新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 面接に手応えありで落ちるのはなぜ?就活や転職活動の疑問に答えます

面接に手応えありで落ちるのはなぜ?就活や転職活動の疑問に答えます

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・就活や転職活動の面接では、手応えありでも落ちることがある
  • ・面接時間が長いと手応えありと感じやすい
  • ・面接で手応えありと感じるのは錯覚で、落ちることもある
  • ・うまく回答できなかったり面接官の反応がそっけなかったりしても、落ちるとは限らない
  • ・結果通知が遅いのは、ほかの応募者の面接が終わっていないだけという可能性もある

監修者:室谷彩依

就活アドバイザー

就活アドバイザーとして培った経験と知識に基づいて一人ひとりに合った就活に関する提案やアドバイスを致します!

「面接で手応えありなのに落ちるのはなぜ?」と思う方に向けて、その理由を解説します。たとえば、面接時間が長いと手応えありと思いがちですが、実は面接官が合否を決めかねて時間が長引いていることも。「落ちると思ったのに合格した」というパターンの背景にある理由も考察するので、面接官のサインを読み解きたい方はぜひご覧ください。また、面接後に不安になる人が多い結果通知が遅れる理由についても解説しています。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

就活や転職の面接で手応えありなのに落ちることはある?

就活や転職の面接では、「受かったな」という手応えがあっても選考に落ちることがあります。「絶対に受かった」と思っても不合格だった、反対に「駄目だ」と思っていた面接に合格したというのはよくある話。もちろん、手応えありと思った面接に受かることもありますが、手応えの有無で合否を予測するのは確実ではないでしょう

次の項目では、面接で手応えありと感じるパターンを紹介していきます。「手応えあり」の感触が錯覚だったパターンも挙げていくので、参考にしてください。

就活や転職の面接で手応えありと感じる7つのパターン

以下に挙げる状況は、「手応えあり」と感じる人が多いようです。

1.面接時間が長い

当初の予定時刻より面接の時間が長引くと、面接官が応募者へ関心を寄せているように感じられ、手応えありと思う人が多いようです。
実際に、忙しい合間に面接をしていたり、面接後に業務の予定が詰まっていたりすれば、面接官が採用するつもりのない応募者に時間をかけることはないでしょう。そのため、面接時間が長いことは、面接官が応募者へ関心を持っていることの表れと判断できることも。予定していた時間をぎりぎりまで使って質問が繰り返される場合も、応募者への関心度が高いことが伺われます。

2.面接官がメモをとっている

面接官が応募者の話を聞いて熱心にメモをとるのは、よくある合格フラグの一つとされ、その姿を見て「手応えあり」と感じる応募者も多いようです。メモをとる目的として考えられるのが、高評価だった人物の特徴を面接後にほかの人事担当者と共有すること。また、メモの内容を参考にして、次回の面接の質問を考えていることも予測できます。

3.雑談で盛り上がって雰囲気が良かった

面接中に雑談で盛り上がるのも、「手応えあり」と感じやすい状況です。たとえば、履歴書に書いた趣味に関して、面接官が「私も読書が好きで、◯◯や◯◯をよく読んでいます。××さんはどうですか?」とプライベートな話題が出ると、合格への期待感が高まります。
不採用を予定している応募者に対して、余計な雑談の時間を設けるメリットはないと考える面接官は少なくないでしょう。

4.面接官が自社の魅力をアピールする

面接官が自社の魅力をアピールするのも、よくある合格フラグです。面接官は入社して欲しい人材に自社の良さを説明し、志望度を高めたいと思っている可能性があります。

5.入社可能な日にちを確認される

不合格を決めた応募者に入社可能な日にちを聞くことは考えにくいため、「いつ入社できますか?」と聞かれると「手応えあり」と感じる人が多いようです。面接官によっては、「スキルやマナーなど条件を満たす応募者に入社日を聞く」という場合もあります。

6.次の面接のアドバイスをもらう

「次の面接ではさらに詳しい志望動機を聞きたい」「子会社についても調べておいて」といった次の面接に向けたアドバイスがあるときは、合格の可能性があります。なぜなら、不合格を決めた応募者に期待させるような発言をする面接官はあまりいないからです。面接官は良いと思った応募者が次の面接でも合格できるように、アドバイスを行っていると予想できます。

7.他社の選考状況を聞かれる

面接官が他社の選考状況を確認するのは、内定を出す時期を決める材料にしたいと考えている可能性も。また、面接官によっては次の選考に呼ぶタイミングを決定するために、選考状況を把握しておきたいという意図があります。

面接後の手応えとの付き合い方については、「手応えなしでも採用?面接の合格・不合格フラグとは」で詳しくまとめました。

「手応えあり」は錯覚の場合もある

ここまで、「手応えあり」と感じるパターンを紹介しましたが、「合格フラグは単なる勘違いだった」という場合も少なくありません。ここでは、その具体例を紹介していきます。

面接時間が長いのは合否を迷っているから

面接時間が長いのは、面接官が合否の判断を迷っているから、という可能性があります。質問が多いのも、面接官側が合否に迷って質問を重ねている場合があるでしょう。また、回答内容から人柄やスキルが読み取れず、的確な情報が得られないために面接時間が引き伸ばされていることも考えられます。

メモをとるのはただ単に忘れないため

面接官が熱心にメモをとっているのは、どの応募者がどんな発言をしたかを忘れないように対策している可能性があります。面接官によっては、合否に関わらず応募者の情報をメモに残すようにしていることも。面接後にほかの社員と情報共有するために情報をまとめているパターンもあります。

雑談で盛り上がるのは会社のスタイルである可能性

面接中の雑談は、単に応募者にリラックスしてもらうアイスブレイクの意味合いで行われている可能性があり、すぐに「手応えあり」とは判断できません。フランクな面接スタイルをとる企業では、すべての応募者に対して雑談の時間をとっていることも珍しくないでしょう。まれに面接で敬語を使わない面接官がいますが、それも応募者の採用を決めているからではなく、親しみやすさを演出するスタイルである可能性が高いです。

自社アピールは応募者を顧客として見ているから

企業が自社の魅力をアピールするのには、志望度を高める目的のほかに、応募者を顧客と捉えて自社のイメージアップを図る狙いがあります。不採用となった応募者はその後自社の顧客になる可能性があり、企業は商品やサービスを使ってもらえるように自社の良さを伝えているのでしょう。

入社日は全員に確認する企業もある

合格を決めた応募者に入社日を確認する面接官もいますが、企業によっては応募者全員に入社日を確認する方針をとっている場合もあります。また、すぐに人材が欲しい企業では、入社可能な日にちを合否の判断基準にしていることも。入社日を尋ねる時点で合格を決めているとは限らないため、質問を受けたらからといって「手応えあり」と判断するのは早計でしょう。

選考状況の確認は競合他社の様子を知るためかも

企業は競合他社の採用状況を確かめるために、応募者に選考状況を尋ねる場合があります。また、選考状況は合否に関係なく全員に尋ねるという方針の企業もあるでしょう。面接官によっては、アイスブレイクを兼ねた雑談の一環として選考状況を尋ねることもあるようです。
選考状況を聞かれたときの回答方法は、「面接でよく聞かれる『他に受けている企業は?』の答え方」を参考にしてください。

就活や転職の面接で落ちるかもと感じる8つのパターン

次に、面接中に「落ちるかも」と感じるパターンを確認していきましょう。以下のような状況では、「手応えあり」と感じられずに面接後に落ち込む人が多いようです。

1.面接時間が短い

面接時間が短いと、「自分に興味がなかったのか…」と感じ面接に落ちると思う人が多いようです。面接官によっては、面接の開始直後に不合格を決定していて、予定時間より早く切り上げることもあるでしょう。特に、「30分の予定が10分で終わった」というように大幅に時間が短縮された場合は、面接に落ちたと思うのも無理はありません。

2.応募者からの質問への回答が丁寧でない

逆質問に対する面接官側の回答が丁寧でないのは、不合格フラグである可能性があります。なぜなら、企業は入社して欲しい応募者に対して、丁寧に対応して自社の印象を良くしようとする場合が多いからです。採用したい応募者には自社への理解度を深める丁寧な説明をするが、不採用の応募者には最低限の情報を手短に話すという面接官は少なくありません。

3.うまく回答できなかった

面接で思ったような受け答えができないと、「落ちるに違いない…」と感じてしまいます。大抵の応募者は面接に向けてよくある質問への回答を用意していますが、予想していた質問をされずに十分にアピールできないのはありがちな失敗。また、面接の緊張から言葉の使い方を間違えてしまったり、敬語が使えなかったりして、「手応えありの面接ではなかった」と感じることもあるようです。

4.面接官の反応がそっけない

回答に対する面接官の反応がそっけなかったり、批判的な返答をされたりすると、「評価されていないからだ」と感じてしまう人が多いようです。

5.応募企業で役立つ能力や業界経験に関する質問が少ない

経験のある業界・職種に応募しているにも関わらず、入社後に役立つスキルについて聞かれないのは、面接官がすでに不採用を決めている可能性があります。通常、面接官は応募者が自社で活躍する姿をイメージするため、採用の可能性がある応募者には詳しい経験やスキルに関して質問することが多いでしょう。

6.定型的な質問しかされない

自己PRや志望動機など、定型的な質問しかされず、さらに回答を深堀りされない場合は、面接に落ちる可能性が高いと想像できます。なぜなら、面接官は採用の見込みのある応募者に対しては、人柄を知るために多角的な角度から質問すると考えられるからです。

7.最後にアピールのチャンスを与えられる

面接の終わりに、「最後にアピールしたいことはありますか?」と聞かれるのは、よくある不合格フラグの一つです。この質問には、企業がそれまでのやり取りで応募者に魅力を感じておらず、最後のチャンスを与えているという意味合いがあります。回答によっては挽回も不可能ではありませんが、思うようなアピールができないと面接に落ちるのは避けられません。

8.不採用になったらどうするかを聞かれる

面接によっては「もし不採用になったらどうする?」と聞かれることがあります。一見するとネガティブな響きのある問いかけであるため、この質問があると手応えありとは思えない人が出てくるでしょう。

手応えなしでも合格する場合もある

「面接に落ちる…」と感じやすいパターンを紹介しましたが、手応えがないと思っても合格していることもあります。以下で具体的な例を解説するので、確認してみてください。

すぐに合格を決めたので面接時間が短かった

面接時間の短さは、不合格を決めた応募者に時間をかけたくない場合もあれば、面接開始後すぐに合格と判断したのでそれ以上面接を続ける必要がなくなったという場合もあります。面接時間が当初の予定より短くなった場合、企業によっては最初から余裕を持ったスケジュールを設定していた可能性もあるでしょう。

うまく回答できないと思っているのは自分だけかも

用意していた答えがうまく言えなかったとしても、熱意が伝わってれば採用されることがあります。反対に、「よどみなく話せた」と感じていても、内容が浅い回答や例文をそのまま使ったような回答では、低評価になってしまう可能性が大きいです。

面接官のそっけない反応はストレス耐性を試している可能性

回答に対する面接官のそっけない対応は、応募者のストレス耐性を試している可能性があり、面接に落ちるサインとは限りません。また、そっけなく淡々とした対応は面接官個人の特性であることも。合格・不合格に関わらず、すべての応募者に同じ対応をしていることも十分考えられるでしょう。

「不採用になったらどうする?」の質問は志望度を確かめるため

「不採用になったらどうする?」という質問には、自社への志望度や、ほかに選考を進めている企業がないかを確かめる意図があります。ネガティブに聞こえる質問ではありますが、「反省を次に活かしたい」「不採用の理由をお聞きして再チャレンジしたい」といった前向きな回答で意欲を示しましょう。

選考結果の連絡が遅いのは面接に落ちるサイン?

