面接に落ちたかも…?転職の合否サインや次回の対策などを紹介!

面接に落ちたかも…?転職の合否サインや次回の対策などを紹介!の画像

【このページのまとめ】

  • ・面接時間の短さや面接官の反応の薄さなどを、不合格のサインだと受け取る人もいる
  • ・面接中の不合格サインで「落ちたかも」と必要以上に気にしないようにする
  • ・「入社可能日を聞く」「面接時間をオーバーする」などが合格フラグという声もある
  • ・「落ちたかも」と気にし続けるのではなく、ミスをしたと感じたら次に活かそう
  • ・「落ちたかも」と思っても、この先により良い縁があると考えよう

転職・就職の採用面接終了後に、「落ちたかも」と結果の通知がくるまで、ずっと不安で落ち着かない人は多いでしょう。そのようなときこそ振り返りを行い、次に繋げる努力が必要です。このコラムでは、どのような人が落ちやすいのか、面接官の出す合否サイン、面接を成功に導くポイントなどを紹介します。また、面接官がどんな部分をチェックしているのかもまとめていますので、面接の合否に不安を感じている人はぜひご覧ください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

「面接に落ちたかも」と不安を感じる理由は?

面接が終わってから「落ちたかも…」と、不安に駆られたことがある人は多いでしょう。
不安を感じている人は「受かっていてほしい」という期待に対して、期待が外れてしまうことを心配し、不安を感じている傾向にあります。つまり、不安が強ければ強いほどその会社で働きたい、入社したいという気持ちが強いといえるでしょう。

面接に落ちたかも?気になる合否サイン

ここでは、面接官が面接のなかで見せる合否のサインを紹介しますので「面接に落ちたかも?」と気にしている方は参考にしてみてください。しかし、これらのサインが見られたからといって必ずしも合否が確定するわけではありません。
あくまで参考程度にとどめ、落ち込んだり喜んだりするのは正式な合否通知が来てからにしましょう。

よくある落ちるサイン

面接官の言動から予想できる不合格のサインは、以下のようなものが挙げられます。

・面接中にメモを取らない
・面接時間が極端に短い
・質問の回答に対する反応が薄い
・アピールの内容を否定される
・面接後の見送りが丁寧ではない

上記のほかに、面接後の採用通知がなかなか来ないことも不合格のサインだと受け取られる場合が多いようです。しかし、面接から採用通知までの期間は、企業ごとに差があるもの。なかには責任者や本社などに判断を仰ぐ必要があり、面接官の一存だけで合否を決定できないというケースや、まだ別の選考が残っていて社内調整に時間がかってしまうこともあるようです。

合否の通知が遅いからといって「落ちたかも」と落ち込まず、結果が来るのを待ちましょう。

よくある受かるサイン

上記とは逆に、合格フラグだと期待できる例を紹介します。以下の合格のサインに該当していれば、好評価が得られている可能性も。不合格サインと同様、鵜呑みにするのは禁物です。期待どおりの結果ではなかった場合でも次の面接に活かせるよう、参考程度に留めておきましょう。

・メモをたくさん取る
・面接時間が足りなくなるほど会話が弾む
・社風と合っているといわれる
・入社可能日を聞かれる
・勤務時間や職務内容について詳しく説明される
・面接後に丁寧に見送りされる

面接官は、採用したいと考える応募者に対しては興味津々な態度を取ることが多いようです。質問が多かったり、前のめりになって話を聞いたりする場合は、関心を持ってくれていると判断できるでしょう。

しかし「手応えあり」だと感じていたにも関わらず、不採用だったというケースも少なくないようです。合格・不合格のサインは、必ずしも当てはまらないことを覚えておきましょう。

面接官のサインに惑わされないようにしよう

よくある合格・不合格のサインについて紹介しましたが、サインはあくまで参考程度だと考えましょう。面接のなかで「いまのは合否フラグ?」「反応が悪いからこの面接には落ちたかもしれない」と必要以上に気にしていると、面接に集中できなくなってしまいます。
合否のフラグに気を取られるよりも、大切なのは後悔のない面接にすること。そして、そのために面接を突破するポイントを知ることです。

面接に落ちたかも?自分の面接を振り返ってみよう

「面接に落ちたかも?」と合否を気にするなら、自分の面接を振り返って落ちるような言動があったかどうか考えてみてください。
もし何か失敗してしまったと感じることがあったとしても、それに気づけたなら次回に活かせるはずです。

面接に落ちやすい人の特徴

一般的に面接で落ちやすい人は、ビジネスマナーが見についていないことが多いようです。話していて相手を不快にさせるような言動・見た目は面接で落とされる原因となりますので注意してください。

話していて相手を不快にさせ、面接で落ちやすい人には、以下のような特徴があります。
・清潔感がなく不潔な印象
・表情が暗い
・挨拶ができていない
・会話の受け答えがしっかりできていない

面接は短い時間で印象が決まる場ですので、こうした印象を悪くする言動・見た目では面接に落ちてしまう恐れがあります。
また、これらをクリアしていても、入社理由やその会社で働く意義をしっかり答えられず「この会社じゃなくても良いのでは?」と相手に感じさせてしまうことも、面接に落ちる要因の一つとなるようです。

面接官がチェックしているポイント

次に、面接官が応募者との面接のなかでチェックしているポイントを確認しましょう。

・会社が求める人材像に当てはまっているか
・会社に必要なスキルが満たされているか
・本音で話しているか
・誠実か、信用できる人柄か
・コミュニケーションが取れているか
・ビジネスマナーがあるのか

一般的には上記のようなことをチェックされています。面接の場では緊張してなかなか普段どおりのコミュニケーションが取れない、という方も多いでしょう。そのため、下準備や予行演習が重要になるのです。

面接に落ちたかも?ショックや辛い気分になったときは

ここでは、面接の合否を待っている間に、面接に落ちたかも?と辛くなってきたときの気持ちの切り替え方を紹介します。
面接の結果が来るまで、落ちたかもしれないと感じるショックからほかのことに手がつかなくなってしまったり、辛く気分が沈んでしまう就活生は少なくありません。ここでは、そのような気持ちになってしまったときの対処法を紹介しますので、以下を参考に気持ちを切り替えましょう。

自身と会社のニーズ・社風が合わなかったと考える

就活・転職活動は内定を取ることだけが目的ではなく、今後働き続ける自分に合った企業に就職することが目的です。
志望度が高ければ高いほど面接に落ちてしまってがっかりしたり、落ち込んでしまったりすることもあるでしょう。しかし、相性の悪い企業に入社しても、その企業に合っていなければ、入社後に活躍できない恐れがあります。採用担当者は入社した先を考えて合否を決めているので、不合格だった場合はその企業とは社風が合わなかったのだと割り切るようにしましょう。

縁がないのはこの先により良い縁があるからと考える

不合格だったとしても、今後より良い就職先を見つけるためにも「この先さらに良い縁が待っているんだ」と考えて気持ちを切り替えてください。

「落ちたかも」と思ったり、実際に不合格だったりした場合「自分はどの企業からも必要とされていないのではないか」と感じてしまう求職者は少なくないようです。しかし、不合格だからといって企業はあなたの人格を否定しているわけではありません。ショックを受けて立ち止まってしまっていては、先に進めず就職先も決まらないため「今回は縁がなかった」と割り切ることが大切です。

今回不合格だった企業以外にも、企業はほかにもあります。今回の企業は自分には合わない企業で「もっと自分に合ったより良い企業との縁が待っているはず」と前向きに捉え、少しでも早く次の面接へのモチベーションを取り戻しましょう。

転職・就職面接を成功に導くポイント

ここでは、今後の面接を成功に導くポイントを紹介します。
「落ちたかも…」と感じている今こそ、反省を次に活かすチャンスです。面接に落ちたかもしれないと気落ちするより、まずは面接対策を万全にして自信をつけておくことをおすすめします。
今回の面接を振り返りつつ、自分に欠けている部分を見つけ、補っておきましょう。

