分が望む成長を遂げられるか確認ができるので、教育制度やキャリアの積み方は確認しておくと安心です。

1日の流れ

入社したときのことを考えて、出社から退社までのスケジュールを確認しておきましょう。大まかな流れを聞いておくことで、生活リズムを整えたり、プライベートとのバランスを取りやすくなります。この質問を通して、面談の担当者に就業意欲をアピールすることもできるでしょう。

採用担当者に効果的な逆質問については、「面接の逆質問でアピール!意欲を上手く伝えるコツやNG例などを紹介」のコラムをご参照ください。

就活における面談で注目するポイント

就活における面談ですが、就職活動を有利に進めるためには、ビジネスマナーや身だしなみはもちろん、面接や面談に参加する前後の対応も重要です。日程が合わない場合には、謝罪をしたうえで複数の日程を提示して再調整してもらう、面談後にはお礼のメールを送るなど、相手の立場を考えた対応をとることがポイントといえるでしょう。

就活を進めていくうえで「面談や面接に自信がない」「1人での就活には不安がある」という方は、ハタラクティブをご利用ください。ハタラクティブは、若年層向けの就職・転職支援サービスです。求人紹介はもちろん、面接・面談対策や書類添削も専門のアドバイザーが丁寧に実施。サービスはすべて無料なので、就職や転職に対し悩みのある方やスムーズに進めたい方は、ぜひハタラクティブにご相談ください。

就活の面談に関するお悩みQ&A

就活の場では、面接ではなく面談が行われることがあります。違いをよく知らないまま参加することのないよう気をつけてください。ここでは、想定される面談に関するお悩みをQ&A方式で解決していきます。

面接と面談の違いは何ですか?

端的に言うと、面接は採用選考の一環として行われ、面談は企業に対する理解を深めるために行われるという違いがあります。面接では公平性を期すため質問内容がある程度決まっているのに対し、面談では企業と候補者がフランクに会話できるのが特徴です。ただし、面談が採用につながることもあるので、マナーや言葉づかいには十分配慮してください。面接と面談の違いを詳しく知りたい方は、このコラムの「面談と面接の違いとは何か」をご覧ください。

 

Web面談について教えてください

Web面談とは、Web上で行う面談のことです。パソコンやスマートフォン、タブレットなどの端末で参加できます。Web面談を行う際は、通信環境や背景などに注意しましょう。事前に、問題なく接続できるか、後ろの背景に洗濯物やゴミが映っていないかなどを確認しておくとスムーズです。Web面談の基本についてまとめた記事、「web面談の基本を解説!スマホは使える?場所や服装、注意点を確認しよう」も参考にしてみてください。

 

エージェントの面談って何ですか?

就職エージェントや転職エージェントと呼ばれる民間の就職支援サービスを利用する際に行われる、アドバイザーとのカウンセリングのことです。エージェントでは、求人を紹介する前に面談を行い、利用者のスキルや適性、希望条件をヒアリングします。利用者にマッチした求人を紹介するために、面談は欠かせません。詳しくは、エージェントでの面談についてご紹介した記事「エージェントとの面談は本音で話す?キャンセルできる?服装やメールも解説」をチェックしてみましょう。

 

オンライン面談では何を話すの?

企業とオンライン面談を行う場合、Web面談同様に会社について理解を深めるための会話をします。面接で聞きそびれた職場の雰囲気やキャリアパスについて聞いてみるのも良いでしょう。また、就職・転職エージェントとのオンライン面談では、アドバイザーへの求職相談やカウンセリングをメインに行います。「ハタラクティブ」が実施しているオンライン面談の流れは、「オンライン面談について」をご覧ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION