面接が早く終わるのは採用のフラグ?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 面接コラムTOP
  4. >
  5. 面接が早く終わるのは採用のフラグ?

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・面接時間が早く終わるのは「良い理由」と「悪い理由」の2パターンある
    ・採用が決まっているとき、不採用が決まっているときは面接時間が短い傾向がある
    ・面接時間だけで採用結果を予測するのは難しい

「面接が早く終わるのは合格のフラグ」「面接が短時間なのは不採用のサイン」など、面接時間を気にする人は少なくないのではないでしょうか。
求職活動をしている人にとって面接は、就職や転職の成功を左右する重要なポイントです。
そこで、面接が早く終わるケースとはどんなものか、面接時間は合否の目安となるのかについて詳しく解説します。

◆面接が早く終わるのには意味がある?

面接時間が予定の時間より短いとき、なぜ自分の面接時間が短いのか疑問に思う人は多いでしょう。
ほかの応募者の面接時間が長いのを目の当たりにするとなおのこと、「なぜ自分の面接は早く終わったのだろう」と不安の気持ちが募るではないでしょうか。

そんなとき、どうしても「面接が早く終わるのには意味がある?」と考えてしまいがちです。
次項では、面接時間が短い理由を、「良い理由」「悪い理由」に分けて詳しく解説します。

◆面接時間が短い2つの理由

採用面接の目的は内定をもらうことです。
そのため、面接時間が早く終わる良い理由は「採用がほぼ決まっている」悪い理由は「不採用がほぼ決まっている」の2パターンが考えられます。
それぞれのケースでは、面接内容にどのような特徴があるのかをまとめました。

【採用がほぼ決まっているケース】

事前の選考や書類選考で採用がほとんど決まっている場合、面接時間が短くなる傾向があります。
短い面接時間でも、「いつから働けるか」といった入社日についての質問や労働条件についての質問などがあり、具体的な条件交渉が行われることが多いようです。
また、「人柄」「コミュニケーション能力」など重視するポイントが少ない企業の面接では、序盤に採用基準をクリアすると、短い時間で採用が決定することもあります。

【不採用が決まっているケース】

すでに採用する人が決まっている、何らかの理由で不採用が決定している場合は、短時間面接になる傾向があります。
面接内容は、労働条件などの踏み込んだことを聞かれないことが多く、ごく一般的な質疑応答のみというケースがほとんど。
質疑応答で面接官が「入社意欲が低い」「将来のビジョンがない」「会社と合わない」と感じるなど、「これ以上聞く必要はない」と判断した場合、早い段階で面接を切り上げることがあるようです。

◆面接時間だけで結果を予測するのは難しい!

企業や面接官によって面接時間には違いがあるので「絶対こうだ」という採用の目安はありません。
応募者が多い場合、採用担当者が多忙な場合などは面接時間が短い傾向にあり、時間の長さが直接選考結果に関係していないケースがあります。

また、結果は1週間から2週間頃に通知されることが多く、その間に不安な気持ちでストレスを溜めると、体調に悪影響を及ぼすことも。
面接時間だけで採用を判断するのは難しいものと考え、面接時間の長さを気にするのではなく落ち着いた気持ちで結果の通知を待つことが大切です。

しかしながら、採用面接の結果を待つ間に「合否のサイン」を見つけていち早く安心したいという気持ちになる人もいるのではないでしょうか。
結果を待つ間が不安だという人は、転職エージェントの活用がおすすめです。

就職・転職サポートサービスのハタラクティブでは、面接のスケジュール調整から面接後のフォローまで、さまざまなサービスを提供。
就活アドバイザーによるフィードバックが受けられるため、面接でなかなか内定がもらえないときも次に繋がる力になります。

ほかにも、適性がある求人紹介や応募書類の添削、企業との交渉代行など、就職・転職に便利なサポートが豊富です。
どうしても面接がうまくいかない、スムーズに就活がしたいという人は、ぜひお気軽にハタラクティブまでご相談ください!

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、1,700人以上の方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