面接官への印象をさらに良くするための意識

面接の場では、自分の印象を良くすることが大切です。そのために気をつけるべきポイントを確認していきましょう。

ビジネスマナー

社会人として働くうえで、企業はビジネスマナーを身につけているかどうかをチェックしています。そのため、身だしなみや言葉遣い、話を聞く姿勢など、マナーの良し悪しも合否に影響するポイントです。
スーツやシャツにシワがあったりヨレがあったりしないか、髪型に清潔感はあるかなど、まずは自分でも分かるところから今一度見直してみましょう。

誠実な態度

面接では誠実さもチェックされるポイントです。面接に合格し、入社して会社の一員となることを考えると、誰もが誠実な人と働きたいと思うもの。

面接で誠実さをアピールできるのは、自己PRだけではありません。誠実さは普段の態度からも感じ取れるものですので、面接での受け答えや態度にも気をつけましょう。
そのためにはまず、面接では姿勢よく、明るく笑顔でハキハキと受け答えをすることが大切です。そうした様子から誠実さを感じ取ってもらえるでしょう。

また、質問に対して的確な受け答えをすることも誠実な態度を示すのに重要なポイントです。面接官の質問の意図からはずれた返答をしてしまうと「あまり人の話を聞いていないのでは?」と不誠実な印象を与えかねません。

面接の間は「落ちたかも」「面接官の反応が悪い気がする」と気にせず、目の前の面接官との会話に集中しましょう。

逆質問

逆質問は、うまくできればチャンスに繋がりますので事前にいくつか用意しておくことをおすすめします。
しかし、「企業のWebサイトで調べれば分かるようなこと」「面接官が答えにくいと感じる質問」「面接で話した内容を再度聞くこと」などは逆効果です。また「特にありません」と答えるのも印象がダウンしてしまう恐れがあります。

好感度アップに効果的な質問は大きく分けて「社内の雰囲気について」 「仕事内容について」「経営方針・事業内容について」などです。ほかにも「私のこれまでの経験やスキルで、御社で働くのに不足している部分があれば教えてください」など、今後の成長の意思を見せる質問も効果的。
用意しておいた質問を、面接のなかで説明されることもありますので、念の為5つほど用意しておくことが望ましいです。

企業研究をして面接対策をする

企業研究は、就活に欠かせない工程の一つです。応募企業についての知識を得ないまま面接に挑むのは、玉砕する可能性が高いでしょう。その企業で働きたいと思った理由やどのように活躍していきたいのかなど、具体的な志望動機を導き出すためにも企業研究は必須だといえます。

企業研究を行うことにより志望動機に説得力も加わり、面接官の心にも響きやすいというメリットも。合格の可能性を上げるためにも企業研究は念入りに行い、企業の求める人物像に合わせたアピールをしましょう。

企業研究の方法

効果的な企業研究で必要なのは、まず企業のWebサイトをチェックすることです。企業のWebサイトには企業概要や事業内容が記載されていますので、その企業がどのような事業を行っているのか確認しましょう。
社長の言葉や事業内容から、同業他社との違いを探し出すことが重要なポイントです。そうすることで「なぜうちの会社に?」と質問されたときに「この会社だからこそ入社したい」という気持ちを伝えやすくなり、説得力のある志望動機を伝えられるようになります。

採用ページや社員へのインタビューなどがあれば読んでおきましょう。そのなかで魅力的に感じたことがあればメモに残します。

企業研究をしっかり行うことで、面接官の不測の質問をされても慌てずに答えられるようになるでしょう。

「面接落ちたかも…」から挽回する3つの対策方法

「あの面接、落ちたかも…」と思っているのなら、今からやるべきことは「面接の振り返り」です。前回からの改善点を見つけ、ブラッシュアップしていくほどスキルは向上していきます。
ここでは「落ちたかも」と感じたときに、次の選考に向けてとるべき面接対策の方法をご紹介します。

1.復習ノートを作って面接内容を分析する

まずは面接の復習ノートを作って、その日の内に面接の振り返りを行い、どのような点が良かったか、悪かったかという分析をしましょう。日にちが経てば経つほどに記憶は薄れてしまいますので、早い内に取り掛かることをおすすめします。