面接が終わった後に「手応えあり」と感じたとしても、選考結果の通知が遅いと不安になってしまうものです。選考結果が遅いのには、以下のような理由があると考えられます。

応募者が多くて時間がかかってる

すべての応募者の面接を終えるのに時間がかかっているため、結果通知にも遅れが出ている可能性があります。特に人気の職種やポジションでは、全員分の選考に時間がかかることが多いようです。
また、最終的な判断を行う役員や社長が出張で不在にしているといった理由で、合否の決定が遅れるケースもあるようです。ほかにも、採用担当者が忙しく、ほかの応募者の面接の実施や結果通知が遅れていることも考えられます。
選考が進むほど時間をかけて慎重に判断する企業では、最終面接の結果通知が遅くなる場合もあるでしょう。

不合格通知をしない企業もある

合格・不合格に関わらず結果は必ず通知するという企業が多いですが、なかには不合格者には連絡をしない企業もあります。企業側には、「不合格者に連絡する手間を省きたい」「内定辞退者が出たときに合格通知を出せるようにしていきたい」といった意図があるようです。
また、企業によっては、合格者に先に連絡し、不合格者への連絡を後回しにしていることもあります。

事前に結果連絡の期日を確認しよう
結果通知が遅くてやきもきしないためには、事前にいつまでに連絡がくるかを確認しておくのがおすすめです。特に複数企業に応募していると、内定が出た企業に返事をする期限もあるため、いつまでも通知を待てるわけではありません。
結果通知がくる目安を知りたい場合は、面接の際に「結果のご連絡はいつごろまでにいただけますか?」と質問してOKです。あらかじめ期日を確認しておけば、期日を過ぎた際の問い合わせもしやすくなります。
面接結果が遅いのは合格?不合格?企業に問い合わせる際の注意点を解説」では問い合わせの詳しい方法を解説しているので、参考にしてください。

面接をスムーズに進めたい方、面接に何度も落ちて自信を失っている方は、就職・転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブでは経験やご希望をヒアリングし、その方に合った求人を提案。応募企業が決まった後は、アドバイザーによる面接対策を実施して合格をサポートします。正社員経験がない方、社会人経験が浅い方のご利用も歓迎しているので、一度ハタラクティブで面接対策をしてみませんか?

面接で手応えありなのに落ちる!合格フラグに関するQ&A

面接で手応えありと感じても、落ちることは珍しくありません。ここでは、よくある合格・不合格フラグに関する疑問をQ&A形式で解説。フラグの信用度を知りたい方はぜひご覧ください。

合格フラグにはどんなものがある?

一般的に、「面接時間が長い」「面接官がメモをとっている」「他社の選考状況を聞かれる」などが合格フラグだといわれています。ほかにも、回答を深堀りされたり、入社可能な日にちを聞かれたりするといった合格フラグもあるようです。

不合格フラグにはどんなものがある?

不合格フラグには、「面接時間が短い」「面接官の反応がそっけない」といったものがあります。新卒の就活生の間では、「エレベーターまで送られると不合格」という話が広がっていますが、これは企業のスタイルなので合否とは関係ない場合がほとんどでしょう。さらに合否のサインを知りたい方は、「面接に落とされるサインとは?面接官の言動から分かる合否」を参考にしてください。

合格・不合格フラグは信じて良い?

合格・不合格フラグは外れることもあるので参考までに確認しましょう。たとえば、面接時間が短くて不合格だと思っても、企業がすでに合格を決めていて質問が少なかったということがあり得ます。反対に、他社の選考状況を聞かれて合格フラグだと思っても、企業によっては応募者全員に同じ確認をしている可能性もあるでしょう。

不合格フラグがあったときはどうする?

面接の合否は応募者の能力や人柄で決まるとは限らず、多くの場合は企業との相性で決まります。優秀な人材でも企業の社風に合わなければ不合格になることもあるので、不合格フラグがあっても落ち込み過ぎず、気持ちを切り替えて次の企業にチャレンジしましょう。ハタラクティブは、求人提案や模擬面接で若年層の就職・転職を支援しています。

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

    ▼ ご相談はこちらから ▼

    登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

    • はい

    • いいえ

    • arrow
    • youtubeIcn

    © 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ
    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