特に復習しておきたいのは以下のような点です。

・うまく答えられなかったと思う部分を洗い出し、改めてどう答えるか
・企業研究が足りていなかったり情報が不足していたりする部分がなかったか
・面接官の質問内容にどのような意図があったのか

これらを書き出し、面接を振り返っておきましょう。

2.分析結果を元にブラッシュアップする

次に、分析した結果をもとに、今ならどのように答えるか考えます。
面接中は緊張してパッと浮かばないことも、終わったあとでゆっくり時間をかけて考えればより良い答えが浮かぶはず。今後の面接では、その回答内容を本番で思い出せるよう書き出して口に出す練習しておきましょう。

回答をするにあたって「他社と比較してこの会社が良い理由ってなんだろう」などとさらに情報が必要だと感じることもあります。それはつまり、企業分析が足りていなかったということ。次回の面接では、十分にチェックできるようにノートにまとめておくと良いでしょう。

3.不採用の理由が分からないときは第三者の意見を聞く

「面接に落ちたかも」という不安が実現してしまい、面接内容を振り返っても何がいけなかったのか分からないこともあるでしょう。
そのようなときは第三者の意見を取り入れるのが効果的です。家族や友人などをに面接官役を演じてもらい、どう感じたかをフィードバックしてもらいましょう。

しかし、知り合い相手だと本気で挑めなかったり照れくさく感じたりして本番のようにできない方は多いです。そのような方は就職エージェントを活用してみてはいかがでしょうか。

ハタラクティブは、若年層を対象にお仕事探しを支援する就職・転職エージェントです。会社選びや面接の日程調整、面接対策など、求職活動を一貫してお手伝いします。
経験豊富なプロのアドバイスを受けながら、面接を有利に進めませんか?

面接の合否サインに関する疑問Q&A

面接で「この合図があったら合格かも…」といった合否に関わるサインがあります。合格サインがあったからといって必ず採用が決まるわけではありませんが、知りたい人は多いようです。ここでは、想定される面接の合否サインに関する疑問をQ&A方式で解決していきます。
 

選考に落ちたときのサインは?

一般的に、「面接官の態度がそっけない」「逆質問の機会がなかった」などが不合格のサインといわれています。とはいえ、面接官によって、態度や進行は異なるもの。たとえば、逆質問の機会がないのは単に時間が足りなかっただけの可能性もあるので、鵜呑みにしないようにしましょう。ほかのサインも知りたいなら、「面接に落とされるサインとは?面接官の言動から分かる合否」の記事がおすすめです。
 

合格サインにはどんなものがありますか?

合格サインと呼ばれているものには、「面接中に次の選考日程を決めた」「面接官との会話がはずんだ」などが挙げられます。面接官の言動から好印象を得られると、合格の手応えを感じる人が多いようです。ただし、合格サインがあっても不合格になる場合もあるので、選考がすべて終了するまでは気を抜かないようにしましょう。合否サインをまとめた記事、「面接中の合格or不合格サインとは?」もチェックしてみてください。
 

手応えありでも落ちる可能性はありますか?

面接で手応えを感じても、不採用になってしまう可能性はあります。一般的に、面接中に話が盛り上がったり褒められたりするのは「合格サイン」です。しかし、これらのサインがあっても、ほかに「マナーが悪い」「質問の意図が読めていない」といったマイナス要因があれば不採用につながる場合もあるでしょう。手応えを感じても落ちてしまった場合は、「手応えを感じた面接で不採用…対策はある?」の記事を参考に対策してみてください。
 

面接で不採用になった理由が知りたいです

面接で不採用になる要因には、「企業が求めるスキルとマッチしなかった」「入社意欲が低いと判断された」などが挙げられます。とはいえ、不採用になる理由は人によって異なるので、過去の面接を振り返り改善点を探すことが重要でしょう。自分一人の力では改善点が見つからないという方は、ハタラクティブへご相談ください。就活アドバイザーが、あなたの面接対策をサポートいたします。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION